ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

スケ連に熟読してほしい小塚選手と田村さんの言葉 「愛の夢」海外解説 3A評価の異常さ

読売新聞に、小塚選手のロングインタビューが掲載されました。

小塚選手の伝えたいこと
先日の田村明子さんの伝えたいこと


に共通点があるので、
全文紹介のあとでまとめてみたいと思います。

まずは、小塚選手のインタビューを通してご覧下さい。

■小塚崇彦ロングインタビュー全文(読売新聞より)


小塚崇彦「4回転を計3度…未知なる世界へ」
読売新聞 2012/2/14 7:00

 1月に地元・名古屋で初開催された冬季国体で、小塚崇彦選手(トヨタ自動車)はショートプログラム(SP)、フリーで計3度の4回転ジャンプを初めて跳びました。「試合をする上での“持ち球”が増えた」と小塚選手。世界選手権(3月、フランス・ニース)への手応えをつかんだようです。

Snap6780051.jpg
国体でフリー演技を終え、ガッツポーズする小塚崇彦=共同

■まだ体力不足

 (冬季国体で跳んだ4回転は)SPで転倒、フリーでは2つとも「回転が足りない」と判定されましたが、着氷はできました。

 大技が決まると、特に初めての場合はうれしいですね。ガッツポーズも自然と出ます。

 ですが、選手にとって成功したことが少ない大技が決まった後、疲れがどっと出ることがあります。後半になってやや足が動かなくなりました。

 今まで経験したことがない領域です。やっぱり少し気が抜けて、疲れが出るのでしょう。いくら練習でできていても、実際に試合でできるかどうかは別問題。その大技が体力をどの程度奪い、その後のプログラムにどう影響するのか? 未知の世界でしたが、今回、(4回転を)2回着氷して最後まで滑り切るにはまだ体力不足だな、と感じました。

 ジャンプにはトーループ、サルコー、ループ、フリップ、ルッツ、アクセルと6種類あります。いずれもタイミングが大切ですが、3回転ルッツまでは、少々タイミングが狂っても、“力技”で着氷まで持っていくことができます。

■最初は曲をかけては跳べず

 そのために練習で筋力を強化しているといえます。しかし、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と4回転ジャンプは、タイミングと力が合って初めて跳べるものです。

 4回転を跳べるようになったばかりのころは、曲をかけた中では跳ぶことができませんでした。自分のタイミングではなく、音楽のテンポに合わせてしまっていたからでしょう。

 練習するうちに、だんだん曲をかけても跳べるようになり、徐々に自分のモノになっていきます。2010年のバンクーバー五輪(8位)、そして銀メダルだった昨季の世界選手権では、4回転を成功させても、まだ完全にモノになったという感覚はありませんでした。昨年末の全日本選手権(2位)で、ようやくそうした感覚がついてきたと思います。

Snap6780052.jpg
国体での小塚崇彦のフリー=共同

■考えるタイプ

 僕はものすごく考えるタイプです。失敗すると、理由を自然と考えます。「こうしたからダメだったのか」「あれもダメだったか」などと、自分でミスした原因をつきつめていきます。

 最終的には感覚的なものだと思うけれど、「手の位置はここ」「ターンの入りはこう」「踏みきりのタイミングはここで、このときに手をキュっと引く」というのが、見えてきます。こういったことができれば、緊張したときも、そのポイントだけ確認すればいい。4回転もそんなジャンプになってきたと思います。

 数をこなせば身につくものでもありません。4回転は跳びすぎると、ケガをします。僕も国体の後、ちょっと腰が回りにくかった。多分、4回転の衝撃です。

 力をギュッと入れて体を締めて跳ぶから、肩も凝るし、目も疲れます。試合後、トレーナーにストレッチをしてもらったら、よく見えるようになり、いうならば“視界が開けた”ような感じでした。それだけ負荷がかかるジャンプなんだって、改めて実感しました。

