ぼちぼち生きてます

3Aは「女子にとっては、1度でも成功すれば歴史に刻まれるジャンプ」

私はこの記事を読んで、
「野口さん、よくそれを書いてくださった!」と思いました。

選ばれた写真もよかったです。


真央と佐藤コーチ、究極の一瞬目指して
トリプルアクセル3本への青写真

野口美恵
スポーツナビ 2013年12月19日 12:51

維持する事の難しさ 女子のトリプルアクセル

 浅田真央(中京大)のトリプルアクセルへの挑戦が続いている。GPファイナルでは、いよいよショート1本、フリー2本を跳び、「今できる最高のレベルに挑戦した」と本人も自負する。しかし今季、完全な成功はまだない。トリプルアクセルという大きな頂きに向かって、いま浅田はどこまで登ってきたのか、そして五輪での成功は?

 浅田が鮮烈なデビューを果たした2005年12月のグランプリファイナル。15歳になったばかりの少女は軽々とトリプルアクセルを成功させ、名だたるシニア勢を抑えて優勝した。多くのファンは浅田がまだ跳べなかった時代を見たこともないし、彼女にとってトリプルアクセルは何歳になっても変わらず跳べる“べき”もの、と感じてしまうのも無理ないだろう。そこが、彼女を取り巻く誤解のスタートでもある。

 歴代女子で、公式大会でトリプルアクセルを成功させた選手は、88年に初成功させた伊藤みどり以降、トーニャ・ハーディング(米国)、中野友加里、リュドミラ・ネリディナ(ロシア)、そして浅田の5人のみ。まして数年にわたって成功させたのは伊藤と浅田だけだ。女子にとっては、1度でも成功すれば歴史に刻まれ、成長に伴って維持できるようなジャンプではない。

 それでも浅田は、挑戦を続けた。4年前、19歳のバンクーバー五輪ではショート1本、フリー2本を成功。その後ジャンプ全体のフォーム改造に着手したためトリプルアクセルの改善には時間がかったが、今年2月の四大陸選手権では見事に成功させた。

集大成の今季「何が何でも挑戦」

 そして五輪シーズン、自身が集大成と決めた今季を迎える。浅田は、
「アクセルに惑わされたくはないんですけれど、最初に決まるとやはり自分も乗ってくるし、自分の強みではある」とトリプルアクセルを跳ぶ意義を話し、初戦から挑戦した。

 スケートアメリカでは、ショートでは認定はされたもののフリーレッグがわずかに氷上をかすめたかマイナス評価に、フリーは転倒した。
「やはりシーズン初戦からトリプルアクセルを挑戦出来る状態で試合に臨んでいるのが、跳べなかった時期とは違います。(フリーでは)あれだけ大きく転倒するとリズムも崩れてしまい、『もう失敗したくない』という気持ちがでたのと、スタミナも切れてしまいました。転倒した後をどうカバーするかが今後の課題です」。
と浅田。佐藤コーチも
「今までは、色んな状況を見てマズイなと思ったら『やめなさい』と言った時期もあった。今は結構良い感じにできているので、数少ない競技会でどんどんやらせたいと思っている」
という。昨季までは調子によってトリプルアクセルを回避することもあったが、今季は「何が何でも挑戦」がベースであることを明かした。

 続くNHK杯では、ショート、フリーとも着氷が乱れた。佐藤コーチは
「他のジャンプについてはもっとスピードが欲しいが、トリプルアクセルに関しては彼女の体力に一番合ったスピードでいかないと。練習ではだいぶ固まってきているが、やはり本番になると興奮状態で普段よりスピードがあり、わずかに身体が(左に)フラれてしまう」と冷静に分析した。

 本番でのミスの原因が掴めると自信がついたのか、浅田は守りに入るどころか攻めに出た。
「練習での調子は上がっているし、(フリーで)2本入れても大丈夫なんじゃないかな、と感じるようになりました。もっと上のレベルを練習することは楽しいし、試合で決められたらもっと最高だから」
と考え、NHK杯に“ショート1本、フリー2本”の最高レベルの組み合わせでの練習を開始したのだ。グランプリファイナルまで、練習日数としてはわずか2週間だった。

