ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

無良・町田選手のきれいなスコア…比較的まともな採点だった、かな?

SPを終えた高橋・無良・町田選手の言葉を伝えるニュースです。
この町田選手の言葉、いいですね。


町田は納得顔「幸せな3分間」
サンスポ 2012.2.10 20:06

 フィギュアスケート・四大陸選手権(9日、米コロラド州コロラドスプリングズ)SP4位の町田は3回転半、2連続3回転、単発の3回転とすべてのジャンプを決め、力強いガッツポーズを見せた。「幸せな(約)3分間でした。全力を出せたと思う」と喜んだ。

 今季は成績を過度に求めて演技が崩れた反省から「腹をくくって出し切ろう」と決意したという。ロシア民謡の「黒い瞳」に乗って力強く情熱的に滑り、4回転挑戦に意欲を見せるフリーに弾みをつけた。(共同)

Snap6779978.jpgSnap6779979.jpgSnap6779980.jpgSnap6779982.jpg



無良、会心 「技術」はトップ得点
毎日新聞 2012年2月10日 17時52分

◇フィギュアスケート4大陸選手権第1日(9日・米コロラド州コロラドスプリングズ)

 会心の出来にガッツポーズで演技を締めくくった無良は「高橋選手よりも、なぜか上の順位にいることに驚いた」と率直に喜んだ。「スピードに乗れば跳べる」と確信していた冒頭の連続ジャンプに成功して勢いに乗った。続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と3回転ルッツもきれいに着氷して加点。技術面を示す総要素点は47.22点とトップの得点をたたき出した。

 全日本選手権では5位。世界選手権の出場を逃したことが「悔しかった。そこから練習をしたことが結果につながった」と無良。フリーに向け「最後までしっかりと滑りきりたい」と意気込んだ。

Snap6779984.jpg



高橋、ミスでも納得 チャン追い前向き
毎日新聞 2012年2月10日 19時05分

◇フィギュアスケート4大陸選手権第1日(9日・米コロラド州コロラドスプリングズ)

 高地での演技は、体力的にはきつかったようだ。リンクから上がって、しばらくしても息が切れていた高橋大輔は「滑っているときは疲れなかったけど、話していると結構きつい」と言って苦笑した。

 演技の内容そのものには納得している。冒頭の4回転ジャンプこそ転倒したものの、空中での姿勢は悪くなく、着氷できると感じたといい「悪い失敗ではなかった。変なジャンプは減ってきた」と高橋。ミスの後も冷静に滑って、3位にとどまったことも評価している。

 2年ぶりの優勝を目指す世界選手権(3月、フランス)では、チャンとの新旧王者の対決となる。前哨戦となった今大会はチャンと今季3度目の顔合わせで、またも追う展開となった。ただし、差がついたのは4回転ジャンプの成否が反映される技術点だと、はっきりしている。

 その4回転ジャンプは、全日本選手権のSPで4回転-3回転の連続ジャンプに7季ぶりに成功。今大会前の練習でも成功率が上がってきた。「先が見えてきているという感じ」と高橋。世界選手権に向けて、確実に歩みを進めたことが気持ちを前向きにさせている。【小坂大】

Snap6779983.jpg


1位となったPちゃんの言葉も…
「地元の大会ではなく、国際大会だということを痛感したよ」
というのは意味深かも。
思ったより点が出なかったと感じたのかも知れませんね。


チャン、SP首位も苦笑い
サンスポ 2012.2.10 20:06

 フィギュアスケート・四大陸選手権(9日、米コロラド州コロラドスプリングズ)SP首位に立ったチャンは完璧な演技ではなかった。出だしの4回転トーループで着氷が乱れ、手をついてしまい「少し動揺して上半身が力んでいたね」と苦笑いを浮かべた。

 コロラドスプリングズが練習拠点のため、本番リンクに慣れているはずが「氷の状態が普段と違うことに戸惑った」と言う。だが、今季敵なしの世界王者は美しい2連続3回転ジャンプや豊かな表現力で得点を稼いだ。

