ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ようこそ、モアイ。※追記あり

同じ石でも…のエントリーで触れたモアイ像が、
昨年11月にチリを出航して、長い旅路のあと、
最終目的地の宮城県へ到着しました。

■「日本よ元気に」チリからのモアイが宮城県でお披露目


モアイ像に復興願う 南三陸町で贈呈式典
産経フォト 2013.05.25

winshot002788.jpg
贈呈記念式典で披露されたモアイ像 =25日午前、宮城県南三陸町

 東日本大震災の津波で被災した宮城県南三陸町にチリから贈られたモアイ像の贈呈記念式典が25日、町内の仮設商店街で開かれ、参加者約200人が像の前で町の復興を願った。

 イースター島の石を使ったモアイ像は、高さ約3m、重さ約2トン。昨年12月に東京に到着し、東京や大阪での展示を経て、今月16日に南三陸町の商店街に設置された。

 式典の中で、白いサンゴと黒曜石で作られた瞳がはめられ、像が完成した。佐藤仁町長は「像が町の復興を見守ってくれる。シンボルとして大事にしていきたい」と話し、パトリシオ・トレス駐日チリ大使は「像は自然災害に屈服せず、希望と前を向くという日本とチリの気持ちを表している」と強調した。

 南三陸町は1960年のチリ地震の津波でも被災。チリから友好の証しとして91年にモアイ像を贈られたが、今回の津波で損壊し、チリのピニェラ大統領が新しい像の寄贈を約束していた。

 地元の志津川高2年で、チリを3月に訪れた遠藤龍輝君(16)は「町の励みになる。復興が少しでも早く進んでくれれば」と笑顔を見せた。

winshot002789.jpg
チリから贈られたモアイ像の前で、志津川高校の生徒も参加して記念撮影が行われた 
=25日午前、宮城県南三陸町

winshot002790.jpg
 贈呈記念式典で目が取り付けられたモアイ像。
左はモアイ像制作者のベネディクト・トゥキ氏、
右は日智経済委員会チリ国内委員会のロベルト・デ・アンドラッカ委員長 
=25日午前、宮城県南三陸町


写真の左の方、覚えてます。
モアイを作ってくれた職人さんですよね。
関連過去記事→同じ石でも…

同じ石でも…より画像のみ再掲
winshot002794.jpg

チリがモアイ像を贈ってくれた理由

・チリで大地震が起きたとき、日本が支援してくれた
 (2010年2月27日 M8.8 死者528名 行方不明者が200余名)
・モアイ像が倒れたとき、日本が修復してくれた
 (1992年、香川県の株式会社タダノが15体のモアイ像の復元・修復) 

チリにおける地震災害に対する国際緊急援助
モアイの修復(ウィキペディア)
タダノ モアイ修復プロジェクト



■モアイ、「チリ→宮城」の道のり

昨年記事を書いた時点(8月)では、まだ製作中だったモアイ。

今回最終目的地の宮城へ到着ということですが、
12月には既に日本に到着していたらしいですね(知らなかった…)。

11/25にチリを出発→12/25に東京湾に到着

大きなモアイを乗せた船が、
一ヶ月もかけて日本を目指してくれたんですね~

日本に到着後、東京と大阪で展示され、
今回やっと目的地の宮城県でお披露目されたんだそうです。

昨年11月のチリ出発から今日までのモアイの旅(笑)を、
日本経済新聞が随時ニュースにしてくれていたんですね。
時系列で並べてみました。

11/25、チリ出発

被災地に向けモアイ像が出港 チリ、南三陸町に寄贈
日本経済新聞 2012/11/25 19:02

 【リオデジャネイロ=共同】東日本大震災の被災地を支援しようと、同じ地震国の南米チリ・イースター島で新たに造られたモアイ像が24日、日本の海運会社の船でチリ・バルパライソ港を出発した。1カ月後に東京港に到着する予定。日本各地で展示された後、宮城県南三陸町に運ばれる。

 1960年のチリ地震による津波でも被災した南三陸町には91年、チリからモアイ像が贈られたが、東日本大震災の津波で損壊。ピニェラ大統領が今年3月に町を訪れ、新たなモアイ像の寄贈を約束していた。

 まげや台座も合わせると高さ約5メートル、重さ6トンの巨大像で、製造経費は日本と関係が深いチリの企業などが負担した。

 寄贈計画を発案したチリ側関係者や輸送する日本郵船関係者によると、モアイ像は12月23日午後に東京港に到着予定。日本の各都市を回って展示された後、来年5月25日前後に南三陸町で引き渡し式典が行われる。展示される都市は未定。


12/25、東京湾に到着

モアイ像が到着 地震国チリから南三陸町に寄贈
日本経済新聞 2012/12/25 12:15

 東日本大震災の被災地を支援するため、同じ地震国の南米チリのイースター島で新たに造られたモアイ像が25日朝、船便で東京港に到着した。来年3月以降、東京と大阪で展示された後、5月25日ごろに被災地の宮城県南三陸町で引き渡し式典が行われ、安置される。

 南三陸町は1960年のチリ地震でも被災したことから、91年に地震国同士の友好を深めようと、チリからモアイ像が贈られた。しかし、震災の津波で損壊したため、ピニェラ大統領が3月の訪日時に同町を訪れ、新たなモアイ像の寄贈を約束した。

 到着したモアイ像は、台座などを含めると高さ約5メートル、重さ6トン。イースター島の職人が島の石を使って製作し、経費は日本と関係が深いチリの企業が負担した。〔共同〕


3月、各地でモアイ像展示会始まる

モアイ像で被災地支援 チリ寄贈、丸ビルで展示
日本経済新聞 2013/3/20 18:40

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町を支援するため、チリから贈られるイースター島のモアイ像の展示が20日、東京都千代田区の丸ビルで始まった。28日まで。