どれほど高い壁かは2人にしか分からない

 そのグランプリファイナル。ショートでは、片足で着氷に成功したが、フリーは転倒、そして両足着氷となった。無茶な挑戦をしたのでは、という周囲の雰囲気を感じながら、浅田は言葉少なにこう言った。
「(フリーで)1本目で転んで、落ち着いて2発目に行こうと思ったけれど、大きな転倒をしてしまうと次が難しかった。1回目の転倒ってすごく大きくて、体力も奪われてしまいますし、まだまだ(2本を想定した)シミュレーションができていない中での挑戦だったので、練習が必要です」

 フリーで2本への挑戦について、佐藤コーチはこう戦略を明かした。
「決して競技会をないがしろにしている訳ではないが、挑戦してみないと分からない事もあるので今回は取りあえず挑戦してみるという判断をした。本人には、挑戦したい強い気持ちがある。それを取り上げるのはテンションにも影響するので、危険性とのバランスを考えた時に、とりあえず今は何が何でも挑戦する方向。2本入れると、エネルギーを使った、(演技後半が)どうなるかが読めない部分がある。慎重に検討しなければならないと私自身は考えている」

 そして佐藤コーチは、浅田を守るかのように、こう付け加えた。
「女性にとってのトリプルアクセルというのは能力的にとんでもなく難しいものだなというのを痛感させられた」
 トリプルアクセルは皆が思うよりも難しいのだ、というちょっと弱気の言い訳。彼女自身が決して口に出すことができない葛藤を、まるで代弁しているかのようだった。

 浅田が公式大会で初成功させたのは04年のジュニア時代。そこから10シーズン目の今なお跳んでいることが、驚異的なのだ。23歳のいま、計3本入れることがどれほど高い壁かは2人にしか分からない。意欲を支えにする浅田と、淡々と戦略を練る佐藤コーチ。2人は究極の一瞬を目指す。

<了>

201312190002-spnavi_2013121900005_view.jpg201312190002-spnavi_2013121900003_view.jpg
201312190002-spnavi_2013121900004_view.jpg


女子がトリプルアクセルに挑戦することがどれだけ大変なことなのか、
ここまで踏み込んで書かれた記事は珍しいと思いました。

特に赤文字にした部分。
そうそう、とうなずきながら読んでしまいました。

今日はもう一つ「おっ」と思った記事がありました。

グランプリファイナルで審判の天野の紹介のとき、
「天野、帰れ」というブーイングがあり、それに賛同する拍手が起こりましたが、
その事実を伝える記事は初めて見たような気がします。

そのシーンを収めた動画もあります。
white-mimiさん、ありがとうございます。

浅田真央(mao asada) GPF2013 FS 演技開始前 ~ 凄い声援!その裏側には・・・


これがその記事です。


インサイド:ソチ五輪への道のり・第4部 公平と安全/2 難度重視の採点方式に
毎日新聞 2013年12月18日 東京朝刊

 今月5〜7日、福岡市で行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル。男子フリーで、優勝した羽生結弦(ゆづる)=ANA=が技術面を表す総要素点で102・03点という驚異的な得点をマークした。だが、羽生は冒頭の4回転サルコウで転倒。世界王者のパトリック・チャン(カナダ)は4回転ジャンプを2回成功させたものの、総要素点は羽生が4・9点上回った。そこには、より難しい演技への挑戦を評価する国際スケート連盟(ISU)のルール改正が色濃く投影されている。

 羽生の4回転サルコウは回転自体が認定され、転倒による減点1点と、出来栄え評価での減点3点で済んだ。4回転ジャンプをそれぞれ2回終えた時点で、要素点は6・81点チャンがリード(羽生の転倒減点を含む)。だが、羽生は2010年バンクーバー五輪後に採用された「試合後半に跳んだジャンプは基礎点を1・1倍にする」とのルール改正にうまく対応。後半にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を組み込んだ連続ジャンプを2回跳び、逆転した。

 ■五輪ごとにルール改正

 フィギュアスケートの採点方式は、五輪ごとに変遷を遂げている。02年ソルトレークシティー五輪ペアでの審判買収疑惑を契機に、ISUは採点方式の見直しを急ぎ、相対評価だった当時の採点方式は、総要素点と表現面を示すプログラム構成点の2本立てで合計点を出す現行方式に変わった。

