ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

モミの木                  お気に入り度 ★★★☆☆

久々に、モミの木(久米店)へ行ってきました。
以前は普通のファミレスでしたが、今は、バイキングのお店になっています。

DSC00319.jpg

さつまいもときのこのカレーが美味しいです。手作りパンもあります。
きのこ、ほうれん草、大根など、ヘルシーな素材が多く使われているのもいいところ。

DSC00322.jpg

↓料金表です。
今日は平日なので1050円で食べ放題!この値段でこの満腹感はありがたい☆
次から次へと暖かいメニューを並べてもらい、ちょっとずつ取り分けたつもりでもお腹ぱんぱん。

DSC00328.jpg

もうちょっと賑わってもいいお店だと思うのですが、郊外でちょっと遠いのかもしれませんね。
通りがかったときは、ぜひ立ち寄ってみてください。

DSC00346.jpg

関連記事
  1. 2008/11/19(水) 20:57:26|
  2. B級グルメ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:1

そば吉                   お気に入り度 ★★★★☆

そば吉(水車苑)に行ってきました。

私は、おろしかつ丼とざるそばセット1180円
いつもこれです。かつ丼の上にたっぷりの大根おろしとねぎ。タレは天丼のタレのような感じ。
さっぱりと美味しく食べられます。かなりお腹いっぱいになります。

DSC00291.jpg

友達は、おすすめ日替わり定食980円ざるを50円で大盛りにしてるので2段重ねです。

DSC00285_convert_20081115235615.jpg

食事が終わる頃に、蕎麦湯が運ばれてきます。これでつゆを割って飲むと美味です。
そばの栄養は、ゆでるときに溶けるので、そのゆで汁に栄養があるらしいです。

お店の中はこんな感じ。天井が高く、ゆったりとした空間です。

DSC00280.jpg

よく行くのはフライブルグ店ですが、今日は水車苑にしてみました。

DSC00317.jpg

関連記事
  1. 2008/11/16(日) 00:11:37|
  2. B級グルメ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

冬のソナタ                  お気に入り度 ★★★★☆ 

冬ソナ20

最近、パチンコで冬ソナを打つようになり、当然のように、もう一度冬ソナが見たくなりました。
2回目の視聴ですが、本日最終話まで観終わりました☆

ストーリーは、あまりにも有名なので、私が語るまでもないのですが、簡単に…。

高校生のユジン(チェ・ジウ)が、転校生のチュンサン(ヨン様)と出逢う。
恋に落ちるふたり。でもヨン様が交通事故に遭い、記憶喪失になる。
ヨン様は死んだと悲しむ仲間たち。でも実はアメリカで名前を替えミニョンとして生きていた。

10年後、ユジンは街角でヨン様に生き写しの人を見つけ、またふたりの物語が始まります。
以前とは違う人格になっていたミニョンですが、やはりユジンを愛し、
チュンサンとは別人だと思いながら、ユジンもやはりミニョンを愛してしまうのです。
幼馴染のサンヒョクの執着心や、ライバルのチェリンの嫉妬の中、ふたりは愛を育みます。
周囲の反対や心配に負けることなく愛を貫こうとするふたり。

でもそこで、ふたりが父親が同じ兄妹ということがわかってしまうのです。
実はそれは事実ではなかったのですが、すでに別れを決めたあと。
また、ヨン様は交通事故の後遺症で、よくても失明、最悪命も危ないという状態だったため、
ユジンのため身を引く決心をし、サンヒョクにユジンを委ねます。

そして3年後、失明したヨン様のもとにユジンが現れ…長かった春に終わりを告げるのです。

冬ソナ10

チェ・ジウは、涙の女王と言われるだけあり、わざとらしくなく、ツーっと伝う涙は美しく、
また、表情がとても豊かなので、引き込まれてしまうし、とにかくかわいらしいです。

ヨン様は、素顔だと幼い感じですが、メガネをかけると素敵です。
微笑みの貴公子の名の通り、口角がキュッとあがる笑顔が非常に上品な雰囲気です。

物語としては、とてもよくできていると思うのですが、
途中、再開したふたりがお互いのどこにどう惹かれたかというのがわかりにくかったので、
感情移入しにくいところがあったのが残念でした。
後半からはまたドップリとハマりましたが(笑)