 同町は1960年のチリ地震でも津波の被害に遭遇。地震国同士の防災のシンボルとして、91年にチリが複製したモアイ像を町内に設置した。しかし東日本大震災の津波で壊れ、昨年、同町を訪れたピニェラ大統領が、新たに作り直して寄贈すると約束していた。

 展示に先立つ除幕式には、県立志津川高校の生徒や駐日チリ大使ら約100人が参加。高さ約3メートル、重さ約2トンの像が姿を現すと、大きな歓声が上がった。5月25日に同町で寄贈式が行われるといい、佐藤仁町長は「モアイが復興を後押ししてくれる気がする」と語った。〔共同〕

winshot002795.jpg


5月、目的地の宮城へ到着

被災地にモアイ像設置 宮城・南三陸、チリから寄贈
日本経済新聞 2013/5/16 19:01

 東日本大震災の被災地を支援するため、同じ地震国のチリから贈られたイースター島のモアイ像が、宮城県南三陸町に到着し16日、町内の仮設商店街に設置された。25日に記念式典が開かれる。

 像は高さ約3メートル、重さ約2トン。クレーンでつり上げられ、約2時間かけて商店街の駐車場に用意された台座に設置。作業を見守った同町企画課の男性職員(44)は「多くの人に見てもらい、復興のきっかけになってほしい」と話していた。

 南三陸町は1960年のチリ地震の津波でも被災。友好を深めようと91年、チリからモアイ像が贈られたが、東日本大震災の津波で損壊。チリのピニェラ大統領が新しい像の寄贈を約束していた。以前の像はチリ本土の石を使ったが、今回はイースター島の石で制作。昨年12月に船便で東京港に到着し、東京、大阪でも展示された。〔共同〕


■日本経済新聞の総力モアイ記事

日本経済新聞に、モアイ総力特集(7ページ)がありました。
日本経済新聞さん、モアイについてはかなり詳細に追ってますね(笑)
それは単純に嬉しいです(私もモアイが好きなので)。


モアイ像再来 海越えた高校生の復興への願い
日本経済新聞 2013/3/10 6:30

winshot002796.jpg

 宮城県南三陸町は「モアイのまち」。中心部に向かう途中の橋では、南米チリのイースター島の守り神として知られるモアイ像の複製が訪れる人を迎える。町内を歩くと、モアイが描かれたマンホールやタイルなども多く見られる。2年前、町を襲った東日本大震災。町民800人以上が死亡・行方不明になり、かつてチリから贈られた町のシンボル、モアイ像も壊れてしまった。そのモアイ像が新たに造られ、5月25日、町に帰ってくることになった。

winshot002797.jpg

 災害は忘れた頃にやってくる――。1960年のチリ地震津波から半世紀たった2010年、地元の県立志津川高校は防災意識を高め、町おこしをしようと「南三陸モアイ化計画」を考えた。取り組んだのは情報ビジネス科の3年生の有志。モアイ像のキャラクター「さんりくん」「みなみちゃん」をデザインし、携帯ストラップや洋菓子なども試作した。町内での販売が決まり「学生ビジネス」が軌道に乗りかけた矢先、想像を超えた大津波が町をのみこんだ。

winshot002798.jpg

 南三陸町が「モアイのまち」になったきっかけはチリ地震津波。太平洋のはるか遠くで起きた津波が押し寄せ、41人が亡くなった。その後、被害を乗り越え互いに復興した南三陸町とチリの間で交流が始まり、1991年、チリ本土で造ったモアイ像が贈られたのだった。友好の証しと、被害を後世に伝える防災のシンボルとして町民に親しまれていたモアイ像。だが東日本大震災の津波で頭部が流され、がれきの中に横たえてしまった。

winshot002799.jpg

 生徒たちも被災し、内陸に学校ごと避難。モアイ化計画の存続が危ぶまれたが、震災直後に警察官姿のモアイをデザインしたプレートを作り、県外から救援に来たパトカーに取り付けた。モアイで復興を目指す生徒の姿と津波で壊れたモアイ像がチリで報じられ、人びとを励まそうとチリ政府が新しいモアイ像の寄贈を決めた。イースター島の長老たちも「日本人はかつて、島の壊れたモアイ像を復元してくれた。今こそ恩返しをしよう」と無償で像を造り始めた。

winshot002801.jpg

 この1年、生徒たちは新たな目標に取り組んだ。部活動の遠征やお年寄りの足として活躍した、津波で壊れた町民バスをグッズの収益で復活させようと考えた。3年生の後藤和那さんは「モアイを通じて良さを知った町と、支えてくれた多くの人たちのために」と活動に励んだ。望みはまだかなっていないが、後藤さんは4月から職業訓練校で建築を学び、将来は自分と同じように家を流された人たちの新しい家を造り、町の再建に役立ちたいと願っている。

winshot002802.jpg

 生徒の活動に大人たちも支援に乗り出した。仮設商店街の店主らが「みなさんモアイサポーターズ」をつくり、洋菓子店主の阿部雄一さん(48)は生徒のグッズを店で売り出した。阿部さんは先代のモアイ像がやってきた頃から約20年間、チリ地震津波を忘れないようにと「モアイ伝説」と名付けたブッセを作り続けている。「ふるさとを大切にしようとする子どもたちの思いを復興へつなげていきたい」。モアイを通じて強まった町を愛する気持ちが、世代を超えて広がっている。

winshot002803.jpg

 いよいよ日本にやってきたモアイ像。仕上げに奈良市で台座を造ったのは、21年前にイースター島を訪れた石工の左野勝司さん(70)。島の部族の争いで倒れ、チリ地震津波で流された像の復元を手掛けた経験の持ち主だ。「島では『モ』は『未来』、『アイ』は『生きる』の意味がある。南三陸と島の人たちの『未来へ生きる』との思いが込められたモアイ像造りを手伝うことができてよかった。どうか永遠に町を守ってほしい」

