ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

高トラペア銅メダルおめでとうヽ(^▽^@)ノ 男子SP感想と真央ちゃんFS練習動画

男子SPについて書いていたところに、
ペア高橋&トラン組銅メダル獲得ニュースが!

ペアで日本の表彰台は初めてという歴史的快挙です。
まずはこの二人の嬉しいニュースをまとめました。

■高橋&トラン組ペア銅メダルおめでとうございますヽ(^▽^@)ノ

WC 2012 FS Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN



高橋、トラン組が銅メダル=日本代表ペア初の快挙-世界フィギュア
時事ドットコム 2012/03/31-10:12

 【ニース(フランス)時事】フィギュアスケートの世界選手権第5日は30日、当地でペアのフリーが行われ、高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が124.32点をマークし、合計189.69点で銅メダルを獲得した。日本代表ペアのメダル獲得は、五輪、世界選手権を通じて初の快挙となった。

 28日のショートプログラム(SP)で3位につけた高橋、トラン組はフリーもミスの少ない演技で3位。今大会のSP、フリー、合計でいずれも同ペアとしての最高得点を出した。

 アリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)が合計201.49点で2年連続4度目の優勝を果たした。 

◇高橋、トラン組の略歴
 高橋 成美(たかはし・なるみ) 3歳でフィギュアスケートを始める。父の仕事の関係で中国に渡り、シングルからペアに転向。07年からトランとペアを組み、カナダ・モントリオールを拠点に練習。10年世界ジュニア選手権銀メダル。10~11年シーズンのジュニア・グランプリファイナルで優勝。木下ク所属。慶大在学中。146センチ、35キロ。20歳。千葉県出身。
 マービン・トラン 4歳の時に兄と参加したアイスホッケーのキャンプでスケートに出会い、7歳でフィギュアスケートを始める。シングルから転向。178センチ、73キロ。21歳。カナダ・レジャイナ出身。



世界フィギュア:新風を吹かせる高橋・トラン組の「銅」
毎日新聞 2012年3月31日 10時39分

 【ニース(フランス)芳賀竜也】日本フィギュア界に新風を吹かせた。当地で開かれているフィギュアスケート世界選手権第5日、30日に行われたペアのフリーで、ショートプログラム(SP)3位の高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が、自己ベストを10.12点も更新する124.32点をマーク。SPとの合計得点も189.69点と自己ベストで3位となり、この種目の日本代表として五輪、世界選手権を通じ初のメダル獲得の快挙を果たした。アリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)が合計201.49点で2年連続4回目の優勝を果たした。

 男子はSPを行い、高橋大輔(関大大学院)が3位、羽生結弦(宮城・東北高)が7位、小塚崇彦(トヨタ自動車)が13位だった。前回王者のパトリック・チャン(カナダ)が89.41点でトップに立った。フリーは女子と同じく31日に行われる。

 ◇演技後、力強く拳

 男女のシングルばかりが注目されてきた日本のフィギュア界に風穴を開ける快挙だ。高橋、トラン組が日本ペアとして初めての表彰台獲得。高橋は「今年はステップの年だと思っていたのに。世界で一番幸せだと思った」と喜びに浸った。

 SPに続き、この日も転倒しなかった。3回転サルコウではトランの着氷が乱れ、スロー3回転サルコウは両足着氷となったが、致命傷にならなかった。「SPで3位だったが、マービンと『守りに入らず、攻め続けよう』と約束した。だから、攻めた」と高橋。演技後には、力強く拳を天に突き上げた。

 フィギュア大国とされる日本だが、ペアの競技人口は少ない。高橋も国内では組む相手が見つからず、5年前にカナダでトランと出会った。身長146センチの高橋とトランは30センチ近い身長差があるが、「小さい方がペアには有利。(体を持ち上げられた)高いところも好き」という高橋にとって、平均的な日本男子選手より筋力に勝るトランは魅力的だった。

 ただ、二人の国籍が異なるままでは、2年後のソチ冬季五輪には出場できない。トランは国籍変更には、慎重な構えだ。それでも高橋は「今回の銅メダルで、日本にもっと強いペアが現れてくれたら」。男女シングルと同様に、日本のペアも世界に一目置かれる日が来るのを待ち望んでいる。【芳賀竜也】



トラン「日本代表に誇り」/フィギュア
nikkansports 2012年3月31日10時1分

<フィギュアスケート:世界選手権>◇5日目◇30日◇フランス・ニース

 ペアの高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が189・69点で3位に入り、同種目の日本代表では史上初のメダルを獲得した。

 マービン・トランのコメント。「まだ実感が湧かないが、非常にうれしい。こんな結果は期待していなかった。日本を代表することを誇りに思う」



高橋成美「世界で一番幸せ」/フィギュア
nikkansports 2012年3月31日10時1分

<フィギュアスケート:世界選手権>◇5日目◇30日◇フランス・ニース

 高橋成美(20=木下ク)マービン・トラン(21=カナダ)組が189・69点で3位に入り、同種目の日本代表では五輪も含めて史上初のメダリストになった。SPで3位と好発進して迎えたフリーでも、自己ベストを10・12点更新する124・32点で3位。総合得点で3位を堅持した。結果を知った高橋は、146センチの小さな体で何度もジャンプを繰り返して喜びを表現。
「点数をみるまで順位は分からなかったんですが、フリーでも3位でメダルが決まって。SPの3位で十分満足だったんですけど。世界でいま自分が一番幸せだと思いました」と声を弾ませた。

 
もうこのキス&クライの喜びっぷりは世界中の人を笑顔にさせたことでしょうね。
成美ちゃん、コーチ(?)によじ登ってるし(笑)
国旗と選手を重ねて映す心憎い演出も素晴らしいですね。

i0601351-1333139417.jpg
i0601352-1333139417.jpg
i0601353-1333139417.jpg
i0601357-1333139609.jpg
i0601358-1333139609.jpg
i0601361-1333140216.jpg
i0601362-1333140272.jpg
i0601367-1333140553.jpg

演技後、マーヴィンが成美ちゃんの目線まで姿勢を落として語ってるところ(TωT)ウルウル
Snap678000326.jpg
Snap678000325.jpg
Snap678000324.jpg

解説者も「I love this couple」って言ってますよね~
高とら2高とら1
高とら3
高とら4高とら5

高とら6高とら7

マーヴィンはカナダ生まれ、練習拠点もカナダ。
日本としては日本国籍を…とつい思ってしまいますが、そう簡単な問題ではありませんね。
国籍変更についての記事もありました。


トラン、国籍変更には慎重/フィギュア
nikkansports 2012年3月31日10時1分

<フィギュアスケート:世界選手権>◇5日目◇30日◇フランス・ニース

 マービン・トラン(カナダ)は日本代表ではあるが、カナダ人のままではトランは高橋成美とのペアで五輪に出場できない。日本だけでなく海外メディアからも、五輪出場を見据えた国籍変更についての質問が出た。

 普段は高橋とともに母国のモントリオール郊外を練習拠点としている。「日本のためにメダルを取れたことはとてもうれしい」と話したが、日本国籍取得には「カナダの市民権を失うことは大変なこと。まだ(関係者と)話し合っている」と慎重な姿勢を示した。



「国が動いてくれれば」/フィギュア
nikkansports 2012年3月31日10時2分

<フィギュアスケート:世界選手権>◇5日目◇30日◇フランス・ニース

 ペアの高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が189・69点で3位に入り、同種目の日本代表では史上初のメダルを獲得した。伊東秀仁・日本スケート連盟フィギュア委員長のコメント。

 「五輪出場に向けたトランの国籍問題は、国が動いてくれればありがたい。ペアは練習環境も厳しい。メダルが(改善の)一つのきっかけになればいい」




■男子SPの感想

それでは、男子SPについて(笑)

男子SPが終わりました。

インターネットTVで第1グループから全員の演技を観ることができました。
印象に残ったことを簡単に覚え書きです。

一見ノーミスで素晴らしい演技だと感じたのは、
ミハル・ブレジナ、ブライアン・ジュベール、ケヴィン・レイノルズ

特にミハル・ブレジナは3A、3F+3T、4Sと全てクリーン。
ステップ・スピンも全てレベル4。
Pちゃんが89点だったので、90は当然超えるだろうと期待したのですが…結果は及ばず87点。
本人はシーズンベスト更新もあり喜んでましたが、私はちょっと低いな~と思いました。

反対に楽しみにしていたのに実力を発揮できなかったのが、
アルトゥール・ガチンスキー選手(16位)とナン・ソン選手(15位)でした。

Pちゃんは、珍しく精彩を欠いた演技でした。
全体的に懸命に、というより流してる感じ。
4Tの着地が乱れ、得意のステップはバランスを崩した場面も。
3Aと3Lz+3Tはきれいに決まりました。
「90点に届かなかった」と、いかにも低かった、と言いたげな解説でしたが、
あの演技で89点は、それでも高すぎると思いました。

高橋選手は、4F-3Tのセカンドジャンプが乱れてしまいました。
でも、4Fは回ってるし頑張りました!
その後は全く危なげないパーフェクト!
Pちゃんには4T着地の乱れとステップの乱れがあった。演技に勢いもなかった。
これは大ちゃん90点は超えるでしょう、超えないとおかしい、と思いました。
…ところが想像以上に低い85点台。

これには怒りがこみあげてきました。

羽生選手は、4T+2Tをきれいに着氷。
3Aは、いつもように加点モリモリにしたくなるほどの出来ではないものの、無事着氷。
気合も充分、これは神演技来るか?
と思ったところでまさかの3Lz→1Lz。
これは降りた瞬間本人もとても悔しそうな表情でしたね。
ステップからの3回転という必要要素が抜けた、ということになるのですね(最近教えてもらいました・笑)
77点はちょっと残念(ちょっと低すぎでは…?)

