ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

選手の努力をあざ笑うような採点システム。3Aは「降りたと思った」。

■「真央ブログ」更新!

真央ブログが更新されてます。

『ミスもありましたが、収穫もありました。』
という真央ちゃんの言葉が全てですね。
信夫コーチとの微笑ましい写真をお借りしてきました。

mao120213_1.jpgmao120213_2.jpgmao120213_3.jpg

■四大陸総括記事

四大陸を総括して伝えるニュースで、一番良かったのはこの記事かな~。
マイナスを印象付ける見出しが躍る中、結果をポジティブに捉え、浅田選手にエールを送る優しさを感じました。
使われた5枚の写真も素敵なものばかりです。


今季最高点!真央 3・26世界選手権へ収穫の2位
スポニチ 2012年2月13日 06:00

フィギュアスケート四大陸選手権第3日 (2月11日 米コロラド州コロラドスプリングズ)

 大技完成が見えた。女子フリーで浅田真央(21=中京大)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑み、回転不足の判定だったが成功に近い好ジャンプを見せた。フリーは2位の124・37点で、合計は今季自己ベストの188・62点をマーク。合計192・41点で優勝したアシュリー・ワグナー(20=米国)に逆転され2位に終わったが、3月の世界選手権(フランス・ニース)に向けて大きな収穫を得た。

 演技を終え拍手を浴びる浅田の表情が、確かな手応えを物語っていた。笑みを浮かべてリンクサイドの佐藤コーチとハグすると、得点を待つキス&クライでもスマイルは変わらない。先に演技を終えたワグナーの合計192・41点に届かずSP首位からの逃げ切りはならなかったが、目標をクリアした達成感があった。「(トリプルアクセルに)挑戦して跳べたのはすごいプラス。跳べてうれしい」。代名詞の大技を、浅田が取り戻した。

 胸元が大きく開いた新しい衣装に身を包んで臨んだフリー。「愛の夢」の優しいメロディーに乗った演技冒頭、力強く踏み切り、そして鋭く回った。前日のSPで両足着氷だったトリプルアクセルだが、フリーでは右足だけでクリーンに下りた。判定はSPと同様に回転不足。それでも、出来栄え評価の減点はSPよりも1点減った。ほぼ成功と言える内容に、「しっかり回って跳べている。すごい自信になった」とまた笑った。

 昨年11月のNHK杯のSPで挑んだトリプルアクセルは、1回転半の失敗ジャンプ。ロシア杯は復調途上だったため、佐藤コーチと話し合ってダブルアクセルに難度を落とした。12月の全日本選手権前には、母・匡子(きょうこ)さん(享年48)が亡くなる悲劇があった。「いつもと違う緊張感だった」という特殊な状況の中、大技を封印して優勝。同選手権後、今大会のテーマにトリプルアクセルへの挑戦を掲げた。SP、フリーで着実に精度を上げ「全体的な流れはいいところまできている」と佐藤コーチも納得の表情だ。

 苦手の3回転ルッツでバランスを崩し、得意のサルコーは3回転の予定が2回転になった。「課題が残った。このままでは世界選手権で金メダルを獲ることは難しいと思う」と浅田は反省も忘れなかったが、大技の手応えをつかんだことは大きい。「世界選手権の目標は、SPとフリーでトリプルアクセルを跳ぶこと。フリーでのマイナスの部分をなくすこと」。自信を取り戻した浅田が、2季ぶりの世界一へ突き進む。

Snap6780044.jpgSnap6780046.jpgSnap6780047.jpgSnap6780045.jpgSnap6780048.jpg

それにしてもマスコミは、
浅田選手が常に3Aを取り入れて孤立奮闘してた時は、3Aを跳ぶ凄さを話題にもしなかったくせに、
今は二言目には「3Aを入れるのか????」ということばかりに注目して「何をいまさら…」と思ってしまう。

3Aは今も昔も大切な武器ですが、エッジエラーの克服にも努力を重ねてきました。
そこに触れた貴重なニュースがありました。

3Aとルッツの2つのジャンプの進歩を伝えるニュースです。


自信になった…真央、二つのジャンプで着実進歩
読売新聞 2012年2月13日12時08分

 フィギュアスケートの四大陸選手権で、フリーの演技を終えた浅田真央の顔に、安堵の笑みが浮かんだ。

 前日に続いて挑んだトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、きれいに着氷したように見えた。回転不足は取られたが、SPの両足着氷から一歩前進し、「昨日の経験を生かせた。挑戦して跳べたのは、すごくプラスだと思う」とうなずいた。

