ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

フランス、キムヨナに完璧8連呼。ハートで滑る大ちゃん、勇気の真央ちゃん。

世界選手権の海外解説動画4つです。

フランスお茶の間解説「レ・ミゼラブル」「メリー・ポピンズ」「ブエノスアイレスの春」
イタリア解説「バンパイアのキス」

■フランスお茶の間解説 キムヨナ「レ・ミゼラブル」

フランスお茶の間解説で、
キムヨナのFS「レ・ミゼラブル」が大絶賛されてました。

≪フランス語≫キム・ヨナ 2013 世界選手権 FS:レ・ミゼラブル


フィリップ・キャンデロロ
ネルソン・モンフォー
アニック・デュモン

来年ソチオリンピックのフランス枠は、残念ながら一つです。
マエ=ベレニス・メイテは10位、ナタリヤ・ポポワは11位ですから。
これからユナ・キム、キム・ヨナが滑るので、フランスの1枠は確定です。
そして、マオ・アサダの表彰台は確定しました!
唯一のライバル、マオ・アサダは今、2位。
ですから、普通にいけば…確実に…。
マオ・アサダは、表彰台です。
ユナ・キムは、全力で持って
カロリーナ・コストナーの上位を狙います。
でも…どうなるか!

3Lz+3T。
きっちり回ってるわ、きっちり。
全くパーフェクトだ。
復帰するんじゃないかと言われてから2年のブランクでの復帰。
ソチまで10か月を前に。
3F。完璧だ。
印象的だ。
レベルを維持、むしろ進化してる。
ジャンプがより高くなっている。
この韓国の選手は、国民的ヒロインでもあります。
コマーシャルに出たり、雑誌に出たり、18か月休んで、そして今。

音楽はミュージカル、レ・ミゼラブル。
歳は?
22歳だったと思う。
22歳なら、2018年のオリンピックもありえる。
女子は?
女子はね。
プルシェンコは、あと更に4年は滑らないだろう。
2つめのルッツ。素晴らしい。
そして、このスピード。類まれです。
このレ・ミゼラブルの音楽にのせて、
世界観を素晴らしく、うまく表現しています。
ユナ・キムは、世界選手権チャンピオンになると思いますね。
驚くべきジャンプ。
完璧です。
フィギアスケートを練習している全てのスケーターに見せるべき。
ええ、テクニックがパーフェクト
全てのカテゴリが終わる世界選手権の最後の瞬間です。
パトリック・チャンが昨日、2回の転倒はあったものの
世界チャンピオンになりました。
この後、エキシビジョンをお伝えすることになるんでしょう。
20:45からFrance 3で。
偉大な美しい世界チャンピオン。
皆、立ち上がっている。
ユナ・キム、世界チャンピオン、結果を待つ必要は無いでしょう。
ジャッジは、もう帰ってしまうでしょう。
ユナ・キム、楽々と世界チャンピオンを勝ち取ります
コストナーを追っ払い、私は10~15ポイント上回っていると思います。
完璧でした。
何も言うことがないわ。ジャンプは、これっぽっちもミスが無い。
ジャンプは完璧で、スピンは美しくて、
全てのステップが音楽にのって、
疲れることなくプログラムを終えたわ。
完璧なコンディションでした。

素晴らしかったわ。
<エキシビジョンの告示>
一つだけもう少しよくした方が良いと思うのは…衣装ね。
ちょっと寂しいわ。
グレーは、好きじゃない?
好きよ。
まぁ、それは細かいことですね。彼女の才能からすると。
女っぽいのが好きなんでしょ?
違うわよ!
私が言いたいのは、
彼女は綺麗で完璧だけど、衣装がそれに相応しくないと思うの。
ピンクでボンボンのついた衣装がありましたよ。
私は、ジェームズ・ボンドのプログラムの時の衣装が良かったと思うの。
あの衣装は、凄く独特だったわ。
ユナ・キムは、粗末な衣装を来たとしても、
最高のスケーターであることに変わりはないでしょう。
カロリーナ・コストナーを圧倒してトップです。22ポイントの差があります。
見て、あのあっさりした様子。
3位は、フィリップ喜んで、マオ・アサダ!
ブラボ==!!! ハハw

4位、カナコ・ムラカミ、日本。



■イタリア解説 キムヨナ「バンパイアのキス」

イタリアの解説でも、
キムヨナの「レ・ミゼラブル」は絶賛だったとか。

残念ながらその動画は見つけられませんでしたが、
SP「バンパイアのキス」の動画がありました。

FSの評判が嘘のように、トーンが低いことに驚きです。

・フリップのエッジが不正確
・表現力が乏しい(ここでは”冷たい”と)
・繋ぎが薄い
・ジャンプは良いが、その前に漕ぎすぎ

盲目的なキムヨナファン以外は気づいていたことを、
ズバリと解説してくれてます。

この様子を見る限り、
FSでは絶賛していたということがにわかに信じがたいのですが、
どこかから指導が入ったというのは本当でしょうか…?

【イタリア版日本語訳】イタリア解説陣のホンネ ヨナSP ワールド2013


実況:アリアンナ・セコンディーニ
解説:フランカ・ビアンコーニ

レビューを見ています
3Fでレビューが出ていますから
エッジに関してですね
そうですねエッジです
彼女のフリップのインサイドエッジは正確ではありませんから
すこしアウトサイドになってますからね
まぁジャッジの権限でペナルティーを取るかどうかですね

再度見てみましょう
ルッツは氷の上を飛んで、飛んでますね
流れがあります
トールプも着氷から流れがあり素晴らしい
ファンタスティカ
エレガントで軽やか、動作もよく繋がっています
でも前にも言いましたが

表現力が乏しいわ
冷たいわね
表現がね・・
オズモンドのプログラムと比べると
コンポーネンツにおいては

全然・・
(オズモンドの方が)もっと楽しめたわ
ええ、オズモンドはコミュニケーション力があったわね
彼女(ユナ)は・・練習のようだわ
とても冷たい

ええ、でもまぁ練習と同じに出来る、というのは・・
練習でこのようにエレメンツをこなせていた、というわけで・・

テクニカル面は素晴らしいわ
まぁ、その他に小さな欠点を探せというのなら
トランジッションがあまり無いわね

あなたは納得してないわね
いいえ
最初の二つのジャンプが素晴らしいのは事実よ
でもそこに至るまでに、
ただのクロスだけで大きく漕いでいるの

これからジャンプに行きます、というのが分るのよね
そこなの
ここがPチャンとの違いかしら
彼はジャンプを飛ぶ直前まで分らない
そーなの
ユナと比べてオズモンドのプロはとても複雑で
沢山のトランジッションが組み込まれていたわ
前半における大事な2つのテクニカルエレメンツ
この2つの間の繋ぎは本当に少なかった
長い待ち時間のようで・・




■フランスお茶の間解説 浅田真央「メリー・ポピンズ」

冒頭の動画ではキムヨナのFSを大絶賛していたフランスお茶の間解説。

真央ちゃんのFS「白鳥の湖」は先日ご紹介したので(→「白鳥の湖」フランス解説改訂版
EX「メリー・ポピンズ」の解説を。
大ちゃんのEXもあったので、一緒に。

真央ちゃんには、「我々は、この選手が大好きです」
大ちゃんには、「私、このスケーターがこよなく好きです」

キムヨナには「完璧」という褒め言葉しか見つからなかったようですが、
真央ちゃん、大ちゃんに対しては自ら「ファン」だということを隠さないんですね(笑)

「たった一人挑戦する勇気を持つ少女ですから」
「彼は、ハートで滑るの」

「練習どおり完璧だけど冷たい」
とイタリア解説者に思わせたキムヨナとは対照的だと思いました。

≪フランス語(翻訳付き)≫浅田真央 2013 世界選手権 EX:Mary Poppins Medley


フィリップ・キャンデロロ
ネルソン・モンフォー
アニック・デュモン

(何かの言葉に続いて)~カリスマ的でした。
ご覧下さい。素晴らしい照明ですね。
カナダスタッフの皆さんが本当に素敵な照明演出を用意してくれました。
さて、我々が心待ちにしていた選手

チャーミングな傘の下に隠れているのは、日本のメリーポピンズ、マオ・アサダです。
価値ある3位を勝ち取りました。
昨夜の女子の試合ですね。

(Filleule sur glace de Philippe Candeloro は、ネルソンのおなじみの言葉のようです)
マオ・アサダ、フィリップの氷上の”ゴッドドーター”です。

あなたもSPの6位発進から、スペクタクルな3位復活には喜んでいましたね。
SPで失敗しなければ、2位は取れましたが…。

はい。残念なことに3Aの失敗がありましたが、(FPと混同してるかも?)
同時に言いますと、たった一人挑戦する勇気を持つ少女ですから
まだ3Aには不安がありますが、

そう、しかも2度。彼女は、フリーでも3Aを入れてきてるのよ、ムシュー。
この素晴らしい曲を聴きましょう。
ちゃんと気を付けて観ないと。素晴らしいプログラムだからね。
この演技を見ますと、大聖堂の階段前で鳩に餌をあげるおばあさんが目に浮かんできます。
と銀行員(=バンクス氏)が気付くシーンが目に浮かびます。名作なんです。
そして、あのおばあさんの姿は子ども達と何より自分に対する教訓だった、
とても魅力的なプロです。

(バンクス氏に)足りなかったものだよね。
ええ、彼女の持つ美しいモラルだね
おや。
まだ、昨日のアクセル不調を引きずっているのかな?
跳び始め、まっすぐ回ってしまったね。
それでも相変わらず笑顔なことが、彼女のポジティブさを惹き立たせるね。
なんて幸せなんでしょう!
我々は、この選手が大好きです。

3F。
「お砂糖ひとさじで~(A spoonful of sugar helps the medicine go down~)」
いいねw
君も歌ってみる? なんと言おうと本当に素晴らしいプログラムだね。
しかも、マオのコスチュームも美しいね。ちゃんと忠実に再現されてて。
素晴らしいよ。
3Lo。完璧。
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス↑
ポピンズの演目の中で、一番長い英語の呪文なんですよ。
なんて幸せなんだろう。

60年代の作品でも、今も色褪せないね。
もしかしたら、リメイクしてフランスに来年公演来るかも。
可能性はあるね。
ドーシャス! アハw
(マオは、貯金をしない=持っている物を出し惜しみしない)
彼女は、全然演技に手を抜かないよね。
(ここは、映画で登場する銀行員バンクス氏と比べていると思われます)
銀行の人(バンクス氏)と全く逆だよね。
本当にね。アハハ。
4分間に沢山のものが込められている。
なんて魅力的なプログラムなんでしょうね。
なんと魅力的なプロでしょうか!
観客も喜んでいます。(直=お祭り状態です?)
日本のマオ・アサダです。
ここカナダで銅メダルを取りました。
オリンピックにリーチをかけています。3年前のバンクーバーオリンピックで銀メダル。
昨日の女子の試合でマオ・アサダは、ここで銅メダルを取りました。
観て下さい、観客を。お祭りのようですよ!
でも、席は100%埋まっているわけでもないね。90%くらいかな。