■“引き出し”が多いと安心

 とりあえず国体のおかげで、世界選手権に向けて気持ちに余裕が生まれました。4回転はフリーに1つ、2つ……、いろんなパターンがあるぞ、という。“引き出し”が多いと安心できます。

 今季はここまでが大変でした。(昨年11月に掲載した)前回でも触れましたが、スケート靴が合いませんでした。靴は外国製ですが、同じ型番を取り寄せても、品質が一定ではありません。かかとが割れたり、本来なら足首の辺りにシワが寄るように癖をつけたいのに、靴の先っぽについてしまって足を曲げにくかったり……。

 靴は何でもOKという人もいますが、僕はすごく気になります。「スケートが滑る」というのが僕の基本ですから、そこができないとなんとなく不安になります。「崇彦はよく滑っているときはジャンプも失敗しない」と、父(グルノーブル五輪代表・嗣彦さん)からもいわれます。

Snap6780054.jpg
国体のSPで演技する小塚崇彦=共同

■靴の不安がなくなってやっと集中

 (靴なんて)気のせい? いえいえ違います。氷上に円を描けば一発で分かりますよ。自分はいつも通りやっているつもりでも、(靴が)滑らないと、カキの種のような形の小さな円しか描けない。

 ジャンプにしても、体はもっと右の方で待っていたいのに、足は左にいっている。それを力で無理やり修正して跳ぶ。そんな状態が昨年12月のNHK杯が終わるまで続いていました。靴の不安がなくなって、今やっとシーズンに集中できています。

 次の試合は世界選手権です。可能なら、12日まで開催されていた四大陸選手権(米国コロラドスプリングズ)に出たかったですね。日程的にも12月末の全日本、3月末の世界選手権の間となる2月の試合はちょうどいい。世界選手権への予行演習にもなります。

Snap6780053.jpg
全日本フィギュアのSPで4回転―3回転の連続ジャンプを成功させた高橋大輔=共同

■得点、もう少し出てほしかった

 地元の国体も「これは世界選手権だ」と自分に言い聞かせて臨んだので、緊張感のある練習はできたと思います。ただ、得点が残念でした。SP、フリーの合計249.82点。4回転を1度跳んで、きっちりと成功した全日本は計250.97点。どちらも正直、もう少し出てほしかったです。

 国内大会は一般的に得点が高く出ますが、日本はそれほどでもありません。そのことを強く感じたのは昨年の全日本、優勝した高橋大輔選手のSPでした。4回転―3回転の連続ジャンプを成功させたので、100点は超えると思ったら、96.05点でした。

 世界王者のパトリック・チャンは1月、計302.14点でカナダ選手権で優勝しました。「パーフェクト」といわれた、彼の昨年の世界選手権で優勝したときの得点は計280.98点でしたので、それを大きく上回っています。

Snap6780056.jpg
計302.14点の高得点でカナダ選手権を制したパトリック・チャン=ロイター

■高得点で自国選手をアピール

 ロシアでも大盤振る舞いだったことがあります。バンクーバー五輪シーズンだった10年12月、3シーズンぶりに復帰したエフゲニー・プルシェンコに、ロシア選手権のSPで100.09点を出しました。

 「いくら何でも高得点すぎるでしょう。本当にそんなにすごいの?」

 そんなふうに首をかしげられてもいいんです。国内大会の得点は、国際スケート連盟の公式記録にはならないのだから。

Snap6780055.jpg
欧州選手権でガッツポーズするロシアのプルシェンコ=AP

 これはカナダ、ロシアのスケート連盟のアピールです。国内選手権は、各国の連盟が堂々と、自国の選手を世界にアピールできる場です。

■高得点の選手はジャッジの印象に残る

 スコアシートはインターネットを通じて世界中に流れます。「出すぎでは?」と思っても、国内大会で高得点が出ている選手は、ジャッジの印象に残ります。

 「厳しく採点された方が鍛えられる」という意見がありますが、選手やコーチは、自分の演技がどうだったかは自覚しているものです。

 こういう発言やこういう意見を好意的に思われない方もいるかもしれません。しかし、世界では、自分の意見をきちんと述べないと伝わらないこともあるんです。

■どれだけチャンに迫れるか?