 もう一つ収穫があった。苦手の3回転ルッツで、着氷は乱れたものの、正しいエッジで跳べたことだ。規定とは逆サイドで踏み切ったとして減点され続け、大きな課題だった。昨季から修正に取り組んできた成果が、ようやく表れてきた。

 標高約1800メートルという高地の効果もあり、課題の二つのジャンプで着実な進歩を見せた。さらに、練習でトリプルアクセルを何度も決めていたから、「1週間続けてしっかり回って跳べているので、すごく自信になった」。空中で回転する感覚を体に染み込ませることができたのは、3月の世界選手権へ向けて何よりの収穫だろう。

2012四大陸16

■選手の努力をあざ笑うような採点システム

そして、ここからが今日のメインのつもりなのですが(笑)

先日、女子のFSの結果を伝える記事で、私はこう書きました。


演技は見てないものの、採点におかしなところはなさそうです(どうでしょう?)。
ルッツにエッジエラーがついてないので、よかったなぁと思いました。
SPもFSも3Aは70%認定のアンダーローテーションで済んだので、これも良かった。

審判の顔ぶれによっては、これも一気にダウングレードになったりしていたかも知れませんので。
PCSは、こんなものかな…もうちょっと高くても…と言いたいところですが、まで見てないので(笑)

女子のほうは、比較的まともな採点だったのではないかと思いました。


演技を見てない段階では、この書き方も間違ってはいないのでしょうが、
テレビで演技を確認してからは、やはり疑問が湧いてきました。

浅田選手のFSの3A…これはきれいなジャンプでした。
私の目には、充分すぎるほど回っていて、片足で着地したあとはきれいに流れていました。

どこに問題があったのでしょうか。


採点では、あのジャンプは3Aとは認められず、
3Aの基礎点の70%しか与えられないアンダーローテーションと認定されました。

その上、GOEは-1.29。
ジャッジ9人全員がマイナスをつけ、-1が6人、-2が2人、-3をつけたジャッジも1人います。


解説をしていたタラ・リピンスキーが思わず「ナーイス!」と褒めてくれたジャンプです。
(下にその動画を貼りました。52秒くらいのところで「ナーイス!ワオ」と入ってます)

元オリンピックチャンピオンのタラ・リピンスキーが認めるジャンプでも、
スケートをしたこともない素人もいるというジャッジ軍団は認めたくないのですね。

コメント欄で、「どこに書いていいのかわからず」と前置きされて、
やり場のない気持ちをここに書いてくださった方がいました。

FSの3Aの評価について、どうしても納得がいかないということでした。
私も同じです。納得いきません。

男子でも、あれだけきれいな3Aを跳ぶのは難しいのでないでしょうか。
浅田選手が男子なら、普通に認定されて、加点もついていたのではないでしょうか。
そんなことも思ったりしました。

コメントをいただいたこともきっかけになりましたし、
なんといっても、次の記事を読んで、黙っていられなくなりました。

浅田選手自身が「フリーは自分で降りたと思った」と語ってるのです。

選手本人が「回った!」と体感したほどのジャンプ。

それをいとも簡単にアンダーローテーションにして、
さらに転倒に匹敵する-3のGOEをつけて平気なジャッジの顔が見てみたいです。

「降りたと思った」と浅田選手が語るニュースです。


真央「ほぼ成功に近い感覚」/一問一答
日刊スポーツ 2012年2月13日14時53分

フィギュアスケート日本女子のエース、浅田真央(21=中京大)が4大陸選手権2位から一夜明けた12日、代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を解禁した理由などを穏やかな表情で語った。

 -3回転半を跳んで

 浅田 自分が強く持てるものの1つ。それがしっかり自分のものになったのは大きな一歩だと思う。

 -ショートプログラム、フリーともに回転不足と判定された

 浅田 ショートの方は完璧な回転不足だったが、フリーは自分で降りたと思った。(判定は)多少ショックだったが、ほぼ成功に近いアクセル。この感覚を日本に帰っても忘れず、練習に臨めたら大丈夫だと思う。

