ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

チョン・モンジュン、審判買収暴露される

まずは朗報です!

■安藤美姫選手、グランプリファイナル金を目指す

安藤美姫選手が、GPSにエントリーしながらも迷っていた今期復帰を明言、
さらにGPF金メダルを目標にする!と宣言しました。

同じ写真を使った昨日の毎日新聞の記事では、
安藤選手が賞賛したのはキムヨナの復帰ではなく引退、というニュアンスで報じられていました。
これが記者の思い込み・勘違いなのか意図的な印象操作なのかは分かりませんが…。
すっきりしないものが残りました。

でも、今日のこのスポーツ報知の記事では、
「キムの復帰を喜んだ」と明記されていますね。

また、安藤選手の力強い言葉に感動しました。

さすがに2年後のソチについては慎重な発言だったということですが、
出場すると決めた今期GPSについては、金メダルを目指す意気込みで頑張る!ということ。
つい比べてしまいますが、目標を下げてほどほどに楽しむと言った某選手とは、ここが違います。

決心するまで迷ったとしても、
一度決心したら全力で頑張る安藤選手の心意気を応援したいと思います。


美姫、今季復活明言「ファイナルで金が目標」
スポーツ報知 2012年7月5日06時02分

 フィギュアスケートの前世界女王・安藤美姫(24)=トヨタ自動車=が4日、東京・六本木ヒルズで行われた「ロレアル・エトワール賞」の授賞式に出席。10月に開幕する今季グランプリ(GP)シリーズでの競技復帰を明言し、GPファイナル(12月、ソチ)初優勝を目標に掲げた。

 昨季は完全休養したが、今季はGPシリーズの中国杯(11月・上海)とフランス杯(同・パリ)にエントリー。「GP2戦は出ると決めたのでベストを尽くしたい。まだファイナルで金メダルを取っていないので、それを目標にしたい」と宣言した。すでにスイスで新ショートプログラム(SP)の振り付けを行い、「SPでは3回転―3回転(ジャンプ)を頑張って入れたい」と意気込んだ。

 バンクーバー五輪女王の金妍兒(キム・ヨナ、21)=韓国=もソチ五輪を目指して復帰を宣言したばかり。「彼女は素晴らしいスケーター。同じリンクで滑れることを誇りに思う」と金の復帰を喜んだが、「自分はまだ五輪は考えていない」とソチ挑戦には慎重な姿勢を示した。

20120704-804620-1-L.jpg




■チョン・モンジュン、審判買収暴露される

そして今日は凄いニュースが飛び込んできました。

サッカーFIFA会長が、
チョン・モンジュンの審判買収を公の場で暴露しました。

一番わかりやすい記事がこれです。


ジェフブレタ FIFA 会長 "2002年韓国 4強はチョン・モンジュンが審判買収したせい"
AJニュース 2012-07-04 21:52

阿洲経済キム・ヒョンチョル記者=ジェフブレタ FIFA 会長が 2002年ワールドカップでチョン・モンジュン大韓サッカー協会名誉会長が審判を買収して 4強まで行ったという主旨の発言をして人目を引いている.

チョン・モンジュン協会名誉会長は 4日ソウル小公洞ロッテホテルで開かれたワールドカップ 10周年記念式歓迎詞でスイスとの 2006年ドイツワールドカップ組別リーグ 3次戦から聞こえたブレタ会長の挑発的な発言を紹介した.

鄭名誉会長は "ピーターベラ版アジアサッカー連盟(AFC) 事務総長が主審が (ブレタ会長のようなスイス人なので) スイス肩を持っていると指摘した"と言った.

彼は "するとブレタ会長が '何それ位にそうするのか. 4年前には MJ(チョン・モンジュン)が審判たちを買収して 4強まで行ったが私たちはあの時やっと 16強だった'と言っていたよ"と回考した.

韓国は当時組別リーグでトーゴを 2-0で負かして強豪フランソワ 1-1で引き分けたがスイスに足かせがつかまって本選出場国の中一番惜しく 16強進出に失敗した事がある.