そしてまさかの、といえば小塚選手
ここまでジャンプが乱れてしまったのは珍しいのではないでしょうか。
4Tは転倒(アンダーローテーションとなってしまいました)、得意の3Aで着氷後まさかの転倒。
最後の3Lz+3Tはきれいに成功しましたが…。
得点は71.70、SPで13位に甘んじてしまいました。これは本人も辛いと思います。
今日は気持ちを切り替えて精一杯納得のいく演技を目指してほしいです。

ケヴィン・レイノルズ選手。
私は「おぉー完璧!」と思ったし、
本人も演技後滅茶苦茶うれしそうだったのに、点数が伸びませんでした。72.95。
4S+3Tは、4Sがアンダーローテーションとなってますね(残念)。
あとはPCSの低さ。5点台中心につけている審判もいるので。
エネルギッシュでいい演技だと思ったのに、
終わってみるとSP12位というのが悲しいです。


ブライアン・ジュベール選手は、
これだけ安定した演技を私は初めて見ました(観戦歴が浅いので)。
本人も手応えを感じ嬉しそうでした。
81.87でSP4位に入りました!

ここでちょっと横道に逸れますが、気になったので(笑)

ジュベールの技術点は44.35でした。
ここで思い出したのが、昨日調べたキムヨナの技術点。
2009世界選手権でのキムヨナの技術点は43.40
なんとキムヨナの跳べない4T+3Tと3Aを跳んだ男子に、キム・ヨナの技術は匹敵するのです。
調べてみたところ、キムヨナはGOEだけで跳べない筈の3A(基礎点8.50)を1本跳んだ計算になりました。なるほど採点マジックですね。

きちんとステップやスパイラルのレベルを取ってることが大前提となりますが、
これらは素人の私たちにはコチコチで汚く見えても、
決まった回転数や秒数を満たしているということで正当化されるのでしょう。


でも、採点方法に乗っ取って正しくGOEを稼いだだけだ、という言い方もできるでしょう。
それならそもそも、その採点方法自体に問題があるのではないでしょうか。
その採点方法を作った人たちの責任はあると思いました。

キム・ヨナ2009世界選手権SPプロトコル
Snap678000327.jpg

ジュベールの構成 ジャンプのGOE0.68 スピン・ステップのGOE2.57 GOE総合計3.25
4T+3T 14.40 + 0.57 = 14.97
3A     8.50 + ▲0.29 = 8.21
3Lz    6.00 + 0.40 =6.40 
FUSp3  2.40 + 0.36 = 2.76
CCoSp4 3.50 + 0.50 = 4.00
CSSp4  3.00 + 0.71 = 3.71
CiSt3   3.30 + 1.00 = 4.30    

キム・ヨナの構成 ジャンプのGOE3.40 スピン・スパイラル・ステップのGOE5.10 GOE総合計8.50
3F+3T  9.50 + 0.60 = 10.10
3Lz    6.00 + 1.60 = 7.60
2A     3.50 + 1.20 = 4.70
SpSq4  3.40 + 1.60 = 5.00
LSp4   2.70 + 1.00 = 3.70
FSSp4  3.00 + 0.50 = 3.50
SlSt3   3.30 + 1.00 = 4.30
CCoSp4 3.50 + 1.00 = 4.50



■男子SP動画

キムヨナはいないというのに、男子の試合を見ていても思い出してしまう。
あれ?この点数は、あのときのキムヨナと同じ。なんでキムヨナは男子と同じ点数が出るの?と。
キムヨナの亡霊につきまとわれているようです(ノ_-;)ハア…

気を取り直して、男子SPの結果を続けます。
男子SP順位表と演技の動画(気になる選手のみ)です。
動画主のNikaQuest様、いつもありがとうございます。

ISU公式リザルトよりSP結果
Snap678000313.jpg

Daisuke TAKAHASHI - SP


Snap678000308.jpg

Yuzuru HANYU - SP


Snap678000310.jpg

Takahiko KOZUKA - SP


Snap678000312.jpg

Patrick CHAN - SP


Snap678000306.jpg

Michal BREZINA - SP


Snap678000307.jpg

Brian JOUBERT - SP


Snap678000309.jpg

Kevin REYNOLDS - SP


Snap678000311.jpg


高橋SP3位、羽生7位、小塚13位…世界フィギュア
スポーツ報知 2012年3月31日00時10分

 ◆フィギュアスケート 世界選手権第5日(30日、フランス・ニース) 男子ショートプログラム(SP)を行い、2年ぶり2度目の優勝を目指す高橋大輔(26)=関大大学院=は連続ジャンプで4回転の後の3回転が大きく乱れるミスはあったが、85・72点で3位だった。2連覇を狙うパトリック・チャン(21)=カナダ=が89・41点でトップ。前回4位のミハル・ブレジナ(22)=チェコ=が87・67点で2位につけた。

 初出場の羽生結弦(17)=東北高=は4回転を決めたが、他のジャンプでミスがあり、77・07点で7位。前回銀メダルの小塚崇彦(21)=トヨタ自動車=は2度転倒し、71・78点で13位と大きく出遅れた。

 男子SPは30人で争い、上位24人が31日のフリーに進む。

 高橋大輔「最初の連続ジャンプは判断を迷った。ミスがなかったらと思うが、悪くないスタート。王者になるのはちょっと厳しいかもしれないが、明日は何も考えず、練習したことを出したい」

 羽生結弦「緊張した。世界選手権の洗礼です。(1回転となったジャンプは)跳び急いでしまった。4回転ジャンプを決められたことは自信になった」

 小塚崇彦「4回転は守りに入ったのかもしれない。(疲労は)少し回復したと思っていたが…。フリーは気持ちを切り替えて臨まないといけない」

 パトリック・チャン「少し不安定だったが全体的には満足。朝の練習よりは良かったので、フリーは完璧になると思う」


■FSに挑む真央ちゃんの情報。真央ちゃんが納得のできる演技を。

現地に応援に行かれてる方からの公式練習の動画です。
FS「愛の夢」を練習する真央ちゃん。全て別角度からとなってます。
3人の動画主様、ありがとうございます!

このときの練習では3Aは両足着氷ですね…。

とにかく冒頭の3Aだけですね。
あとのジャンプは全く問題ないようです!

Mao Asada FS practice (HD)


2012 WORLDS Mao ASADA LP Practice


浅田真央(mao asada) Nice world 2012 30/03 AM 公式練習 FS



浅田真央 仏入り後に調子急降下 3回転半34回挑戦も
スポニチ 2012年3月30日 07:52

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、2年ぶり3度目の優勝を目指す浅田真央(21=中京大)は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒。59・49点と今季2番目の低スコアで、4位スタートとなった。

 今大会に向け、日本で積んだ練習では絶好調だった。関係者が「これなら3回転半と認定してもらえる」と話す状態だった。だが、26日のニース入り以降、浅田が「原因は分からない」と首をかしげるほど調子が急降下。34度のトライで完璧な着氷はなし。それでも、「(トリプルアクセルを)やらなかったら気持ち良くいけない」と果敢に挑戦し、そして転倒した。



真央3回転半で転倒…今季2番目の低得点「凄く悔しい」
スポニチ 2012年3月30日 06:00

フィギュアスケート世界選手権第4日 (3月29日 フランス・ニース)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、2年ぶり3度目の優勝を目指す浅田真央(21=中京大)は59・49点と今季2番目の低スコアだった。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、得点が伸びず4位で発進した。アリョーナ・レオノワ(21=ロシア)が64・61点でトップに立ち、村上佳菜子(17=中京大中京)が62・67点で2位につけ、鈴木明子(27=邦和スポーツランド)は59・38点で5位だった。

 笑みを浮かべたのは一瞬だけだった。演技を終え、観衆の拍手に笑って応えた浅田だが、リンクを出る時には険しい表情に一変。59・49点の得点表示をぼう然と見つめた。「今の気持ちとしては満足できていない。やってきたことが全て出せたわけじゃない。凄く悔しい」と小さな声で4位発進のSPを振り返った。

 「シェヘラザード」の旋律に乗って、冒頭にトリプルアクセルに挑戦した。スピードをやや抑えて踏み切ったが、転倒して基礎点は2回転半に。「転倒してしまったのは取り返しがつかない」。その後の3回転―2回転、3回転ループは成功、3度のスピンとステップでは全て最高評価のレベル4をそろえた。「失敗して動揺はあったけど、その他は落ち着いてできたかな」と話したが、得点は伸びなかった。

 SPで「アラビアン・ナイト」のプリンセスを演じるため、今季は初めてパンツスタイルの衣装でスタート。だが、生地に伸縮性がなくジャンプに影響があったため、2月の四大陸選手権からスカートタイプに変更した。同選手権では、昨年11月のNHK杯SP以来となる大技に挑戦したものの、両足着氷で回転不足だった。

 昨年12月9日、最愛の母・匡子さん(享年48)が天国へ旅立った。練習を再開した同13日、親しい関係者の前で泣いたのを最後に、人前で涙を見せたことはない。悲しみを乗り越え、トリプルアクセルを成功させるためにトレーニングに集中してきた。この日は決まらなかったが、31日(日本時間4月1日)のフリーが残されている。SP1位のレオノワとは5・12点差。「悔いなく終わることが一番の目標です」。2年ぶりの世界一に向かって、浅田が逆襲する。

Snap678000314.jpgSnap678000315.jpg



フィギュアスケート:世界選手権 3回転半転倒の真央「楽しさより、真剣な気持ちで」 挑戦、裏目に
毎日新聞 2012年3月30日

 浅田真央(中京大)の持ち味、トリプルアクセル。演技構成に取り入れているライバルは他におらず、成功すれば2季ぶりの世界女王復帰への大きな武器になるはずだったが、29日のショートプログラムでは転倒して4位。逆に、上位との差を広げる結果を招いてしまった。

 回転自体も大きく足りなかったため、1回転少ないダブルアクセルとして採点された。出来栄えを表す評価点でも減点され、このジャンプの得点はわずか1・80点。3回転半を回避し、はじめから2回転半を跳んだ今季のロシア杯SPは4・30点だったことから、失敗した際のリスクの大きさが分かる。

 だが、2回転半を完璧に跳んだとしても、上位層が跳ぶ2連続3回転の得点には及ばない。昨年の全日本選手権後、3回転半に力を入れて練習し、今大会や4大陸選手権で挑戦した理由はそこだ。