 -今季優勝したロシア杯と全日本選手権では回避した。挑戦の理由は

 浅田 今季は跳ぶつもりで練習してきたが、回転が足りず、演技に入れても意味がないという状態だった。こちらに来て回るようになり、跳べたら得点がもらえる状態になった。佐藤信夫先生からも「やってはいけない」という指示はなかった。やっていいと思った。自分もできると思った。

 -ただ、ほかのミスもあって優勝を逃した

 浅田 トリプルアクセルだけでは駄目だと思った。今回は跳ぶということが強過ぎて、フリーはほかの部分が少しおろそかになったのではないかと思う。

-世界選手権では2季ぶりの優勝が懸かる

 浅田 勝ちに行くと思うと縮こまってしまうと思う。力強いスピードと力強い気持ちがあれば大丈夫。自分のできることを出し切ればいい。

Snap6780043.jpg

もう涙が出ますよ。
跳べたと思ったジャンプが認められなかったのに、

「もっと練習すれば大丈夫。
力強い気持ちがあれば大丈夫。」


と、誰を責めるでもなく、自分が頑張ればいいんだ、という強さと優しさ。

どこかの国の選手なら、非公式なルートを使って、
ビデオを見せながら「自分は跳んでいた」とかけあっていたのでしょう。
コーチが説明し、テレビで訴え、「自分がエラーをとられるはずがない」と叫ぶでしょう。

高橋選手のPCSが低すぎる件もそうですが、
高橋選手にしても、浅田選手にしても、どんなに理不尽な採点をされても、
一切文句を言わず、「自分が足りなかったからだ。練習課題が見つかった」と…。

そんな姿勢は崇高ですらありますが、
見ていてあまりにも不憫です。

声を上げない選手に代わって、検証してみました。
何をどう比較したらいいかということは、某所のみなさんの会話からヒントをいただきました。

(1つ目の表について)

浅田選手の3Aは、
SPでは両足着氷・アンダーローテーション・GOEマイナスでした。
FSでは片足着氷・アンダーローテーション・GOEマイナスでした。
最初の表は、その比較です。

(2~5つ目の表について)

浅田選手とアシュリー・ワグナーの対戦は、NHK杯と四大陸でした。
NHK杯のあとも、訓練に訓練を重ね、滑らかなスケーティングとジャンプの精度を上げてきた浅田選手。
もちろんアシュリー・ワグナー選手も同じようにたくさん練習されたことと思います。

ところが、浅田選手に限ってGOEもPCSもほとんど上がってません。
上がってないどころか、GOEもPCSも全て下がっているのです。

一方アシュリー・ワグナーは、GOEもPCSも大幅に上がっていました。

浅田選手の「愛の夢」は、NHK杯よりも完成度が下がってしまったのでしょうか。
私が思い出す限りでは、「愛の夢」は見るたびに進化していってましたが…。

アシュリー・ワグナーは、四大陸は完璧でしたが、NHK杯ではボロボロだったでしょうか。
私が思い出す限りでは、「なんて素敵な選手がいるんだろう!」と感動したNHK杯の演技でした。

どちらも少しずつ完成度を上げていってるのに、
NHK杯から四大陸の間で、評価に大きな開きができたのは何故でしょうか。


NHK杯と四大陸における2人の採点の推移を表にしてみました。

(参考)
四大陸選手権2012 ISUリザルト
グランプリシリーズ2011-2012NHK杯リザルト

浅田真央 四大陸SP・FSの3A得点
基礎点GOEJ1J2J3J4J5J6J7J8J9得点
SP3A<6.00-2.29-2-3-2-2-2-3-2-2-33.71
FS3A<6.00-1.29-1-3-1-1-2-1-2-1-14.71

FSに関しては、そもそもアンダーローテーションでさえないと思えます。
基礎点は6.0ではなく、3Aの8.5から計算すべきだったのでは…?
そしてあのきれいなジャンプにジャッジ全員がマイナス評価。-3って…転んでませんが。