なんせ席がちょっと高いからね。一席120ドル(カナダのドルで)です。
確かに安くないです。120ドルは、89~96ユーロぐらいですからね…。
でも、こんな会話してはいけませんね。(会話終わる)




■フランスお茶の間解説 高橋大輔「ブエノスアイレスの春」

≪フランス語(翻訳付き)≫高橋大輔 2013 世界選手権 EX


フィリップ・キャンデロロ
ネルソン・モンフォー
アニック・デュモン

この世界選手権では、ジャッジにちょっと嫌われちゃったけれど。
日本のダイスケ・タカハシ。世界トップ選手の一人。
ここで3F、完璧。
アニックの一番お好みのスケーター、プログラムですよね。
ええ。私、このスケーターがこよなく好きです。
今観ているの、そうでしょう?
本当に私の好みの選手の一人
好きな人は世界中に大勢いますが、
特に彼、彼の実に素晴らしいコレオのアプローチにぞっこんなのです。
でも、ジャンプがいくつもこのように着氷が乱れましたね。
世界選手権で採点システムは、非常に厳しかったですね。
スロー、画像、ビデオが今あり、ジャッジは何も逃しませんからね。
フリーは8位、ショートは4位だったけど、結局6位に留まってしまった。
ショーも疎かには出来ないと言えますよ。
しかし、シーズンはますます長くなり、試合の場数も増えるし、
ショーはスケーターにとって収入源であり、シーズンごと、もっと投資して
プログラムや衣装を準備しなければならないしね。
確かに。でも、やはり優先せねばならないものは何か極めないとね。
オリンピックの前年は、なんと言っても優先すべきは試合です。私の意見は。
試合は、凄く沢山ある。我々がこのように解説している試合の他にも、数多いよ。
現在トップで距離を保つには、こんな密度の高いプログラムで数をこなすしか選択肢が無い。
だから疲れてしまい、最後の世界選手権へ少し力が低下した状態で臨む危険もあるさ。
スピードが凄いスケーターだね。ダイスケ・タカハシ。
彼は、ハートで滑るの
素晴らしい、このステップシーケンス。

ごもっとも。
あらまぁ。
だって、彼はもの凄いエネルギーを
彼のスケートに捧げているのですもの

日本の大スターで、女性の人気が高いです。
素晴らしい。
魅せたね。皆気に入って、カナダの観客は立ち上がっています。
カナダの観客は、実によくスケートを知っていますよ。
この世界選手権をお祭りのように喜んで大歓迎してくれました。
カナダ報道を見ても、一年でナンバーワンのイベントなのが分かります。
150キロの人口35万人の小さな町ロンドンで大成功でした。
2013年の世界選手権は、トロントから
とても暖かくて、良い人達でしたね。
それも楽しめてラッキーでした。
それに、ちょうど週末は有名なセント・パトリックのお祭りで、
皆わいわい、楽しかったね。



動画主の皆様、ありがとうございました。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 17:08:29|
  2. 動画・世界の解説動画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

韓国ニュースで知る青嶋ひろの氏のコラム。3人のライター。

本日二回目の更新です(笑)
一つ目の記事も読んでいただけると嬉しいです。

キムヨナを爬虫類のように冷たいと評したJ-CASTのニュースは知ってましたが、
青嶋ひろの氏も最近コラムを出していたようですね。

私はいつものように韓国ニュースをチェックしていただけなんですが、
そこで青嶋ひろの氏がコラムを出していることを知るという(苦笑)

韓国で、J-CASTニュースと青嶋ひろの氏のコラムが伝えられました。

■韓国で報じられたJ-CASTニュースと青島ひろの


"キム·ヨナ、爬虫類のような冷たさ。"日言論集
Jスポーツチーム 2013.03.29 16:20

日本のマスコミがキム·ヨナ(23)の完璧な演技に対して "人間味がない"と落胆した。

日本のオンラインメディアJキャスト(J-Cast)は最近、2013 ISU(国際氷上競技連盟)世界フィギュア選手権大会でのキム·ヨナと浅田真央の演技について評価し、 "浅田のほうがはるかに魅力的だ"と評価した。

Jキャストは "真央がショートで6位、フリーで2位を占めて銅メダルを獲得した。 かなりエレガントな大人の女性に変身したが、日本人たちにはいつがかわいい赤ちゃん "真央" "と浅田の日本人たちの愛情を表わした。

Jキャストはまた1位を占めたキム·ヨナに対しては "腕足が異常に長い"と言いがかりをつけた後、 "常にスコアが異常に高いが、毎技術が正確にそのようなことの分析が後に従う"と伝えた。

それとともに、この媒体は、間違いが多くて、ジャンプの安定性が落ちる真央の演技を "人間味"とまとめた。 Jキャストは "それでも今回の対決で、より魅力的な方は浅田真央"と "真央がトリプルアクセルで着地が不完全かどうか、ところどころ小さなミスがあっても真央の演技は美しさをプレゼントする"と主張した。

また、 "キム·ヨナにとって失礼ですが、爬虫類のような冷たさが感じられる"と伝えて、1990年代後半と2000年代初頭男子シングルのライバル構図を形成したヤグディンとプルシェンコ(以上ロシア)を比較した。 Jキャストは "ヤグディンは悩める青年の暖かさがあったが、プルシェンコはサイボーグのような機械的な冷たさが感じられた"とし、 "(この違いは)内面演技で出てくるだろう"と主張した。

最近の日本フィギュア専門記事靑嶋ひろのが "キム·ヨナの演技は、日本の立場では"恐怖 "だ。 キム·ヨナは女子シングルフリーだけでなく、2013世界選手権をすべて一人で持って行ってしまった選手 "と絶賛したのとは対照的な評価だ。 しかし、この媒体やはりキム·ヨナの演技が間違いなく完璧だったことを前提にしたという点で、日本特有の "キム·ヨナ揚げ足取り"と分析される。

一方、19日に終わった世界選手権大会でキム·ヨナは218.31点で1位、浅田真央は20点以上リードされた196.47点で3位を占めた。



日フィギュア専門記者 "キム·ヨナ、衝撃と恐怖...日どうしよう"
スポーツ朝鮮 2013-03-29 09:12:10

"もう誰もキム·ヨナに勝つことができない。"

日本フィギュア専門記者靑嶋ひろのが 'フィギュアクイーン'キム·ヨナの演技を "恐怖"と表現した。

青島広野は26日、日本の朝日新聞に寄稿した'2013世界フィギュアスケート選手権大会レポート "のコラムで、大会に出場した主な選手たちを評価した。

その中で優勝したキム·ヨナに対して青島は "女子シングルフリーだけでなく、2013世界選手権をすべて一人で持って行ってしまった選手は最後に出場した韓国のキム·ヨナだった"とし、 "もうひとりの公式練習で他の気運を吐き出していた、強烈に視線を集めた "と話を切り出した。

今回の大会で自国の選手を除いて2位を占めたカロリーナ·コストナー(カナダ)と初出場の7位という好成績を収めたリッジた(中国)を最も強烈な選手に挙げてた青島は "キム·ヨナは残りの選手たちとは全く違う目的を持ってこの席に登場したようだった。ただ、このリンクに君臨するために自分のスケートにこの場を制圧するため "と説明した。

キム·ヨナのジャンプと関連しては "何もないかのようにたくましく飛び立った序盤のトリプルルッツ、トリプルトウループ。そこにトリプルフリップまで。以降のジャンプはよりは失敗する気配すらなかった"とし、 "すべてのジャンプを抜いてプログラムを演技してもキム·ヨナは女王だっただろう "と評した。

他の選手たちはもちろん、大会自体を圧倒するキム·ヨナの存在感に青島は "試合前キム·ヨナの競技が待っなる言ったことすら私自身がとてものんきはないかと思った"とし、 "この選手がこれほどすごいやったかな。口がぽかんと開かれる女王の品格だった "と絶賛した。

また、キム·ヨナのフリースケーティング当時、現場の雰囲気も生き生きと伝えた。 彼は "キム·ヨナの最後のスピンで既に視野に入ってきたすべての人は起立した。演技が終わった後は、多くの人が異常なほど言葉がなかった。見知らぬ人同士が言葉なし​​に相互にうなずいて、今、目の前で見たキム·ヨナの演技を見て感じる感情が通じるものが伝えられた "と説明した。 続いて "当時、試合が終わった後、記者室で"もう誰もヨナに勝つことができない "、"どうしよう?ソチはヨナに決定されたんじゃないの "、"日本でもロシアでも、誰が出てこよう間ヨンアの相手になるわけがない "などそれぞれの国の記者たちのため息まじりのささやきが広がっていた "と付け加えた。

青島は "10年の間、日本選手を中心にフィギュアスケートを取材し、いつも表彰台に日本選手が立つことを願ってきた。また、今回の大会でも優勝はコストナーや日本の選手がしたら良いという考えをした"とし、 "しかし、その時点を持っている人の立場から見たキム·ヨナの演技は "恐怖"に近かった。 "だめブワトオヤたが..."と感じるほどだったが、それでもその感情は "快感"だった "と率直な本音を現わした。 また、 ""素晴らしい演技を見ることになってよかった "は、のとはまた別の感情が入る。悔しいが、今は言葉に詰まって油断しないことができないほどの衝撃だ。フィギュアスケートでこのような感情を呼び起こすこともあるのだろうか?"と感心した。

青島は2014年ソチ冬季五輪を準備する日本代表選手たちと関係者たちにも警戒心を悟らせてくれた。 "1年後、日本選手がキム·ヨナに勝つことが果たして可能だろうか。今後1年間さんざん議論になるが、まずは日本代表3人のスケーティングを振り返ってみよう" <スポーツ朝鮮ドットコム>


これらのニュースの元ネタとなってるのがこちらですね。
キム・ヨナ切ったら青い血出る爬虫類…人間らしい魅力やっぱり真央ちゃん <世界フィギュアスケート2013 女子フリー> 黄蘭 J-CASTニュース 2013/3/25 12:00
【フィギュアスケート世界選手権リポート】 女子フリー(上)――衝撃のキム・ヨナ。鈴木明子の突然の不調 青嶋ひろの WEBRONZA 2013年03月26日