 SP終了時点で、浅田とトップのレオノワとの差は約5点。逆転は決して、不可能な点差ではない。フリーでは3回転半に加え、4大陸選手権で挑戦を検討した2連続3回転を跳ぶ可能性もある。「楽しさより、真剣な気持ちの方が強い」と話した浅田。その真摯(しんし)な気持ちが、平常心を取り戻すきっかけになるだろう。【芳賀竜也】



真央フリーも3回転半/フィギュア
nikkansports 2012年3月31日9時27分 紙面から

<フィギュアスケート:世界選手権>◇5日目◇30日◇フランス・ニース

 2年ぶり3度目の優勝を狙う浅田真央(21=中京大)が、1度もトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功しないまま、今日31日のフリー当日を迎えることになった。午前、午後の練習で合わせて13回挑戦したがすべて失敗。ニース入り後、4位に終わった前日のショートプログラム(SP)、練習での計48回の挑戦はすべて不発に終わった。

 跳べない、どうしても跳べない。フリー前日の午後練習。西日が差し込む練習リンクに浅田の曇った表情があった。35分間の練習で6回。フリー演技の曲「愛の夢」をかけながらの1本も含めて、いずれも両足着氷、回転不足が続く。転倒もあったこの日午前中の練習と合わせて計13回挑戦したが、すべて不発。不安を抱えたままフリーの日を迎えることになった。

 出発前の日本では「1日1、2本は成功していた」という。自信を持ってフランス入りしたが、海を越えるとその好調さは消えた。前日のSPでは1年ぶりの成功を期して跳んだが、転倒。4位発進に終わり、「(調子が)下降気味になってしまった。(原因は)わからないです」とうつむいた。現地入りしてからこの日までの5日間で、48回すべて失敗している。

 3年ぶりに大会で跳ぶ予定の、もう1つの大技2連続3回転に関しては絶好調だ。この日の2回の練習で5回すべて成功させて新たな得点源として期待は持てる。あとは3回転半だけ。

 浅田はSP後に「悔いなく終わることが1番の目標です」と話した。その言葉からは3回転半に挑戦する決意がうかがえた。フリーでの挑戦を問われた佐藤信夫コーチは、「ここが目標ではない。モチベーションを下げないことが大事」と話し、佐藤久美子コーチも「あの子の支えなんでね」と述べるなど、容認する構えだ。

 連覇を狙った昨年はジャンプが安定せず、自己最低の6位に沈んだ。昨年12月に母親の匡子さんを亡くす不幸も乗り越え、たどり着いた雪辱を期す大舞台。無謀ともいえる挑戦の先に、果たして光は差すのか。【阿部健吾】


「あの子の支えなんでね」
という久美子コーチの言葉は深いと思いました。
いろいろと考えさせられます。

今日発見した写真です。

ブライアン・ジュベール会心の演技
Snap678000316.jpg

新技?モナコのキム・ルーシン選手(SP22位)。スパイラルの一種かな。
Snap678000317.jpg

Snap678000318.jpgSnap678000319.jpg
Snap678000320.jpgSnap678000321.jpg
Snap678000322.jpg




<お知らせ>

FPU(フィギュアスケート保護連合)より、
フィギュアスケートを愛するファンの皆さまへお知らせがあります。

フィギュアスケートの採点がおかしいと思ったことはありませんか?
私はバンクーバー五輪と一ヵ月後の世界選手権を見てそう思いました。

もやもやした気持ちでネットを徘徊し、調べれば調べるほどわからなくなりました。
気がつけばフィギュアのことで頭が一杯になり、こうやってブログも書くようになりました。

でも、ブログや日常の会話の中でいくら吠えたところで、
採点システムが改善されるはずもありません…。

そこで、今の不可思議な採点システムの見直しを求めるため、
多くのファンの署名を募り、日本スケート連盟に提出するプロジェクトが始まりました。
→署名プロジェクトURL http://www.shomei.tv/project-1922.html

賛同していただける方は、ぜひ署名にご協力をお願いします。

登録時にお名前とメールアドレスは必要となりますが、
お名前については「匿名にする」と指定していただければ公表されることはありません。
メールアドレスは、登録時に一度メールを受けとるために必要ですが、公表はされません。

署名時に、コメント欄に300文字記入することができます。
コメント欄に書かれた思いをまとめて日本スケート連盟に伝える予定ですので、
思いのたけをぶつけていただければ…と思います。

ぜひご参加をお願いいたします<(_ _*)>”



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 17:51:11|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃんのPCS推移を調べてみた

世界選手権、女子はまだSPを終えたばかりですが、
気になることがあったので少し調べてみました。

■真央ちゃんのPCS推移を調べてみた

昨日、私はこう書きました。
「ファンの欲目で言わせてもらうと、浅田選手のPCSはもうちょっとほしかったです」

明らかに失敗した3Aを除けば、失敗を引きずらない素晴らしい演技でした。
ステップもスピンも全てレベル4と聞いて、そうでしょそうでしょ、と嬉しかったです。
でも、プロトコルを開いた時、PCSがこれまでに比べて低いのでは?という印象がありました。

また、同じサークルの方のこの言葉も気になりました。
「試合が進むにつれ、PCSが下がって来ましたね」

それから、いつも拝見するだけで失礼しているのですが、
氷上の舞に魅せられて様の「PCSを比べたら…」という記事も拝見しました<(_ _*)>”

PCSの低さについて同じように感じている方もいると知り、
本当に試合ごとに下がっているのか気になったので、調べてみた次第です。

ただ、試合によって調子のいいときも悪い時もあるし、実際の演技を見ずに数字だけを追う形なので、
たいした参考にはならないかも知れませんが、とりあえず資料として残したいと思います。

真央ちゃんについて、
シニアになってから全ての世界選手権のショートプログラムについてのPCSの推移を調べました。
ついでなので(笑)、キムヨナのPCSの推移も調べました。

また、「試合ごとにPCSが下がってるのでは?」ということを知るために、
今シーズンの全試合のショートプログラムのPCSの推移も調べてみました。

試合のリザルトについては、全てこちらのサイトからチェックできます。
figure skate memo 「2011-2012リザルト一覧」

■浅田真央 世界選手権PCSの推移 2007-2012ショートプログラム
TSSTESPCSSSTRPECHINDeduction
2007年61.3231.2030.127.717.367.577.437.570.00
2008年64.1035.2228.887.436.897.367.217.210.00
2009年66.0635.9030.167.757.157.607.657.550.00
2010年68.0837.1230.967.957.257.957.657.900.00
2011年58.6627.9230.767.827.507.757.687.680.00
2012年59.4930.8929.607.617.147.437.327.501.00

バンクーバー五輪の2010年がPCSのピーク。
翌2011年は、技術の見直しを開始したばかりなので、技術点が下がったのは自然です。

スケーティングも同時に改良し始めたこともあり、
ジャンプも滑りもといろいろな点に気を配っていたので、PCSも不安定だったのかな?と思います。

ただ、今年はジャンプも昨年よりずいぶん安定してますし、
スケーティングも上下の揺れがなくなり一蹴りが随分伸びるようになったと思います。
それなのに、技術の改造に踏み切った昨年よりもPCSが下がってるのは、やはり疑問に思いました。
しかも、5項目全てにおいて、昨年よりも悪くなっている、という評価です。


■キムヨナ 世界選手権PCSの推移 2007-2011ショートプログラム
TSSTESPCSSSTRPECHINDeduction
2007年71.9541.4930.467.797.217.717.617.750.00
2008年59.8532.7128.147.216.717.007.147.111.00
2009年76.1243.4032.728.457.758.508.058.150.00
2010年60.3030.0230.287.957.457.307.707.450.00
2011年65.9132.9732.948.298.008.218.258.430.00
2012年

キムヨナのデータを入力しながら思ったこと。
初登場の2007年から、いきなり総合点・技術点・演技構成点(PCS)とも非常に高いこと。
ジュニアから上がったばかりで、いきなり現在の真央ちゃんよりも全てのPCSが高かったのですね。
それだけ途方もないレベルの選手だったのでしょうか?あまりにも驚いた私です。

…いや、それを言うなら、真央ちゃん自身もそうですね。
真央ちゃんも、2007年のPCSより、現在のPCSのほうが低いです。全ての項目で。

ジャンプの基礎点は、2010年から変更されましたが、
PCSのつけ方も2007年以降見直しとかがあったのでしょうか…?
もしそれがないとしたら、単純にジュニア上がりの演技力よりも5年後の今の演技力が劣るというのは、
日々あれだけ努力も進化もしている真央ちゃんを見ていると、信じがたい事実です。


キムヨナについて、どうしても腑に落ちないのが2012年のPCSです。
よく言われるのが、「PCSは実績点」という表現。
コツコツと試合に出て少しずつ実績を積んでいくもの、というイメージです。

2011-2012シーズン、キムヨナはGPSをスキップしました。出場は世界選手権のみ。
その年の実績がないにもかかわらず、バンクーバーの前年よりも高いPCSが出てしまいました。
しかも5項目全て8点台とか…アリエナイ


あの演技、審判にはジゼルに見えたのでしょうが、
Jスポの藤森さんはこうおっしゃってました。

「それからジゼルもやはり、こう、本当にクラッシックバレエ知ってる方だったら、
ジゼルのインタープリテーションには「あまり出したくなーい」っていう雰囲気…」

→詳しくは過去記事日本の解説も捨てたもんじゃない。Jスポーツで藤森美恵子さんGJ!!!

やはりキムヨナについてはどうしても結論として納得し難い採点だと感じてしまいます。

■浅田真央 2011-2012シーズンのPCS推移 ショートプログラム
TSSTESPCSSSTRPECHINDeduction
GPSNHK杯58.4228.3330.097.687.257.547.547.610.00
GPSロシア杯64.2933.3430.957.867.577.717.797.750.00
全日本選手権65.4033.8031.607.957.657.957.958.000.00
四大陸選手権64.2534.1130.147.617.257.687.507.640.00
世界選手権59.4930.8929.697.617.147.437.327.500.00

これは真央ちゃんの、今シーズンの全試合のPCS推移です。

苦しみぬいた昨シーズンを越え、3Aを2Aに変えるという方法も柔軟に取り入れるように。
シーズン最初のNHK杯から美しい演技で魅了してくれました。
ロシア杯ではさらに評価もアップ。

ファイナル優勝も射程圏内!というときにお母さまがご逝去という辛いシーズンになりました。
それでもスケートを忘れず、ほんとど休まず練習を重ねた真央ちゃん。

全日本、四大陸と素晴らしい成績を収め、今大会へ。

確かに最初のジャンプは失敗でしたが、失敗はそこだけだったはずです。
残る要素はほとんど取りこぼしなく(これも真央ちゃんの目標でしたね)、丁寧に演じました。
それなのに、昨日のSPが今シーズンで一番低いPCS(5項目全て)というのは…やはり解せません。




■男子SPまであと1時間!

