ぼちぼち生きてます

織田くんが起こした珍事件(笑)/ショックだったこと。

ジャパン・オープンのニュースがたくさん出てますが、
これが一番良かったかな(笑)
細かいところは目をつぶるとして。


真央 びっくり自己ベスト!まだ伸びる 10点以上の上積み可能
スポニチ 2013年10月6日 06:00

 集大成の金メダルが見えた。フィギュアスケートのジャパン・オープンはフリーのみで行われ、今季初戦の浅田真央(23=中京大)が、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に着氷し、135・16点で6選手中トップ。日本の2年連続6度目の優勝に貢献した。国際連盟(ISU)のシーズンスコアには残らないが、昨季の世界選手権の自己ベスト134・37点を上回った。他のジャンプでミスがあってのハイスコアで、完遂すればキム・ヨナ(23=韓国)の持つ世界記録150・06点に匹敵するプログラム。現役ラストシーズンで好スタートを切った。

 フィニッシュ後の表情としぐさが、確かな手応えを物語っていた。天を見上げて演技を終えた浅田が、小さくうなずきながら笑みを浮かべる。フリーのみで行われる大会のためISUのスコアに反映はされないが、135・16点は“自己ベスト”だ。「得点は気にしていなかった。試合、試合によって得点は違うから何とも言えないけど、いい得点が出せて次につながる」とまた笑った。

 今季フリーはロシアの天才・ラフマニノフ作曲の「ピアノ協奏曲第2番」。振り付けを行ったタチアナ・タラソワ氏がデザインした黒と深い青の衣装に身を包んだ。昨季は6試合目の四大陸選手権まで封印したトリプルアクセルを、今季は初戦から投入。冒頭の大技はバランスを崩し、出来栄え評価で減点だったものの着氷した。連続ジャンプが2回転になるミスが2度出てもハイスコアをマーク。「始まる前は“できるかなぁ”“できる”って気持ちが重なったけど、オフに練習したことがまずまず出せた」と手応え十分だ。

 バンクーバー五輪シーズンだった4年前と何もかもが違う。09年ジャパン・オープンは2度挑戦したトリプルアクセルは転倒と1回転半。当時の自己ワーストの102・94点と不安の船出だった。今季は135・16点を出したが、潜在的な得点はもっと上。「まだまだ伸びしろがたくさんある」。完璧ではなかった大技、連続ジャンプのミス、回転不足だったサルコーを完璧にこなせば10点以上の上積みが可能だ。

 4月に今季限りでの引退を表明。その後は山梨で陶芸、米ニューヨークでショーを見てリフレッシュした。7月のアイスショーでは結果は1回転半だったが、トリプルアクセルに挑んだ。例年になく早い仕上がりで、初戦でも好発進。次戦は18日開幕のスケートアメリカ(米ミシガン州デトロイト)だ。「一つ一つの試合で自分の力を発揮して、集中して冷静に強い気持ちを持って臨みたい」。不安なんて何もない。浅田のラストシーズンは黄金の輝きを放ち続ける。

2013100606.jpg


「10点以上の上積みが可能だ」

これについて、コメント欄で、
megumiさんがその可能性を示してくださいました。
それを見て私も大いに納得!

megumiさん、お借りしますねφ(^^*)


浅田選手がパーフェクトな演技をした場合
ざっくり計算ですが

3A・・・クリーンに決まると1.29up
3F-2Lo・・・セカンドを3Loが決まれば3.30up
2A-2T・・・セカンド3Tを跳ぶことができれば2.80up
3S<・・・認定を受けると2.73up
基礎点だけであと10点は取れると思います

ステップ、コレオも今後の演技次第ではまだまだ加点を伸ばせますし
3A、2A-3T、3Sは認定を受けるといずれも1.00~1.20程の加点は見込める 
質の良さを持っています。。
技術点に関してはあと13点は伸ばせる。

浅田選手が今の好調さを維持して五輪でノーミス演技ができれば
技術点は80点を超えられますし、PCSもまだ伸ばせる余地はある。
私はKYが茶番クーバーで出したインチキスコアなど
軽く蹴散らしてくれると信じてます。


昨日、男子ではフェルナンデス選手の技術点90点超えが話題になりましたが、
女子初の技術点80点超えは真央ちゃんである可能性が出てきましたね。

6種の3回転ジャンプを全て入れられるのも、
8回の3回転ジャンプを入れられるのも、
今のところ可能性としては真央ちゃんだけではないでしょうか。

それが成されたら、もちろん五輪初の快挙だと思います。
真央ちゃん、史上最強のプログラムを完成させようとしてるんですね。

その挑戦を見守ることができる私たちは、
本当に幸せだと思います(o^-^o)

今日は、グランプリ大会に出場する選手たちが集まったそうですね。


浅田真央「ソチへ前進!」、高橋大輔「前を向く!」
日本のWエース”がグランプリファイナル&ソチ五輪へ向けて力強くアピール!