 演技要素の成否を重視する採点方式には「フィギュアスケートの芸術性を損なう」との批判があった。また、確実な要素を積み上げた方が高得点につながるため、「高難度技への挑戦を正当に評価しない」ことも指摘された。

 象徴的だったのは10年バンクーバー五輪。男子で4回転ジャンプに挑戦し、成功させたエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が2位にとどまり、4回転ジャンプを回避し、安全策を取ったエバン・ライサチェク(米国)が金メダルを手にした。だが、ISUはその後、「回転不足」を2段階にし、軽微な失敗の減点幅を圧縮。高難度のジャンプ自体の基礎点も引き上げた。さらに、スタミナが切れる演技後半でのジャンプへのボーナス点をも導入し、後半の「安全策」を防止した。

 ■審判の主観排除難しく

 このルール改正は結果として、男子の「4回転時代」到来を後押しした。とはいえ、ある国際審判が「審判にも『好み』がある」と漏らしたように、審判の「主観」を完全に排除できない採点競技固有の問題もある。今回のGPファイナルでは、一部審判が紹介の際、ブーイングを浴びせられる場面もあった。

 4年に1度の頂上決戦を機に、ルールを見直すのは競技団体の責務だ。例えば、シンクロナイズドスイミングでは来季から、採点の一部に「フィギュアスケート方式」を導入する。これまでは、審判の「頭の中」で行っていたという演技要素の出来栄えを、フィギュアスケートのように演技要素ごとに採点する。採点方式を公正なものにする試みは、競技の枠を超えて進んでいる。【芳賀竜也】=つづく

2013121902.jpg


採点に疑問を抱くファンの堪忍袋の尾が切れ始めたことを、
こうやって事実として伝えてくれたことはよかったと思います。

皮肉なことに記事の後半では、今後シンクロナイズドスイミングに
フィギュアスケート方式を導入するとありますが…
こんな問題ありのシステムを導入して大丈夫なんでしょうか。

お次はKYさんの軽い記事です。
シニアの衣装が年代順に紹介されていたので。
でも画像セレクトはそれでよかったの?と思ったものも^^;


[Legend of Yuna]キム・ヨナ、最後「タンゴの誘惑」
SBS(韓国語)2013-12-1912:04

[オリンピックチャンネルSBS]
'フィギュア女王'キム・ヨナが来る2月現役最後にソチ五輪に挑戦します。キム・ヨナの羽がされ、過去7年間のドレスを一目で鑑賞争う。

200710908.jpg
200710909_59_20131219120705.jpg
200710910_59_20131219121002.jpg
200710782_59_20131219115806.jpg
200710783_59_20131219113705.jpg
200710784_59_20131219113404.jpg
200710907_59_20131219120405.jpg


それから、先日記事にした「フィギュアスケートファンブック」の佐野稔氏の発言ですが、
コメント欄でsoramomoさんが書き起こしをしてくださいました。

私がお伝えした段階では、目撃情報が途切れ途切れだったのですが、
全文を通して判断されたい方は、どうぞご覧になってください。
「フィギュアスケートファンブック」の内容(soramomoさんによる書き起こし)

soramomoさん、ありがとうございます。
書き起こし、お疲れ様でした<(_ _*)>”

これ以降の話題については、私も載せようか迷ったんですが…
嫌な思いをしたくない方は、ここでお帰りいただいたほうがいいかもしれませんm(_ _;)m



嫌な思いをしたくない方は、というのは語弊がありますが、
私が安藤さんのことを書くのを快く思われない方もいるので、載せるのを迷いました。

でも気になった記事なので残しておきます。


安藤美姫「諦めないことの大切さ伝えたい」
日本経済新聞 2013/12/19 7:00

 ――全日本の目標は。

 「腰のけがを治して万全で臨むこと。あとはショートプログラム(SP)とフリーでクロアチアくらいの演技かそれ以上のものが皆さんの前で滑れたら、自分はそれでたぶん満足だと思う。自分のベストを尽くすことがシンプルだけど目標」