ところで、男子のSPが近づいてきて、またソワソワしてきました(笑)
ちなみにこちらのロシアのサイトから無料で生中継が観戦できます!
ロシアのサイト

高橋・小塚・羽生選手みな調子は上々のようです!


小塚、苦笑い「ぶっ倒れそう」/フィギュア
サンスポ 2012.3.30 05:01

 フィギュアスケート・世界選手権第4日(29日、フランス・ニース)30日は、世界選手権初出場のホープ・羽生結弦(17)=宮城・東北高=らが出場する男子SPなどが行われる。

 前年2位の小塚崇彦(トヨタ自動車)も29日の練習で4回転-3回転に成功。「プログラム内容が濃くなったので、ぶっ倒れそうなぐらい疲れてます」と苦笑いするが、前日まではモナコ観光を楽しむなどリラックスもする23歳。「これから後の練習でどう調整するかは大事」と話していたが、SPへいよいよ本気のスイッチが入った。



高橋らが調整、本番前に調子上げる/フィギュア
サンスポ 2012.3.29 21:37

 フィギュアスケートの世界選手権で30日に男子ショートプログラム(SP)を控える高橋大輔(関大大学院)小塚崇彦(トヨタ自動車)羽生結弦(宮城・東北高)は29日、フランスのニースで調整し、いずれも4回転-3回転の連続ジャンプに成功するなど本番を前に調子を上げてきた。

 高橋は現地入り後、初めて完璧な4回転を跳んだ。

 SPの滑走順は高橋が最終組の一つ前の組で全体の22番目となり、羽生は27番、小塚は28番でともに最終組に入った。(共同)


大ちゃん、きれいな4-3の映像です!
動画主様、ありがとうございます。

20120329 DaisukeTakahshi 4-3


男子の練習写真。
なぜか二人一緒に写ってる写真が多数(笑)

Snap678000300.jpgSnap678000301.jpg
Snap678000304.jpgSnap678000302.jpg
Snap678000303.jpgSnap678000282.jpg

そして最後はこの真央ちゃん。
なんとも美しい立ち姿ですね~。

aflo_BXLB036832.jpg



<お知らせ>

FPU(フィギュアスケート保護連合)より、
フィギュアスケートを愛するファンの皆さまへお知らせがあります。

フィギュアスケートの採点がおかしいと思ったことはありませんか?
私はバンクーバー五輪と一ヵ月後の世界選手権を見てそう思いました。

もやもやした気持ちでネットを徘徊し、調べれば調べるほどわからなくなりました。
気がつけばフィギュアのことで頭が一杯になり、こうやってブログも書くようになりました。

でも、ブログや日常の会話の中でいくら吠えたところで、
採点システムが改善されるはずもありません…。

そこで、今の不可思議な採点システムの見直しを求めるため、
多くのファンの署名を募り、日本スケート連盟に提出するプロジェクトが始まりました。
→署名プロジェクトURL http://www.shomei.tv/project-1922.html

賛同していただける方は、ぜひ署名にご協力をお願いします。

登録時にお名前とメールアドレスは必要となりますが、
お名前については「匿名にする」と指定していただければ公表されることはありません。
メールアドレスは、登録時に一度メールを受けとるために必要ですが、公表はされません。

署名時に、コメント欄に300文字記入することができます。
コメント欄に書かれた思いをまとめて日本スケート連盟に伝える予定ですので、
思いのたけをぶつけていただければ…と思います。

ぜひご参加をお願いいたします<(_ _*)>”



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2012/03/30(金) 18:33:39|
  2. 浅田真央を取り巻く環境|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

果敢に挑んだ3A!女子SPの結果と動画です。

女子SPが終わりました。

浅田選手は3Aを入れることを選択。
果敢に挑んだ結果、転倒してしまいました。

回転不足で2Aと判定、さらに転倒のマイナスもあるため、
決まれば8.5点のところ、得られた得点は1.80となりました。

きれいな2Aを跳んで加点がついてたら、
あと3~4点くらいは高い得点を出せていたのに…と、つい想像してしまうのですが、
浅田選手も佐藤コーチも、そんなことはじゅうじゅう承知の上での判断だと思うので、
ここは見守るしかないのでしょうね。

ただ、今回の日程は、FSまでに丸一日挟むので、
浅田選手のこと、その一日をめいっぱい努力するのでしょうね。

勝利の女神が真央ちゃんにパワーを与えてくれますように…

まずは順位から。
スポーツナビよりお借りしました。

<全順位>

1: アリーナ・レオノワ (ロシア) 64.61
2: 村上佳菜子 (日本) 62.67
3: カロリーナ・コストナー (イタリア) 61.00
4: 浅田真央 (日本) 59.49
5: 鈴木明子 (日本) 59.38
6: クセニア・マカロワ (ロシア) 58.51
7: エレネ・ゲデバニシビリ (グルジア) 58.49
8: アシュリー・ワグナー (米国) 56.42
9: 張可欣 (中国) 55.00
10: ビクトリア・ヘルゲション (スウェーデン) 54.19
11: バレンティナ・マルケイ (イタリア) 52.14
12: ジェナ・マコーケル (英国) 50.42
13: アメリー・ラコステ (カナダ) 49.37
14: エレナ・グレボワ (エストニア) 49.04
15: イリサ・シリテ (フランス) 48.42
16: アリッサ・シズニー (米国) 48.31
17: ユーリア・トゥルッキラ (フィンランド) 47.75
18: ソニア・ラフエンテ (スペイン) 47.36
19: ポリーナ・コロベニコワ (ロシア) 46.71
20: ナタリア・ポポワ (ウクライナ) 46.60
21: サラ・ヘッケン (ドイツ) 46.39
22: カースティン・フランク (オーストリア) 45.80
23: アリサ・ミコンサーリ (フィンランド) 44.16
24: ロミー・ビューラー (スイス) 44.02

<以上24選手がフリーへ進出>

25: ビクトリア・ムニス (プエルトリコ) 43.27
26: イザベル・ピーマン (ベルギー) 38.45
27: アリーナ・ヒョードロワ (ラトビア) 38.06
28: カク・ミンジョン (韓国) 36.91
29: クララ・ピーターズ (アイルランド) 34.03
30: レジェンヌ・マレ (南アフリカ) 32.22

詳しい結果は、こちらでご確認ください。
ISU公式リザルト


佳菜子がSP2位、真央は4位…世界フィギュア
スポーツ報知 2012年3月30日00時25分

 ◆フィギュアスケート 世界選手権第4日(29日、フランス・ニース) 

女子ショートプログラム(SP)を行い、村上佳菜子(17)=中京大中京高=が2連続3回転ジャンプを決めるほぼ完璧な演技で62・67点を出し、2位につけた。

 2年ぶり3度目の優勝を目指す浅田真央(21)=中京大=はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の回転が足りずに転倒し、59・49点で4位。2年ぶりに出場した鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=は59・38点で5位だった。アリョーナ・レオノワ(ロシア)が64・61点でリードした。

 フリーは31日に行われる。前回優勝の安藤美姫(24)=トヨタ自動車=は今季休養している。

 村上佳菜子「練習が悪かったことを考えると(本番は)すごく良かった。去年と比べて気持ちが一番成長した。今季はフリーでボロボロになっているが、たくさん練習してきたので自信を持って頑張る」

 浅田真央「やってきたことが全て出せたわけではないので悔しい。トリプルアクセルの失敗は取り返しがつかないので、満足いく演技ではなかった。日本でやっていた時の方が良かった」

 鈴木明子「悔しいの一言。(これまで)ミスのなかった3回転ルッツを失敗して自分でも弱いなと思った。フリーは追い掛ける側なので、今できることを思い切り出し切りたい」

 アリョーナ・レオノワ「全てを出し切った。一つのミスもないベストの演技で、すごくうれしい。フリーも前向きで落ち着いた気持ちで臨みたい」


浅田選手の衣装は、宝石の数も大幅に増えて、よりゴージャスになりましたね~。
アラブの雰囲気がより出ているように感じました。

また、肩を出した練習着は、首や肩のラインの美しさが際立って魅力的です。

Snap678000281.jpgfigu-120329-mao.jpg
Snap678000276.jpge0199691_021925.jpg
Snap678000277.jpgSnap678000278.jpg
G20120329002936030_view.jpg
Snap678000280.jpg

素敵な写真をご紹介したあとで申し訳ありませんが、少し横道に逸れます。
考え過ぎかもしれませんがちょっと気になることがあったので。

世界フィギュア2012(毎日新聞特集)の写真特集ですが、悪意を感じたのは私だけでしょうか…。
浅田選手について、(私の目では)11枚中9枚までが、転倒または顔をゆがめたもの。
一つの転倒以外は、全て美しく演じたのに、美しいと思える写真が非常に少ないと感じました。
オールレベル4を取ったスピンとステップなら、美しいシーンがたくさんあるはずなのに。

Snap678000279.jpg

例えば時事ドットコム(浅田真央写真特集)などはこんな感じで、カメラマンのプライドを感じるのです。

Snap678000296.jpg



女子SPの動画です。
いつも同じ方にお借りしてしまって…Nikaquest様、ありがとうございます。

全くの順不同ですがm(_ _;)m

WC2012 - Mao ASADA - SP


Snap678000288.jpg

WC2012 - Akiko SUZUKI - SP


Snap678000289.jpg

WC2012 - Kanako MURAKAMI - SP


Snap678000286.jpg

WC2012 - Carolina KOSTNER - SP


Snap678000287.jpg

WC2012 - Alissa CZISNY - SP


Snap678000293.jpg

WC2012 - Ashley WAGNER - SP


Snap678000292.jpg

WC2012 - Alena LEONOVA - SP


Snap678000285.jpg

WC2012 - Elene GEDEVANISHVILI - SP


Snap678000291.jpg

WC2012 - Ksenia MAKAROVA - SP


Snap678000290.jpg

採点については、今回はそこまであからさまな何かは感じませんでした。
あるとしたら、次の点かな(おかしなこと言ってたらご容赦を)。

・鈴木選手とコストナー選手はいずれも3回転→2回転になってしまいましたが、
 着氷はきれいだったのにGOEが全て-3というのは…私の勉強不足かも知れませんが(汗)