 モアイ像は3月下旬から東京と大阪で巡回展示した後、南三陸町に到着し、復興のシンボルと守り神として町の人たちと未来へ生き続ける。


この記事の中に出てくる高校生たちによる「ゆるキャラ」、
これも今日ニュースになってました。

■高校生によるモアイのゆるキャラ登場


南三陸モアイ“ゆるキャラ”「さんりくん」完成へ
スポニチ 2013年5月26日 06:00

 南米チリのイースター島のモアイ像で町おこしに取り組んでいる宮城県南三陸町の志津川高校が、来月末にもモアイ像をモチーフにした“ゆるキャラ”を完成させる。

 南三陸町は1960年5月のチリ大地震で発生した津波で町民41人が犠牲になり、91年にチリ政府から防災の象徴としてモアイ像の複製が贈られた。志津川高では10年から情報ビジネス科の課題研究としてモアイ像を使った町おこしを始めた。

 だが、11年3月の東日本大震災で、志津川湾に面する松原公園に置かれていたモアイ像は津波で倒壊し、「町おこしのシンボル」から「復興へのシンボル」に変わった。同校でも情報ビジネス科の生徒が描いたモアイキャラクターに震災後、町名にちなみ「さんりくん」と名付け、ステッカーなどを作製。無表情ながらも愛きょうがあるデザインが話題を呼んで町の“人気者”へと成長し、ゆるキャラへの仲間入りを目指して着ぐるみ製作に発展したという。

 当初は25日に町内の仮設商店街で行われた、チリ政府からの新モアイ像贈呈式典でのお披露目を目指していたが、業者から“着ぐるみの注文が多く、間に合わない”と言われ断念したという。特産品のタコを頭に乗せ、銀ザケを持った「さんりくん」は来月末にも完成予定。南三陸町にはすでに「オクトパス君」という復興キャラクターがいるが同校では「復興イメージキャラとして、復興関連のイベントでお力添えしたい。本校の学園祭や体育祭でも活躍してもらいます」と話している。

winshot002789.jpgwinshot002791.jpg
左:チリから贈られたモアイ像の前で記念撮影をする関係者
右:志津川高の生徒が描いたモアイのキャラクター「さんりくん」。
  南三陸町の名産品のタコと銀鮭が付いている。ゆるキャラとしてデビュー予定


「独島」「大韓民国」「2012年夏 大統領 李明博」
と書いた石を竹島に勝手に建てた韓国。

仏像を盗んだ韓国。

それとは対照的に、
友好的にモアイを届けてくれたチリ。

それを受けてモアイの「ゆるキャラ」を作り、
復興に生かしたいという高校生たち。

モアイの意味は「モ(未来)」「アイ(生きる)」、「未来に生きる」。

「島の石でなければマナ(霊力)がなく、被災地に贈る意味がない」
といって、島の石の持ち出しに反対する人たちを説得してくれた製作者たち。

6トンもあるモアイ製作の経費は、
日本と関係が深いチリの企業が負担。

作業着を着ていた職人さんが、
(慣れないであろう)ネクタイを締め、
記念式典でニコニコしている。

こういう話は、読んでいて胸がいっぱいになります。

パラオが、日本を悪とする米国の洗脳教育に侵されなかったこと。
鹿島建設が、崩壊した橋(韓国製)を素晴らしい技術で復元したこと。
タダノが、何の見返りも求めずモアイを善意で修復したこと。

日本の正しい行いが、ちゃんと伝わっている国の存在を知ると、
嬉しくなってしまいます。

私、海外旅行の経験もありませんが、
死ぬまでに一度はイースター島で本物のモアイ像を見てみたいです。

ついでなので、以前秘かに作っていたモアイ像のパズル(笑)
モアイ像1
モアイ像2
winshot002805.jpgwinshot002804.jpg

冒頭のニュースについて、某所スレッドの反応を…

冒頭ニュースにおける某所の反応

6 :名無しさん@13周年 :2013/05/25(土) 22:11:43.90 (p)ID:K3fd4u7/0(2)
    お、おう

7 :名無しさん@13周年 :2013/05/25(土) 22:11:50.63 ID:TTsclDTJ0
    ご厚意は有難いではないか。

26 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 22:14:52.21 ID:4VegLaXj0
    嬉しいねこういうの

58 :名無しさん@13周年 :2013/05/25(土) 22:19:37.66 ID:9097/VaY0
    約束を守り、ちゃんと像をくれたチリに深く感謝

273 :名無しさん@13周年 :2013/05/25(土) 22:55:53.87 (p)ID:vSlSKtN9P(8)
    お、おう…
    つか、わざわざ作ってくれたのか
    津波がこない様に見張ってるみたいになるね
    ありがとうございます


目が入っているなどイメージと違う点について

56 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 22:18:59.86 (p)ID:VmIP/3jFO(3)
    確かモアイって目玉に魔力が込められてるんだよね
    プカオと目玉付きとはありがたい

64 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 22:20:17.57 ID:qWKd/Q1N0
    考古学的には、製作当時のモアイは目が入っていたとされている。
    (実際に目が発見されている)
    材料も含め、歴史的には正しい。

82 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 22:22:48.58 (p)ID:vhHwL+rw0(3)
    現地で目を入れるのはだるまと同じ理由かな
    目有りモアイとは中々やるな

134 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 22:28:34.49 (p)ID:VmIP/3jFO(3)
    モアイは目を潰すと力が失われるから片っ端から割られたんだって
    目が残っているモアイは貴重だとか

324 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 23:05:54.45 ID:ofj5D0UT0
    愛嬌と威厳、両方兼ね備えたいいモアイだと思うよ。
    式典で開眼させるってのもいいじゃない。
    目の入ったモアイって初めて見たけど、なるほどと思ったわ。

