ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

全日本選手権間近!全日本の真央スマイルを振り返る。

さてさて、全日本選手権がいよいよ迫ってきましたね~。
今からドキドキしています。

その前に明日は真央ちゃんの記者会見があるのですね。
何時からあるのでしょうか。
少しは気持ちが落ち着いたかな?

まわりの方たちがしっかりサポートして、
動揺を誘うような質問はしないようにしていただきたいものですね。

ところでこの記事を読んで、試合がますます楽しみになりました。
ほんとうに、優勝争いは男女とも好勝負になりそうな予感がします。


浅田の返り咲きか、鈴木の初優勝か 男子は三つ巴の争い=フィギュア全日本選手権・見どころ
スポーツナビ 2011年12月21日 11:36

 フィギュアスケートの全日本選手権が23日、大阪府門真市のなみはやドームで開幕する。本大会は、来年3月にフランスのニースで開催される世界選手権の最終選考会を兼ねており、全競技終了後の25日夜に代表が決定する。

 世界選手権の男女シングルの出場枠は各3名。安藤美姫(トヨタ自動車)の休養でディフェンディングチャンピオンが不在の女子は、グランプリ(GP)シリーズで好成績を挙げた浅田真央(中京大)と鈴木明子(邦和スポーツランド)による優勝争いが濃厚だ。
 浅田はここ2シーズン、序盤に出遅れて成績を残せず、五輪や世界選手権の代表入りに後がない状態で今大会を迎えていた。9日に母・匡子さんを亡くした影響が懸念されるが、今季はGP2大会とも確実な演技で好成績を残しており、女王返り咲きへ期待がかかる。
 鈴木は3年連続で出場したGPファイナルで自己最高の2位に入るなど、今季は好調。ベテランと呼ばれる年齢ながら3回転-3回転の連続ジャンプを取り入れるなど、技術面の底上げを図っている。GPシリーズではプログラムの評価も高く、悲願の初優勝に最も近い位置で今大会を迎える。
 浅田、鈴木に続くのが村上佳菜子(中京大中京高)と今井遥(日本橋女学館高)。昨シーズン鮮烈なシニアデビューを飾った村上だが、今シーズンは靴のトラブルの影響もあり、GPシリーズでは表彰台に乗れずファイナルを逃した。2年連続の世界選手権代表に向け、どこまで調子を上げてきているか。今シーズンから拠点を米国に移し、佐藤有香コーチらの指導を受ける今井は初の代表を目指す。
 そのほか、ジュニアからは昨年5位に入った庄司理紗(西武東伏見FSC)、浅田真央の記録を塗り替える高得点で全日本ジュニアを制した13歳の宮原知子(関大中・高スケート部)らが上位進出を狙う。

 男子は昨年2位の織田信成(関大大学院)が膝のけがで欠場。高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、羽生結弦(東北高)による三つ巴の戦いとなりそうだ。
 GPファイナルで自身3度目の2位に入った高橋は、フリーで4回転を除くすべてのジャンプを決めて元世界王者の貫録を見せた。演技への評価は一歩抜けており、今シーズンまだ成功のない4回転ジャンプが決まれば優勝に大きく近付く。昨年初優勝を飾って世界選手権の銀メダル獲得につなげた小塚は、序盤戦でやや安定感を欠き、2年連続のファイナル出場を逃した。2位となったNHK杯から1カ月以上間隔が空いたが、久々の試合で完成度を高めた演技を見せられるか。シニア2年目の羽生は試合のたびに自己ベストを更新するなど飛躍のシーズンを送っている。ロシア杯でGP初優勝を飾り、進んだファイナルでも好演技を披露して4位に入った。世界選手権への出場を目標に掲げる17歳だが、実績のある先輩を抑えて優勝をつかむ可能性も十分にある。
 この3名を追うのは町田樹(関大)、村上大介(陽進堂)、無良崇人(中京大)。いずれも今シーズンの国際大会で優勝を飾っており、今大会で上位に入って存在感を示したい。ジュニアGPファイナルに初出場した日野龍樹(中京大中京高)、田中刑事(岡山理大付属高)らジュニア勢の戦いぶりにも注目だ。

 ペアは高橋成美/マーヴィン・トラン組(木下クラブ/カナダ)が4年連続1組のみの出場。アイスダンスは現在4連覇中のキャシー・リード/クリス・リード組(木下クラブ)がけがで欠場するが、3年ぶりにシニアで3組のエントリーがあり、ジュニアと合わせて4組が出場する。

20111221-00000008-spnavi-000-1-view.jpg
女子は浅田真央(左)、鈴木明子による優勝争いが濃厚だ【坂本清】



また、2013年のグランプリファイナルが日本で開催されるというニュースが飛び込んできました!
以前、2014年の世界選手権が日本開催に決まったというニュースもあったので、
ソチオリンピックの年は、日本が熱くなりそうですね~。

■2013年12月のグランプリファイナルは日本開催!