 それだけ(世界王者の)チャンが気になる? それもあるかもしれませんね。彼はいうならば“怪物”。カナダ連盟がグイグイ押す気持ちも分かります。

 (残念ながら出られませんでしたが)チャンも出る四大陸選手権で同じ土俵で戦えば、また違うアピールができたかもしれません。

 幸い、(世界選手権が開かれる)3月下旬まで、まだ1カ月半ほどの時間があります。今月初旬、フリープログラムの手直しも米国で終えました。4回転が跳びやすくなるはずです。どれだけチャンに迫れるか? 後は練習あるのみです。

Snap6780057.jpg
全日本フィギュアで2位になった小塚崇彦のフリー。
世界選手権ではチャンにどれだけ迫れるか=共同



以上が、小塚選手のインタビュー全文です。



■小塚選手・田村明子さんが共に訴えていること

先日選手の努力をあざ笑うような採点システム。3Aは「降りたと思った」。という記事の中で、
田村明子さんのコラムをご紹介しました。

今回の小塚選手の言葉と田村明子さんの言葉には、共通点がありました。

国内大会でこそ選手を正当に評価し、
太鼓判を押して国際大会に送り出してほしい


ということを2人とも訴えたかったのではないでしょうか。

国家間の政治的または感情的なしがらみが採点に反映される国際大会では、
選手の実力がなかなか真っ当に評価されにくい部分があると思います。

そんなしがらみのない国内選手だけの大会こそ、選手を真っ当に評価して、

「うちの選手はこんなに素晴らしいんですよ。
ちゃんと正しい評価をしてくださいね。見てますよ!」


というアピールも必要だ、ということだと思いました。

小塚選手と田村明子さんの、
共通して訴えてる部分のみ抜き出しました。


(小塚選手の記事より国内大会に関する部分を抜粋)

■得点、もう少し出てほしかった

 地元の国体も「これは世界選手権だ」と自分に言い聞かせて臨んだので、緊張感のある練習はできたと思います。ただ、得点が残念でした。SP、フリーの合計249.82点。4回転を1度跳んで、きっちりと成功した全日本は計250.97点。どちらも正直、もう少し出てほしかったです。

 国内大会は一般的に得点が高く出ますが、日本はそれほどでもありません。そのことを強く感じたのは昨年の全日本、優勝した高橋大輔選手のSPでした。4回転―3回転の連続ジャンプを成功させたので、100点は超えると思ったら、96.05点でした。

 世界王者のパトリック・チャンは1月、計302.14点でカナダ選手権で優勝しました。「パーフェクト」といわれた、彼の昨年の世界選手権で優勝したときの得点は計280.98点でしたので、それを大きく上回っています。

Snap6780056.jpg
計302.14点の高得点でカナダ選手権を
制したパトリック・チャン=ロイター


■高得点で自国選手をアピール

 ロシアでも大盤振る舞いだったことがあります。バンクーバー五輪シーズンだった10年12月、3シーズンぶりに復帰したエフゲニー・プルシェンコに、ロシア選手権のSPで100.09点を出しました。

 「いくら何でも高得点すぎるでしょう。本当にそんなにすごいの?」

 そんなふうに首をかしげられてもいいんです。国内大会の得点は、国際スケート連盟の公式記録にはならないのだから。

Snap6780055.jpg
欧州選手権でガッツポーズする
ロシアのプルシェンコ=AP


 これはカナダ、ロシアのスケート連盟のアピールです。国内選手権は、各国の連盟が堂々と、自国の選手を世界にアピールできる場です。

■高得点の選手はジャッジの印象に残る

 スコアシートはインターネットを通じて世界中に流れます。「出すぎでは?」と思っても、国内大会で高得点が出ている選手は、ジャッジの印象に残ります。

 「厳しく採点された方が鍛えられる」という意見がありますが、選手やコーチは、自分の演技がどうだったかは自覚しているものです。

 こういう発言やこういう意見を好意的に思われない方もいるかもしれません。しかし、世界では、自分の意見をきちんと述べないと伝わらないこともあるんです。




(田村明子さんのコラムより国内大会に関する部分を抜粋)