・レオノワ選手のPCSに、ほとんど9点台を出してる審判が1名…やけに目立ちます。
・鈴木選手の振付に5点台とか…鈴木選手についてはPCSが低すぎると感じました。
・ファンの欲目で言わせてもらうと、浅田選手のPCSはもうちょっとほしかったです。

<訂正>
鈴木選手とコストナー選手の3回転→2回転について、理由がわかりました。
SPの規定で単独3回転が必要なのに、その要素が抜けたからなのですね。
全くの知識不足でした。教えてくださった方、ありがとうございますヾ(;´▽`A

日本の3人とレオノワ選手は、ステップもスピンも全てレベル4ですね~。

今回、アリッサ・シズニー選手はジャンプはひとつも決まりませんでした。
転び方も派手だったので、見ていて痛々しかったです。
昨年の浅田選手と少しダブったのですが、根本的に違いますよね。
アリッサ・シズニー選手がジャンプの手直しをしているとは聞いていないので…
何か精神的なものでスランプに陥っているのでは?と心配になりました。

アシュリー・ワグナー選手カロリー・コストナー選手について。
実はこの二人は高い得点が出ると予想してました。
よく言えば「上昇気流に乗っている」。
悪く言えば「上げ」対象。

ところがどちらも思ったほどの点数が出なかったので、少し驚きました。
特にワグナー選手は、四大陸でいきなり全ての評価がどーんと上がったのに、
今回で元の評価に戻ってしまったような印象です。
少し元気がない感じはしましたが、ここまで変わるものでしょうか…?

村上佳菜子選手は、ほんとによく頑張りました。
「フリーでノーミス」という目標も、達成できそうですね!

鈴木明子選手は、3T-3Tを落ち着いて完璧に決めました。
ルッツが2回転になってしまった以外は、全て加点のつく素晴らしい演技でした。

浅田真央選手について。
3A<<は、仕方ないな~(残念)
でも、3Loは、ほんんどの審判がマイナスをつけているのがちょっと気になりました。
スピンとステップは全てレベル4。
ステップは加点も1.40と上々です!
PCSのほうは、全体的に抑えられてるのでは?という印象です。
ステップは、緩急のメリハリがうまくつけれてるな~と思いました。
シーズン初めは「ちょっとせわしいかな?」と感じていたステップも、
ひとつひとつのポーズが決まってました。


最後になりましたが、SP当日のとくダネです。
動画主様、ありがとうございます。

どくダネ!浅田真央トリプルアクセル明言 Mao ASADA




<お知らせ>

FPU(フィギュアスケート保護連合)より、
フィギュアスケートを愛するファンの皆さまへお知らせがあります。

フィギュアスケートの採点がおかしいと思ったことはありませんか?
私はバンクーバー五輪と一ヵ月後の世界選手権を見てそう思いました。

もやもやした気持ちでネットを徘徊し、調べれば調べるほどわからなくなりました。
気がつけばフィギュアのことで頭が一杯になり、こうやってブログも書くようになりました。

でも、ブログや日常の会話の中でいくら吠えたところで、
採点システムが改善されるはずもありません…。

そこで、今の不可思議な採点システムの見直しを求めるため、
多くのファンの署名を募り、日本スケート連盟に提出するプロジェクトが始まりました。
→署名プロジェクトURL http://www.shomei.tv/project-1922.html

賛同していただける方は、ぜひ署名にご協力をお願いします。

登録時にお名前とメールアドレスは必要となりますが、
お名前については「匿名にする」と指定していただければ公表されることはありません。
メールアドレスは、登録時に一度メールを受けとるために必要ですが、公表はされません。

署名時に、コメント欄に300文字記入することができます。
コメント欄に書かれた思いをまとめて日本スケート連盟に伝える予定ですので、
思いのたけをぶつけていただければ…と思います。

ぜひご参加をお願いいたします<(_ _*)>”



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2012/03/30(金) 04:32:40|
  2. 世界選手権|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

あと2時間で始まりますね~。真央ちゃん…

<追記>
こちらで生放送が見られるとの情報が!私も今からここで観ます。
ロシアのサイト


あと2時間くらいで女子SPが始まります。
にわかに落ち着かなくなってきた私です(笑)

この2つのサイトで、実況をチェックする予定です。
文字だけですが、想像力を駆使します(笑)
スポーツナビ(実況)
ISU公式ページ

まずは、昨日のすぽるとの真央ちゃん特集部分です。
動画主様、ありがとうございます。

Mao Asada 2012.3.28. - 浅田真央の進化


そして、今日のニュースでは真央ちゃんの不調が伝えられるようなり、心配で心配で…。

3Aが16回中全て失敗というのが本当なら、
2Aに変えても…とつい思いそうになるのですが、
真央ちゃん本人は「2Aは考えていない」ということ。

それは真央ちゃんのプライドでもあると思うし、
3Aを跳べるその本人にしかわからないこだわりだと思います。
本人の判断が一番尊重されることが望ましいと思います。

さて…このあとの本番はどうなるのでしょうか。
真央ちゃんの判断を支持したいです。


公式練習で真央3回転半 16回全て失敗
nikkansports 

 フィギュアスケートの世界選手権(フランス・ニース)は今日29日、女子シングルのショートプログラム(SP)が行われる。2年ぶり3度目の優勝を目指す浅田真央(21=中京大)は28日、練習用リンクで3度目の公式練習に参加。7本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳んだが1度も成功できず、「(練習)初日はすごくよかったんですけど。何かうまく動いていなくて…」と顔を曇らせた。これで練習での16回はすべて失敗。SPで挑戦するか問われると「はい」とうなずいたが、不安を残した。

 直後の抽選では19番目になった。演技直前の6分間練習を終えた1番目に滑ることになり、「体が動いているところでスタートできるのでよかった」と好材料はある。初滞在の南仏で名物のニース風サラダを食べ、街歩きをするなど、リラックスもできている様子。残る2回の練習で調子を取り戻していく。(ニース=阿部健吾)

 [2012年3月29日8時15分 紙面から]



真央、SPへジャンプに不安「昨日から体が…」
産経ニュース 2012.3.29 07:38

 【ニース(フランス)28日(日本時間同日深夜)=櫃間訓】女子ショートプログラム(SP)を翌日に控え、2年ぶり3度目の優勝を目指す浅田真央(21)=中京大=らが最終調整。30人が出場するSPで、浅田の滑走順は19番目に決まった。2年ぶり2度目の優勝を狙う高橋大輔(26)=関大大学院=ら男子も30日のSPに向けて調整。本戦が始まり、ペアのSPで高橋成美(20)=木下ク、マービン・トラン(21)=カナダ=組が自己ベストを更新する65・37点で3位につけた。(サンケイスポーツ)

 本番を翌日に控えた練習で、失敗に次ぐ失敗。ニース入りしてからトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功できないまま滑走順の抽選に臨んだ浅田真央は、焦りの色を隠しきれなかった。

 「初滑りでは(調子が)いいかなと思ったけど、昨日から体がうまく動いていない…」

 抽選の直前に行われた公式練習では5度挑戦し、3回転以上回ったのが2度。残りは1回転半が1度、半回転が2度だった。日本での練習では「1日に1、2回決まっていた」と手応えがあっただけに、いらだちもある。練習終盤にはコーチの指示でダブルアクセル(2回転半ジャンプ)を練習したが、「SPからトリプルアクセルを入れる予定です。ダブルアクセルは考えていない」。“代名詞”で今季を締めくくることにこだわり、まなじりを決した。

 抽選で決まったSPの滑走順の19番は、首位発進を決めた2月の四大陸選手権と同じ順番。4組の1番目で「6分間練習の直後で、体が温まった状態で臨める」と笑顔を取り戻した。

 「SPで体がもう少し動けるように、残りの練習で調整したい」。華麗なる女王の飛躍を、この日夜と29日朝の練習で何とか取り戻す。

Snap678000263.jpg
サブリンクでの練習はジャンプ中心だった浅田真央。
トリプルアクセルに不安を残した(共同)




真央トリプルアクセル成功へ「全て出し切る」
スポニチ 2012年3月29日 06:00

 29日に女子ショートプログラム(SP)を控え、浅田真央(21=中京大)は練習リンクで40分の調整を行った。代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は1度も成功せず、26日に現地入りしてから16度の挑戦で全て失敗。2年ぶり3度目の金メダルへのカギを握る大技に不安が残った。ペアSPでは高橋成美(20=木下ク)マービン・トラン(21=カナダ)組が自己ベストの65・37点で3位と好発進した。

 地上5階、壁はガラス張り。ニースの町並みが視界に入る珍しい練習リンクで、浅田の表情が険しさを増した。何回挑戦しても、トリプルアクセルが決まらない。この日の練習では5度挑んだものの、半回転しかできない大失敗が2回あるなど、1度も成功せず。26日にニース入りしてから、合計16度のトライでオール失敗だ。「あまり体が動いていない。本番にいつもの状態に戻せるようにしたい」。29日のSPはトリプルアクセルに挑戦する予定だが、大きな不安を残した。

 今大会での大技の成功は、浅田にとって大きな目標だ。昨年11月のNHK杯で1回転半の失敗ジャンプに終わって以降、優勝したロシア杯、全日本選手権と2戦続けて封印。2月の四大陸選手権で解禁したもののSP、フリーともに回転不足だった。今大会に向け、拠点の中京大アイスアリーナで入念にトリプルアクセルを調整。これまで佐藤コーチは週に2~3回、同アリーナで練習を見守っていたが、四大陸選手権後は週に4回。大一番を見据え、共有する時間を増やしてきた。「(中京大では)しっかり跳べるようになっている」と浅田は話しており、出発前の状態に戻すことが重要だ。