名場面と主題歌(大当たりのときの”ヨンウォニ~♪”です)を堪能したい方はこちら↓をどうぞ。




関連記事
  1. 2008/11/10(月) 23:46:40|
  2. 韓流ドラマ・映画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

豚太郎                   お気に入り度 ★★★★☆

北条バイパスの豚太郎へ行ってまいりました。
とにかくギョーザが最高です。
みそラーメン、焼きめしもgood。

私は、焼きめし500円ギョーザ250円
基本に忠実なチャーハンという印象です。
シンプルながら、パラッとしてるし塩加減がちょうどいいのです。

DSC00264.jpg

友達は、みそラーメン500円ギョーザ250円
私はラーメンはインスタント派なので、お店でラーメンはあまり食べませんが、
このみそラーメンは好きなのです。素直においしいと思います。

DSC00261.jpg

二人とも必ず注文するのがギョーザ。
いろんなお店でギョーザを食べますが、いちばんおいしいのはここ。
イメージするところのギョーザの味(わかりますか?)
肉とか甘さとかが前面に出ているのではなく、肉と野菜が調和してちゃんと中華の味。

DSC00272.jpg

味だけでは★★★★★なのですが、
店員さんにあまりやる気を感じないので、ちょっとマイナスかな~。
今日も、お店に入るなり、店員さんが背中を向けて座ってテレビを見てましたし…。
店員さんの笑顔も見たことがありません。
でもおいしいので、また行ってしまうんですよね。 

DSC00278.jpg


関連記事
  1. 2008/11/07(金) 22:26:04|
  2. B級グルメ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0

太王四神記                 お気に入り度 ★★★★☆

ORG_20080602000401_convert_20081101223254.jpg

ヨン様の太王四神記を、本日最終話まで見終わりました。
時代劇は苦手なのですが、「私もそうだったけど、よかったよ~」と友達が貸してくれたのです。
期待せず視聴開始したのでしが…ハマりましたね~。

0129383377cee0f2167e-L.jpg

2000年前、平和の国チュシンの神だったヨン様。
火を操る巫女(カジン=キハの前世)が、世界を焼き尽くそうとしたので、
ヨン様はその火の力を奪い、赤い玉に収めます。
その後、カジンはヨン様を慕うようになるのですが、
ヨン様は別の女性(セオ=スジニの前世)を愛し、子供が生まれます。
嫉妬に狂ったカジンが、その赤ちゃんを殺そうとしたため、
セオは怒り狂い、黒朱雀となり世界を火で焼き尽くそうとします。
ヨン様は図らずも自らの手でセオを撃ち殺すことになってしまいます。

ヨン様は、4つの神器を封印し、この世を去ります。

2000年後、チュシンの星が輝く夜に生まれた赤ちゃんがチュシンの王だと言われてました。
チュシンの星が輝く夜に、ヨン様とホゲという二人の赤ちゃんが生まれたのです。

そこから、どちらが本当のチュシンの王なのかというのがストーリーとなっていきます。
私のつたない文章力ではとてもまとめられないので、割愛させていただきますが…。

焦りとともに力任せで王になろうとするホゲ。
穏やかに負傷者をなるべく出さず知恵で戦場を突破し慕われていくヨン様。

脇役も個性的・魅力的な人が多かったです。
自分より何回りも年下の王に対して忠誠を誓う家臣、
王のもとを去っていく時のスジンの切なさなど、涙腺が緩むシーンも数多くアリ。
また、無骨で戦好きなチュムチが、好きな人にはめちゃめちゃ純情で…という
微笑ましいサイドストーリーも、戦争ものを飽きずに観られたポイントでした。

2人の女優さんがそれぞれ一人二役をこなしているのですが、
特にセオとスジンを演じたイ・ジアさんが、とても光っていました。
時代劇の中の、まさしく清涼剤となっていました。
これが初ドラマとのこと。今後も注目していきたい女優さんですね。

螟ェ邇句屁逾櫁ィ假シ農convert_20081101223517

私は、特にヨン様びいきではないんですが、いや~素敵でしたね~☆
凛々しくも麗しいヨン様を拝みたい方は、このYOU TUBEがオススメです☆



関連記事
  1. 2008/11/01(土) 22:37:02|
  2. 韓流ドラマ・映画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック:0|
  5. コメント:0
←前のページ | ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。