■青嶋ひろの氏=キムヨナ賞賛ライター

今更かもしれませんが、
青嶋ひろの氏って微妙すぎるんですよね。
いや、微妙というより、かなり韓国寄りのライターですよね。

キムヨナには賞賛を惜しまず、
採点システムに疑問を呈するファンには自重を求める。


青嶋ひろの氏の、過去のそんな記事を拾ってきました。

また、キムヨナを崇め真央ちゃんを貶めながらなぜか真央ちゃんの本を出す。
その商売のやり方に批判が殺到したアマゾンでは、
青嶋氏への批判コメントを含め全コメントが削除されるという事件もありました。

アマゾンのレビューも拾ってきました。


ニコライ・モロゾフコーチの発言について
2009年04月04日

どんなに才能のある選手でも、どんなに努力をする選手であっても、ひとりでは勝つことはできない。今回は周囲がきちんと選手のことを考え、しっかりした策を練り、適切な指導をした選手がメダルを得た。

安藤美姫だけでなく、韓国のキム・ユナもそうだ。コーチのブライアン・オーサー、振付師のデビッド・ウィルソン、3者鉄壁のトライアングルで素晴らしいプログラムを作り上げ、理想的な練習ができていることが勝利の要因として知られている。しかし彼女の場合は、コーチ、振付師だけではない。スケーティングはアイスダンス元世界チャンピオン、シェイ・リン・ボーンが指導し、よりなめらかな滑りを得ることができた。複数のテクニカルスペシャリスト、フィジカルトレーナーといった専門スタッフも付いている。さらには英語教師もつき、メディア対応の訓練も受けるなど、“チームキム・ユナ”はあらゆる面で勝つための完璧な布陣を敷いている。多くの専門家が全力で才能あるスケーターをサポートすることにより、彼女は世界チャンピオンになるべくしてなったのだ。

もう、細かな点数の出方などを検証している場合ではない。スケートファンならば、根拠のない噂を元に、いつまでも行きすぎた議論を続けていたくはないし、他国の選手やライバル選手への中傷を繰り返したくはない。日本のメディアも、地道な努力を続けている人々を邪魔するような報道をするべきではない。必要なのは勝者をきちんと称賛し、その姿から学ぶべきところを学ぶことだ。

※元記事がリンク切れのため、フィギュアスケートを死なせたくない【2】様より引用させていただきました。



敗北の浅田真央、栄光への旅立ち 宿敵と歩み続けたスケート人生
スポーツナビ 2010年2月27日 6:00

(一部のみ抜粋)

 もしこの世にキム・ヨナがいなければ、彼女が金メダリスト――。そう考えると、浅田はある意味ラッキーだったな、と思う。それは06年、2度目の世界ジュニアにて、彼女が初めてキム・ヨナに負けたのときにも思ったことだ。その時の浅田はSPとフリーでトリプルアクセルを計2回跳んだが、演技全体に精彩を欠き、キム・ヨナがいなければ無難な演技で優勝してしまうところだった。そこに立ちふさがったのが、浅田にはない大人の演技力をすでに持ち、質の高いエレメンツの連発で浅田を上回る高得点をたたき出したキム・ヨナ。彼女に敗北したことで、浅田は得意のジャンプ以外ももっと強化しなければ、と気づき、ステップや音楽表現にも秀でたスケーターに時間をかけて成長できたのだ。そしてそのとき、1試合で2度だったトリプルアクセルも、3度跳べるまでに進化させてしまった。

(中略)

 二人のメダリスト。浅田真央がいたから、今のキム・ヨナがいる。キム・ヨナがいたから、今の浅田真央がいる。お互いにとってこれ以上の幸福はなかったし、私たちフィギュアスケートファンにも、進化し続ける二人を見守るという最高のぜいたくを、提供してくれた。

(以下省略)



レビュー消さないで欲しかった(Amazonクチコミ)より

04631089.jpg

(一部引用)

投稿日: 2010/03/30 15:15:11:JST
アマゾン花子さんのコメント:
全てのレビューが消されていますよ。
これは、どういうことなのでしょうね。

396人中394人が「この投稿が参考になった」と投票しています。

投稿日: 2010/03/30 16:13:31:JST
マイケル・朦朧さんのコメント:
カスタマーの正直な意見に対し、削除の要請ができ、それが受け入れられるってすごいですね。
レビュー蘭は何のためにあるんでしょうか?
447人中446人が「この投稿が参考になった」と投票しています。

投稿日: 2010/03/30 19:40:06:JST
まるさんのコメント:
本当に許せない!
都合の悪いことを隠して売り出すって
詐欺行為だよ!!!

416人中413人が「この投稿が参考になった」と投票しています。

投稿日: 2010/03/30 19:55:10:JST
モモ猫さんのコメント:
参考になった、という意見の方が多いレビューをまるごと消すなんて、恥ずかしく無いんでしょうか。
浅田選手を貶める記事ばかり書いているのに、こういう本を出せる神経が分からない。
420人中417人が「この投稿が参考になった」と投票しています。


また、青嶋ひろの氏は過去に韓国SBSテレビの取材を受け、
テレビでまでキムヨナを賞賛したことがありました。

そのときの画像がネットにも転がってました。

winshot001470.jpg

韓国に媚を売るライターは、日本には不要です。

■辛仁夏=在日ライター

青嶋ひろの氏と文体の似たライターがいます。

辛仁夏(しん・いな)という方なんですが、
巷では「青嶋ひろの=辛仁夏」という説が有力です。
決定的な証拠は見つけられませんが、信憑性は高そうです。

辛 仁夏(しん・いな)
winshot001476.jpg

青嶋ひろの
winshot001475.jpg

鼻の長さと唇の薄さが似てる感じはします。
ただ、似てるとは言えますが同一人物と断言までは避けておきます。
(証拠がないので)

簡単に言ってしまうと、こんな感じかも。

青嶋ひろの氏 = 反日ライター
辛仁夏氏 = 在日ライター

青嶋氏の在日説は決定的証拠がないので乱暴かもしれませんが、
辛仁夏氏が在日であることは数々の資料から証明されてます。

在日だから全て悪いとは言いませんが、
在日で、日本と韓国を公平な目見ている人は多くないと思います。

辛仁夏氏が在日である資料をまとめました。


(ハムケ)横浜だより  NO51  2002/12/5発行より

『駆け出しフリーランス記者の韓国・釜山(プサン)アジア大会取材記』 辛 仁 夏

 はじめまして、逗子市在住の辛仁夏です。日本生まれの日本育ちの朝鮮人で、在日2世です。10代のときにお世話になった信愛塾に、30代になってまた関わることができ、うれしい今日この頃です。このたび、このような形で皆さまに私の言葉を伝える機会ができました。
 2000年夏に10年近く勤めた新聞社を辞めた私は、韓国に1年間の語学留学し、昨年秋に帰国しました。現在は、フリーランス記者としてスポーツ分野を中心に活動しています。ここでは、9月29日に開幕し10月14日に閉幕した釜山(プサン)アジア大会を取材したときの出来事をご紹介したいと思います。この取材は、駆け出しのフリー・ジャーナリストとして初めての大きな仕事となりました。ハプニングもあり、母国語である韓国語を自由(まだまだですが…)に使いこなせる自信をつけてきた16日間でした。

(以下省略)



共同通信PRワイヤーより
2009.12.17

今回の「アジアの茶店」は1月13日にその第二弾として『指紋押捺拒否』(呉徳洙監督)を上映し、呉監督と映画の主役を担う辛仁夏(シン・イナ)さんのミニ講演を開催します。またその後参加者との懇親会も予定しています。

◇辛仁夏さんの“存在”について
『指紋押捺拒否』は、在日コリアンと指紋押捺拒否運動の歴史的背景を描きつつ、運動の代表人物(在日の人々、日本人の支援者や弁護士など)を紹介します。当時、無名の少女・辛仁夏さんは全体をつなぐ形で「まとめ役」を果たしています。

_prw_img1.jpg



神奈川民闘連ニュース
ニュース35号 2000/4/20発行

■指紋制度がなくなった!

 4月2日、東京の韓国YMCAで「指紋制度崩壊記念集会」が行われました。
今年の4月1日から外登法が改訂され、指紋制度が全廃、不携帯が行政罰、切り替えも5年から7年(双方とも特別永住者のみ)になりました。

 これを機に80年代に指紋拒否闘争を行っていた拒否者、支援者など全国の仲間が集まりました。神奈川で拒否した辛仁夏さん等も参加し、当時の指紋闘争を振り返りました。そして、指紋制度廃止を祝い、新たな課題(常時携帯・重罰規定)を確認しました。(S)



月間イオwebマガジン 2004年10月号 | No.100:目次より

特集:在日コリアン、その未来のために
● SPORTS KOREA 日本スポーツ界で「在日」が活躍する難しさ 辛仁夏          

winshot001474.jpg


辛仁夏氏は現在はライターですが、
16才の頃には『指紋押捺拒否』という映画の主役も。
日本のスポーツ界で在日が活躍する難しさを書いたコラムも。

そういう目線を持つライターということであれば、
韓国人のキムヨナが活躍することは当然嬉しいんでしょうね。

青嶋ひろの氏、辛仁夏氏のコラムと気づいた時点で、
私は読まないことにしています。

■黄蘭氏を勝手に特集

反日ライター、在日ライターとご紹介しましたが、
それと対照的なライターが、冒頭の韓国ニュースでも紹介された、
J-CASTニュースの黄蘭氏です。

いつかご紹介しようとお気に入り登録している記事の中に、
黄蘭氏のコラムが3つありました。

特に最初の2つのコラムは、
バンクーバーで採点に疑問を持ち始めてネットをさまよい始めた頃、
数々の陰謀説に胸を痛める中で、異彩を放ち、心を癒してくれたものです。

「ピアノ国際コンクールにおける「勝ちに行く」方式である」

というくだりは、今読んでも言いえてるな~と感心します。
ちょうど今回の世界選手権のキムヨナの演技について、某所で

「猫ふんじゃった」を自信満々に弾いただけ

とたとえられていたのを思い出しました。

2つ目のコラムでは、
キムヨナの意味不明な高得点に異論を唱えない解説者に疑問を呈しています。


浅田真央は挑戦した 「金より立派」これだけの理由
J-CASTニュース 2010/3/ 4 16:46

「オリンピック フィギュアースケート 女子フリー」(NHK総合) 2010年2月26日 8時50分~

日本人の7割(?)は見ただろうから映像批評はしない。敗因について述べる。キム・ヨナのコーチが以前から言っていたことにヒントがある。彼は要するに勝つための綿密な戦略を立て、その通りに成功したのである。競技をパーツに分け、パーツの難易度と加点の出安さを勘案して繋げていった。3回転3回転などごく僅かを除いて、失敗しにくい要素を並べた。冒険はゼロだからつまらない。

即ち、ピアノ国際コンクールにおける「勝ちに行く」方式である。課題曲以外は聴き栄えがする曲を並べる、弾き込んだ手の内の曲を並べる、冒険は一切しない。主張もしない。万人(つまり審査員)に反感をもたれないようにする。解釈が分かれる曲は選択しない。ひたすら無欠点主義でミスなきようにさらう。どのコンクールでも、どの競技会でも、採点は減点主義なので減点されないことが1番だ。

その代わり、演奏は無個性で面白くもおかしくもない。後々無欠点主義のコンクール覇者は芸術家として大成しない。かつてショパンコンクールで超個性的・挑戦的な青年が3次で落ちた。怒った審査員のマルタ・アルへリッチは、席を蹴立てて審査員を降りた。その青年は落選したことで有名になり、元々実力があったから、今や大演奏家である。その時の優勝者は消えてしまって名前も知らない。

浅田真央は挑戦したのだ。安全策もとらず、果敢に挑戦して、疲れて自爆した。無難な金より遥かに立派だった。泣くな、真央!