202 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 22:41:02.52 (p)ID:w5YN9oIW0(12)
    ちょっとまて、このモアイのイメージが違うと言っている人は話を聞いてください!
    頭に帽子みたいのがあるから言っているのかな?
    これはプカオと言って、男性の結髪をモチーフしたもので、16世紀以降に作られた説があるんだよ。
    正真正銘、本物の徳と地位が高い特別なモアイとしてチリが作ってくれた意味でもある。
    記事に乗せられてないけど、この意味が含まれていると思う。

238 :名無しさん@13周年 :sage :2013/05/25(土) 22:48:28.09 (p)ID:w5YN9oIW0(12)
    これこそ正統なモアイ像なんだよ。
    おまいさんのいうモアイは、古代モアイ。
    チリで正統的に作られた〝本物〟のモアイだからこそ、
   16世以降に作られたモアイの証であるプカオという帽子みたいのをかぶっている。
    チリは異例とも言える本物モアイを贈ってくれたんだよ。


私も嬉しいですが、某所も軒並み歓迎ムード。
目がないほうがイイ、とかいう意見もありましたが、
目があるのが本物だよ、と説明してくれる人もいて穏やかムード。

でもコレ…
こういうのを目にしたとき、ブログに貼ったらブログが汚れる…
と思っても無視できない自分が嫌ですが、可哀相な人という意味で。


267 :名無しさん@13周年 :2013/05/25(土) 22:54:52.56 (p)ID:SLpbWFRJ0(4)
    あのさ、こういうのいらないんだけど
    震災があったとき、チリは即座に行動できたのかね?
    今頃になって、チアイ像を送っても、俺たちの神経を逆なですると思わないのかな?

    大災厄が起きた時、いの一番に駆けつけてくれた、中国と韓国―
    日本に対してよい感情を持っていないはずなのに、彼らは行動やお金で示した

    だから、日本の老若男女はみな、中韓に良いイメージをもっている
    チリとか、文字通り塵だ


尻尾が見えてるんですけど。


<追記>

コメントへのお返事です。

「KYさんのニュースが多過ぎです。
 石ころさん どうしちゃったの?」

ということですが、

私のブログはどちらかというと、
真央ちゃん応援ブログというよりは、KY追及ブログです。

KYを見たくない、KYについて話したくないという気持ちもわかります。
それは私も同じですから(-.-;)

でもそれ以上に嫌なのが、

KYについて誰も触れなくなる
     ↓
何の問題もないとされ、228.56が永久に残る


ということです。

「KYさんって上手いのよ~」
「やっぱKYはスピードがあるんよ!」

これは実際に会社で耳にした言葉ですが、
その時の気持ちは、たぶんこのブログを読んでくださってる方には、
説明しなくてもわかっていただけると思います。

228.56というありえない評価が、
そんな発言を呼び起こしているんだと思います。
とりあえずKYが一番凄いんだろう、と。

私は、228.56というのは正当な評価とは思えません。
その違和感がこのブログを始めた初期衝動でもあります。
いつか何かが暴かれ、記録が抹消されることを願います。

オリンピックで優勝したら、
その選手はアイスショーに引っ張りだこで忙しいそうです。

オリンピックで優勝した年に、
KYが世界のアイスショーに一度も招待されなかった事実。
3年間で見てもたったの一度だけです(中国)。

それがKYに対する世界の評価だと思います。

そんなKYを持ち上げるのは、
地元韓国以外には、日本・カナダのメディアだけ。

不自然だと思うんです。

最初の話に戻りますが、
KYニュースを追いかけるのは、
あんなことをした人が幸せになれるはずがない、
と思って、その行く末を見ているからです。

あれだけのことをしておきながら、よくそんな顔ができるな、
あんなことをするから、ほらまた訴えられた、訴えた、
ということをウォッチングしています。

もちろん悪趣味であるという自覚もありつつ(;^_^A 
そんな中で、いつか何かが発覚するときを待ってます。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 12:42:04|
  2. 東日本大震災関連|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ありがとう、台湾。台湾冷遇の政府は猛省を!

ニュースから3日経ってもまだ怒りがおさまらないので…まとめておきたいと思います。

東日本大震災の追悼式典で、
台湾が指名献花から除外されたことです。


来賓席は1階。約160の国と国際機関の代表が案内されました。
一般席は2階。企業関係者などの席。台湾はここに案内されました。

政府は台湾を国家とみなさず「民間機関代表」として扱ったのです。

下に関連ニュースをたくさんご紹介しますが、そのなかの一節によると…


93の国・地域、国際機関から寄せられた義援金や救援物資は集計分で計175億円だが、
これに含まれない台湾は単独で200億円超もの義援金を寄せた。


単独で200億円を超える義援金…間違いなく世界一の金額です。
その事実だけで1階来賓席の一番いい席に座っていただきたいほどです。

その上、台湾からの義援金は、
国家間のややこしい損得勘定を抜きにした、個人の思いやりが詰まったものです。
何の見返りも求めないほんとうの意味での義援金です。

それを…この「一般席扱い」は酷すぎる。


■追悼式での台湾冷遇を伝える記事3つ

最初に知ったのはこの記事でした。


追悼式で台湾冷遇、指名献花から除外 首相が陳謝
産経ニュース 2012.3.12 21:03

 政府が11日に主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾代表として出席した台北駐日経済文化代表処の羅坤燦(らこんさん)副代表が指名献花から外されるなど冷遇されたことが分かった。12日の参院予算委員会で世耕弘成氏(自民)が明らかにした。

 野田佳彦首相は「台湾の皆さまに温かい支援をいただいた。その気持ちを傷つけるようなことがあったら本当に申し訳ない。深く反省したい」と陳謝した。藤村修官房長官は「十分にマネジメントできていなかったことについてはおわびしたい」と述べた。