■サポートしてくれた方の夢かなえたい

 ――ソチ五輪は。

 「全然考えていない。優勝しないとソチに行けないと言われているので。40%くらいの確率で行けるかもしれないけど、望みは小さいかなと思う。(全日本で)ベストを尽くせば自分としては満足だけど、願いとしてはやっぱりここまで自分の決断を受け入れてサポートしてくれている方が本当に多いので、その人たちの夢を一緒にというか、その人たちの夢をかなえられたらいい」

 ――今季限りでの引退を表明している。

 「気持ちは今は変わらない。でも、毎日気持ちは変わるので、その時の状況、もしかしたら、お休みしてまたやりたいと思うかもしれない。今は今年が最後かなと思う」

■将来は夢を子供に与えられるコーチに

 ――将来については。

 「コーチになりたい。門奈裕子先生に出会って、9歳でスケートの大きな夢、コーチになりたいという夢を持たせてくれた。夢を子供たちに与えられるコーチになりたい。先生みたいな先生になるのが夢で、それが自分が初めてスケーターとして持った夢だった」

 「スケートをもっと気楽に楽しみ、みんなに親しみを持ってもらいたい。スケートは独特で、エリートしかできない印象がある。そうではないと思う。本当に楽しんで、本当に好きにならないと、上手にならないし、やっていても毎日同じことの繰り返しになる。それだと、演技力とかに支障が出てくるし、スケートの良さもわからずにやめたり、嫌になる子が少なくなればいい」

(金子英介)

fc2blog_20131219230632a8f.jpgfc2blog_20131219230552ba2.jpg


安藤さん、確かにゴールデンスピンでは
「頑張って戻したんだな~」と思わせてくれる演技でした。

前向きに頑張る姿は応援したくなるのですが、
40%という数字には、ちょっと驚いたというのが正直な気持ちです。

また、「ソチ五輪については全く考えてない」というのも。
また気持ちが変わったのでしょうか。

そして先日頭の血を上らせてくれた青嶋ひろの氏は、
ラジオでこんなことを語っていたというのも、信じられませんでした。
(関連過去記事)なにこの駄文…青嶋ひろの、許せない。

某所より。


9 :氷上の名無しさん :sage :2013/12/18(水) 20:20:07 ID:t9WxlK62
    蛭ノーがラジオでヨシングは銀行場と同じ3人(巻きます乱心名字)になるだろうって言いやがりましたよw

10 :氷上の名無しさん :sage :2013/12/18(水) 20:25:30 ID:gbsb.W6s
    >>9
    ウヘァ('A`) 蛭のはすっこんでろなの!
    なんかほんとに世論に刷り込みたいニダな…。

12 :氷上の名無しさん :sage :2013/12/18(水) 20:34:36 ID:2quRrqcg
    >>9
    蛭のの短冊うぜーニダ

13 :氷上の名無しさん :sage :2013/12/18(水) 20:49:37 ID:h28767wQ
    >>9
    うわーピロノうわー....

14 :氷上の名無しさん :sage :2013/12/18(水) 21:02:03 (p)ID:7t1Ok9YU(2)
    蛭のは相変わらずですねw
    ゴミ箱に捨ててしまいたいニダ

15 :氷上の名無しさん :2013/12/18(水) 21:17:51 ID:ACG..bow
    蛭のまだそんなこと言ってるニカ?ラジオは願いがかなう短冊じゃあないニダ…


上を目指して努力することは尊いことです。
でも…なんか感覚が違うと思ってしまうんです。

そしてこのお隣のニュース…

いつも「反日記者のイ・チュンミンなので注意」と前置きしてご紹介していますが、
今回のはブログに貼るのも嫌になるほど最悪の記事でした。

ここまで真摯にスポーツに向き合ってる一人の選手を集中攻撃するのは、
あまりにも酷すぎる。

名誉毀損で訴えられないかと思うほどです。


不世出の量脳型キム·ヨナvs。 左脳型コンバータ浅田
デイリー(韓国語)2013-12-19 14:39

キム·ヨナ、右脳もとに左脳の特徴まで備えた「総合パッケージ」
浅田、創造性低下の計算に明るく。トリプルアクセルにこだわり


右脳型人間は、創造的で感性的で、左脳型の人間は、理性的であり、計算に明るい。

これ女子フィギュアスケートに代入すれば、 'フィギュアクイーン'キム·ヨナ(23)は、右脳型に近い量脳型です。 両脳型は右脳と左脳の特徴を吸収した総合パッケージだ。 実際にキム·ヨナのフィギュアのスタイルは、創造性と客観性を兼ね備えているという評価だ。 閃かす着想と洗練された技術は、見る人にとっての弾性を催すようにする。