(黄蘭)



浅田真央に「負け採点」 疑問指摘しない解説者の愚
J-CASTニュース 2010/4/ 1 16:30

「世界フィギュアスケート選手権大会 女子シングルフリー」(フジテレビ) 2010年3月28日 19時58分~

今回もまた不審な結果だった。浅田真央が優勝したのは取りあえず良かったけれど、フリーの採点が2位とは納得がいかない。しかも、キム・ヨナがフリーで1位とは何かの間違いではないか。何故なら、キム・ヨナはすってんころりんと尻餅をついた上に、最後のダブルアクセルは失敗の1回転半になり、終わりの方は虚ろでヨレヨレだったにも拘らず、芸術点では5項目中、演技表現の同点以外、総てが浅田より高得点とは酷すぎる。贔屓以外の何ものでもない。

筆者がけしからんと思ったのは、解説者がなんの疑問も口にしないことである。解説者の中では八木沼純子は最もペケだ。素人でももう少しマシな語彙を使いそうな、ただ、「いいですねえ」とか、他国の選手を褒めるだけ。ジャンプの種類を連呼するのが仕事じゃないだろう。細かい採点表は演技直後に知らされる立場なのだから、すぐさま疑問点を指摘しないでどこが解説者かと言いたい。

採点を見ての浅田の表情は、口にこそ出さないが不信感が表れていた。本人は回転不足と取られた2回目のトリプルアクセルを含めて、完璧に演じたにも拘らず、採点が低いと思ったのだろう。当然である。真に完璧に彼女は演じた。全部が終って総合点で優勝とわかってからは、穏やかな笑顔に変わったが、物言えぬ演技者の胸の内には、シコリが残っていると思う。だからこそ、解説者はきっちりメディアの中で指摘してやるべきなのである。世界も見るのだ。

(黄蘭)



真央ちゃん涙涸れるまで泣くといい…親の死に目に逢えない切なさ
J-CATニュース 2011/12/15 17:00

「フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦2011 男女フリー」(テレビ朝日)2011年12月11日18時56分~

空港でゲートから出てきた浅田真央が黒帽子にマスク姿だったのは、後からのコメントでわかったように、飛行機を降りてからメールで母の訃報を見た直後だったから、舞台人と同じく世界中を転戦するアスリートも肉身の死に目に逢えず、切ない。真央ちゃん、日本中の君のファンが支える、涙の涸れるまで泣くといい。

涙目の真央の姿も痛々しかったが、筆者は彼女の前を行く佐藤信夫コーチが、ほとんど折れたように前屈みになって歩く様子に打たれた。彼も訃報を知った後だったからだろう。うら若い弟子の悲しみを我が事のように受け止めねばならないコーチ業も切ない。

喪章を付けた上着をとって出てきた高橋大輔の滑りは圧巻だった。4回転こそ着地でぐらついたが、後は完璧なジャンプと、得も言われぬ色気のある踊りでブルースを再現。ジャンプでミスしまくったパトリック・チャンよりはるかに魅了させたのに、フリーでも1点ぐらいチャンの得点が多く、高橋が2位だったのは納得がいかない。ご当地贔屓の引き倒しだ。審査員メンバーの国籍ぐらいは紹介せよ。

グランプリファイナル出場者の内、各地方大会に出られるのは1人が2回だけだったのに、今回からコストナーのように3回出ている選手もいる。何故そうなったかの説明が全くないし、3回出場の意味の説明もない。司会者(松岡修造、荒川静香ら)は、選手を煽るだけが役目ではないだろう、肝心の情報不足が気に入らない。

(黄蘭)


この方の真央ちゃんへの温かいまなざしにはブレがないです。
ワイドショーネタをライトに扱うJ-CASTニュースの中で、
黄蘭氏のコラムは救いとなっています。

今後もこの姿勢を貫いていただきたいものです。

■某所のコピペ。私にはこれがわかりやすいので。

これまでも何度となくこのコピペを貼ってきましたが、
今回、韓国のニュースで電通がキムヨナをごり押ししていたことが明らかになったことから、
ここで書かれてることがより信憑性を持つようになりました。

陰謀とか、そんなドラマの中のようなことは、数年前の私は興味もなかったし、
スポーツでそんなことがあってほしくない、という気持ちのほうが強かったのですが、
もうそんな綺麗事も言ってられない気がしています。

なんでキムヨナにはあんな高得点が出るの?
と思い始めたばかりの方もいると思うので、再度貼らせていたできます。
疑問を解き明かすためのヒントがあるかもしれません。


577 名前:氷上の名無しさん@実況厳禁[] 投稿日:2009/10/27(火) 20:51:27 ID:sYtR6duX0
ちょっと長くなるがおまえらにいいこと教えてやるよw

韓国はバンクーバーでどうしてもキムヨナさんの金メダルが欲しい理由があるんだよ
どんな手を使っても、な。

なぜそこまでして欲しいかと言うと、
それは平昌に冬季オリンピックを招致するためだ。

韓国は今、是が非でもでも平昌で冬季オリンピックを誘致しようとしている。
平昌は前々回はバンクーバーに敗れ、前回は当選確実と言われてたのにソチに敗れ、
次の冬季オリンピック選考会では是が非でも当選を勝ち取って、
過去2回分の選考会(とロビー活動)にかけたとんでもなく莫大な金を回収しなきゃならんのよ。  
(ちなみに平昌が次も冬季オリンピック選考会に出馬するのは決まってる)

次回三度目の正直で誘致に成功できなければ、
首をくくらなきゃいけない政治家や企業の経営者が出てくるという噂もある。
それくらい次の五輪誘致大会は韓国にとって負けられない闘いで、かけた金は莫大だ。

前回、前々回の誘致合戦で韓国が負けた理由の一つと言われていたのが、
「顔」の不在。

冬季オリンピック誘致に当たって、韓国にはこの間のリオのペレのような「顔」がいなかった。
そこで韓国は国を挙げて「顔」を作り出すことにしたんだよ。

冬季オリンピック競技の華、フィギュアスケートの圧倒的金メダリスト、
世界最高得点の圧倒的女王、

こんな選手がいたら誘致の「顔」にぴったりだろ?

そりゃあ「顔」を作り出すためなら、「顔」に箔をつけるためなら、
どんな手でも使うし、表でも裏でも莫大な金を使うだろ。
しょせんスポーツ同士の八百長止まりだったソルトレイクなんかと、今回はワケが違う。

韓国にとってのキムヨナは国家をかけた大プロジェクト希望の星なんだ、
スポーツという枠ではもうないんだよ、わかるかな?



・・・キムヨナに『電通』、浅田真央に『IMG』と表記したが、
これはそれぞれの選手のバックについている企業である。

電通は御存知、現在日本の流行を操っている広告代理店の最大手。
電通によって流行が作られ、
電通によって日本が動いていると言っても過言ではない。

浅田真央は電通の広告塔としいて声をかけられたもののこれを拒否。
キムヨナがこれを承諾したため、
キムヨナ上げ浅田真央下げの流れが生まれた。

キム・ヨナ、浅田真央の一連の騒動を説明しよう。

浅田真央、電通金儲けの種であるシンボリアスリート断る
          ↓
電通激怒により雑誌等で親の職業叩きスタート
          ↓
浅田真央IMG VS 電通 の抗争激化
          ↓
電通と韓国IB連合がIMGのキム引き抜き計画を決行
           ↓
韓国IMGと韓国IBスポーツ訴訟対決
           ↓
電通と韓国IB連合が人気下降中のISUフィギュアのスポンサーに就任
          ↓
韓国IBと韓国SBSと癒着しまくりのISU韓国人副会長が私物化
           ↓
チンクワンタ会長 クリックスポーツ局長 と韓国人副会長の利害が一致
           ↓
電通IB連合にISUのトップ幹部が組んでキムヨナ上げ浅田真央下げを開始  
           ↓
電通支配の日本マスコミによる浅田真央ネガキャンを開始
           ↓
浅田真央が自力で対抗し、ワールド制覇で阻止
           ↓
キムヨナの世界売り出しに失敗。
しかし韓国内ではCM13本という異例の売り出しに成功
           ↓
キムヨナ日本売出しのために
浅田真央人気下げのための韓国GFが八百長の出来レース決行
           ↓
またしても浅田真央が自力と強運で阻止しGF優勝
           ↓
韓国GF八百長の世界言論封鎖のため韓国日本ISUで
キムヨナ上げ浅田真央下げ決行
           ↓
欧州、ロシア、北米、中国マスコミ、日本国民に韓国八百長を勘付かれる
           ↓
キムヨナ日本売出しの対策を思案中


関連過去記事
電通について調べてみた
IMGについても調べてみた


<追加>

エキシの練習で、
真央ちゃん、佳菜子ちゃんとコストナー選手の楽しそうな写真を発見。

K6Wg8.jpg

こちらは、あっこさんのブログとツイッターにUPされました。
真央ちゃん&佳菜子ちゃんからのバースデーお祝い色紙。

鈴木明子さんTwitterより
winshot001477.jpg
winshot001478.jpg

この手作り感がいいですね(笑)



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2013/03/30(土) 20:04:16|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

日本に要らないもの…日韓海底トンネル、君が代を歌わない教師、NHK。/腕は確かな韓国カメラマン。

気になるニュースを集めていたらすごい量になってしまったので、
今日は二つに分けて更新します。

ここでは「日本に要らないもの」「フィギュアスケートの画像」を、
次の記事では「青嶋ひろの・辛仁夏・黄蘭などのライター」を予定。

「日本に要らないもの」と「フィギュアスケートの画像」は、
全く関連性がないのですが、字数の関係でこちらの記事に。
ごった煮のようなブログになってしまってすみません。