浅田真央 NHK杯と四大陸の得点推移
競技得点総要素点総構成点SSつなぎ演技力振付曲解釈
NHK杯125.7761.2064.578.117.758.078.218.21
四大陸124.3762.9561.427.757.437.647.827.75
-1.40+1.75-3.15-0.36-0.32-0.43-0.39-0.46
5つの要素(PCS)合計 -1.96 NHK杯よりも1.96点低く評価された四大陸

アシュリー・ワグナー NHK杯と四大陸の得点推移
競技得点総要素点総構成点SSつなぎ演技力振付曲解釈
NHK杯109.7754.4555.327.046.617.047.006.89
四大陸128.3466.6161.737.617.467.937.717.86
+18.57+12.16+6.41+0.57+0.85+0.89+0.71+0.97
5つの要素(PCS)合計 +3.99 NHK杯よりも3.99高く評価された四大陸

5つの要素(PCS)合計では5.95差が開いた
総構成点では9.56差が開いた

浅田真央 NHK杯と四大陸GOE推移
要素123456789101112合計
NHK杯0.790.70-0.801.000.70-1.100.400.790.93-0.700.641.304.65
四大陸-1.290.50-0.701.000.700.500.030.431.000.400.711.304.58
GOEはNHK杯よりも0.07低く評価された四大陸

アシュリー・ワグナー NHK杯と四大陸GOE推移
要素123456789101112合計
NHK杯0.600.50-0.600.571.400.640.500.20-1.70-0.700.210.141.76
四大陸1.000.500.800.362.001.001.001.100.700.700.640.7110.51
GOEはNHK杯よりも8.75高く評価された四大陸

スケーティングの名手、佐藤コーチのもと、
基礎の基礎であるスケーティングから地道に磨きをかけ、ツルツルの滑りを手にした浅田選手。
跳びたい3Aを我慢してまで臨んだ試合もありました。

お母様のこともあり、練習できない時期もありました。
それよりも大切な人を失ったことで、心のバランスを取るのも大変だったでしょう。
本の発行を巡って出版社とのトラブルがあったことも、平気ではなかったはずです。

確かにそんな私生活のことは、試合には関係ありません。
でもそれを抜きにしても、浅田選手がフィギュアスケート一徹で、
「前に、前に」としか考えずに練習を重ねていたことは容易に想像できます。

見るたびに進化するプログラムを見るのは、ファンにとっても喜びでした。

それなのに、シーズン初めとシーズン終わりで評価が全て下がってるというのは、
どうしても腑に落ちません。

こんな不可思議な採点がまかり通っていいのでしょうか。



■「なぜ高橋大輔はチャンに完敗なのか?」コラムのご紹介

また、男子の結果については、
私が語るより(笑)、激しく同意できる記事がありましたので、それをご紹介したいと思います。

田村明子さんによる記事です。

色をつけたところは全く同意です!


なぜ高橋大輔はチャンに完敗なのか? ふたりの天才の結果を分けたもの。
Number Web 2012/02/13 11:25

Snap6780049.jpg

田村明子 = 文

 これはやられた。

 パトリック・チャンのフリー「アランフェス協奏曲」は、圧巻だった。4+3のトウループコンビネーション、4トウループ、3アクセルと次々成功させていく彼を見て、今年の四大陸選手権は彼のものになる、ということが点数を見るまでもなくわかった。

 だが前日のSPは、微妙だった。

 チャンと高橋大輔は、ほぼ同じようなミスをした。チャンは出だしの4回転で両手をつき、高橋は臀部もついて転倒。2人とも残りはノーミスで滑っている。

 一見それほど大きな違いはないように見えた演技でも、5.36ポイントもの点差がついてしまった。チャンの4回転は回転が承認され、高橋は回転不足だった。これは降りてくるエッジの角度で決定されるので、やむを得ないことだと言える。


転倒か、転倒ではないのか? ふたりのミスの評価が異なる理由。

 理解できなかったのは、チャンの両手お手つきが、転倒としてマイナス1がついていなかったことだった。ISUルールの転倒の定義は、「ブレード以外のもので体重を支えた場合」となっている。両手をついたチャンはブレードが氷についたままだったが、手で支えていなければ転倒していた。だがこれは転倒とは考えないのか。SP後のプレスルームで、複数の記者たちとカメラマンのPC画面を囲み、チャンの4回転の着氷瞬間をフレームごとに確認しながら、そんな会話を交わしていた。