TVドガッチ 2013/10/06 15:50

 10月19日(土)から開幕する「フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦」及び、12月に福岡で開催される「グランプリファイナル」を約2カ月に渡ってテレビ朝日系列、BS朝日、CSテレ朝チャンネル2にて放送! 
 この大会を前に6日(日)、都内・ホテルにて記者会見が行われ、メインキャスターの松岡修造、特別解説は荒川静香を初め、高橋大輔、小塚崇彦、織田信成、町田樹、浅田真央、村上佳菜子、宮原知子らが出席。

 五輪、世界選手権と並ぶフィギュアスケート三大大会の一つ「グランプリシリーズ/グランプリファイナル」。「グランプリシリーズ」は、アメリカ、カナダ、中国、日本、フランス、6名(組)のみが、「グランプリファイナル」に進出となるのだが、この日行われた会見では、本大会についてはもちろん、またソチ五輪も控えているということで、オリンピックシーズンへ向けてのそれぞれが掲げる自分自身のテーマを披露。まず、「timshel(ティムシェル)汝、治むることを能う、自分の運命は自分で切り開く!」と哲学的な言葉をテーマに挙げた町田は、「このtimshel(ティムシェル)という言葉に、凄くインスパイアされたので、大きなテーマとして掲げ、グランプリファイナルを目指したい!」と他の選手の度肝を抜き、少々緊張気味の宮原は、「迫力のある演技をする!」と小さな声でテーマを披露…。すると、松岡から「緊張で、声には迫力はありませんでしたが、この可愛らしい知子さんが、氷の上に立つと迫力いっぱい!」とフォローし、会場を盛り上げた。

 続いて小塚は、「やる! と決めたので、自分ができる最大限をやろうということで“とことん”」という言葉を披露、そして「力を出し切って、ファイナルへ!」と書いた織田は、「4年ぶりに日本で開催されるグランプリファイナルなので出場したい!」と意気込みを語り、エースの高橋は「全力でやっていかないといけないので、凹んでいたりとかそんな暇はない…」ということから、「前を向く!」と書いて披露していた。また、ソチに出場すれば3回目のオリンピックの高橋は、「不安ですね。何回やってもなれないです。なので、シーズン通して、無駄なことは考えない! 前を向いてスケートをするのみ!」と力強くアピールしていた。

 そして、「感動!」と短くまとめた村上は、「バンクーバーの時の(浅田)真央さんを見て感動したので、見ている人が感動できるような演技をしたい!」と笑顔を見せ、その浅田は、「1つ1つソチへ向けての試合ないので、精一杯頑張りたいです!」ということで、「ソチへ前進!」とソチ五輪へ向けての気持を強く固めたテーマを披露した。すると、会場に来ていた中学生から、今回使用するノクターンは、前にも使用していましたが、前回と今回の違いは?」という質問が…。これに対し浅田は、「何年前かに滑ったのですが、前の時は、その綺麗な曲に合わせるのが精いっぱいでした。しかし今回は、この曲のテーマにある“初恋”というのを表現できるように頑張りたい」と意気込みを語っていた。

 また、この大会には、他にも羽生結弦(フランス大会)、今井遙(ロシア大会)、無良崇人(カナダ大会)、キャッシー・リード&クリス・リードペア(アメリカ大会)、高橋成美&木原龍一ペア(ロシア大会)らが出場する。約2ヶ月間に渡って行われる戦いを、お見逃しなく!

(以下省略)

2013100605.jpg


ここに参加した織田くん、
ちょっとした珍事件を起こしたようです(笑)

某所では「四コママンガ」にできそうだと(笑)


織田信成が痛恨の大失敗、真央の顔に…
デイリースポーツ 2013年10月6日

 フィギュアスケートのGPシリーズ・NHK杯(11月・代々木第一体育館)の発表会見が6日、都内で行われた。

 会見に先駆けて、出場選手がラッピングバスへサインするイベントが行われたが、ここで織田信成(26)=関大大学院=が大失敗。サインを大きく書きすぎてしまい、インクが浅田真央の写真の部分まで…。