北米評論家は、このようなキム·ヨナを指して「フィギュアの歴史をひっくるめて最もインスピレーションあふれるスペシャル人材」と紹介する。 ロシアのフィギュア名付け親タラソワも "現役女子選手の中でキム·ヨナだけが4回転ジャンプが可能なほど、彼女の技術はトップクラス」と絶賛している。 このようにキム·ヨナは新採点と旧採点どこにも拘束されないまま、自分だけの演技を繰り広げる。 一言で言えば、希少価値が高い。

一方、浅田真央は計算に明るい左脳型選手だ。 浅田がトリプルルッツを矯正していない理由も、基本スコアが8.5点で上方修正された「トリプルアクセル」があるからだ。 失敗の確率低くても、単一のジャンプの中で最も高い基本スコアのおかげで試みだけで、実行ポイントをある程度取りまとめる。 計算を終えた浅田は「五輪でもトリプルアクセルを3回走る」と言う。

このような浅田を眺める日本メディアは「やはり放棄を知らない努力家の天才らしい」と描写する。 一方、一部ではキム·ヨナについては「率直に言って、浅田との違いがわからない。 キム·ヨナの「芸術点」が高すぎるではないか」と暴言を吐き出す。

日本がキム·ヨナをすっきり眺める理由は何だろうか。 右脳型とは正反対の事故を持った「左脳型」だけでキム·ヨナを評価するからである。 日本の脳科学研究の資料によると、日本の左脳型の比率は8:2で分かった。

実際、日本は理論解析円上手い。 落ち着いた目線で問題を解いた。 しかし、これにとらわれるなので、過度に整然として息が詰まる。 一言で柔軟性と創造性が不足しているという指摘が日本国内でも流れている。

浅田も同じだ。 浅田の創造性と芸術性は、ジュニア時代と比較して大幅に改善脂質なかった。 何よりも、即興の感情を表現するのに慣れていなかった「日本」浅田とキム·ヨナのように自然な喜怒哀楽の振り付けを期待するのは無理だ。 日本がキム·ヨナの 'フィギュアミュージカル'を異質で眺めるのも同じ脈絡だ。[テイルリアンスポーツ=イチュンミン客員記者]

news_1387431553_411019_m_1.jpg
▲即興感情を表現するのに慣れていなかった「日本」浅田とキム·ヨナのように自然な喜怒哀楽の振り付けを
期待するのは無理だ。 ⓒ聯合ニュース



最後のニュースは、ジョニー・ウィアーさんが、
ソチの優勝候補として真央ちゃんを押しているということを伝えるものです。

これが某所の会話を見ていると、
韓国がまたタラ・リピンスキーさんの言葉をいいように解釈してるんじゃないか?
ともとれるようです。

某所の翻訳もお借りしてきました。


キム·ヨナの熱愛説1号ジョニー·ウィアーの裏切り?...「今のところ、浅田の手を上げてあげたい」
朝鮮ドットコム(韓国語)2013.12.18 15:56

ジョニー·ウィアーとタラ·リピンスキーがソチオリンピックフィギュア金メダリストの交錯した意見を出して話題だ。

NBCは18日(韓国時間)、ホームページでそのフィギュア解説陣のタラ·リピンスキー(31)とジョニー·ウィアー(29)のシーズン途中決算型対談を公開した。

リピンスキーは、1998年長野冬季オリンピックフィギュア女子シングルの金メダリストであり、ウィアーはグランプリシリーズで4回男子シングルで金メダルを首にかけた「往年のフィギュアスター 'だ。

両方の解説者は大胆の冒頭で、キム·ヨナと浅田が2010バンクーバー冬季オリンピック以来、4年ぶりに繰り広げる再戦について展望した。

まず、ジョニー·ウィアーは、 "シーズンデビュー戦で見​​せた技量と、複数の大会を経て、トリミング競技力を単純に比較することは適切ではない」とし「ソチ五輪に向けて最後まで熾烈な競合を繰り広げるだろう」と線を引いた。