■日本に要らないもの① 日韓海底トンネル

対馬では仏像騒ぎが続いているというのに、
その対馬で、「日韓海底トンネル」の推進案が決議されたとか。


対馬市議会が「日韓海底トンネル」推進決議 建設には7兆8000億円、採算取れるのか
J-CASTニュース 3月28日(木)18時46分配信

海底トンネルが完成すれば韓国側は釜山に抜けるとみられる

 韓国からの往来が多い長崎県対馬市の議会が、日本と韓国とを結ぶ海底トンネルの早期建設を政府に対して求める意見書を可決した。

 この構想自体は古くからたびたび提唱されてきたが、自治体として推進を求めるのは異例だ。だが、トンネル建設は経済面で合理的ではないという試算もあり、現時点では実現性に乏しいのが実情だ。

■英仏海峡トンネルを例に島国と大陸を結ぶ意義を強調

 市議会では、2013年2月に長崎市の任意団体「日韓トンネル推進長崎県民会議」から請願を受け、産業建設常任委員会で審議を行ってきた。意見書は同委員会から本会議に付託され、2013年3月26日に採択された。議場からは特に異議を唱える声はなかったという。対馬と韓国は、対馬の寺や神社から盗まれた仏像の返還問題をめぐってぎくしゃくした関係が続いているが、意見書の採択には表だった影響はなかったようだ。採択された意見書では、

  「対馬には、初代の対馬藩主、宗義智(そう・よしとし)が、朝鮮出兵で悪化した日韓関係を必死の努力によって回復し、両国の平和の架け橋となったという歴史がある。ドーバー海峡をつなぐ英仏海底トンネルは、ナポレオンの提案以来、191年もの歳月をかけて、国家間の確執を乗り越え、島国イギリスとヨーロッパ大陸を結び、欧州共同体(EC)実現の象徴となった」

と、英仏海峡トンネルを例に、島国と大陸をトンネルで結ぶことの意義を強調。

  「トンネルが完成し、人の流れと物の流れが拡大すれば、日本・韓国から中国へ広がる経済圏が強化され、東アジア全体の経済発展へと貢献していくことは間違いない」

という記述もあり、かなりスケールの大きな構想だ。

 トンネルは、日本側は佐賀県唐津市か福岡市を起点に、壱岐や対馬の地上部分を経由し、韓国側は釜山市か近郊の巨済島(コジェド)に抜ける。このようにいくつかバリエーションはあるが、総延長が210キロ~230キロ、海底部分が130~145キロを想定している。なお、世界最長の海底トンネルとして知られる青函トンネルの全長は53.85キロ。単純に計算しても、青函トンネルを2つ以上新たに建設するだけの大工事だ。青函トンネルの建設費は5384億円(計画ベース、実際は7400億円以上)で、「昭和3大馬鹿査定」のひとつとして揶揄された。
年に600万人利用しても採算ラインの半分以下

 実はこの日韓海底トンネル構想、韓国の李明博大統領(当時)が09年に政府レベルで検討を指示したことがある。この時は、日韓以外にも仁川と中国の山東省を結ぶトンネルについても検討している。だが、2011年に韓国交通研究院がまとめた検討結果は実現を遠ざけるものになりそうだ。建設にはそれぞれ10年かかり、必要な費用は中韓トンネルが123兆ウォン(10兆4000億円)、日韓トンネルが92兆ウォン(7兆8000億円)。日韓トンネルは2050年には年間604万人が利用すると試算されているが、それでも得られる収益は採算ラインの半分以下だとみられている。


韓国と陸続き(海底ですが)になるなんて、絶対嫌です。
不衛生な食品や、嘘つきで凶暴な人間がこれ以上日本に入ってきて欲しくありません。

■日本に要らないもの② 君が代も歌えない教師

卒業式シーズンになると目にするニュース。
君が代を歌わない教師がいると知ったときは、驚きました。

大阪だけでなく、
東京や広島にも君が代を歌わなかった教師がいたとか。
君が代関連のニュースまとめ読み。


国歌斉唱で起立せず 4人を戒告・訓告に 広島県教委 広島

産経新聞 3月29日(金)7時55分配信

 卒業式で国歌斉唱の際に起立しなかったとして、県教委は28日、公立小、中、県立学校教員3人を戒告、県立学校教員1人を訓告処分とした。県教委によると、4人は平成24年度の卒業式で、事前に校長から国歌斉唱時に起立するよう職務命令を受けていたのに起立しなかった。うち1人を訓告としたのは、今回が初めてだったためという。



君が代斉唱時に不起立、都が減給処分 最高裁の判決後初 東京
朝日新聞デジタル 3月29日(金)23時13分配信

 東京都教育委員会は29日、今月あった卒業式の君が代斉唱時に起立しなかったとして、特別支援学校の男性教員1人を減給処分(10分の1=1カ月)、都立高校の教員5人を戒告処分にしたと発表した。最高裁が昨年1月、「減給・停職は慎重に考慮する必要がある」との判断を示して以降、不起立で戒告を超える処分が出たのは初めて。

 都教委によると、減給処分の教員は2011年の入学式から不起立を続け、今回で4回目の処分。都教委は「最高裁判決を踏まえて判断した。戒告では秩序の維持が困難」と説明した。

 猪瀬直樹都知事は会見で「歌いたくないなら、起立して口パクやればいい。そんなレベルの話が分からないのは教師としてふさわしくない」。都の教職員らでつくる「卒入学式対策本部」は「最高裁判決の趣旨をないがしろにする暴挙」との声明を発表。減給処分を受けた教員は「処分は不当。人事委員会に不服申し立てをしたい」と話した。



君が代不起立、高校教諭9人処分 大阪府教委 大阪
朝日新聞 2013年3月13日0時34分

 大阪府教委は12日、府立高校の今年度の卒業式で国歌斉唱の際、職務命令に従わず起立しなかったとして、51~61歳の男性教諭8人を戒告、女性教諭(60)を減給10分の1(1カ月)の処分にした、と発表した。2011年に公立学校の教職員に起立斉唱を義務づける府の君が代条例が制定されて以来、減給処分は初めて。

 府教委によると、女性教諭は昨年4月の入学式でも不起立で戒告処分を受けていた。今月1日の卒業式で校長から事前に再三の指導や職務命令があったにもかかわらず、正門警備の役割分担の職務を途中で放棄して、卒業式会場の体育館内に丸椅子を持ち込んで入場し、国歌斉唱時に座ったという。式の進行に混乱はなかったという。(以下省略)



「歌いたくないなら口パクで」=教職員の君が代斉唱で―猪瀬都知事 口パクでも、駄目でしょう。
時事通信 3月29日(金)20時4分配信

 東京都の猪瀬直樹知事は29日の記者会見で、入学式や卒業式での教職員の君が代斉唱について、「基本的なルールが分からない人は不適格。歌いたくないなら起立して口パクをやっていればいい」と述べた。都は、職務命令で教職員に対し、君が代斉唱時の起立を求めている。(以下省略)



安倍首相、君が代斉唱「日本取り戻す第一歩」 自公連立政権が本格始動 
産経ニュース 2013.1.7 11:07 [安倍首相]

 自民党は7日午前、仕事始めの会合を党本部で開いた。安倍晋三首相(自民党総裁)は「まずは経済を再生せよとの国民の声に結果で応えたい」と述べ、平成24年度補正予算案の編成を急ぐ考えを示した。昼には公明党と安倍政権発足後初の政府与党連絡会議を首相官邸で開催し、連立政権が本格始動する。

 首相は仕事始めで君が代を斉唱した後、「仕事始めにしっかり君が代を斉唱する政党に政権が移り、まさに日本を取り戻す第一歩を踏みしめることができた」とあいさつ。石破茂幹事長は「今夏の参院選は昨年の衆院選と同じ緊張感で臨み、安倍政権を盤石にしたい」と述べ、参院選勝利に向け結束を求めた。(以下省略)


「口パク」でもよいから、という問題ではない気が。
歌うマネだけで結局歌わないことだし。

国民の税金から給料を貰って反日教育をする教師の存在-
子供の頃の自分には想像もできなかったことです。

■日本に要らないもの③ NHK

中山なりあき議員がツイッターで
「最近NHKはおかしい」と言及されてます。


中山なりあきTwitterより

nakayamanariaki/中山なりあき 2013/03/29(金) 16:14:55
willが発売され、私の記事もよく纏められています。
私がNHKに出した公開質問状のことも出ていますが、最近NHKはおかしい。
この前も立川の女性暴行強盗犯人を金岡隆史と報じていたが、他のマスコミでは韓国籍の金用将。
韓国に異常に気を遣っているのがみえみえ。公共放送の名に恥じぬ報道を。


nakayamanariaki/中山なりあき 2013/03/29(金) 16:30:30
私が心配するのは、最近日本人には考えられない凶悪犯罪が増えていることです。
通名で報道されますと日本人も変わったのかと思いますが、
日本人には何をしても許されるという反日教育を受けた国からの入国者が激増していますから心配です。
アルジェリアの人質事件では実名報道に拘ったマスコミです。


winshot001471.jpgwinshot001473.jpg


NHKに限らず、マスコミの通名報道は本気で止めてもらいたいです。

これまで日本で起こった凶悪事件のほとんどが、
日本人ではなく在日の犯行であることを知ったときはゾッとしました。
関連過去記事→本当は「日本人」の犯罪じゃない犯罪/大津の事件について少しだけ

昔の私のように、まだ特アの異常性に気づいていない人たちが、
最近の日本は物騒だ、日本人に怖い人が増えたと鵜呑みにしてしまうのが辛いです。

■台湾のいい話。

台湾の小学生の正しい行いが話題になってました。
現地の報道タイトルの「台灣教育成功」というのが印象的。

反日教育をすれば反日人間ができる。
まともな教育をすればこんな立派な人間が育つ。

教育って大切ですね。


日本人客に落し物届けた台湾の小学生「人助けできてうれしい」
フォーカス台湾 2013/03/29 19:15:39

(台北 29日 中央社)中部・台中市のデパートで日本人客の紛失物を速やかに届け、返礼を辞退した小学生が地元役所などから表彰を受けた。聯合報が29日付けで伝えている。

表彰されたのは中部・彰化県社頭小学校5年生の謝成瓏君。「多くの人々が善行を行っているのを見てきたが、ようやく自分も人の役に立つことができてとてもうれしい」と謝君はメガネの奥からはにかみながら役所の関係者から賞状を受け取った。

先月28日、家族とともに台中市のデパートを訪れた謝君はトイレで黒い手提げバッグを発見。「持ち主はきっとすごく困っているだろう」と思い、急いでデパートの受付まで届けに行った。