 本人を目の前にしての失態に、織田は顔面蒼白となり「ごめ~ん、真央ちゃん!」と、そこからはひたすら平謝り。真央は苦笑いしつつ「大丈夫です!織田くんなら」と、優しく許していた。

 織田のサインはその後、しっかりと修正された。

2013100507.jpg2013100604.jpg
G20131006006760960_view.jpg
G20131006006760970_view.jpg
P2013100602034_asada-ns-big.jpg
※中2枚はスポニチ、最後はnikkan sportsよりお借りしました


「織田のサインはその後、しっかりと修正された。」

よかった~(笑)

織田くん、できれば「お」の「ゝ」を書く前に気づいて欲しかったな(笑)
真央ちゃんにおヒゲが生えちゃったじゃないのー

でも、明るく笑って許せる真央ちゃん、
隣で笑う大ちゃんや宮原知子ちゃんなど、
選手たちの和やかな雰囲気が伝わるエピソードになりましたねo(*^-^*)o

今週はJOだけでなく、
いろんな大会が平行して行われて、大忙しです。
ぜんぜん情報を追えてませんが^^;

フィンランディア杯、オンドレイ・ネペラ杯、JGPチェコ大会のニュースです。
日本の選手たち、軒並み好調のようです!

今井遥ちゃん、田中刑事選手、優勝です!
おめでと~(o^-^o) 


【フィギュア】羽生、今季初戦でSP首位!鈴木は2位!
スポーツ報知 2013年10月6日01時12分

 ◆フィギュアスケート フィンランディア杯(5日・フィンランド、エスポー) 男子ショートプログラム(SP)は今季初戦の18歳、羽生結弦(ANA)が84・66点で首位に立った。

 ソチ冬季五輪で初出場を目指す羽生は3回転半ジャンプが1回転半になったが、4回転ジャンプと連続3回転ジャンプを決めた。中村健人(立大)は67・83点で5位。

 女子SPは鈴木明子(邦和スポーツランド)が64・57点で2位、庄司理紗(東京・駒場学園高)は44・71点で8位だった。ユリア・リプニツカヤ(ロシア)が65・49点でトップに立った。

 羽生結弦「久々に3回転半を試合でミスしてしまったが、しょうがない。SPで4回転を幸先よく決められたことは自信になった。もっと上を目指してこのプログラムでいい演技ができるようにしたい」

 中村健人「(出来は)30点。うまくまとめられなかった。ただステップやスピンなど絶対取らなければならないところはしっかり取れた」

 鈴木明子「シーズン初戦で緊張して慎重になったが、まずまずの出来でほっとしている。観客の反応もすごく良くて自信になった。スタートとしては良かったと思う」

 庄司理紗「細かいミスが多かったが、その中で楽しむことができて良かった。きのうまでの練習があまり良くなかったので不安があった。今できることは出せた」

(画像は別サイトより)
BV0q5iaCQAAZao1.jpg2013100602.jpg



今井が優勝=フィギュア
時事ドットコム 2013/10/05-17:47

 フィギュアスケートの国際大会、オンドレイネペラ・トロフィーは4日、スロバキアのブラチスラバで女子フリーが行われ、3日のショートプログラム(SP)2位の今井遥(ムサシノク)がフリー1位となり、合計163.64点で逆転優勝した。西野友毬(明大)は総合16位。 (時事)

(画像は別サイトより)
BVwhK8-CAAAvS5u.jpg



田中が優勝=ジュニアGPフィギュア
時事ドットコム 2013/10/06-11:24

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)第6戦は5日、チェコのオストラバで行われ、前日の男子ショートプログラムで1位だった田中刑事(倉敷芸術科学大)はフリーでも1位となり、合計210.02点で優勝した。
 女子は加藤利緒菜(関西ク)が合計156.39点で4位、坂本花織(神戸ク)が同146.49点で6位だった。 (時事)


ところで、某所で真央ちゃんの衣装が
「いそぎんちゃく」のようだと言われていたことで、
コメントでも話題になってるようですが、ご安心ください。

某所に貼られていたのは一番左の写真だったかと(記憶をたどって探しました)。
いそぎんちゃくって、かわいいんだな~と思いましたから(笑)

実際の衣装は、右の二つの感じに近いかもしれませんね。
(もちろん、いそぎんちゃくをイメージして作ったわけではないと思いますが)

2006113_2.jpgyusuke_okada_20121024_3.jpegIMG_1711_1.jpg

衣装の話題といえば、
小塚くんにはこんなコラージュも出回ってました。

ゴレンジャーのようだと(笑)