 世耕氏によると、政府は約160の国と国際機関の代表に会場1階に来賓席を用意したが、羅氏は「民間機関代表」と位置付け、2階の企業関係者などの一般席に案内。指名献花からも外し、羅氏は一般参加者と献花したという。

 世耕氏は「台湾の友情に応えるべきではないか。一人の日本人として台湾の皆さまにおわびしたい」と政府の対応を強く批判した。

 台湾は、大震災の際、世界最大規模の約200億円の義援金を寄せた。政府は昭和47年の日中国交正常化後、台湾を国として承認していないが、代表処は事実上の大使館にあたる。


そして、より詳しいニュースは次のものです。

「日本政府の対応は国民感情とはかけ離れている」こと、
「事実上独立国である台湾に対して非礼だ。中国の顔色うかがいすぎている」


ということを指摘していて、共感しながら読みました。


台湾の厚情、無にした政府…献花冷遇「問題ない」
IZA(産経新聞) 2012/03/14 09:05

 ■中国偏重 非礼上塗り

 3月11日の東日本大震災の一周年追悼式典に台湾代表として出席した台北駐日経済文化代表処の羅坤燦(らこんさん)副代表を日本政府が指名献花から外した問題で、藤村修官房長官は13日午後の記者会見で「事務レベルの仕切りに問題があったとは思わない」と述べた。台湾は震災発生後、いち早く支援を申し入れ、世界最高規模の約200億円の義援金を送った。民間からは被災地も含め台湾への感謝のメッセージが相次いでいるが、日本政府の対応は国民感情とはかけ離れている。

 「外交団という仕切りの中で整理された。外務省と内閣府で式典のやり方を十分に調整された」「外交団の仕分け(基準)は外務省にきちんとしたものが伝統的にある」

 藤村氏は13日の会見で、追悼式典の準備に当たった外務省と内閣府が事務レベルで台湾をリストから外したこと自体には問題はないとの認識を強調した。自らの対応については「配慮が足りなかったかどうかを反省材料にする」と述べた。

 外務省は日本に公館を置いている150カ国、中国などにある公館で日本を担当している18カ国、経済協力開発機構(OECD)など35の国際機関に追悼式典への案内状を出し、約160人の外交団が式典に参加。日本が国家承認していないパレスチナの代表も例外的に外交団として扱われた。

 だが、外務省は台湾の駐日大使館に相当する台北駐日経済文化代表処を「民間団体のステータスで呼んだ」(同省儀典官室)と説明している。そのため、羅副代表は外交団がいた会場1階の来賓席ではなく2階の企業関係者などの一般席に案内され、国名が読み上げられる「指名献花」の対象にもならず、一般参加者と一緒に献花したという。


 藤村氏は12日の参院予算委員会で「事務方ですべておぜん立てした。台湾に関するわが国の基本的立場は1972年の日中共同声明の通りだ」と語り、台湾が中国の領土の不可分の一部との中国政府の立場を「理解し尊重する」としている日中共同声明をもとに機械的にリストを作成したことを認めた。

 参院予算委でこの問題を追及した自民党の世耕弘成参院国対委員長代理は13日、「事務方で調整していようといまいと、台湾を各国代表の枠の中で扱わなかったのは問題だ」と非難した。


 野田佳彦首相は12日の参院予算委で、世耕氏の指摘を受けて陳謝し、「行き届いていなかったことを深く反省したい」と述べた。外務省によると、この発言に対し、13日時点で中国政府からの反応はないという。

 もっとも、輿石東幹事長を団長とする訪中団の派遣を23~25日に控える民主党政権が、台湾への配慮を示せたかどうかは疑問だ。

 杏林大名誉教授で外交評論家の田久保忠衛氏は「事実上の独立国の代表に対して非礼だ。心にしみる支援をしてくれた台湾に何ということをしたのか。常に中国の顔色を見て外交をする根本的な欠陥を表している」と痛烈に批判した。

きじ9

Snap67800188.jpg
Snap67800189.jpg


次のニュースでは、

「93の国家機関を合わせた173億円よりも、台湾の単独で200億円超えのほうが多い」
「台湾の義援金の大半は心のこもった個人の寄付である」
「政府は中国の顔色をうかがいすぎている」
「震災後も台湾から日本への観光客はほとんど減らなかった」

ということが伝えられています。
これも大いに共感できる記事でした。


【主張】台湾への非礼 日本人として恥ずかしい
IZA(産経新聞) 2012/03/14 03:24

 政府が主催した東日本大震災の一周年追悼式典で、台湾の代表が指名献花から外されるという扱いを受けた。

 震災で93の国・地域、国際機関から寄せられた義援金や救援物資は集計分で計175億円だが、これに含まれない台湾は単独で200億円超もの義援金を寄せた。日本政府の対応は、人から受けた恩を忘れない日本的精神からも恥ずべきものである。

 台湾の代表は「民間機関代表」と位置づけられ、各国代表らに用意された会場1階の来賓席ではなく、2階の一般席に案内された。この問題が取り上げられた参院予算委員会で、野田佳彦首相は「(台湾の人々の)お気持ちを傷つけるようなことがあったら本当に申し訳ない」と陳謝した。

 しかし翌日の記者会見で、藤村修官房長官は「外交団という仕切りの中で整理され、外務省と内閣府で調整済みだった」と述べた。首相の謝罪を否定するかのような礼を欠いた説明だ。

 昭和47年の日中共同声明によって日本は中国と国交を樹立し、台湾との外交関係は消滅した。藤村長官は参院予算委での答弁で、日中共同声明が「わが国の基本的立場」と述べたが、問題は台湾に対する日本政府の態度が過度に中国に配慮していることである。

 共同声明は「日本国政府は、この(台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であるとする)中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重する」などとある。

 これは文字通り、中国の立場を尊重することを意味しているが、一方で日本の独自の判断まで否定しているものではない。しかし、実態は中国の主張をそのまま受け入れる形になっており、もっと柔軟性を示してよい。