■国を挙げて国内外にチャンの凄さをアピールするカナダ。

「カナダのスケート連盟は、裏でも表でも政治的なことをしてくる。日本も少しは努力したらいいのに」

 ある米国のベテラン記者は、そう口にした。この「政治的」というのは、必ずしも不正行為という意味ではない。

 たとえば1月のカナダ選手権で、カナダのジャッジたちはパトリック・チャンにSPで101.33点、フリーで200.81点、総合302.14点というとてつもない点数を出した。もちろん演技の内容も素晴らしかったし、国際大会より国内のほうが甘目の点がでるというのは、カナダに限ったことではない。それにしても、よくぞまあここまで出したものよ、という点だった。

 こうしてカナダの連盟は、チャンの凄さを海外のジャッジ、スケート関係者たちにアピールしているのである。国内選手権は、いわば海外に向けた自国選手のPRの舞台でもあるのだ。

■高橋の全日本SPには、100点台を出すべきだった!?

 だが果たして日本スケート連盟は、そのような意識を持っているだろうか。日本のジャッジは国内大会でも、模範的な会社員のような採点しかしない。あくまで他と足並みを揃えて、目立たないように無難な点ばかり並び、個々のジャッジのメッセージが伝わってこないのだ。

 大阪の全日本選手権の男子SPで高橋が数年ぶりに4+3を成功させたとき、日本のジャッジは100点台を出すべきだった。そして5コンポーネンツも、9点台後半をぞろりとそろえて、10点満点を出すジャッジがぽつぽついてもよかったと思う。

 会心の演技を見せたときにはここぞとばかりに思い切った採点を出し、選手の価値を底上げしていく。こういう駆け引きも採点スポーツの一部なのである。

 極端なことを嫌うのは、日本人の美徳かもしれない。だが国際社会で勝ち抜いていくためには、少しはカナダの連盟を見習い、ここぞという時にはなりふり構わず、あざといばかりに選手を売り込むべきだ。現在の日本スケート連盟には、こうした国際的政治感覚が足りないように思う。

 採点スポーツというのは、一人の天才がいても勝てるとは限らない。五輪の数年前から、連盟も一丸となってこうした駆け引きを着々と積み重ねていかなくてはならないのだ。



特に小塚選手のこの部分は重要だと思いました。

『こういう発言やこういう意見を好意的に思われない方もいるかもしれません。
しかし、世界では、自分の意見をきちんと述べないと伝わらないこともあるんです。』

選手が採点に口を出すことをよく思わない輩もいるのでしょう。
不平不満を口に出さないのが美徳とされる日本の国民性もあるでしょう。

でも、実際問題として、あまりにも酷い採点システム。
ジャッジの世界は腐敗していると言っても過言ではないような気がしてます。

また、この言葉も重みがあると思います。

『「厳しく採点された方が鍛えられる」という意見がありますが、
選手やコーチは、自分の演技がどうだったかは自覚しているものです。』

厳しく採点された、というのは、
いろんな選手の気持ちを代弁していると思います。

小塚選手が例に挙げている高橋選手の全日本SPも然り(4-3を決めた割りには低い、と小塚選手)
その大会の小塚選手自身の採点も然り(ミスの少ない演技にも関わらず1位と大きな差をつけられたこと)
今回の浅田選手の3Aへの低い評価も然り(ダウングレードの上-3をつけるジャッジの存在)