鄭名誉会長は 2002年ワールドカップの幼稚と開催後に国際サッカー連盟(FIFA) 会長たちともたらした偶発事件も紹介した.

彼は本格的な誘致戦が始まる頃の 1993年 FIFA 高位関係者たちとの出会いで "ズアングアベランゼーの前 FIFA 会長, ジェフブレタ現会長, ペレなどが日本を訪問した席に私も招待にあずかった"と "その席でワールドカップ開催地が日本で固まったような雰囲気が日本語一言をするしかなかった"と言った.

引き継いで "私たちもすなわち幼稚申し込みをするはずだからワールドカップ開催地を執行委員たちに対するロビーで決めずに正正当当とサッカー競技をして決めようと提案した"と付け加えた.

アベランゼーの前会長は FIFA 規定にはサッカー競技で開催地を決めるという根拠がなくて提案を収容することができないという笑い話で次の発言を引き続いたと鄭名誉会長は伝えた.


個人的には非常に重要なニュースだと思ってますので、
内容は似たり寄ったりですが、貴重な資料としてあと4つソースを残しておきますφ(。・・。 )


チョン・モンジュン "FIFA 会長, '審判買収して韓国が 4強行った'と言った"
朝鮮日報 2012.07.04 22:11

(略)

鄭名誉会長は 4日ソウル小公洞ロッテホテルで開かれた '2002 ワールドカップ 10周年記念式'で "ジェフブレタ現 FIFA 会長が '2002年韓日ワールドカップの時 MJ(チョン・モンジュン)が審判を買収して (韓国が) 4強まで行った'と言った"と明らかにした.

鄭名誉会長は 2006年ドイツワールドカップ当時スイスとした組別リーグ 3次戦を回想して "ピーターベラ版アジアサッカー連盟(AFC) 事務総長が '主審が (ブレタ会長がスイス人だから) スイス肩を持っている'と指摘した"や "するとブレタ会長が '何それ位にそうするのか. 4年前には MJ(チョン・モンジュン)が審判を買収して (韓国が) 4強まで行ったが, 私たちはあの時やっと 16強だった'と言っていたよ"と明らかにした.



チョン・モンジュン "2002ワールドカップ開催地, サッカーで決めようと提案した"
ヘラルド経済 2012-07-04 21:53

(略)

スイスとの 2006年ドイツワールドカップ組別リーグ 3次戦と係わるブレタ会長の挑発的な発言も紹介した. ピーターベラ版アジアサッカー連盟(AFC) 事務総長が主審が (ブレタ会長のようなスイス人なので) スイス肩を持っていると指摘するとブレタ会長が4年前には MJ(チョン・モンジュン)が審判たちを買収して 4強まで行ったと言ったということ.



チョン・モンジュン "2002ワールドカップ開催サッカーに是非を決めるとした"
連合ニュース 2012-07-04 21:23

(略)

スイスとの 2006年ドイツワールドカップ組別リーグ 3次戦から聞こえたブレタ会長の挑発的な発言も紹介した.鄭名誉会長は "ピーターベラ版アジアサッカー連盟(AFC) 事務総長が主審が (ブレタ会長のようなスイス人なので) スイス肩を持っていると指摘した"と言った.

彼は "するとブレタ会長が '何それ位にそうするのか. 4年前には MJ(チョン・モンジュン)が審判たちを買収して 4強まで行ったが私たちはあの時やっと 16強だった'と言っていたよ"と苦笑をした.



'クールする男' チョン・モンジュン名誉会長 "アベランゼー·ブレタ体お大事に"
NEWSIS 2012-07-04 22:21

(略)

鄭名誉会長の健康祈願は続いた. 彼は "ブレタ会長ともエピソードが多い. 2006ドイツワールドカップ当時韓国は正確に 17位をした"と "アジアサッカー連盟事務総長がスイスとの競技が終わってからブレタに尋ねて '審判が全部スイス肩を持って競技が片手落ちだった. あなたのため審判たちが不公正でも使うか'と言うとブレタが '4年前 MJ(チョン・モンジュン)が審判たちを全部買収して 4強行った. それを持って何をそうするのか'と言った"と当時状況を説明した.