2013年のGPファイナルは日本で 
読売新聞 2011年12月20日19時20分

 日本スケート連盟の理事会が20日、都内で開かれ、ソチ五輪シーズンとなる2013年のフィギュア・グランプリ(GP)シリーズの日程が決まったと報告された。

 日本開催は、第4戦のNHK杯(11月8~10日)と、GPファイナル(12月5~8日)で、いずれも会場は未定。


■2014年3月の世界選手権も日本開催!


13~14年は東京か埼玉で世界選手権
スポニチ 2011年6月15日 00:30

 国際スケート連盟(ISU)は14日、スイスのローザンヌで理事会を開き、2013~14年シーズンのフィギュアスケートの世界選手権を東京または埼玉で開催することを決めて発表した。

 ことしの世界選手権は3月に東京で開催する予定だったが、東日本大震災の影響によってモスクワで代替開催となった。


■2013~2014シーズンの大会予定開催地まとめ

2013/12/05(木) -2013/12/08(日) グランプリファイナル Japan 未定
2014/01/20(月) -2014/01/26(日) 四大陸選手権 台北(台湾)
2014/02/07(金) -2014/02/23(日) 2014 ソチ五輪 ソチ(ロシア)
2014/03/24(月) -2014/03/30(日) 世界選手権 東京又は埼玉



ここから今日の大特集ですが(笑)

真央ちゃんの全日本での表彰台を願って、
初めて出場した2002年からの全日本選手権の写真を集めてみました。
表彰台の写真を中心に集めています。

真央ちゃんの成長記録を見てるようですね。

(年代などに誤りがあるかもしれないので、あらかじめご了承ください)

■2002年 7位

SP
200202.jpg

FS この時の笑顔にメロメロの私(笑) 最後の写真は「やったぁ」って言ってるんですよね
全日本2002年1
全日本2002年2
全日本2002年3

■2003年 8位

SP まさに妖精だった真央ちゃん
全日本2003SP

FS ジャンプがふわふわでした
全日本2003FS

■2004年 2位


■2005年 2位


■2006年 1位

美姫ちゃんと讃えあう笑顔
全日本2005表彰2

あどけないですね
全日本2005表彰1

この衣装も良かったですね~ 爽やかな妖精さん
全日本2006表彰2

■2007年 1位

また美姫ちゃんと抱き合ってる(笑)
全日本2007表彰1

大きなトロフィーですね!
全日本2007表彰3

美人揃いですね
全日本2007表彰2

もひとつ(笑)
全日本2007表彰5

誰か身長順に並ぶように指揮をとった人がいるのかな(笑)
全日本2007表彰4

■2008年 1位

再びトロフィーをゲット。重くないのかな。
全日本2008表彰2

こうやって見ると、この年から少し大人っぽくなったようですね、真央ちゃん。
全日本2008表彰1

でも愛らしい笑顔はそのまま
全日本2008表彰4

覗き込む姿がかわいい
全日本2008表彰3

■2009年 1位

恥ずかしながら、初めて真央ちゃんを見た大会なんです。
全日本2009表彰2

まさかここまで夢中になるとは思っていませんでした。
全日本2009表彰1

この大会でバンクーバー五輪出場の切符を手に入れたんですね…
全日本2009表彰3

この衣装よく似合ってました。この表情も好き。いたずらっぽい妖精さん。
全日本2009表彰4

■2010年 2位

抽選会は和やかな雰囲気 みんなリラックスしてますね!織田くんの豪快な笑顔がツボ
全日本2010抽選会3全日本2010抽選会1

また美姫ちゃんと抱き合ってる(笑)
全日本2010表彰1

みんないい笑顔。真央ちゃんは、ほんと頑張った。もちろん美姫ちゃんも佳菜子ちゃんも。
全日本2010表彰4

世界選手権の切符をつかんだチーム・ジャパンの面々
全日本2010表彰3

タンゴの衣装、これも結構好きだったな
全日本2010表彰5

このガッツポーズが今年も見られますように。
全日本2010表彰6

■2011年 ?位

歴史がこれから作られるのですね…ドキドキです。



そして、記事を書いてる間に、
毎年恒例の博報堂による「アスリートイメージ評価調査」の結果が発表されました。

真央ちゃん人気はほんとに衰えを知りませんね。


博報堂DYメディアパートナーズ、「アスリートイメージ評価調査」2011年総括特別編を発表
日経プレスリリース 2011/12/21

「アスリートイメージ評価調査」2011年総括特別編
~「今年活躍した」アスリートは石川遼、澤穂希。「来年の活躍が期待できる」アスリートは
  石川遼、浅田真央。印象に残ったスポーツ、アスリートシーンのトップは、なでしこジャパン優勝~