そして選手自身は、そのジャンプが不当に低く採点されたことを知っている、と。
小塚選手の上品な訴えを意訳させていただくと「なめんなよ」ということですね(笑)

小塚選手も田村明子さんも、
この内容を語るにはかなりの勇気が必要だったのではと察します。
きちんと問題点を指摘してくださったことには、ファンとして感謝の気持ちで一杯です。

日本スケ連の方々には、この二人の記事を熟読していただいて、
自分たちの国の才能ある選手たちを堂々と世界にアピールしてほしいものだと思います。



■「愛の夢」海外解説 タラ・リピンスキーの愛ある解説が素敵

アメリカCBCとuniversal sportsによる解説動画です。
CBCの解説はトレイシーとカート。
universal sportsはタラ・リピンスキーです。

CBCの解説は、嬉しい部分と歯に絹きせた部分がありますが(苦笑)、
universal sportsのタラ・リピンスキーは、いつも真央ちゃんに優しいですね。

【CBC】浅田真央 2012 四大陸選手権 FS


SPで首位に立った浅田真央です
四大陸選手権は5回目の出場です
2回優勝しており、表彰台に立たなかったことはありません
12月の彼女の母の死後、初めての国際大会になります
彼女はGPFでケベックに滞在中に母の容態の急変を知り急遽帰国せざるを得ませんでした

出場選手中で真央は今シーズンのフリーの最高得点を持っているので
彼女はアシュリーがそれを上回ったことを知っています

知ってるかな?
もちろん知ってるわよ(笑)
上のほうに表示された点数に注意してたかな
してた
あ、そう…

真央はSP、FS両方で3Aを予定していて
SPに入れることができて喜んでいました

注意して見てみましょう

とても良いね
彼女はこのジャンプに大きな誇りを持ってるよ

当然よね
当然だね

少しツーフットかも知れないけど、素晴らしい3Aだった

バンクーバー五輪の銀メダリストで、同年の世界選手権の金メダリスト
彼女は競技生活を続ける道を選んだので
3回転ジャンプを見直すことが必要だと感じたようです
3Aがある一方で、いくつかのより簡単なジャンプに問題がありました
彼女は昨年(正しくは一昨年)NHK杯で8位とどん底にいましたが
今シーズンは見事に立て直してきました

2A-3T

ローリー・ニコルによる振付
叙情的でとても独創的

でもこの演技を見たら振付がどうとか、もはやそういう問題じゃないね
この会場にいれば、誰でもこの演技を楽しんでると思うよ

とても美しい終わり方だなあ
片足で描かれる大きな円、美しい…

SPではアシュリーとほぼ同位といった感じだから
これは接戦になるんじゃないでしょうか

なりそうね、
カートが言ってたツーフットかも知れないけど美しい3A
回転もチェックされますが注目してください

ツーフットで、回転不足かも知れないね

空中で回転しきらないといけないので、少し減点されるかも知れません

(3Lz)少し手を付いていますし、ジャンプの質の面で減点される部分があるでしょう

後半の2A-3T、あまり伸びが出なかったので少し足りないですね

今日はとてもスムースで素敵でエレガントだったけど
僕らが真央に期待したほど、技術的に洗練されてはなかったね

それは1つの3回転が2回転になったアシュリーにも言えるわね
カート、とっても美しくて質の高い演技だったわね

彼女が首位に立つには128点以上が必要になりますがこれだと足りませんね
シーズンベストに近い得点ですが、2位になります
アメリカ人のアシュリー・ワグナーが国際舞台での勝ちを手にしました

≪Universal Sports(翻訳付き)≫浅田真央 2012 四大陸選手権 FS:愛の夢


真央は、技術的に最も難しいプログラムをするわけだけど
より危険を冒すプログラムってことだわ
出来る限りミスなく滑ることが必要よ

2度の世界女王
去年は、彼女にとって最も苦しいシーズンだった
ジャンプの基礎を見直し、また競技の第一線・彼女の道に戻りつつあるところです

最初のジャンプは3A
この大会で見る最も難度の高いものです
彼女の代名詞ジャンプね
5分間練習では綺麗に着氷していた

やった!ワーオ!