 ちなみに、この「転倒」かどうかを決定するのはジャッジではなく、3人のテクニカルパネルである。今回のテクニカルスペシャリストはカナダ人のジェイソン・ピース、アシスタントスペシャリストは日本の天野真。そして2人の間で意見が割れた場合に決定するのは、テクニカルコントローラーの役割で今回はスイス人の女性だった。

「転倒ではない」という最終決定は、彼女が下したことは間違いない。試合終了後、是非その理由を質問してみなくてはならない。たとえ1ポイントでも、それが最終的に勝敗を分けることになるかもしれないではないか。


神がかりだったチャンのフリー。

 だがそんなもやもやした気持ちは、チャンの圧巻のフリーを見せられ、ふっとんでしまった。この領域に達した演技をするときのチャンは神がかっていて、誰にも触ることはできない。4回転を2回、3回転ジャンプを7回、最後のルッツでわずかにバランスを崩した以外はノーミスだった。

 ジャンプのすごさもさることながら、ミスがないとスケーティングの質が光る。高いところから低いところへと水が流れていくような、スムーズでスピードのある滑りなのだ。会場の上のほうで見ていると、リンクの使い方が他の選手とは違うことがよくわかった。

「地元のリンクで有利だと思うかもしれないけれど、実を言うとこんなに緊張したのは久しぶり、というほど緊張していた。でもジャンプを一つ一つ、着実に落ち着いて降りていこうと思った」

 チャンは演技後、会見でそうコメントした。

意志の力で標高1800mの過酷さを乗り越えた高橋。

 一方2位だった高橋大輔の演技も決して悪くなかった。久しぶりにフリーで4回転トウループを成功させ、最初の3アクセルはパンクして1アクセルになってしまったが、後半でしっかり3アクセル+3トウループを降りている。若手の選手でも途中から口呼吸になる標高1800メートルのコロラドスプリングスで、よく戦った。

「標高は思ったほど感じなかった。後半少し足にきたけれど、前半にジャンプミスがあったので、後半はもうミスできないという気持ちが強かった。その気持ちが、標高の影響に勝ったのだと思う」

 会見で、高橋はそう語った。

 だがそれでも、なんと総合でチャン273.94、2位の高橋244.33と、30ポイント近くもの点差がついた。果たして2人の演技にそこまでの差があったかどうかはわからない。だがここでのチャンの圧勝に、誰も文句を言えないことだけは確かであった。

「SPでも思い通りの演技ができず、ぼくはフリーで実力を証明してみせなくてはなりませんでした」

 チャンは会見でそうコメントしたが、確かにそれだけのものを、彼は見せた。SPのチャンの採点が甘すぎると口にしていた人々は、みんな黙った。

4年前は圧倒的な実力で優勝をさらった高橋だが……。

 改めて、競技スポーツというものの残酷さを感じたのは私だけであろうか。

 そもそも高橋とチャンでは立ち位置が違う。

 25歳の高橋が今のチャンとほぼ同じ年齢だった4年前、まさにこの四大陸選手権のフリーで4回転を2回降り、当時の最高点を出して優勝している。だがあれから高橋は選手生命に関わってもおかしくなかったような負傷をし、大きな手術を経て、それでも出場したバンクーバー五輪では銅メダルを獲得した。

 一方のチャンは、今が跳び盛り、伸び盛りである。

 2人に限らず、競技を続けていく限り、このように立ち位置の違う選手たちが、一切の言い訳もせずに同じ土俵で戦っていかなくてはいけない。

 今や大ベテランである高橋がけなげにも「4回転の成功率をもっと上げていかなくては」と口にするのを聞いて、今更ながら、競技スポーツの過酷さに胸がつまったのである。

“音楽表現の天才”高橋大輔はもっと評価されるべき!?