 トリプルアクセルとは対照的に、3回転フリップ―3回転ループの連続ジャンプは好調キープ。26、27日の練習でも完璧に成功させていたが、この日もクリーンな着氷を見せた。試合では09年3月の世界選手権を最後に挑戦していないが、今年1月のエキシビションで成功。今大会はフリーに組み込む予定で、「いけると思ったらやりたい」と気合を入れている。

 26、27日と練習が夜の1回だけだったため昼間は観光スポットの旧市街を散歩してリラックス。27日には「(ニース名物の)ニース風サラダも食べましたよ~」と笑みを浮かべていたが、ジャンプの調子が上がらず、この日は天真らんまんな笑みが消えた。それでも「やってきたことを全て出し切りたい。まずはSPに集中」と自らを奮い立たせた。2年ぶり3度目の頂点を目指し、浅田が全力で舞う。

Snap678000264.jpgSnap678000265.jpg


男子は軒並み順調のようです!
力強い演技を期待します。


高橋、「焦りなく」=小塚、羽生も順調-世界フィギュア
時事ドットコム

 【ニース(フランス)時事】フィギュアスケートの世界選手権で28日、男子の日本勢が公式練習で調整した。2年ぶりの制覇を目指す高橋大輔(関大大学院)は午後の練習で4回転トーループを1度着氷し、「あまり調子は良くないが、焦っても仕方ない。やることはやってきたので大丈夫かな」と明るい表情で話した。
 昨年2位の小塚崇彦(トヨタ自動車)は4回転などジャンプが安定しなかったが、「強い気持ちを持って練習してきた。あとは試合へ向けた調整」とマイペースを強調。
 初出場の17歳、羽生結弦(宮城・東北高)は尻上がりに調子を上げ、午後の練習では4回転トーループを3度着氷。「ジャンプ以外でも得点を伸ばすことを心掛けて、完成度を重視し、スケーティングを強化した」と自信を深めている。 (2012/03/29-09:44)


そして、アイスダンスでは、リード兄弟は残念ながらフリー進出とはなりませんでした。
骨折というアクシデントにより練習も充分にできない中、ほんとうにお疲れ様でした。


世界フィギュア:リード組SD24位 フリーに進めず
毎日新聞 2012年3月29日 10時18分

 【ニース(フランス)芳賀竜也】フィギュアスケートの世界選手権第3日は28日、当地でアイスダンスのショートダンス(SD)を行い、キャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)は44.19点で24位に終わり、上位20組による29日のフリーに進めなかった。29日は女子のショートプログラム(SP)があり、浅田真央(中京大)は19番、村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は27番、鈴木明子(邦和スポーツランド)は29番滑走で登場する。

 ○…SDで敗退したリード組の姉、キャシーは「調子が普通ではなかった」と大粒の涙を流した。冒頭のツイズル(素早く回転するターン)でクリスが転倒し、キャシーと接触した。昨年のNHK杯でクリスが右足小指を骨折し、ギプスが外れたのは1月上旬。スケート靴を履いた練習は2週間前からで、調整不足は明らか。キャシーは「(4月の)世界国別対抗戦に向けて頑張りたい」と気持ちを切り替えていた。



リード組、フリーに進めず…フィギュア
スポーツ報知 2012年3月29日09時54分

 ◆フィギュアスケート 世界選手権第3日(28日、フランス・ニース) 

 アイスダンスの日本勢でキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)はショートダンスでクリスが転倒するなど精彩を欠き、44・19点の24位で上位20組による29日のフリーに進めなかった。

 29日には浅田真央(中京大)らが出場する女子ショートプログラムが行われる。

 キャシー・リード「人間だからミスも出る。とても不運だった。今季は(クリスが負傷するなど)うまくいかないことがすごくたくさんあった。難しい状況だった」

 クリス・リード「(11月に)足の小指をけがし、ギプスを3週間したあと膝にもストレスを感じた。今大会は体力面よりも精神面がきつかった」

Snap678000269.jpgSnap678000270.jpg


公式練習の様子です。
男子の練習時間は夕暮れ時なのですね。
夕焼けの中での演技は、雰囲気があって素敵です。

Snap678000267.jpgSnap678000268.jpg
Snap678000266.jpgSnap678000271.jpg
Snap678000272.jpgSnap678000274.jpg

あっこさんのお誕生ケーキの写真もありました(笑)
おめでとうございます。

Snap678000275.jpg



最後、これはたまたま見つけた海外サイトの記事です。
google自動翻訳のままなので、アバウトにしか内容がつかめませんでしたが、
ワールド直前ニュースなので参考までに。

ヴィクトリア・ヘルゲソンの名前が出てるので、
スウェーデンのニュースサイトと思われます。

タイトルがいいですね。


浅田真央は合うすべての部分を持っている
SvD sport 28 mars 2012 kl 15:47

ヴィクトリアHelgessonの目標はトップ10の中で場所を取ることです。 浅田真央のためにのみ適用され、金である。 と木曜日のショートプログラムの前に大多数の大本命 - 21歳の日本人はフィギュアスケート選手権の最大のスターである。

asada_833841c.jpg

浅田真央フィギュアスケート協会スポーツディレクターカリーナスクーグによると、代わりにすべてのピースがあります。

- 彼女はジャンプ、ピルエットは、アクロバットである。

日本のフィギュアスケート女子世界ランキングを支配しています。 トップ8のうち4名のライダーがたくさん述べています。 そして2008年から2010年の両方で世界選手権の金メダルを獲得し、現在最下位にランクされ、浅田 - 8 - 3つの修飾子のは、女性のフィギュアスケートで世界をリードする国の品質と再生の両方を強調しています。

- 彼らはそのトップライダーの間で信じられないほど多様を持っています。 私はその日のフォームが一番実行して、それらの判別と思います、カリーナスクーグ氏は述べています。

前のランキングで浅田に昨日の27年を迎えた鈴木明子(2)と、17歳の偉大な才能加奈子村上(7)です。 世界チャンピオンの安藤美姫に君臨する、今年のGPシリーズ、日本選手権と世界選手権の両方の上に立って選ばれた、世界で4位。

- 私たちは年間、フィットネスコーチ、栄​​養カウンセラー、振付師、精神コーチから毎日のサポートを通してアイススケート場へのアクセス権を持つチャンスがあったことは明らかである、カリーナスクーグ氏は述べています。

フィギュアスケート連盟は、世界のさまざまな部分から専門的なサポートの"バンク"を構築し始めましたが、カリーナスクーグは、日本の運転に近づくことを期待しないでください。

- あなたは日本と彼らの有名人の地位は我々よりもはるかに高いです。そのスケーターのはるかに広い範囲があることを知っているつもりです。 浅田真央は、自宅でここでイブラヒモビッチのようなビットです。

浅田は既に大型テレビスターである、着物を作り、後ろに日本の国内外企業の行が含まれている彼自身の衣類ラインを持っています。

長い間、日本のスターがワールドカップに来るかどうかは不明であった。 彼女は母親の肝疾患が悪化している単語を受け取った後、彼女は12月初旬のグランプリファイナルを中断したが、京子の母が病院で死亡した前​​に彼は家にいませんでした。

クリスマスの日に彼女は母親を称えるために、彼女が言ったように、再び氷上に戻ってきました。 浅田はジャパンカップを獲得し、ワールドカップのために修飾するために状況にもかかわらず成功しました。

わずか数週間後、彼女のkonståkningslivについての本がリリースされましたが浅田真央は000、100以上の書籍は、事前に発注したという事実にもかかわらず、公開を停止しました。

ポスターと題した打ち上げ、 "すべてのおかげで、ママ、"浅田は変更ことができました。

"本が販売された方法は私が思っていたものよりも異なっていた、"浅田は声明で述べている。

日本の妻はまたギネスブック内の場所を光栄にいくつかのスケーターの一つです。 バンクーバーオリンピックの間に彼女の3つのトリプル軸はフィギュアスケートの歴史の中でユニークである。

- 私たちはトリプルアクセルをやろうとするチャンピオンシップで別の女の子が表示されないと思います。 それだけで、それは世界選手権の金メダルのために十分ではありません。 彼女は高いレベルで大きな絵を持っている必要がありますが、彼女は絶対的な能力を持って、カリーナスクーグ氏は述べています。

ヴィクトリアHelgesson目標の一つである。 完璧なショートプログラムとシェフィールドの欧州選手権よりも優れたフリーライディングは、最近、トップ10の中で取得する機会を与えてくれます。

- それは私達に順番にオリンピック第二千十四の最初の修飾子です来年のワールドカップ、少なくとも2つの座席を与えるだろう ビクトリアは彼女の能力の上部にある2つの外観を作ることができるしたがって、それは本当に素晴らしいことだ、カリーナスクーグ氏は述べています。




<お知らせ>

FPU(フィギュアスケート保護連合)より、
フィギュアスケートを愛するファンの皆さまへお知らせがあります。

フィギュアスケートの採点がおかしいと思ったことはありませんか?
私はバンクーバー五輪と一ヵ月後の世界選手権を見てそう思いました。

もやもやした気持ちでネットを徘徊し、調べれば調べるほどわからなくなりました。
気がつけばフィギュアのことで頭が一杯になり、こうやってブログも書くようになりました。

でも、ブログや日常の会話の中でいくら吠えたところで、
採点システムが改善されるはずもありません…。

そこで、今の不可思議な採点システムの見直しを求めるため、
多くのファンの署名を募り、日本スケート連盟に提出するプロジェクトが始まりました。
→署名プロジェクトURL http://www.shomei.tv/project-1922.html

賛同していただける方は、ぜひ署名にご協力をお願いします。

登録時にお名前とメールアドレスは必要となりますが、
お名前については「匿名にする」と指定していただければ公表されることはありません。
メールアドレスは、登録時に一度メールを受けとるために必要ですが、公表はされません。

署名時に、コメント欄に300文字記入することができます。
コメント欄に書かれた思いをまとめて日本スケート連盟に伝える予定ですので、
思いのたけをぶつけていただければ…と思います。