すぐに受け取りに来た日本人の持ち主は、その場で謝君にお礼をしようとしたが、「落し物を持ち主に返すのは当たり前のことだとお父さんから教わっている」と辞退。この日本人客は謝君の誠実さに心打たれ、その後台湾の友人を通じて水晶の文鎮など謝君へのプレゼントを学校宛に送った。



學童拾物拒紅包 日客:「台灣教育成功」 より画像をお借りしました

phpWKU3QJ.jpg600_98.jpg


謝くん、このまま立派な大人になってほしいですね。

■ニュースはアレだがカメラマンの腕は確かな韓国

韓国は、お花畑ニュースの量にもびっくりしますが、
そこで使われる写真の量にもびっくりします。

数が多い分、お宝写真の紛れてる割合も高いのです。

世界選手権のフォトニュースを探索し、
いろいろいただいて参りました。

他の選手がコーチといる場面で、
なぜキムヨナは国際審判といるのでしょうか…素朴な疑問。
「キムヨナとコ・ソンフィ国際審判」

winshot001445.jpg

横長で遠目のシリーズがあったのですが…自虐パターン?
PYH2013031600060001300_P2_59_20130316015602.jpg
winshot001457.jpg
winshot001458.jpg
winshot001459.jpg

衝撃的な練習写真(主観です)
winshot001455.jpg

衝撃的な本番写真(主観です)
winshot001450.jpg

これは…
winshot001448.jpg

真央ちゃんの一瞬の表情を捉えてる意味では好きな写真なのですが、
背景がどうしても気になる…

winshot001449.jpg

これ以降は真央ちゃんの写真なので安心してご覧下さい。

横長で遠目のシリーズ、真央ちゃんのほうは「きゃわわ」と「漢」でした(笑)
winshot001463.jpg
winshot001461.jpg

練習中の美ポジ写真、躍動感のある写真など
winshot001462.jpg
winshot001454.jpg
winshot001452.jpg
winshot001453.jpg

白鳥真央
winshot001467.jpg

談笑中の真央ちゃん
winshot001464.jpg
winshot001465.jpg

私が見ている韓国フォトニュースのページでは、
世界選手権中、毎日数百枚の写真が公開されたのですが、
そこで毎日のように一枚だけ真央ちゃんの古い写真が紛れ込んでるという不思議。
Daumスポーツ写真コーナー(韓国語)

そこで登場した真央ちゃんの写真がこの3枚でした。
少なくとも悪意のある写真選びではないことはわかります。

winshot001468.jpg
winshot001469.jpg
winshot001451.jpg

韓国には反日記事専門の記者もいますが、
カメラマンには真央ちゃん好きがいるみたいです(笑)



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2013/03/30(土) 16:02:06|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃん、ソチの期待の星に。電通とKYの関係を暴露した記事が登場。

■博報堂アスリートイメージ調査 ソチの期待の星は真央ちゃん

真央ちゃんの活躍が、ソチでは一番期待されてる!
という調査結果が発表されました。

年に数回行われる博報堂の調査。
真央ちゃんは、イチロー選手とともに上位の常連ですね。


【フィギュア】真央、ソチ活躍期待選手で堂々1位
スポーツ報知 2013年3月28日06時03分

 博報堂DYメディアパートナーズは27日、今月中旬にインターネットで実施した「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表し、来年のソチ五輪で活躍を期待する選手やチームの1位はフィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)、2位はノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(グレースマウンテン・インターナショナル)だった。浅田は「華やか」、高梨は「好感が持てる」「勢いを感じる」の各部門でトップ。2020年五輪で採用してほしい競技は1位レスリング、2位野球、3位ソフトボールだった。

winshot001440.jpgwinshot001441.jpgwinshot001442.jpg


アスリートの人気ランキングだけでなく、
タレント人気ランキングでも上位を走り続ける真央ちゃん。

真央ちゃんは、勝っても負けても応援したくなる。
負けても好感度が下がることがないのが特徴ですね。

電通や韓国のごり押しタレントとはわけが違います。

■キムヨナもランクイン…でも日本でのCMは無理。

ところで今回の調査の中に、
キムヨナの名前が唐突に出ていることが話題になってます。

博報堂の記事から、キムヨナの部分のみ抜粋です。


「アスリートイメージ評価調査」を実施 「ソチ五輪」で期待する競技はフィギュアスケート、スキージャンプ、カーリング。 「勢いを感じる」アスリートは髙梨沙羅、羽生結弦、香川真司。「渋い」アスリートに井端弘和、山本浩二、稲葉篤紀。
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 2013年3月27日

「華やかな」アスリートは、1位に浅田真央(フィギュアスケート)、2位にキム・ヨナ(フィギュアスケート)、3位に髙橋大輔(フィギュアスケート)、4位に村上佳菜子(フィギュアスケート)、5位にイチロー(野球)という結果となり、競技のイメージとも合致し、周りの雰囲気も明るくしてくれるようなアスリートが上位を占めています。


「華やかな」アスリート、ですか。

華々しい感じはしますけどね。
際限ない点数の盛り方や、ごり押しが。
一人だけ別世界にいるような暗黒パワーが華々しい。

この博報堂の調査では、
2010年バンクーバーのときにもキムヨナがランクインしていたそうです。
2010年3月の調査結果からキムヨナ部分のみ抜粋です。


「アスリートイメージ評価調査」 バンクーバー冬季五輪特別編を実施
~「感動した日本人」アスリートは浅田真央、「感動した海外」アスリートはキム・ヨナ
「面白さを発見した」競技はカーリング~

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 2010年3月11日

 「バンクーバー冬季五輪大会で感動した海外アスリート」のランキング1位にキム・ヨナ(フィギュアスケート)、2位にジョアニー・ロシェット(フィギュアスケート)、3位にショーン・ホワイト(スノーボード<ハーフパイプ>)、4位に長洲未来(フィギュアスケート)、5位にエフゲニー・プルシェンコ(フィギュアスケート)となっており、フィギュアスケートで活躍した選手が人々の感動を喚起した結果となりました。

 そして、「CM に出演して欲しい日本人アスリート」は、1 位に浅田真央(フィギュアスケート)、2 位に上村愛子(スキー<モーグル>)、3 位に髙橋大輔(フィギュアスケート)、4 位に本橋麻里(カーリング)、5 位に國母和宏(スノーボード<ハーフパイプ>)となっています。また、「CM に出演して欲しい海外アスリート」は、1 位にキム・ヨナ(フィギュアスケート)、2 位にショーン・ホワイト(スノーボード<ハーフパイプ>)、3 位に長洲未来(フィギュアスケート)、4 位にエフゲニー・プルシェンコ(フィギュアスケート)、5 位に川口悠子(フィギュアスケート)となっています。


「感動した」海外アスリート、ですか。

フィギュアスケートとは無縁だった私でさえも、
「疑惑を持った」海外アスリートだったのですが。

「CMに出演して欲しい」海外アスリートで1位だったんですね!
今となっては笑えますね。

当時、女性誌ではこんな記事が出ました。
(クリックで大きくなります)

「キムヨナ、CMオファー殺到。ギャラ1億円」 女性自身 2010年3月
winshot001436.jpgwinshot001437.jpg

別名「韓国自身」とも言われる雑誌だけあって、
息を吐くように書いたガセネタでしたね。
未だにキムヨナのCMなんて見たことないし。

日本の選手に対して「妨害した」と言いがかりをつけたキムヨナ。
そんな選手を日本のファンが許すわけがありません。

当時の「妨害発言」を伝える新聞と、
2011年に日本スケート連盟がキムヨナを「お断り」した記事です。

キムヨナ「日本人が妨害した」
練習妨害新聞練習妨害新聞1

キムヨナを日本から締め出す日本スケート連盟 週刊新潮 2011.10.27
週刊新潮20111027-2週刊新潮20111027-1

最近ではその高得点も根拠が怪しいと、
「アンダー・ザ・テーブル」という言葉も流行っていますし、
今後もキムヨナが日本のCMに出演できる可能性はほとんどないでしょう。

高得点の理由が見えないキムヨナのアンダー・ザ・テーブル 週刊新潮 2013.1.31号
winshot000317.jpgwinshot000316.jpg

■電通に関する予備知識

博報堂の調査の流れから新聞・雑誌の資料が続きましたが、
ここでもう一つ、広告業界で博報堂以上の力を持つ電通の記事を。

「電通」というバケモノ広告代理店が日本を破壊する 2011年8月(雑誌名不明)

winshot001439.jpg
winshot001438.jpg

情報番組とワイドショーはすべてインチキだ!
「電通」というバケモノ代理店が日本を破壊する!


テレビで大ヒットだと騒いでも、なかなか実感できないブームは多い。
それもそのはずで、何が流行っているかではなく、何を流行らせたいかで取り上げられる商品や人物は決まるからだ。
背後で暗躍しているのは巨大広告代理店「電通」。すべてのブームは超強引に作られている。

金を出す企業のために

大相撲の八百長を非難しているテレビこそが、最も事実を捏造しているメディアである。
ニュース番組でのヤラセ、台本あるクイズ番組。最近では局が株主となった芸能プロのタレントを売り出して自社利益とするのだから、公共放送が聞いて呆れる。あの韓流ブームを焚き付けたドラマ「冬のソナタ」も、当初の低視聴率を大人気!と各局で捏造し作り上げたものだった。背後で操ってたのは日本のテレビCMの7割以上を牛耳る広告代理店の電通だ。

最近、巷を席巻する大人数アイドルグループAKB48の仕掛けも同様。
AKB48 はそもそも電通が企画したタレントなのだから売れて当然である。人気の実態がなくても「大人気」と報じれば、それに釣られる人が集まり人気は真実になる。 ただ、電通が仕掛けているのはタレントが主ではない。彼らのクライアントは金を出すスポンサー企業なのだ。「タレント人気はあくまで広告、つまり商品の売 り出し。金を出す企業が喜んで成立する仕事だから。ハイブリッド車もスマートフォンもすべてウチの仕掛け」

宣伝された商品が、実際に優れた商品であれば納得できるが、単に消費者が躍らされただけのものも少なくない。近年、大ヒットした「食べるラー油」は、仲間由紀恵と西村和彦が同時期に別の番組でそれぞれ紹介して問合せが殺到、これは元祖の商品が沖縄と京都にあったため、ご当地出身の両者が紹介した形で、明らかに仕掛けだった。
「電通はダイエットブームの敵だった油のヒットを作り出すのに躍起だった」という。

映画「アバター」を軸にした3Dブームもしかり。
「3Dは、80年代に電通映画社が一度失敗したもののリベンジだった」と前出記者。最近、流行した商品といえば、生キャラメルやプレミアムロールケーキなどがあるが、こうしたブームも”仕掛け”なのか。
見破る方法があると話すのはテレビディレクターだ。