 それはひとまずおいておくとして、果たしてこの30ポイント差というのは妥当なものなのだろうか。

 技術的なポイントの差は、仕方ない。子供の頃から競技スキーもやっていたというチャンは、スピードを恐れるということを知らない。まさに坂道の急傾斜を突っ込んでいくような勢いで、30×60メートルの銀盤を風のようにふっとんでいくのである。その勢いを生かしたジャンプは、飛距離も高さも申し分ない。

 だがその一方で、高橋は彼にしかないものをたくさん持っている。

 特に彼の持つリズム感、体を使った音楽の表現というのは天才的と言っていいレベルだ。後にも先にも、世界で真似をできる選手は一人もいないだろう。

 これは本来、5コンポーネンツに反映されるべきものだ。SP、フリーを通してインタプリテーション(音楽表現)、パフォーマンスあたりは、高橋のほうのポイントがもっと出ていてもよかったのではないか。9点台が並んでも少しもおかしくない演技だという声は、海外のプレス関係者たちからも聞こえてくる。

国を挙げて国内外にチャンの凄さをアピールするカナダ。

「カナダのスケート連盟は、裏でも表でも政治的なことをしてくる。日本も少しは努力したらいいのに」

 ある米国のベテラン記者は、そう口にした。この「政治的」というのは、必ずしも不正行為という意味ではない。

 たとえば1月のカナダ選手権で、カナダのジャッジたちはパトリック・チャンにSPで101.33点、フリーで200.81点、総合302.14点というとてつもない点数を出した。もちろん演技の内容も素晴らしかったし、国際大会より国内のほうが甘目の点がでるというのは、カナダに限ったことではない。それにしても、よくぞまあここまで出したものよ、という点だった。

 こうしてカナダの連盟は、チャンの凄さを海外のジャッジ、スケート関係者たちにアピールしているのである。国内選手権は、いわば海外に向けた自国選手のPRの舞台でもあるのだ。


高橋の全日本SPには、100点台を出すべきだった!?

 だが果たして日本スケート連盟は、そのような意識を持っているだろうか。日本のジャッジは国内大会でも、模範的な会社員のような採点しかしない。あくまで他と足並みを揃えて、目立たないように無難な点ばかり並び、個々のジャッジのメッセージが伝わってこないのだ。

 大阪の全日本選手権の男子SPで高橋が数年ぶりに4+3を成功させたとき、日本のジャッジは100点台を出すべきだった。そして5コンポーネンツも、9点台後半をぞろりとそろえて、10点満点を出すジャッジがぽつぽついてもよかったと思う。

 会心の演技を見せたときにはここぞとばかりに思い切った採点を出し、選手の価値を底上げしていく。こういう駆け引きも採点スポーツの一部なのである。

 極端なことを嫌うのは、日本人の美徳かもしれない。だが国際社会で勝ち抜いていくためには、少しはカナダの連盟を見習い、ここぞという時にはなりふり構わず、あざといばかりに選手を売り込むべきだ。現在の日本スケート連盟には、こうした国際的政治感覚が足りないように思う。

 採点スポーツというのは、一人の天才がいても勝てるとは限らない。五輪の数年前から、連盟も一丸となってこうした駆け引きを着々と積み重ねていかなくてはならないのだ。

予想していた以上に大健闘した日本男子たち。

 最後になったが、今回の四大陸選手権の男子では、無良崇人、町田樹ともにそれぞれ良い戦いぶりを見せたことにも言及しておきたい。

 特にSPでは、無良崇人は全選手中唯一、4+3をきめてSP2位になり、町田樹はその夜トップにしてもおかしくないほど完成度の高い「黒い瞳」の演技で4位だった。2人ともフリーでは順位を下げて5位と7位に終わったが、これをまた一つの経験としてきっと次のステップアップへつなげていくのに違いない。

すみません。毎度ながらまとまらないブログですが…
ご紹介したいことがたくさんあってダラダラ長くなってしまいます。

今日発見した四大陸の素敵な写真です。

2012四大陸232012四大陸26
2012四大陸242012四大陸25

そして、四大陸女子FSの動画です。
「愛の夢」は、日本語版とタラ・リピンスキー解説版があります。

男子も一人だけ…打倒Pちゃんを叶えてくれそうだと個人的に期待しているナン・ソンです。
このFSの演技のあと、酸素吸入して運ばれていったというその演技です。
演技中も苦しかったんでしょうね。

(タラ・リピンスキー解説のもの)Mao ASADA 4CC 2012 FS


(フジで放送のもの)Mao Asada - 2012 4CC FS


Ashley Wagner - 2012 4CC FS


Caroline ZHANG 4CC 2012 FS


Nan SONG 4CC 2012 FS




更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/02/14(火) 00:55:42|
  2. 四大陸選手権|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。