ジョニー·ウィアーは「浅田はオリンピックシーズンを迎え、賢明にペースを引き上げ、必要な段階に来ている」とし、「今のところ、浅田の手を上げてあげたい」と結論を下した。

一方、リピンスキーは「景気を払わないが、オリンピックで復帰するのは難しいこと "としながら"しかし、誰かがその仕事をこなすことができれば、それはキム·ヨナだろう」と言ってフィギュアの女王の実力を信じて疑わなかった。

リピンスキーは「クロアチアで見たキム·ヨナはすでに「立って言葉の玉」を手にしたようだった "としながら"カギは、これをソチオリンピックに合わせてすべて通すことができるか」と見通すのもあった。

彼は「シーズンをスキップして、せいぜい2〜3回目の実戦舞台でオリンピックに出ることを想像するのは難しい」と言いながらも "しかし、再び、この選手はキム·ヨナだ"と言いながら 'フィギュア女王'に向けた無限の信頼を現わした。

ジョニー·ウィアー - タラ·リピンスキー、キム·ヨナ - 浅田見通し消息を接したネチズンは、 "ジョニー·ウィアー - タラ·リピンスキー、キム·ヨナ - 浅田、ジョニー·ウィアー冷静だね昔のようにキム·ヨナきれいハドニ」、「ジョニー·ウィアー - タラ·リピンスキー、キム·ヨナ - 浅田、無条件タラ·リピンスキー言葉が適切では」、「ジョニー·ウィアー - タラ·リピンスキー、キム·ヨナ - 浅田、キム·ヨナアザアザが大好きです」などの反応を見せた。

2013121802325_0_59_20131218155704.jpg



(某所からの情報)

666 :可愛い奥様 :sage :2013/12/18(水) 20:31:30.10 (p)ID:I+CKST8x0(5)
    >>664
    え、また韓国の曲解?
    金メダル候補にキムをえらんだということになってるけど

669 :可愛い奥様 :sage :2013/12/18(水) 20:39:29.43 (p)ID:XN67tjQ50(4)
    >>666
    リピンスキーの言葉
    試合を観たけど、彼女も中々良く滑ってたわよ。FSもまぁまぁ。
    それで、自分なりに彼女とマオの滑りを比べてみたんだけど、
    う~ん、判らないわ。でも、凄い接戦になると思う。
    マオは4年前とは全く違うスケーターだもの。
    彼女は本当に努力を重ねて、素晴らしいアーティストになったものね。

671 :可愛い奥様 :sage :2013/12/18(水) 20:41:34.92 (p)ID:XN67tjQ50(4)
    ジョニーの言葉
    そしてマオは今この試合で、自分自身と戦っている。
    ユナ・キムとの戦いではない。彼女(マオ)は他のスケーターとはレベルが全く違う。
    勿論3Aのミスはあったけど、3Aをフリーに2回入れられる女性なんて何処を探してもいない。
    彼女の勇気と洗練さは、他のスケーターに比べてレベルが違うどころの話じゃない。
    …
    彼女が氷上で幸せそうにしてるのを観てると刺激を貰える。
    笑顔になったり、首を振ったりすることもあるけど、
    でも、自分の居る場所をちゃんと判ってるんだよね。
    リンクの真ん中で、観客の声援に感謝してそれに応える。
    本物のフィギュアスケートの女王は、そうなんだろうね。
    彼女は自分自身としか戦ってません。…まぁ、ユナ・キムとも、かもしれませんが?


どうでもいいですけど、ニュースで使われた画像が^^;

ただ気になるのは、ソースはどうもこちらのようなんですが、
Tara and Johnny: Looking towards the Olympics

某所の翻訳とも微妙に違っているような…
翻訳してくださった方は違うソースを見られていた可能性もあるのかな…?

ちょっと真意が定かではありませんが、
少なくともジョニー・ウィアーさんが真央ちゃんを押しているというのは事実のようですね。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/12/20(金) 01:40:00|
  2. 正しい報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:20
| ホーム |