 バンクーバー冬季五輪テスト大会を兼ねた2009年大会以来のタイトルの好機。フリーに向け「地元の大会ではなく、国際大会だということを痛感したよ」と気を引き締めた。(共同)


四大陸選手権男子SPの動画です。
5人分しか発見できなかった(T T)

SP1位 パトリック・チャン Patrick Chan 4CC2012 SP


SP2位 無良崇人 4cc SP T Mura


SP3位 高橋大輔 4cc SP DT


SP1位 町田樹 4cc SP T Machida


SP7位 アダム・リッポン Adam Rippon 4CC2012 SP


SPの結果です。
ブログウォッチャー様の資料をお借りしてます。

Snap6779975.jpg

ジャッジの採点表です。上位4選手を。
四大陸選手権2012 ISU公式ページより

パトリック・チャンのスコア
Snap6779971.jpg

無良崇人のスコア
Snap6779972.jpg

高橋大輔のスコア
Snap6779973.jpg

町田樹のスコア
Snap6779974.jpg

得点を見て、また採点表を見て、まず感じたのが、
「比較的マシな採点がされたのではないか?」ということでした。

カナダ大会のPちゃんのPCS10点満点だらけのスコアが記憶に新しいので、
Pちゃんに7点台とか出ているのにちょっとホッとしました。

でも、7~9点くらいというのがトップクラスの選手の証だと思うので、
9点台に偏ったり10点満点が量産されたりというのが異常過ぎたんですよね。

ただ、Pちゃん冒頭の4回転に、
転倒の-1はつかなくてOKなのか?というのは素朴な疑問。

高橋選手は転倒-1と、アンダーローテーションですね…。
確かにPちゃんは回り過ぎた感じの(派手な)お手つきでした。

回りきっての転倒
回転不足の転倒


同じ転倒でも、6.2点も差が出てしまいます。
10.34.1か…倍以上も点差が開いてしまうのですね。

これはこれでいいのでしょうか…。

また、高橋選手はスピンがひとつだけレベル2となってしまいました。
う~ん、残念です~。

それにしても無良崇人選手と町田樹選手の二人の採点表のきれいなこと(笑)
マイナスもエラーもひとつもありません。

無良崇人選手は、冒頭2つのジャンプで26点も!

4F-3T 14.40 + GOE1.57 = 15.97
3A    8.50 + GOE1.57 = 10.07


4回転が決まると、見るほうも気持ちいいし、スコアを見ても気持ちいいですね(笑)

ステップがレベル2だったので、まだ伸びしろがありますね。

町田樹選手は、3AでGOEが2.00ついてます!

3A  8.50 + 2.00 = 10.50 

ステップもレベル4
スピンに一つレベル2があるので、こちらもここが伸びしろですね。
凄い!

無良選手と町田選手、
高橋選手とPちゃん、

ジャンプは無良&町田選手のほうが良い出来だったのに、
PCSの部分で、高橋&Pちゃんの二人にまだ敵わないというジャッジの評価ですね。

PCSって、実際の巧さ以外に実績点の意味合いもあるとか(ないとか)。
特に日本の選手層は厚いので、全員がいっぺんに大会に出るわけにもいかないし…
他の国だと間違いなくトップであろう選手も、日本にいるとなかなか芽を出せない可能性が…
選手にとってもファンにとっても、悩ましいところですね。

そんな中、無良選手と町田選手が実力を発揮できたこと、
ほんとうに良かったです!

ところで男子って、ステップのレベル4が出やすいのかな?
今回レベル4を取った選手は6人もいました。

ステップでレベル4の選手
  パトリック・チャン
  高橋大輔
  町田樹
  デニス・テン
  アダム・リッポン
  リチャード・ドーンブッシュ

女子ではほとんど目にしないような気が…。

さて、いよいよ明日は女子SP。男子もFS。
どんな結果になるのか非常に気になります。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/02/11(土) 00:37:20|
  2. 四大陸選手権|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。