ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央、笑顔戻った! 羽生、得点訂正で3位→4位へ

「真央 笑顔戻った!」は、いいタイトルですね。
使われてる写真も(゚∇^d) グッ!!

Snap6779511.jpg

そして、記事の内容も、嬉しいものでした。
赤文字のところを読むと、
スケート連盟が、真央ちゃんに対して充分な配慮をしてくれたんだな、ということがわかります。

質問は競技に関するのみにすること。
事前に質問をまとめ、代表質問にてとり行われたこと。
出入り口も目立たないところを用意してくれてたそうです。

スケート連盟様、やればできるじゃない(笑)と思いました。


真央 笑顔戻った!母の死乗り越え決戦の舞台へ
スポニチ 2011年12月23日 06:00

 悲劇を乗り越えて、真央が決戦の舞台に戻ってきた。フィギュアスケートの世界選手権代表選考会を兼ねた全日本選手権は23日、大阪・なみはやドームで開幕する。9日に母・匡子(きょうこ)さん(享年48)が死去した浅田真央(21=中京大)は22日、24日の女子ショートプログラム(SP)に向けて会場で練習を行った。会見では笑顔も見せた浅田は、好演技を誓った。

 笑みを浮かべながら、リンクに帰ってきた。匡子さんが亡くなってから初めて、13日ぶりに公の場に姿を見せた浅田は、会場入りの際、報道陣に向かって、にこやかにあいさつした。そして、30分間の練習では、いつも通りの滑りを披露した。

 ジャンプにも挑んだ。うまく回転できない場面もあったが、大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も何とか着氷できた。開会式後の会見では「体の動きは全然、悪くなかった。一番の目標は、ミスなく自分の今できる全てを出すこと」と意気込みを語った。

 匡子さんの容体が急変したことを受け、GPファイナル出場のため滞在していたカナダから緊急帰国したのが9日。名古屋市内の病院で、既に亡くなっていた母と無言の対面をした。ショックはあったが、スケート人生を支えてくれた匡子さんのためにもリンクに立つと決意。告別式が行われた12日に文書で全日本選手権出場を表明した。佐藤信夫コーチには「心の準備ができたので頑張ります」と電話で伝えた。

 翌13日には中京大で練習を再開し、この1週間は通常メニューを消化してきた。関係者は「見ている限り、落ち込んでいるとかふさぎ込んでいる感じはなかった」と証言した。浅田自身も会見で「欠場することは思っていませんでした」と毅然(きぜん)と答えた。

 周囲にはピリピリした空気が漂っていた。浅田は他の選手とは違う出入り口を利用。会見も日本スケート連盟が事前に質問をまとめ、代表質問に浅田が答える異例の形で行われた。浅田に関する質問を受けた男子の小塚は「それは後にしてください」と険しい表情を浮かべた。日本連盟は「浅田以外の選手への質問も競技に関することのみ」と通達を出していた。

 そんな中でも浅田は自然体だった。「“いつも通り”というのが今、大切にしている言葉です」と笑った。

 悲しみを胸に秘めて挑む氷上決戦。あす24日のSP、25日のフリーで全力を尽くす。匡子さんが試合会場に最後に姿を見せたのは、昨年の全日本選手権。あれから1年。「結果、得点、順位じゃない。今できる精いっぱいの演技をして、たくさんの人にいい演技を見てもらいたい」。天国で見守ってくれる最愛の母へ、最高の舞を届ける。

 ◆滑走順 男子SPは小塚が全体19番で第4グループの2番目、高橋が全体25番で最終第5グループの2番目、羽生が全体29番で第5グループの最終演技者。女子SPは村上が全体20番で第4グループの3番目、浅田が全体27番で最終第5グループの4番目、鈴木が全体29番で第5グループの最終演技者。

Snap6779511.jpg


ところで、こんな珍しいことが起こりました。

昨日の記事の段階では、羽生選手はSP3位でしたが、
あとからスピンのレベルが3から2へ変更され、ほんの僅差ですが、3位→4位になったとか。


スピンのレベル判定変更で得点訂正 羽生3位→4位 
スポニチ 2011年12月23日 22:45

 フィギュアスケートの全日本選手権の大会本部は23日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(宮城・東北高)の成績を「74・82点の3位」から「74・32点の4位」に訂正すると発表した。スピンの得点の基準となるレベルを成績表示後に「3」から「2」に引き下げたため



羽生の得点訂正=スピンを見直し
時事ドットコム 2011/12/23-22:52

フィギュアスケート全日本選手権の大会本部は23日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(宮城・東北高)の得点を当初発表の74.82点から74.32点に訂正し、発表したこれに伴い、羽生のSP順位は3位から4位に変わり、74.64点の町田樹(関大)と入れ替わった。
 大会本部によると、羽生の得点のうち、当初「レベル3」(最高はレベル4)と認定した軸足を替えるスピンを「レベル2」に見直したため、得点が下がった。 

oth11122323430016-p1.jpg


この記事↑の羽生くんの写真、カッコいいですね~。
真央ちゃん、小塚くん、大ちゃんの写真も1枚ずつ(笑)

Snap6779508.jpg

Snap6779509.jpg

Snap6779510.jpg

真央ちゃん、もひとつ追加。
クリックで大きくなりますが、とってもいい笑顔です。
指先もきれい。

Snap6779512.jpg

ところで、羽生選手のニュースにもあるように、
一度決まった順位を、あとから見直して変更することが実際にあるのですね。

これは、男子SPの審判です。

男子 - ショートプログラム Panel of Officials
Snap6779513.jpg

全員日本人審判ですね(国内大会だから当然ですね・笑)
几帳面な日本人だから、間違った採点をしてはいけないと、訂正されたのでしょうか。

国際大会の審判たちは、間違いに気づいたら訂正しているのでしょうか。
あとでこうやって訂正できるのなら、
何年でもさかのぼって、訂正すべき採点がいくらでもあると思うのですが…。




更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事


  1. 2011/12/24(土) 01:17:19|
  2. 全日本選手権|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。