 台湾では日本統治時代(明治28年~昭和20年)に教育を受けたいわゆる「日本語世代」を含め、日本に親近感を抱く人が少なくない。馬英九総統は東日本大震災発生の翌日に緊急援助金を発表したが、集まった義援金の大半は心がこもった個人の寄金である。

 人口2300万人の台湾から日本への観光客は一昨年は138万人、震災の昨年でさえ114万人にものぼった。日本に支援を差し伸べてくれた隣人への非礼に対する謝罪の意を、政府はきちんとした行動で示すべきだ。それが、復興に向けたけじめである。


■台湾は見返りを求めない国民性でもやはり傷つきました

そして、今回のことに関する台湾の思いが伝えられました。
やはり、「非常に遺憾だ」と…そう思われるのは当然だと思います。
日本人として、今回の非礼に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

「台日関係は一本の花束などで表せるものではない」
という言葉に胸が痛みます。


震災の追悼式で台湾冷遇 陳行政院長「遺憾」
フォーカス台湾 2012/03/13 19:56:06

(台北 13日 中央社)陳冲行政院長(写真)はきょうの国会質疑で、日本政府が11日主催した「東日本大震災1周年追悼式」で、中華民国(台湾)の代表に「外交団」として献花する機会が与えられなかったことについて「非常に遺憾だ」と述べた。

11日のセレモニーで、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦副代表(副大使に相当)は、各国と国際機関の代表に用意された1階の座席でなく、企業や団体関係者が座る2階席に案内され、一般参加者として献花した。

楊進添外交部長は今後の対応などについて、野田佳彦首相が12日に陳謝したことに言及するとともに、日本に対する台湾の支援は、「感謝されたい」という気持ちでなく、真の思いやりに基づいた行動だとの考えを示し、「台日関係は一本の花束などで表せるものではない」と強調した。

きじ10


■台湾人は見返りを求めない

上のニュースでも、台湾は「感謝されたいという気持ちではない」ということが伝えらてます。
台湾人はとても奥ゆかしく、喜んで善意を示しても、その見返りは求めていないのです。
それがよくわかるのが次のニュースです。2つあります。


台湾有情 秘すれば花?
産経ニュース 外信コラム 2012.3.12 03:15

 「その分のお金は、ぜひ被災地に持っていってください」

 東日本大震災で、義援金約200億円を日本に寄せた台湾。日本人が「何か恩返しを」と思い立ち、謝礼の意を込めたイベントの開催や品物の贈呈を申し出ると、たいていはこんな言葉が返ってくるという。

 たとえお礼の品を受け取ってもらったとしても、結局は同額か、それ以上の義援金を逆に託されることも珍しくないそうだ。

 長年台湾で暮らす友人は、「見返りを求めない喜捨の文化が、伝統的に根付いている」と説明してくれたが、結果として「加油日本」(がんばれ日本)と「謝謝台湾」(ありがとう台湾)の共鳴はいまなお続いている。


 その台湾に対し、日本の民間交流窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)では、主要新聞に掲載した感謝広告に加え、被災者らが出演した感謝CMを制作し、11日から1週間、繁華街の屋外モニターなどで流している。ほかにも震災関連特別番組2本のスポンサーとなった。世界的にも突出した手厚さだが、当然だろう。

 「総事業費はいくらですか?」「さほど多額ではありませんが、金額はどうしても必要ですか?」

 ふと、冒頭のような事情を思い出し、協会担当者への質問は撤回した。(吉村剛史)



11年最高に幸福な出来事「日本への義援金が世界一」=台湾
サーチナ 2012/01/01(日) 11:22

  台湾の華視新聞とYAHOO奇摩が共同で行った調査によると、2011年の最高に幸福な出来事の第1位が、東日本大震災に対する台湾からの義援金額が世界でもっとも多かったことだった。第2位は王健民選手がメジャーリーグで大復活を遂げたこと、第3位は映画Seediq Bale (セデックバレ)が海外で注目されたことだった。台湾の華視新聞が12月31日付で報じた。

  日本の東日本大震災に対し、台湾人は大きな愛を示し、寄せられた義援金額も世界でもっとも多かった。記事では、台湾に感謝を伝えるため多くの日本人が台湾を訪れ、なかには海を泳いで感謝を伝えに来た人もいたことに言及。

  記事は「台湾人にとって2011年でもっとも幸福な出来事で1位になったのが、『台湾人の愛』であり、受けるよりも与える方が幸福ということで、この愛が台湾人を幸福にさせたのだ」とした。


(以下省略)


■民間レベルで強まる絆

また、これまでにご紹介したニュースの中に、
「日本政府の対応は国民感情とはかけ離れている」というくだりがありましたが、
頭の固い政府を通さず、「個人・民間レベルでは台湾と日本は絆を強くしている」と伝えているのが、
次のニュースです。


感謝と支援が新たな絆へ 日本と台湾
IZA(産経新聞) 2012/03/04 20:24

【トレンド現象学】

 東日本大震災の発生を受け、民間を中心に約200億円もの義援金を被災地に寄せた台湾。震災発生からまもなく1年を迎えるが、日本からの感謝と台湾からの支援は、今もその輪を広げており、日台の絆に新風を吹き込みつつある。

 2月24日、日台スポーツ・文化推進協会で理事を務める鈴木一也さん(32)は台中市の健民国民小学校を訪問。高学年児童ら約100人を前に、福島県で避難している小学生らの実情を伝える映像をもとに特別授業を実施した。

 健民小は、1999年の台湾中部大地震で校舎が倒壊した際、日本からの義援金で再建したことから、東日本大震災では「恩返しを」と呼びかけ、児童らが小遣いを出し合い、義援金約190万円を集めた。