ぜひご参加をお願いいたします<(_ _*)>”



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2012/03/29(木) 17:30:19|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃんSP曲かけ練習の動画。ネピアウェットントンCMが可愛い~。

■公式練習動画

真央ちゃんの曲かけ練習の動画です。
UP主様、ありがとうございます~<(_ _*)>”

27.03.FSWC 2012 Mao ASADA.AVI


昨日(3/27)の公式練習はメインリンク、
今日(3/28)の公式練習はサブリンクだったのですね。

それぞれの動画をどうぞ。すぽるとの特集ですね。
動画主様、ありがとうございます<(_ _*)>”

世界フィギュア 日本6選手 公式練習 【メインリンク】 Mao Asada


世界フィギュア 日本6選手 公式練習 【サブリンク】 & 女子インタビュー


■ペアSPで、高橋&トラン組が3位(o^-')b

ペアのSPで、高橋&トラン組が3位の好発進です!
めきめきと実力を上げてきている二人が頼もしいですね。
なるみちゃんの最後のガッツポーズが男前(笑)

実際の動画とニュースをあわせてご紹介します。


世界フィギュア:高橋組、ぺアSP3位
毎日新聞 2012年3月28日 23時39分

 【ニース(フランス)芳賀竜也】フィギュアスケートの世界選手権第3日は28日、当地でペアのショートプログラム(SP)を行い、高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組は自己ベストの65.37点で3位発進した。29日にSPがある女子は滑走順抽選が行われ、浅田真央(中京大)は30人中19番、村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は27番、鈴木明子(邦和スポーツランド)は29番滑走となった。

 男子は公式練習を行い、高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、羽生結弦(宮城・東北高)が30日のSPに向け、ジャンプの精度などを確認した。

 ◇満足の演技できた

 ○…ペアの高橋、トラン組がほぼミスのない演技を見せ、今年の4大陸選手権で記録した自己ベストを3.83点更新。SP3位と素晴らしいスタートを切った。演技後、ガッツポーズで喜びを表現した高橋は「満足のいく演技ができた」。冒頭の3回転サルコウは、これまで高橋の転倒が相次いでいたが、この日はこらえた。「練習ではできるのに、試合になると跳べなかった。ウオーミングアップが悪いと思って見直し、練習に臨んだ」という。

WC2012 - Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN - SP



■公式練習2日目のニュース

男女シングルの公式練習2日目のニュースです。

昨日の練習では6人揃って調子がよさそうだったのですが、
今日は一転して不安定だったと伝えられてます。

ニュースを総じると、
今日調子が良かったのはあっこさんだけなのかな。

男子は3人とも4回転転倒、
真央ちゃんは両足着氷や1回転、
かなこちゃんはジャンプが抜けた、とか…。

でもきっと本番では調子を上げてくる、と期待します。


浅田真央「まずはSPに集中」…フィギュア
スポーツ報知 2012年3月28日23時22分

 フィギュアスケートの世界選手権で2年ぶり3度目の優勝を狙う浅田真央(中京大)ら日本女子が28日、フランスのニースで29日のショートプログラム(SP)に向け調整したが、浅田はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になるなど不安を残した。浅田は「本番までに、いつもの状態に戻したい。まずはSPに集中することが大事」と話した。

 鈴木明子(邦和スポーツランド)と村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は、ともにSPの曲を流した練習で2連続3回転を含む全てのジャンプに成功。30人で争うSPの滑走順は浅田が19番、村上が27番、鈴木が29番に決まった。

 男子SPを30日に控える高橋大輔(関大大学院)小塚崇彦(トヨタ自動車)羽生結弦(宮城・東北高)はSPの曲に乗った演技ではいずれも4回転ジャンプで失敗した。

 2年ぶりの優勝を目指す高橋は3回転半などほかのジャンプは安定。初出場の羽生はジャンプの回転が抜けるミスが目立ったが、高橋同様、40分間の練習の最後に4回転を成功させた。



真央 精力的に3回転半も…村上も回転が抜けるミス多く
nikkansports 2012年3月28日 14:39

 フィギュアスケートの世界選手権で29日に女子ショートプログラム(SP)を控える浅田真央(中京大)ら日本勢が27日、フランスのニースで公式練習に臨み、浅田は精力的にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を調整したが両足着氷や回転不足が目立った。

 鈴木明子(邦和スポーツランド)は好調を維持し、SPの曲を流しての演技では冒頭の2連続3回転ジャンプを軽やかに決めた。村上佳菜子(愛知・中京大中京高)はジャンプで回転が抜けるミスが多かった。

 28日に登場するペアの高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組とアイスダンスのキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)も最終調整した。(共同)



浅田真央、3回転半に不安…29日に女子SP
nikkansports 2012年3月28日 22:29

 フィギュアスケートの世界選手権で2年ぶり3度目の優勝を狙う浅田真央(中京大)ら日本女子が28日、フランスのニースで29日のショートプログラム(SP)に向け調整したが、浅田はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になるなど不安を残した。浅田は「本番までに、いつもの状態に戻したい。まずはSPに集中することが大事」と話した。

 鈴木明子(邦和スポーツランド)と村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は、ともにSPの曲を流した練習で2連続3回転を含む全てのジャンプに成功。30人で争うSPの滑走順は浅田が19番、村上が27番、鈴木が29番に決まった。

 ▼鈴木明子の話 世界選手権で誕生日(28日)を迎えられて幸せ。好調だからといって舞い上がらず、一つ一つ丁寧にやることを心掛けたい。

 ▼村上佳菜子の話 きのうまで2日間は調子が悪かったが、きょうは体が動いて安心した。(本番も)きっとうまくいくと思う。(共同)



そしてこれはあっこさんの記事です。

ジュニアでも跳んでいる3T-3Tに、プライドを捨てて取り組んだ。
「ただがむしゃらに、耐えた」


というところを読んで、感動しました。
見えないところで、葛藤を抱えながら、やり遂げたのですね。

ちょうどニースで27歳を迎えたあっこさん。
フィギュアスケート選手としては、かなりお姉さんの年齢です。
それでもなお新しいことにチャレンジするできるあっこさん、素敵なアスリートですね。


輝くか、ベテラン=向上求めた鈴木-世界フィギュア
時事ドットコム 2012/03/28-05:46

 【ニース(フランス)時事】フィギュアスケート世界選手権に2年ぶりに出場する鈴木明子(邦和スポーツランド)が初の表彰台を目指す。「すごく密度の濃い練習をしてきた。今までにない感覚」と、充実の思いで今季の総仕上げに臨む。
 昨年は世界選手権出場を逃した。摂食障害からの復活劇が脚光を浴び、8位入賞を果たしたバンクーバー五輪で「バーンアウトした部分もあった」と長久保裕コーチは振り返る。今季は、その悔しさが出発点。ベテランに貪欲さが戻った。
 連続3回転に挑み、まずは易しいトーループ-トーループから。ジュニアでも跳ぶ選手がいる中で、プライドを捨てて取り組んだ。「ただがむしゃらに、耐えた」。さらに1本目をフリップにして技の難度を上げるなど、意欲は衰えない。
 長久保コーチとのやりとりも「五輪前より、さらに一段上の部分で注意されるようになった」と変わってきたが、それは鈴木自身がコーチに求めたから。ショートプログラム前日の28日で27歳に。燃え尽きてしまわず、さらに向上を求めた先に、世界の大舞台で輝きをつかめるか。



そしてこれは、世界選手権への展望を日本スケ連:吉岡氏が語っているもの。
日本人選手について、主に高橋選手と浅田選手のことが話題になってます。

ただ、高橋選手とPちゃんの話のとき、
高橋選手にもチャンスはある、と言いながら、
基本的にPちゃんが絶対王者であるという前提で話されてる感じがして、
ちょっと、んん…?と思いました。

先日のすぽるとでもそうでしたが、
すぽるとも、Pちゃん=絶対王者とテロップまで出して伝えてました。

冷静に考えて、高橋選手とPちゃんの実力はどちらが高いんでしょうか。
私は五分五分のいい勝負だと思ってます。

4回転の安定感はPちゃんかもしれませんが、演技力は圧倒的に高橋選手。
スケーティングスキルは、Pちゃんのツルツルスケーティングは私も好きですし、
高橋選手の複雑かつ巧妙な神業ステップも大好きです。

そんな二人が同じ大会で30点も差がつくのは…?あまりにも不自然。

Pちゃん=高得点=絶対王者、とすぽるとは紹介し、
吉岡氏もそのようなニュアンスで話をされますが、

ここが日本であるなら、

Pちゃん=高得点→疑惑が取り沙汰されてますが、とか、転んでも高得点なんですよね~、とか、
彼の得点には我々日本人として納得できませんね~と議論を投げかけることもできるのに。

テレビもスケ連も、採点を鵜呑みにして何もおかしいとは思わないのでしょうか。


日本フィギュアスケート連盟の吉岡氏「高橋はチャンを倒せる」
AFP 2012年03月28日 14:44 発信地:東京

Snap678000254.jpg
フィギュアスケート四大陸選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2012)、男子シングル・
フリースケーティング(FS)。表彰式でメダルを手にポーズをとる(左から)2位の高橋大輔(Daisuke Takahashi)、
優勝したパトリック・チャン(Patrick Chan)、3位のロス・マイナー(Ross Miner、2012年2月10日撮影)。
(c)AFP/Getty Images/Matthew Stockman


【3月28日 AFP】日本スケート連盟(Japan Skating Federation)の吉岡伸彦(Nobuhiko Yoshioka)氏は、フィギュアスケーターの高橋大輔(Daisuke Takahashi)が、世界王者のパトリック・チャン(Patrick Chan)からタイトルを取り戻すために必要な資質を持っているとの見解を示した。

 2010年バンクーバー冬季五輪で銅メダルを獲得し、同年の世界選手権で日本人男子選手として初めて優勝を飾った高橋は、フランスのニース(Nice)で開催される世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2012)でタイトル奪還を目指すことになる。

 日本スケート連盟でフィギュアスケート強化部長を務める吉岡氏は、11-12シーズンのグランプリ(GP)ファイナルと四大陸選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2012)で高橋はチャンに次いで2位に終わっているものの、4回転ジャンプに改善が見られるため、勝つチャンスは十分にあると考えている。