鄭会長の結ぶことは一様だった. 彼は "とにかくブレタ会長も元気になるように望む"と徳談を渡した.

NISI20120704_0006618150_web_0_20120704222206.jpg


最後の記事にチョン・モンジュンの写真があります(写真左)。

このチョン・モンジュンとキムヨナのツーショットも出回ってるので、
チョン・モンジュンがフィギュアスケートに絡んでることを知るファンも多いのでは。

ヒュンダイ自動車御曹司でFIFA副会長でハンナラ党議員のチョン・モンジュンとキムヨナ
Snap678001206.jpg

正面パク・ソンイン、背中チョン・モンジュンとキムヨナ
正面パク・ソンイン 背中チョン・モンジュン 


チョン・モンジュンとは

悪名高いFIFA副会長のチョン・モンジュンは現在キムヨナのスポンサー。
曰くつきのWCとなった例の韓国の功労者。
豊富な資金源をバックに岩をも動かすと言われてる人物。
影でスポーツ界を牛耳る韓国の裏のドン。

そして今年4月29日には、
12月に予定されている韓国大統領選挙への出馬も表明しています。

参考:Wikipedia(チョン・モンジュン)


私はここで、「キム・ヨナがチョン・モンジュンと関わっているからキム・ヨナも審判を買収した」
と言っているわけではありません。

ただ、こういう伏線があるため、その可能性は拭いきれないとは思ってます。
怪しいと感じて調べる人もいるでしょうし、馬鹿らしいと思って笑い飛ばす人もいるでしょう。

このブログでもこれまでに何度かチョン・モンジュンに触れました。
興味のある方は、どうぞ。
韓国の買収事例、キムヨナと審判・スケ連の癒着記事を集めました。
あきれた噂…浅田真央が審判買収???韓国の民度を検証。
八百長まみれの韓国プロスポーツ

チョン・モンジュンとキムヨナの関係について、詳しく紹介されたブログがありました。
政治経済に疎い私にはわかりやすく説明されていたので、参考として一部転載させていただきます。



Renaissancejapan「浅田真央選手 本当の金メダリストは君だ」より一部転載

ここ最近、世界大会などで、キムヨナ選手のスコアが、異常なまでに急に高くなっておりますが、これには裏があります。

実は、韓国政府は、2014年のロシアのソチで開催される冬季オリンピックの次、すなわち2018年の冬季オリンピックを韓国の平昌(ピョンチャン)で開催すべく立候補をしており、その誘致のために、キムヨナにどうしても金メダルをとらせ、彼女に「金メダリストとしての顔」になってもらい、誘致を有利に運ぼうとし、

(中略)

そのプロジェクトは、2009年9月14日に招致致委員会創立総会を開催し、スタートしており、致委は政界・官界・経済界関係者17人、国際オリンピック委員会(IOC)など国際スポーツ団体関係者13人、競技団体のトップや元選手・現役選手ら20人、体育団体役員9人を含む76人で構成され、

IOC委員の李健熙(イ・ゴンヒ)前サムスングループ会長、国際サッカー連盟(FIFA)副会長の鄭夢準(チョン・モンジュン)議員ら10人が顧問に推挙、共同誘致委員長は、趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長と金振ソン(キム・ジンソン)江原道知事が任命され、

キムヨナは、2018年平昌冬季オリンピック招致広報大使に任命されています。

近年、オリンピック開催国は、多くの建設工事を含め、特需が生まれ、経済的メリットが期待できます。  何より、今の韓国の大統領が、財閥の現代グループ出身で、現代グループとしてもその候補地の土地を買いあさっており、オリンピックを誘致できたなら、民間企業としての大きな利益も期待できます。

現在、キムヨナのスポンサーになっているのが、鄭夢準(チョン・モンジュン)で、彼は韓国現代財閥を築いた鄭周永の六男、ハンナラ党代表(韓国の現与党)の国会議員であります。 