 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣 以下博報堂DYスポーツマーケティング)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦 以下データスタジアム)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2011年総括特別編を行いました。

 「2011年に活躍した」男性アスリートは、1位に石川遼(ゴルフ)、2位に内村航平(体操)、3位に錦織圭(テニス)(敬称略、以下同)。女性アスリートでは、1位に澤穂希(サッカー)、2位に浅田真央(フィギュアスケート)、3位に川澄奈穂美(サッカー)となりました。

 また、「2012年に活躍が期待できる」男性アスリートには、1位に石川遼(ゴルフ)、2位に内村航平(体操)、3位にダルビッシュ有(野球)。女性アスリートには、1位に浅田真央(フィギュアスケート)、2位に澤穂希(サッカー)、3位に宮里藍(ゴルフ)、川澄奈穂美(サッカー)という結果となりました。今年を代表する選手が来年も継続して期待されているようです。そして、「2011年に印象に残ったスポーツ、アスリートシーン」では、“7 月のサッカー女子W杯ドイツ大会での優勝”が圧倒的な1位となっており、なでしこ人気は2012年も熱を帯びそうです。

 通常調査での、イメージ総合ランキング上位には、1位にイチロー(野球)、2位に浅田真央(フィギュアスケート)、3位に澤穂希(サッカー)、4位に石川遼(ゴルフ)、5位に高橋大輔(フィギュアスケート)となっており、様々な競技から、常にチャレンジ精神を持ちながら活躍しているアスリートがランキングされています。

 「好感が持てる」アスリートでは、1位にイチロー(野球)、2位に川澄奈穂美(サッカー)、3位に澤穂希(サッカー)、4位に内村航平(体操)、5位に長谷部誠(サッカー)という結果になりました。そして、イメージ項目の「爽やかな」アスリートは、1位に石川遼(ゴルフ)、2位に斎藤佑樹(野球)、3位に内村航平(体操)、4位に浅田真央(フィギュアスケート)、5位に羽生結弦(フィギュアスケート)となっており、人気と実力を兼ね備えたアスリートがランキングされています。

 また、「勢いを感じる」アスリートは、1位に澤穂希(サッカー)、2位に川澄奈穂美(サッカー)、3位に内村航平(体操)、4位に田中将大(野球)、5位に錦織圭(テニス)となっており、今年の大きな活躍と来年のスポーツ界の期待の高まりを表しているようです。

 この調査はCMキャスティングの際に使用する基礎データとしての活用を主な目的とし、対象アスリートの認知、好意度のほか、博報堂DYメディアパートナーズが独自に構築した29項目のイメージ評価によるオリジナル調査です。

 博報堂DYメディアパートナーズでは、今後も定期的に「アスリートイメージ評価調査」を実施し、アスリートのイメージ評価の分析を行ってまいります。


※主な調査結果は添付の関連資料を参照

● 関連リンク

(株)博報堂DYメディアパートナーズ ホームページ


● 関連資料

主な調査結果


主な調査結果のPDFファイルより、真央ちゃんに関連する項目のみ抜粋です。

2)“2011年に活躍した”女性アスリートには、「澤穂希」「浅田真央」「川澄奈穂美」
なでしこジャパンの活躍が反映される結果となっています。
1 位: 澤 穂希(サッカー)
2 位: 浅田 真央(フィギュアスケート)
3 位: 川澄 奈穂美(サッカー)
4 位: なでしこジャパン(サッカー)
5 位: 安藤 美姫(フィギュアスケート)

4)“2012年に活躍が期待できる”女性アスリートには、「浅田真央」「澤穂希」「宮里藍」「川澄奈穂美」
競技の人気向上にも貢献したと思われるアスリートがランキングされています。
1 位: 浅田 真央(フィギュアスケート)
2 位: 澤 穂希(サッカー)
3 位: 宮里 藍(ゴルフ)
3 位: 川澄 奈穂美(サッカー)
5 位: 村上 佳菜子(フィギュアスケート)

5)イメージ総合ランキング上位は、「イチロー」「浅田真央」「澤穂希」
1 位: イチロー(野球)
2 位: 浅田 真央(フィギュアスケート)
3 位: 澤 穂希(サッカー)
4 位: 石川 遼(ゴルフ)
5 位: 橋 大輔(フィギュアスケート)
6 位: 北島 康介(水泳)
7 位: 内村 航平(体操)
8 位: 長谷部 誠(サッカー)
9 位: 長友 佑都(サッカー)
10 位: 松岡 修造(テニス)

7)“爽やかな”アスリートには、「石川遼」「斎藤佑樹」「内村航平」
1 位: 石川 遼(ゴルフ)
2 位: 斎藤 佑樹(野球)
3 位: 内村 航平(体操)
4 位: 浅田 真央(フィギュアスケート)
5 位: 羽生 結弦(フィギュアスケート)



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/12/21(水) 21:27:54|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。