BVumo7LCAAABJ8r.jpg

ネタにされるほど愛されてるってことで(笑)

私は小塚くんの衣装、結構好きなんですけど、
なんかいろいろ言われちゃいますよね(;^_^A

JOの国別のジャージも、こうやってみるとカラフルですね。

2013100601.jpg

そしてこれは、アデリーナちゃんが上げてくれた画像だそうです。
「トリノのメダリストとソチのメダリストの共演みたいに豪華!」
と書いてた人がいて、思わず納得してしまいました。

3a0721c02dac11e3a0d522000a1f970a_8.jpg



ここからは、一昨日一瞬出して、すぐに引っ込めていた記事です。
一部修正して再投稿します。




前回の記事に、たくさんのコメントをいただきました。
ありがとうございます。

長い時間をかけて、
推敲に推敲を重ねて書いてくださった方も多かったのではないかと思います。
こんなブログのために一生懸命に…本当に嬉しかったです。

安藤さんについては、いろんなご意見をいただきました。

「応援できないんだったら書かないほうがいい」
「表面上だけでも賞賛してあげればよかったんじゃないか」
「今までどおり感じたことをそのまま書いてもいいんじゃないか」

…などなど。

「削除すべき」

という声も、また来ましたね(苦笑)

今回の場合は、安藤さんのことを書いたからではなく、
相手方の承諾もなしにリンクを貼ったことに対しての「削除すべき」ですが…

何に対してであれ、
見ず知らずの人に「削除すべきです」と言われるのは辛いです。
辛いというか、驚きもあります。

私はブログ暦は5年ほどあるんですが、
ブログに関する知識に乏しく、ただひたすら書いてるだけでした。
拍手欄にコメントが残っていることに気づいたのも開設後2年目だったし(笑)、
アクセス解析という機能も知ってはいるけど、半年に1回くらいしか見ないし。

今日、久しぶりにそれを眺めていたのですが、
不思議なことに気づきました。

先日のコメント欄には、覚悟していた通り、
私への手厳しいコメントもたくさんいただきました。

批判コメントだけをメモ帳に集めて読んでみたりもしました。
(落ち込むだけなのに、バカです)

ところが、そのメモ帳とアクセス解析を眺めているうちに、
同じ人が、名前を変えて繰り返し批判を書いているのでは…
という可能性を感じてしまったんです。


いつか
「コメントに困ってるならこういう方法があるよ」
と教えてくださった方がいたことを思い出し、
ネットに接続している場所を確認してみました。

そうすると、やはり批判コメのいくつかは、
同じ場所から書かれていることがわかったのです。

ただ、前述のとおり自分はネットの知識が少ないので、
一人でそう決めつけるのは危険だと思いました。

そこでネットに詳しい方に相談したところ、
「状況から判断すると、99%同一人物」
だということがわかりました。

そういう確信を得たので、再投稿しています。

気づいただけで3名。

同じ人が、

名前を変えて批判を二連投したり、
名前を変えながら連日批判を繰り返したり。

一番顕著な方の場合、
同じ場所から5回で、4つの名前を使い分けてました。


その方の主張は概ねこんな感じで一貫してました。


安藤さんを応援できないなら書くな。
相手のブロガーさんには攻撃が殺到している。 
自分だけいい人ぶりたいのか。
この記事も、コメントも削除しろ。


これらのコメントを最初に目にしたときは、
さすがに凹みました。

何度も入るので、何度も凹みました。

でも、同じ人が、名前を変えて繰り返し批判してるとは、
夢にも思いませんでした。


なんか、今日これに気づいたことは、ショックです。

同じ人が、同じ名前で何度も批判するのは、アリだと思います。
正直、一度聞けばわかるのにな~とは思いますが、
何度も言わないと気がすまない性格の人だと思えば、あきらめもつきます。

でも、一人の意見を、複数の意見であるかのように演出する…
これはちょっと許せないです。

しかも3人いらっしゃいました。
3人からの批判が、10人分の批判になってました。


これはさすがに参ってしまいます。

私は、人様のブログにコメントするとき、
偽名を使ったり名乗らなかったりしたことはないし、
そんな発想すらありませんでした。

でも実際にそういうことをしている人がいることを実感してしまった…
結構ショックなんですが…

…と、これを書いてる間にも、コメント通知が届きました。
「もしかして、あの場所から書いてるあの人?」と思って確認すると、
やはり同じ場所から別人を名乗っての批判コメントでした。

リアルタイムで体験すると、さすがに怖いです。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/10/06(日) 21:41:02|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:56
| ホーム |