「各局の情報番組で一斉に扱うようなものは怪しいと思って下さい。そして食べ物だったらゲストが味見しますが、仕掛けなら”批判派NG”という指示が出るので、感想が満場一致で”素晴らしい”になります。全員が絶賛するものなんて普通はないですよ」

タ レントのブログなどで「これ便利」「美味しい」とか連動する記事が並ぶのも、ほぼ仕掛けが存在すると見ていいそうだ。では、これから仕掛けられるのは何 か?「ジオゲームの可能性が高いです。携帯電話のGPSで位置情報を送信して、ゲームと割引クーポンを連動させるもの。ゲーム内に実際に存在する商品が出 てくることが加速するのでは?」その根拠は近年、電通は最大の失敗作といわれる「セカンドライフ」へのリベンジに取り組んでいるからだという。「あとは韓 国タレントの仕掛けが飽きられつつあるので、韓国料理で新たな切り口を探す気配もあります」

海外紙では「日本国民なら、電通が仕掛ければゴキブリだって食べるだろう」というコラムもあったが、黙って踊らされ続けていいのか、国民よ。


この相関図も乗せておこうかな(笑)

478899c776b7fe697b39595d3eacb16d277b4d58_4339656.jpg

■キムヨナのごり押しは、やはり電通の仕業だった。

なぜ電通の記事をご紹介したかというと、
昨日の韓国記事でキムヨナと電通のつながりが暴露されていたからです。

これがそのニュースです。


キム·ヨナを売るのはもうやめてみたい
[チェドンホの韓国スポーツあたり] <4>キム·ヨナの奇跡を機会として活用する
PRESSian 2013-03-26午後4:11:51

チェドンホスポーツ評論家

2007年のある日だった。 IBスポーツ(キム·ヨナの前所属事務所)イ·ヒジン社長が緊急会議を招集した。 全職員が参加した。 イ·ヒジン社長は、普段と違うように興奮した様子だった。 "フィギュアスケーターキム·ヨナのマネジメントを担当することしました。" 当時キム·ヨナ選手はIMGコリア所属だった。 イ·ヒジン社長は一言付け加えた。 "IMGコリアと一銭も辞させていただきます。" キム·ヨナ選手はIBスポーツはチャンスだった。 同時に転地訓練の費用はもちろん宿のレンタル、英語レッスン、コーチの費用まで担当しなければならかなり危険の賭博でもあった。 IBスポーツは、当時マネジメント経験が浅いた。 冬季種目、さらにフィギュアスケートを経験したマーケティング担当者も皆無だった。 IBスポーツが、当時としては無謀に見えることができたキム·ヨナマネジメントに挑戦した理由は何だったのか? 電通だった。

IBスポーツのキム·ヨナマネジメントは電通の提案だった。 100余年の歴史を誇る日本の世界的な広告会社であり、スポーツマーケティング会社である電通は、IBスポーツにキム·ヨナのマネジメントを提案し、グランプリシリーズ韓国開催、中継権事業協力などの破格的な条件を提示した。 キム·ヨナ選手の可能性を見抜いた電通の韓国市場開拓のための戦略的な選択だった。 IBスポーツ路線ロールモデルである電通の経験を伝授することができる絶好の機会でもあった。 想像以上の大成功だった。 電通は韓国という新しいフィギュア市場を開いたIBスポーツはキム·ヨナ選手を介して一段階成長した。 キム·ヨナ選手もIBスポーツの支援を受けて独歩的な 'フィギュア女神 "にものさびしく一人立った。

2007年キム·ヨナ選手がIBスポーツとの契約しようIMGコリアは訴訟を提起した。 裁判所は "キム·ヨナ管理不行き届き"を認めてIMG敗訴の決定を下した。 管理不行き届きは待遇だけでなく、訓練条件とサポートが不十分だったことを意味する。 IBスポーツはリハビリとカナダ転地訓練を提供した。 ブライアン·オーサーコーチ、デービッド·ウィルソン振付け師などで組まれた5人のコーチ陣でドリームチームを構成した。 キム·ヨナ選手が訓練に専念できる環境だった。 3年の間のカナダ転地訓練がキム·ヨナ選手の成功の根底だったことは間違いない事実だ。

30130326153643.jpg
▲すべてキム·ヨナに酔っている。 ところが、 "キム·ヨナの後"は誰が心配しているのか?
キム·ヨナが去る18日(韓国時間)、カナダ·オンタリオ州ロンドンバドワイザーガーデンズで
開かれた2013国際氷上競技連盟(ISU)世界選手権大会エキシビジョンで演技を繰り広げている。


"キム·ヨナ選手なら韓国でもフィギュアスケートが成功することができる"は、電通の慧眼がなければ、IBスポーツが電通の提案を受け入れなかった場合、キム·ヨナ選手の 'フィギュア女帝'に登板は時期的に数年遅れたり、不発にグチョトウル可能性も排除できない。 2005年までキム·ヨナ選手は自費で訓練費用を負担した。 IMG所属だった2006年の収益は6億ウォンに過ぎなかった。 キム·ヨナ選手の母パク·ミヒ氏は "景気に専念するためにスポンサーを望んだが、IMGコリアはスポンサーを見つけられなかった"と話した。 IBスポーツに移った2007年からキム·ヨナ選手は訓練費用を除いた純粋な収入が3年間、毎年平均40億ウォンを稼いだ。 十分に試合に専念することができた。

電通は国際氷上競技連盟(ISU)だけでなく、国際オリンピック委員会(IOC)、国際サッカー連盟(FIFA)、アジアサッカー連盟(AFC)などの国際スポーツ界に大きな影響力を行使する。 影響力の源泉は、マーケティング代行だ。 電通は、IOCとFIFAの代わりにアジアでオリンピックとワールドカップ中継権を販売する。 2002釜山アジア大会の中継権と記章事業も電通を介して配布された。 2014年仁川アジア大会では、アジア全域の広告主を集めたいというのが、電通の計画である。 メディアを動かし、企業の後援を得て出して市場を作り出す。 そしてスターを作り上げる。 2008年の米国の経済専門誌 "ビジネスウィーク"が発表した "スポーツ業界の大物100人"でスター選手は20人に過ぎなかった。 球団オーナーを含むリーグ関係者37人、メディア関​​係者21人、スポーツマーケティング関係者が16人だった。 古い資料だが、スポーツ界の仕組みは、今でも変わらない。 池田努電通メディアコリア代表は "様々な媒体の広告が消費者に到達することが重要なのではない。消費者が広告を使って動かせるように緻密なシナリオが必要だ"と話した。 プロスポーツも同様である。

'フィギュア女帝'が復帰した。 2014ソチ冬季五輪までわずか1年余りであった。 キム·ヨナ選手には最後のシーズンだ。 グランプリシリーズとファイナルに参加した後、最後の舞台をソチオリンピックで飾ることになる。 キム·ヨナ選手が韓国フィギュア初のシニア大会優勝を占めたのが2006年11月だった。 そしてその後7年の時間。 何が変わったのだろう? 変わったのはただ一つ。 キム·ヨナ選手の所属会社のオールザットスポーツが作られたということだけだ。 キム·ヨナ選手中心のマーケティング会社であるオールザットスポーツが新人を育成し、市場を創出するには力不足であるようだ。 キム·ヨナと3年の時間を過ごしたIBスポーツの経験も新たに光を放っはしていない。 ポストキム·ヨナを担う有望株の発掘にも失敗した。 キム·ヨナ個人にはCFが絶え間ないISUを後援する国内企業はまだ現れていない。 韓国系アメリカ人グレース·リー監督は、自分が制作した "グレースリプロジェクト"ドキュメンタリーで、キム·ヨナと浅田真央を比較した。 "日本の善戦が国家と国民によって作られた奇跡なら、キム·ヨナの優勝は真の自生的奇跡だ"と評した。 誰も否認することは難しいことである。

キム·ヨナは奇跡だ。 しかし、韓国フィギュアとスポーツマーケティング業界では奇跡ではなく、絶好の機会として受け入れなければした。 2006年以来、7年の時間は無限キム·ヨナ消費であった。 キム·ヨナのファン層は感情の消費と噴出に偏ったし、韓国フィギュアはキム·ヨナにビルついた。 スポーツマーケティング業界は金儲けだけに集中した。 キム·ヨナの奇跡を日本は1989年に迎えた。 伊藤みどりの世界選手権大会優勝だった。 伊藤みどりをきっかけにフィギュアに対する関心が増幅されこれに便乗して、日本は荒川静香(2006トリ労働界のオリンピック金メダリスト)、浅田真央、安藤美姫(2011世界選手権大会1位)、高橋大輔(2012世界選手権大会2位)などを発掘した。 電通は巧妙にメディアを移動であり、企業の後援を得た。 まだ間に合う。 キム·ヨナを売るのはもうやめてみたい。 有数の韓国スポーツマーケティング企業が大韓氷上競技連盟、企業と協力して板を組むことを見たいと思う。 キム·ヨナ引退後空っぽの韓国フィギュアを見るのはとても虚しいことは本当らしい。


真央ちゃんサイドが電通を断り、電通がキムヨナに目をつけた。

そういう話がありますが、
この記事によると、少なくとも電通がキムヨナに目をつけたのは事実のようです。

翻訳機のままなので正確なニュアンスはわかりませんが、
この記事の結論は、日本の電通ばかりに儲けさせずに、
キムヨナを韓国の手で売り出そう、ということなんでしょうか…?
(読解力なくて…)

もしそうだとしたら、これまた韓国お得意の、
技術は盗んで日本を用済みとする流れそのまんまですね。

律儀な台湾、現金な韓国。HONDAの技術投資から学ぶ。より再掲

本田技研の創業者、本田宗一郎氏が技術支援の為に、台湾と韓国へ技術支援に行きました。 

しばらくして台湾から、
「日本と同じものが作れるようになりました。是非見に来てください!」
と連絡が入りました。

そしてしばらくして韓国からも連絡が。
「日本と同じものが作れるようになりました。もう来なくてもいいです。」

そして韓国は本田とのライセンス契約を一方的に解消し、
エンジンからデザインまで全くのコピー品を”韓国ブランド”として販売を始めました。

本田宗一郎氏は大変失望してこう話したそうです。
「韓国とは絶対に関わるな」


■脱力ニュース

次は韓国お得意のお花畑記事です。
キムヨナについた新たな称号は「毛穴の女王」だそうで。


キム·ヨナ、フィギュアの女王であり、毛穴の女王登極
newsen.com  2013-03-28 16:28:41

フィギュア女王キム·ヨナの陶磁器肌が話題に浮び上がっている。

最近のオンラインコミュニティには、 "完璧なキム·ヨナにないただ一つの"というタイトルで写真が掲載された。
写真の中のキム·ヨナは頭を一つジルクン縛って自信たっぷりの表情でシームレスな肌を誇示した。