 一方、「サーフィンが縁で台湾ファンになった」という鈴木さんは、ライフセービング日本選手権で優勝経験も持つスイマー。昨年9月、沖縄県・与那国島から台湾北東部の宜蘭県蘇澳まで100キロ以上を仲間5人と泳断し、被災地の感謝メッセージを届けた。

 「でも、それで終わりにはしたくなかった」

 今年1月末、勤務先のパナソニックの企画で、福島県の同じ避難先で学ぶ大熊町立大野小学校、熊町小学校の児童ら約60人に、自身の活動経験を講演する機会を得た際、「日台の児童交流につなげたい」と発案。

 自費で事前に台中を訪れ、健民小児童らの「一日も早く日常に戻れますように」との激励メッセージをビデオカメラで記録し、福島で紹介した。

 その際、福島の児童の感謝メッセージを寄せ書きパネルにまとめ、今度は自身の企画として再び台中を訪れ、贈呈したという。

 こうした活動は各方面で続いており、台湾に拠点を持つ日本企業では、岩手県釜石市のラグビー少年団を招き、台湾の少年との親善試合を計画。また台湾南部・高雄市の剣道家らは震災復興祈念世界大会を準備している。

 福島第1原発事故の影響で落ち込んだ台湾からの観光客も、1月は延べ12万6千人が日本を訪れ、前年比約30%増と、突出した伸びで回復しつつある。

 再び被災地に届けるため、特別授業の模様も映像で記録した鈴木さんは「被災地が身近に感じられた」という台湾の児童らの感想に包まれながら、「歴史的なつながり以上の絆が芽生えつつある」と実感したという。(台北 吉村剛史)

Snap67800186.jpg
Snap67800187.jpg


■震災後、日本への観光客が減らない台湾と、激減した韓国

これまでのニュースの中に、こんなくだりもありました。
「台湾から日本への旅行者は、震災のあともほとんど減っていない」と。

また地震が起こるかもしれない、放射能が心配だ…という理由で、
震災後、日本への観光客はかなり減ったことと思います。
それは人間なので「自分の身を守りたい」当然の流れだとは思います(悲しいですが)。

でも、台湾人の多くは、そんなことよりも、
「日本へ旅行に行って買い物をして応援したい」
という気持ちのほうが大きかったのではないでしょうか。
ほんとうに、なんとお礼を言ったらいいか…。

そしてここで対照的な例として、かの国が出てくるのですが…。
震災後、韓国からの観光客は前年比で43%も減少…ほぼ半分も減っています。


韓国を訪れた日本人が過去最多に、一方韓国から日本へは激減=韓国
yahooニュース(サーチナ) 3月13日(火)10時20分配信

 仁川(インチョン)空港出入国管理事務所は12日、日本で大地震が発生した昨年3月11日から今年の3月10日までの1年間で仁川空港を通じて入国した日本人が176万8779人になったと発表した。これは前年同期の158万8546人より11%増加した数値で、歴代同期比最高記録となった。複数の韓国メディアが報じた。

 昨年3月から5月までの約3カ月間は、仁川空港を通じた日本人入国者数は減少傾向を見せが、6月以降急激に増え始め、同年の12月には1カ月で16万人が入国するなど、2010年12月より37%も急増した。今年に入っても1~2月では、前年同月比でそれぞれ31%、35%増加、9カ月連続の増加行進が続いているという。

 一方、大震災後1年間、仁川空港を通じて日本に出国した韓国人は70万5920人で、一昨年の同期間の出国者数122万8117人より43%減少した。

 日本への出国者は急減したものの、韓国人の出国者数は901万3612人で、1年前の908万805人に比べて0.7%減にとどまった。これは日本の大地震と円高などにより、中国、東南アジア諸国などへ訪問先を変更したためと分析されている。同期間、韓国人が最も多く訪れたのは、中国の23.4%がトップで、次いで米国11%、タイ8.4% 、日本7.8%の順となった。(編集担当:李信恵・山口幸治)


この韓国の現金さは、今に始まったことではありませんが、気になることがあります。

日本から韓国への旅行者が9ケ月連続増加し、
震災後の1年間で過去最高を記録したということ。

韓国から日本に来ないのは、ある意味喜ばしいことだと思うのですが、
日本から韓国へ嬉々として旅行に行く人が増えるのは…危険な兆候です。
これは簡単には説明できませんが、治安・衛生・国民感情など、何がどう危険なのか、
聡明な日本人女性には早く気づいてもらいたいと願ってやみません。

私の心配している意味がわからないとおっしゃる方のために、
韓国の真の姿を伝えるサイトをご紹介しておきます。

これらのサイトに目を通していただいた上で、
「それでも韓国に行きたいわ~」と思われた場合は、それ以上お引き留めできませんが…。

韓国は『なぜ』反日か?
国民が知らない反日の実態
ミコスマ

■台湾タクシーも「韓国人お断り」

ところで、こんな(愉快な)ニュースがありました。
台湾タクシーでは「韓国人の乗車お断り」という運動を始めたそうです。
韓国が嫌いということも、日本と台湾は似ているのですね(笑)


「韓国人の乗車はお断り!」台湾タクシーの対応に韓国人激怒
livedoorニュース 2012年03月13日13時40分

「拒載韓国人(韓国人の乗車拒否)」こんな文字が台湾のタクシーに貼られていることが分かった。韓国のインターネット上で、大きな話題を呼んでいる。

12日、韓国のコミュニティーサイトに「台湾のよくあるタクシー」「台湾の反韓感情」などのタイトルで、台湾のタクシーの写真が投稿された。写真には女性がタクシーに乗車しようとしている場面が映っており、開いたタクシーの窓には「拒載韓国人、NO KOREAN PASSENGER」という韓国人の乗車を拒否する文字が書かれていた。

この写真がネット上で広まると、多くの韓国人ネットユーザーが台湾タクシーの対応に反発。「台湾はそんなに韓国人が嫌いなのか?」「私も台湾が嫌いだ」「幼稚だ」などのコメントが殺到した。