また、大韓サッカー協会会長、国際サッカー連盟副会長、2002 FIFAワールドカップ組織委員会委員長を務めており、2002 FIFAワールドカップでは、「各国担当者に高価な贈り物を贈ったり、娼婦を抱かせ弱みを握ろうとした」事がある悪名高き剛腕な男で、彼はヘーゲレ氏に圧力をかけるようベッケンバウアーに依頼したが一蹴された、というエピソードも明かされています。

韓国を訪れた記者は、日本とは全く違う物をプレゼントされていた。ボールペンやキーホルダーなんてものじゃない。「高価な品々」はもとより、連日のパーティーと酒盛り、挙げ句の果てには「女性まで用意されていた」のだ。全ては招致活動を指揮していた鄭夢準(チョン・モンジュン)の指示だった。彼らはこうやって海外記者の歓心を買おうとしたのだった。(ワールドサッカーダイジェスト誌 2005年8月号) 出典:棒太郎の備暴録 より

彼は、徹底した反日主義者で、韓米定例安保協議会(SCM)で、米国側に日本を「仮想敵国」と表現するようお願いした男で、当然米国側からは断られましたが、自分で言っているのですから間違いはありません。


この説明にも登場する「マーティン・ヘーゲレ氏のコラム」については、
以前私も紹介したことがありますので、ここで再掲しておきます。

今回のニュースは、まさしくこのコラムでヘーゲレ氏が暴露したことを裏付けた形になりましたね。

2002ワールドカップ開催を争っていたとき、
日本のお土産はボールペン・キーホルダー・ワッペンだったのに対し、
韓国はチョン・モンジュンの提案で高価な品々・連日の酒盛り・女性まで用意していたというものです。


(親日派のドイツ人スポーツジャーナリスト) マーティン・ヘーゲレ氏のコラムより
ワールドサッカーダイジェスト2005年8月4号

<引用者註・日本が韓国と2002年ワールドカップを争っていた1995年のこと>
 訪問した東京と広島で両手に余るほどのお土産(ボールペン、キーホルダー、ワッペン)を貰った。品物には全て「World Cup 2002 in Japan」と印刷されていた。

 一方で、同じ招待旅行でも韓国を訪れた記者は、日本とはまったく違う物をプレゼントされていた。高価な品々はもとより、連日のパーティと酒盛り、挙句のはてには女性まで用意されていたのだ。すべては招致活動を指揮していた鄭夢準(チョン・モンジュン)氏の指示だった。彼らはこうやって海外記者の歓心を買おうとしたのだ。

 わたしはこういう汚い手段を徹底的に憎む。ジャーナリストに対する行為で、もっとも卑劣なものではないか。アルコールで酪酊させ、(女性提供の事実で)相手を脅迫する-。わたしが長年、アジア・サッカー界でもっとも権力を持つ人物を国際的メディアで批判し続けてきたのも、ここに理由がある。

 鄭夢準(チョン・モンジュン)氏はこういうことがあって、わたしをソウルでのワールドカップ開会式とFIFA総会から締め出そうとした。彼はフランツ・ベッケンバウアーとDFB(ドイツ・サッカー連盟)会長に、わたしの取材を禁止するよう要請する書簡を送った。しかし、ベッケンバウアー氏もDFB会長もこれを一蹴。逆に、鄭夢準(チョン・モンジュン)に警告を送ったのだが、わたしとしては彼との対決はむしろ望むところでもあった。出るところに出て争えば、鄭夢準(チョン・モンジュン)がいかなる手口でサッカー界の権力を握ってきたか、白日の下に晒すことができたからである。(『正当理論』第110回「懸け橋」より)

(クリックで大きくなります)
しりょう


サッカーでは買収したけど、フィギュアスケートでは買収していない、という論理は、
チョン・モンジュンが絡んでる時点で説得力がありません。

フィギュアスケートでも買収を働いた可能性は充分にあると思います。
あわせて、そう思うのもただの個人の想像であることも付け加えさせていただきます。

このチョン・モンジュンの審判買収発覚について、
みなさんはどう思われたでしょうか。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/07/05(木) 22:39:41|
  2. 韓国あきれるニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。