 吉岡氏はAFPに対し「高橋君が4回転をキチンと決めた上でのことになりますが、不可能ではないと思います。パトリックとはコンポーネントでそんなに差をつけられたわけではない。以前までは、パトリックが強くて手がつけられない感じがあったことを否定できなかった。でも高橋君が4回転を含め完璧にできれば、まったくかなわないことではない。高橋君にもチャンスがあると思ってますし、彼も狙ってます」と話している。

 また吉岡氏は、2011年の世界選手権で準優勝した小塚崇彦(Takahiko Kozuka)と、11-12シーズンのロシア杯(Cup of Russia 2011)で優勝した羽生結弦(Yuzuru Hanyu)にも表彰台の可能性があると信じている。

 「二人(小塚と羽生)にもメダルのチャンスはあると思う。といっても日本人全員が取れるかというと、ほとんど難しい。メダルに絡んでくるチャンスは羽生君にも小塚君にもあると思ってます」

■女子は浅田と鈴木の活躍に期待

 一方、女子ではバンクーバー五輪の銀メダリストで、2011年は母親の急死を乗り越えなければならなかった難しいシーズンを過ごした浅田真央(Mao Asada)に、吉岡氏は期待を寄せている。

 2011年大会は、11-12シーズンを休養に充てた安藤美姫(Miki Ando)が優勝し、2008年大会と2010年大会で優勝している浅田は6位に終わった。

 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器としている浅田だが、ここ数シーズンは技術的に難易度の高いジャンプに苦しんでいる。

 浅田の金メダル獲得について吉岡氏は、「四大陸でアシュリー・ワグナー(Ashley Wagner)に負けているが、あの時も完璧な状態ではなかったので、チャンスは十分にあると思うし、本人をそれを当然狙っている。彼女は総合的な力を持っている。アクセルがキチンと入っていれば、そんな簡単に負けることは無いと思います」と語った。

 NHK杯(NHK Trophy 2011)で浅田を破り、GPファイナルではイタリアのカロリーナ・コストナー(Carolina Kostner)に次いで2位に入った鈴木明子(Akiko Suzuki)も、メダルを計算できる実力を備えている。

 吉岡氏は「鈴木明子さんは、ロシアのアリーナ・レオノワ(Alena Leonova)や米国のアリッサ・シズニー(Alissa Czisny)に勝つ力があり、表彰台入りのチャンスがある。NHK杯の時も3回転を綺麗に決めていた」と話した。

 また吉岡氏は、世界選手権での日本代表チームの目的は、2014年のソチ冬季五輪へ向けて弾みをつけることだと語っている。

 吉岡氏は「今年はできれば勝っておききたい。来年の世界選手権はソチ五輪のために枠を取りにいく場になるので、もっと勝ちにこだわる。男女とも3枠づつキチンと確保していきたい」と語った。(c)AFP/Shigemi Sato


■公式練習の写真

ここからは写真特集(笑)
6人のよりすぐりの写真と、後半は怒涛の真央ちゃん写真。

女子は3人ともほんとに華奢ですね。
男子はみんな、カッコイイ。

Snap678000246.jpg

Snap678000247.jpg

Snap678000248.jpg

Snap678000238.jpg

Snap678000249.jpg

Snap678000243.jpg

Snap678000244.jpg

Snap678000241.jpg

aflo_BXLB036397.jpg
aflo_BXLB036401.jpg
aflo_BXLB036409.jpg
aflo_BXLB036406.jpg
aflo_BXLB036407.jpg
aflo_BXLB036414.jpg
aflo_BXLB036415.jpg
aflo_BXLB036416.jpg


■世界選手権は誰が優勝する?海外のサイトで投票受付中です。

海外のフィギュアスケートのサイトで、
世界選手権で誰が優勝するかを投票しています。
icenetworkCBCsports「Poll: Who will win world titles?」で現在投票受付中です。
私も先ほど清き一票を投じて参りました(笑)

女子は米国もカナダも、真央ちゃんの優勝を予想している人が多いです!
男子は、Pちゃんに迫れるのは誰?という持っていき方になってます。
その得点を信じて疑わないのか、得点は保障されてるけれど、ということなのかは不明です…。
もちろんPちゃんに迫れるのは大ちゃんしかいない、と海外ファンも思っているようです。

icenetworkの投票

■Who will win the ladies title at the 2012 World Figure Skating Championships?
Snap678000255.jpg

現在の結果
Snap678000256.jpg

CBCの投票

■Who will win the ladies' title?
Snap678000258.jpg

現在の結果
Snap678000257.jpg

■Who is most likely to beat Patrick Chan's record scores from 2011?
Snap678000259.jpg

現在の結果
Snap678000260.jpg

■Will Patrick Chan repeat as men's world champion?
Snap678000261.jpg

現在の結果
Snap678000262.jpg

■閑話休題(?)韓国ニュース

世界選手権の話題からちょっと逸れますが、本日の韓国ニュース。
一つ目は、タイトルが(笑)「キム・ヨナはどこへ行っただろう?」
二つ目は、いつもの「単に女王様を賞賛しいたいだけ」のニュース。

そりゃ、キムヨナさんはスタイルはいいですが、
スタイルがいいというだけでひとつのニュースが作れることに驚きです。


世界フィギュア選手権、キム・ヨナはどこへ行っただろう?
記事転送2012-03-28 11:40

‘フィギュア女王’キム・ヨナが抜けた場所に優勝メダルは誰のものになるだろうか

2012世界フィギュアスケーティング選手権大会女子シングル プログラム本戦競技が29日(現地時間)フランス ニスのパルレのにエクスポジションで開幕する。

この大会は1年前までも国内外ファンたちに最も熱い熱気を呼び起こしたが今年は‘フィギュア女王’キム・ヨナが参加しないながら国内では関心が大きく冷めた。 たとえ女王は陥ったが今回の大会はカロリーナ コストナー(25・イタリア),アサダマオ(22・日本)アシュレーワグナー(21・米国)の激しい3巴戦が予想される。

世界ランキング1位カロリーナ コストゥノは今年のシーズン出場した6個大会で4回も優勝して最高級技量を誇示している。 2008年2008年スウェーデンで開かれた世界選手権大会で銀メダルに留まったコストゥノは今回の大会優勝を通じて自尊心回復を狙っている。

アサダマオは世界選手権で2回(2008,2010)や優勝した唯一の女子選手で今回の大会で通算三回優勝に挑戦する。

ジャンプ難易度ではトリプル アクセル(三周り半回転ジャンプ)を駆使できるアサダがそうでないコストナーより高得点高地に上がる可能性が高く見える。 ただしアサダマオはその間起伏が激しかったという点で今回の大会でどれくらい集中力を発揮するかに勝敗が左右される展望だ。

アシュレーワグナーも今年のシーズンすい星のように登場した強力な競争者だ。 先月米国、コロラドスプリングスで開かれた4大陸選手権大会でアサダマオを抜いて優勝した。

このために今回の大会結果により今後女子シングル部門の地図を揺るがす主人公になるのか注目をあびている。

一方韓国代表チームで出場したクァク・ミンジョン(18・梨花(イファ)女子大)は本戦進出が確定したし、ソ・チェヨン(16・五輪中)は20位に留まりながら予選で惜しく脱落した。

シム・ヒョンジュン記者/cerju@heraldm.com

20120328000745_0.jpg


比率の重要性"キム・ヨナ黄金比率に思わず…"芸能人らの屈辱
トゥデイ 2012-03-28 11:55

キム・ヨナの'比率の重要性'写真が話題だ。

最近あるオンライン コミュニティ掲示板には'比率の重要性'という題名で一枚の写真が掲載された。

三星ハウジェンスマトゥ行事で撮影されたと見られる写真の中でキム・ヨナは司会者のキム・ソンジュとともに立っている姿だ。

その上には、ゲストの歌手キム·ヨヌ、キム·ボムス、フィソン、パク·ジョンヒョンの姿も一緒に見えるキム·ソンジュとの違いをそれぞれ比較し、キム·ヨナと身体の比率の違いを示している

特にすべて単身にもかかわらず、足が短く見える。 しかしキム·ヨナは、他の4人のスターとキー似ていますが、足も長く見せ優れた黄金比を誇る。

一方これを接したインターネットユーザーは"本当に写真見た後に題名を見て'パン'さく烈した" "芸能人らにも屈辱をあたえるキム・ヨナ!" "やはり銀盤の妖精、フィギュア女王!"等反応を見せた。


Snap678000251.jpgSnap678000252.jpg
写真=オンライン コミュニティ

[イトゥデイ/オンラインニュースチーム記者(online@etoday.co.kr)]


■真央ちゃんネピア新CMが可愛いのです(人´∀`*)

浅田真央 ネピア ウエットントン1 2 3




<お知らせ>

FPU(フィギュアスケート保護連合)より、
フィギュアスケートを愛するファンの皆さまへお知らせがあります。

フィギュアスケートの採点がおかしいと思ったことはありませんか?
私はバンクーバー五輪と一ヵ月後の世界選手権を見てそう思いました。

もやもやした気持ちでネットを徘徊し、調べれば調べるほどわからなくなりました。
気がつけばフィギュアのことで頭が一杯になり、こうやってブログも書くようになりました。

でも、ブログや日常の会話の中でいくら吠えたところで、
採点システムが改善されるはずもありません…。

そこで、今の不可思議な採点システムの見直しを求めるため、
多くのファンの署名を募り、日本スケート連盟に提出するプロジェクトが始まりました。
→署名プロジェクトURL http://www.shomei.tv/project-1922.html

賛同していただける方は、ぜひ署名にご協力をお願いします。

登録時にお名前とメールアドレスは必要となりますが、
お名前については「匿名にする」と指定していただければ公表されることはありません。
メールアドレスは、登録時に一度メールを受けとるために必要ですが、公表はされません。

署名時に、コメント欄に300文字記入することができます。
コメント欄に書かれた思いをまとめて日本スケート連盟に伝える予定ですので、
思いのたけをぶつけていただければ…と思います。

ぜひご参加をお願いいたします<(_ _*)>”



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2012/03/29(木) 04:30:34|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。