ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ゴダイゴ

そこにゆけば どんな夢も 叶うと言うよ♪

人生に行き詰まっているわけでもない10代の頃に、その場所に憧れました。
この曲の持つピースフルな空気が好きでした。

タケカワユキヒデさんは、名前もカタカナですが、
外人が歌う日本語のような、不思議なニュアンスのある歌声ですよね。

あの頃はほんとよくテレビで観ましたね。

ガンダーラ by ゴダイゴ 1978年



モンキー・マジック by ゴダイゴ 1978年



銀河鉄道999 by ゴダイゴ 1979年



今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 02:08:30|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

世良正則&ツイスト

世良さん大好きでした。

私はこういうワイルド系が好みなのか、

小学生の時は西条秀樹が出ると、

中学生の時は世良さんが出ると、

テレビにかじりつくように観てました(笑)

あの頃の世良さんが22才だったのかぁ…。

今の世良さんは50半ばですが、アコースティックギター1本のスタイルで
バリバリ頑張ってますよね。

先日TVでも拝見しましたが、ギターの腕もさることながら、
一段(いや、数段!)と表現力を増したボーカルに、ある種感動すら覚えました。

ハスキーな声って好きなんです。
秀樹に世良さんに、極めつけはもんた(笑)
味がありますもんね。

あんたのバラード by 世良正則&ツイスト 1977年



あんたのバラード(白黒、カッコいいです)

宿無し by 世良正則&ツイスト 1978年



銃爪 by 世良正則&ツイスト 1978年





今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2009/04/30(木) 01:51:04|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

ふきのとう

高校のクラスメイトで、控えめで優しい女の子が「ふきのとう」の
ファンだったことを思い出します。

私は当時、特別ファンというわけでもなかったのですが、
常に好感を持って見ていたという感じだったかもしれません。

最初に知ったのは、ラジオで「白い冬」
シンプルかつ独創的。物凄いインパクトでした。

それから「思い出通り雨」
メロディアスなメロディーが心地よく、
今聴いてもやっぱりいい曲だと思った。

そして「雨降り道玄坂」
これもかなり好きでした。

ふきのとうは、まずメロディーが美しいということ。
そして「声」がいちばんの魅力です。

細坪さんの声は、とても柔らかく優しく、ピュアな感じがします。
押し付けがましくないのに印象に残る声です。

ちなみに自分で買ったレコードは「柿の実色した水曜日」でした。

YouTubeで検索していると、
ここに紹介した以外にもいい曲がたくさんありました。
私はまだふきのとうのことをほとんど知らないのかも知れません。

白い冬 by ふきのとう 1974年



雨ふり道玄坂 by ふきのとう 1976年



思い出通り雨 by ふきのとう 1978年



やさしさとして思い出として by ふきのとう 1980年






今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2009/04/28(火) 23:35:58|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

NSP

NSP(ニュー・サディステック・ピンク)です。

これも、友だちのお姉さんにLPを借りて知ったバンドです。

私は、音楽好きの兄の影響がほとんどだと思ってたのですが、
こうやって自分の音楽にまつわる歴史を紐解いてみると、
友だちのお姉さんの影響もかなりあったのがわかります。新発見です。

いわゆるちりめんビブラート(中島みゆきさんもそうですネ)で寂しそうな歌声。

メロディも独創的で、彼らの曲を聴くとき、何かしら色を感じます。
タイトルに「赤い」「夕暮れ」などとあるせいかも知れませんが、
色をイメージさせるメロディというのもあるような気がするのです。

とにかく、個性派という印象が強いです。

「北北東の風」も印象的な曲でしたが、あまりいい映像を発見できませんでした。
私が唯一自分で買ったのは「冬の花火はおもいで花火」でした。

夕暮れ時はさびしそう by NSP 1974年



赤い糸の伝説 by NSP 1976年



冬の花火はおもいで花火 by NSP 1978年



今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2009/04/28(火) 22:52:47|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

これも私が語るまでもなく語り継がれる名曲です。

ちょうど22才のときに、スナックでこれを歌ったことがあります。
谷村新司の「22歳」も、そういえば歌ったな~ベタですが(笑)

22才って、何か特別な年なのかな。

さっきのブレバタの「あの頃のまま」とバンバンの「いちご白書をもう一度」が、
男性版22才の揺れる心としたら、

この風の「22才の別れ」と谷村新司の「22歳」は、
女性版22才の揺れる心…とか。

どうでしょう?

22才の別れ by 風 1975年



あの唄はもう唄わないのですか by 風 1975年




今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

関連記事
  1. 2009/04/28(火) 21:56:41|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。