この3Aというジャンプを着氷したら
それは即座に他のスケーターから一線を引けるってことを意味するわ

ワグナーとの点差はほとんど無いって言ってもいいから
本当に真剣によ~く見ていないとね、接戦よ!
真央はこれ以上ミスをすることはできないわ

次のは良いコンビネーションよ
素晴らしい!2A-3T

彼女、ノッてきたわね

あら…3Sを予定していたんだけど、2回転になっちゃったわね
空中に上がるタイミングが早すぎて回転が足りなかったわね

彼女はまだ21歳だけど、本当に長く競技している
たくさんの経験があるからこそ、この2年間の困難も乗り越えてこられたんだと思うわ
彼女はオリンピックの前夜に突然現れて、
技術的に本当に難しい3Aなどを成し遂げて、競技を混乱させるタイプの選手ね!
本当にインクレディブルよ!

最後のジャンプ

今シーズンの彼女のFSで最高のものの1つだと思う
上を見上げて、母親のことを想っているよう
彼女は「母がそばにいてくれるように感じる」と言っていたわ

124。優勝するのには、充分じゃなかったわね
真央は2位、ということはアシュリー・ワグナーが2012四大陸覇者となります



■3A評価の異常さを教えてくれる動画

2chで、既に話題となっている2つの3Aの動画。

浅田選手の今回の四大陸FSの3Aと、
Pちゃんの昨年末グランプリファイナルの3Aです。


686 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2012/02/14(火) 13:59:22.71 ID:9B6dx4K40
4CCのFP
(p)http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2634428.gif
3A< 6.00 -1.29 -1 -3 -1 -1 -2 -1 -2 -1 -1 4.71

GPFのSP
(p)http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2637203.gif
3A 8.50 -1.00 -1 -1 0 -1 -1 -1 -1 -1 -1 7.50

ヨシングスレからもらってきたの
ウリ、こんな衝撃初めてでwwwwww


上のアドレスからはもう見られなくなっているようなんですが(?)、
これをYou Tubeで上げてくださってる方がいらっしゃったので、お借りします。

3A比較 浅田真央2012四大陸 VS Pちゃんグランプリファイナル
TRIPLE AXEL - COMPARING


素人が見ても、どちらが成功したのかは一目瞭然なのに、
成功に見えた真央ちゃんの得点はわずか4.71
失敗に見えたPちゃんの得点はなんと7.50

浅田真央 3A< 6.00 -1.29 -1 -3 -1 -1 -2 -1 -2 -1 -1 4.71
Pちゃん  3A  8.50 -1.00 -1 -1 0 -1 -1 -1 -1 -1 -1 7.50

こんな明らさまな異常採点がまかり通っていいものでしょうか。

真央ちゃんの3Aと言えば、思い出すのがこの動画。
ジャンプ同盟プルシェンコのジャンプとそっくり!という動画です。

3A比較 エフゲニー・プルシェンコ VS 浅田真央
Triple Axel, by Evgeni Plushenko vs Mao Asada


この四大陸でも、

解説者のタラは「ナーイス!ワオ!」
ミーシャ・ジー選手は「3A !!!!! Wow!」

と興奮するほどのきれいな3Aを見せてくれた真央ちゃん。
真央ちゃんの3Aを認められないのはおかしな審判たちだけのようです。



<追記>

こちらにも3Aの映像をUPしてくださってました。
PちゃんGPFの3A→GPFのSP 3A 8.50 -1.00 -1 -1 0 -1 -1 -1 -1 -1 -1 7.50
真央ちゃん四大陸の3A→4CCのFP 3A< 6.00 -1.29 -1 -3 -1 -1 -2 -1 -2 -1 -1 4.71



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/02/16(木) 14:31:04|
  2. 動画・世界の解説動画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。