写真に接したネチズンたちは "肌の良いもの知っていたが、こんなに良いことは知らなかった"、 "私生活の管理、体力管理、毛穴管理まですごい。自己管理1つは、最高のように"、 "毎日寒いところで訓練したら毛穴広がることがないそう。訓練の結果 "、"芸能人肌に劣らないね。本当にうらやましい "などの賛辞が続いた。

一方、キム·ヨナは3月18日(韓国時間)、国際スケート競技連盟(ISU)2013世界フィギュア選手権大会女子シングルで総点218.31点を得てトップに立った。 これは、キム·ヨナが2010年バンクーバー冬季オリンピックで立てた女子シングル歴代最高点(228.56点)に次いで2番目に高い点数だ。 (写真=キム·ヨナ/ニュースエンDB)

201303281158003010_1.jpg


昨日はサイン会があったそうです。
画像だけ持ってきましたが、なんでこんな写真がいっぱい出回るんでしょうね。

1364437814954_1_113212_59_20130328114238.jpg
20130328_1364437007_59_20130328111809.jpg20130328112209594.jpg
8e4280be2ee7c67624653aa4626d6a9c_59_20130328112802.jpg
20130328_1364438129_59_20130328113706.jpg
201303281130362275_1_59_20130328113302.jpg
NISI20130328_0007946594_web_59_20130328142018.jpg
NISI20130328_0007946590_web_59_20130328141922.jpg
NISI20130328_0007946589_web_59_20130328142142.jpg



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2013/03/28(木) 23:04:30|
  2. 疑惑|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

こんな大会が見たかった…2002年全日本選手権の動画ご紹介。

今日はこの動画を発見してしまい、
思わず見入ってしまったので、これをご紹介します。

埋込み不可のためリンクのみですが、
You Tubeにてご覧になれますm(_ _*)m

2002 全日本 All Japan championship (53分41秒)
http://youtu.be/AB7QJXxYwCw

2002年の全日本選手権。

動画はSPのダイジェストのあと、
6人の選手のFSがフルバージョンで収められてました。
10年前にタイムスリップしたような気分でした。

第71回全日本フィギュアスケート選手権大会より
winshot001398.jpg

もう10年以上も前になるんですね。
真央ちゃんはまだ12才の小学6年生。

もう、何なんだ?この高難度ジャンプのオンパレードは!
と驚きの連続でした。


女子でトリプルアクセルを入れた選手が4人。
真央ちゃんはもちろん、舞ちゃんも、中野友加里さんも恩田美栄さんも。
中野友加里さんは3A単独は転倒も、3A-2Tを成功!

この頃まだ中3だった安藤選手は4Sに挑戦。

3-3の種類も豊富で、
安藤美姫 3Lz-3T
荒川静香 3S-3Lo、3T-3T
中野友加里 3F-3T(これ以外に3A単独、3A-2Tも)
浅田真央 ジャンプの種類は解説になかったのですが、3-3-3、3-3

今の世界選手権では見られない難しい技があったりして、
興奮してしまいました。

番組の導入部分では、
その年の選手たちの活躍を総括。

中野友加里 17才 スケートアメリカで3A成功
winshot001401.jpgwinshot001402.jpg

恩田美栄 20才 ホグロスト杯で未公認ながらも3A成功
winshot001405.jpgwinshot001404.jpg

安藤美姫 16才 世界選手権ジュニアで女子世界初の4回転成功
winshot001408.jpgwinshot001407.jpg

トリプルアクセルに賭ける
中野友加里選手と恩田美栄選手の意気込みも語られてました。

「トリプルアクセルも、ショートもフリーも両方降りたいです」中野友加里選手
winshot001426.jpg

「練習して、最後にトリプルアクセルを跳んだっていう達成感を得たい」恩田美栄選手
winshot001427.jpg

「本当に女子の戦いは楽しみです」という解説の通り、
この頃は解説者も、難しいジャンプに胸をワクワクさせて、
興奮しながら伝えてるのがわかります。

今の世界選手権見てるより、10年前の全日本選手権の方が楽しい
というのも皮肉なもんだなぁと感じました。

舞ちゃんの紹介部分は少しでしたが、
3Aに挑戦して、ステップアウトだったんですね。
舞ちゃんも頑張ってたんだなぁ。

解説者の興奮ぶりが伝わるので、
真央ちゃんの部分の解説を文字にしてみました。


(浅田真央FSのみ文字起こし)

浅田舞選手、最初のジャンプはトリプルアクセル。
ちょっと回転が足りませんでしたが素晴らしい挑戦でしたね。
ジュニアといっても今回は4人もトリプルアクセルにチャレンジするということですよね。
こんなに全日本でトリプルアクセルを見ることは今までなかったですよね。
そして4回転を跳ぶ安藤もいますから。
安藤選手はトリプルアクセルを超えて4回転ですからね。
練習ではクリーンに降りてました。
本当に女子の戦いは楽しみです。

全日本初出場です。
浅田舞の妹、浅田真央です。
ショートプログラム終わって弟9位。
トリプルアクセルにチャレンジいたします。

そして練習では3回転-3回転-3回転を跳んでいました。
もし跳べば史上初ですね。

そうですね~。

最初にトリプルアクセルを跳んできます。

どうだ、トリプルアクセル!ん?とぉ~
…ちょ~っと回転が足りなかったでしょうかね~
でも、片足で着氷しましたね。

さぁ、3つ行きますよ。
ここです。3回転、3回転…もうひとつ!
う~ん、よし決まった!笑顔~!
す~ご~い~ですね~

全日本史上初、3回転-3回転-3回転を成功。

もうひとつコンビネーションジャンプが入りますね
う~ん、これも!2つ目ループ!
これも軽々成功!

う~ん、なんとかこらえた!

ねぇ、まだ年齢は12才でノービスの選手ですからね。
いわゆるカテゴリーでいうとジュニアの下になるわけですよね。
小学校6年生ということですから、特別な枠でシニアの大会に出ているんですね。
特別推薦がなければ出場できませんからね。

浅田真央選手にとってもあこがれの全日本選手権への出場ですからね。
本人としてもすごく嬉しいと思いますよ。

あ~、きれいなレイバックスピン。

やはり彼女の凄いところは、
小さいながらも表現力に非常に富んでますからね。

山田コーチも「大変な選手が出てくるから待っててね」とおっしゃってました。
関係者の間からも、近い将来、世界を引っ張っていく選手になるんではないかという声が出ています。 

そうですね。

もう一度トリプルルッツ、3回転ジャンプですね。
それも楽しそうに滑っています。

私たちスケーターの間でも噂になっていましたので…ハイ。
もう見てビックリしています…!
将来どういうふうに育っていくのか非常に楽しみですよね。

そうですね。
こちらに来てね、まだ右足の付け根が痛いんだということを言ってました。
そんなこと全然感じさせませんでしたね。
そうですね。

これもきれいなビールマンスピン!

なんとまだ12才!
小学校6年生の浅田真央!
いや日本どころか世界中を驚かせるような、
全日本でのはじめてのスケーティング。
おねえさんが喜んでいます。
山田コーチも喜んでいる。

いち、にぃ、さんかいてん、はん…半回転足りないですね。
でも八木沼さん、今日の出来はどうですか?

もう、最高じゃないですか?

最高でしょう。もう80点以上出てるでしょう。
次の3回転-3回転、3回転…?
これもこらえて、よいしょ!
よっ!
もう一回!

いや~驚いた。
びっくりしました。

(文字起こしここまで)

3A決めて、この笑顔!
winshot001418.jpg

3-3-3決めて、この笑顔!
winshot001419.jpg

演技を終えて、この笑顔。
winshot001421.jpg
winshot001423.jpg

「やったぁ!」の笑顔。
winshot001424.jpg
winshot001425.jpg

嬉しそうな舞ちゃんと山田コーチ
winshot001422.jpg


荒川静香 20才
3-3を2度
3S-3Lo
3T-3T

安藤美姫 15才
3Lz-3Lo
4S転倒

中野友加里 17才
「トリプルアクセルも、
 ショートもフリーも両方降りたいです」
FSに2度のトリプルアクセル
3A転倒
3A-2T
3F-3T

(中野選手の解説より)
実は女子は昨年恩田選手が跳ぶかと言われてましたが、
今回4人の選手が挑戦しているんですよね。
試合で見るともう、すごい感激しますね~!
やはりトリプルアクセルが、
プログラムに入れることで非常にプレッシャーになるんですね。
ですからもう、他のジャンプに影響を受けやすいんですね。
(ダブルルッツになる)
いかにアクセルジャンプがスタミナを使うかということですよねぇ。

恩田美栄 20歳
「練習して、最後にトリプルアクセルを跳んだっていう達成感を得たい」
3A転倒

(恩田選手の解説より)
トリプルアクセルといえば恩田選手。
公式戦での成功はありませんが、フリーのときは必ず挑戦。
その視線の先に何を見つめているのでしょうか。
「やっぱりトリプルアクセルを跳んだ、っていう、
これからも練習して、やっぱり最後に跳んだ、っていう達成感を得たいので」

村主章枝 21才
白鳥の湖
佐藤コーチに「ありがとうございます」と抱きついてる

太田由希奈 16歳

こんなに若い大ちゃんも。
winshot001406.jpg

舞ちゃんも。
winshot001410.jpg

演技順に、キス&クライの表情
winshot001430.jpg
winshot001431.jpg
winshot001432.jpg
winshot001434.jpg
winshot001435.jpg

有名なこのシーンは、この大会のときのものだったんですね。
winshot001428.jpg

難しい技への挑戦を生き生きと語る選手たち。
回転不足もなんのその、跳べたことが嬉しくてしょうがない真央ちゃん。

興奮を隠し切れない解説者たち。

私が見たいのは、こういう大会だったんだなぁ、
ということに気づきました。




今日も一応お隣のニュースをチェックしたんですが、、
彼女の身につけたものはことごとく大ヒット、
ユニセフに延べいくら寄付したなど…相変わらずホルホルしてました。
ホルホルという言葉は、ブログで始めて使ったかも…つい(苦笑)

なんかどのニュースを見ても白けるというか…



それにしてもこうやって見ると全日本選手権っていいですね。
世界に目をやらなくても、高い技術はここに集結してるし、
才能もあって向上心もある選手たちが愛しくなるし。


なんとなく、自分のフィギュアスケートに対する見方や、
KYを見て思う気持ちが、以前と変わってきているのを感じます。

最後になりましたが、
貴重な番組を上げてくださった動画主様、ありがとうございました。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2013/03/28(木) 01:02:55|
  2. 軌跡2001-2002|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。