中には、「外国ではマナーを守ろうよ」「海外でK-POPや韓流は人気だけど、韓国人の市民意識のレベルはまだまだ低い」といった意見や、「日本はほかの国々から好かれているからうらやましい」「台湾は日本が好きだよな」「台湾は日本に植民地支配を受けたのになぜ親日なのだろう」などと日本と台湾の関係について議論する韓国人ユーザーもいた。

韓国メディアによると、台湾内の反韓感情は、韓国が中国と国交を結んだのを機に高まった。2004年に台湾の1人あたりのGDPが韓国を追い越した頃から、反韓感情は強まりをみせているという。

Snap67800193.jpg


このニュースの写真を大きくすると…なんと女性はビビアン・スー(笑)
ビビアン、グッジョブ(゚∀´*)b

きじ12

「韓国人乗客お断り」タクシーの登場を伝えるニュースもありました。

小黃挺君 標語貼「拒載韓國人」-民視新聞


■台湾の義援金呼びかけに感謝

このニュースで台湾も「韓国人お断り」であることを、笑顔で伝えてくれたビビアン・スーですが、
彼女もまた東日本大震災のときは、台湾のチャリティ番組に出演して、
日本への義援金を募ってくれていました。改めてご紹介しますね。

台湾のテレビで日本への義援金を呼びかけてくれたビビアン・スー
きじ11

馬英九総統(総統は大統領にあたる言葉らしいです)夫妻も義援金呼びかけを…
きじ17きじ13

台湾では街角、店内など至るところで日本への応援、義援金集めを…
きじ14きじ16

台湾のツイッターのメッセージ(´;ω;`)ブワッ
きじ15

■日本から台湾への感謝を伝える動画

大震災から1年目の2012.3.11、You Tubeや台湾のテレビで、
台湾の熱い支援に感謝するCMが流されました。
ここでご紹介するのはフルバージョンですが、You Tubeには30秒ほどの簡易版もあります。

日本311東日本大震災滿1年 感謝篇 (完整版)


Snap678000117.jpg
Snap678000118.jpg
Snap678000119.jpg
Snap678000120.jpg
Snap678000121.jpg
Snap678000122.jpg
Snap678000123.jpg

この動画の中にも、震災当日に生まれた赤ちゃんの成長した姿が見られます。
先日ご紹介した動画にも、同じ日に生まれた別の赤ちゃんが紹介されてました。
今日、うどん屋さんで目にした女性週刊誌にも、5人の成長が紹介されてました。

動画を見ながら微笑んでくれてる台湾の人たちの姿が目に浮かぶようです。
このCMで、少しでも私たちの感謝の気持ちが伝わればよいのですが…。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ

  1. 2012/03/16(金) 00:15:07|
  2. 東日本大震災関連|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「苦しい時の友こそ、真の友」韓国を持ち上げるマスコミに騙されないで

東日本大震災から1年目にあたる昨日(2012.03.11)、
その日を狙ったかのようにYou Tubeに投稿された動画。

「日本人の皆さん、地震で一瞬で死んでください」というメッセージ。
堂々と顔を出し、たどたどしい日本語で語るのは韓国人です。

これは許せません。

これを書いた記者も、その内容の非情さに、
記事を書きながら複雑な心境だったのかも知れません。

そんな韓国とは正反対に、
「日本加油(日本がんばれ)」と元気なエールを送ってくれた
台湾の小学生の映像も併せて紹介してくださってます。


韓国人(?)「日本人の皆さん、地震で死んで下さい」と言う動画がネットにアップされ日本人激怒!
ガジェット通信 2012.03.11 20:00:52

本日3月11日は昨年起きた東日本大震から丁度1年である。3月11日の14時46分頃に発生した地震により、東北地方の方だけでなく、首都圏でも交通が麻痺するなど混乱状態が続いた。首都圏では数日で落ち着きを取り戻したが、東北では未だに被災者が数多くいるというそんな大震災。

そんな今日を狙ってとある動画が公開されたのだ。動画をアップしたのは韓国人らしい男性。内容は次のようなメッセージだ。

ハーイ 日本人たちよ、こんばんは。
あなたは既に、被曝されているんですか? え~ ホントに怖いねえ。
もうすぐ東京にも 大地震が発生して、もう死んでしまうのですか? あー それだと良かったです。
私は人を殺すことを想像し、頻繁にすれば その存在が日本人でした。
私は実際に日本人を殺すことはないと思った。
自分で自滅してくれるんだな、この民族は。あー気持ちいい。
それではこれから日本の復興をずっと見守りながら、楽しんでまいります。
一瞬で死んでください、日本人の皆さん。


という酷い内容のメッセージ動画が公開されている。もちろんこれを見た日本人は激怒。台湾からは激励されこれから復興していこうと頑張って行く矢先にこの様な酷い動画が投稿されたわけだ。元の動画は削除されているが、既にほかのユーザーにより転載され、ニコニコ動画にも広まっている。多少のことで怒らない日本人だが、さすがにこの動画には激怒したようだ。「Twitterで拡散して特定しよう」「平壌運転」「ゾイド板から来ました ゾイド板幹部だけど俺にできることはあるか?」などとコメントされている(ニコニコ動画側)。不謹慎過ぎるこの動画だが、動画を録画し『YouTube』に公開していることから『Twitter』でよくあるようなウッカリ発言ではごまかされないだろう。

この韓国人らしい男性は何かの原稿を見ながら発言していたようで終始目線が下向きだった。事前に中傷メッセージを考えていたのだろうか。現時点ではこの男性が韓国人なのか、日本人なのかは特定できていない。
台湾の激励動画も貼っておいたので気分が悪くなった人はそちらをご覧頂きたい。

韓国人「日本人の皆さん、地震で死んで下さい」
日本加油!台湾小学校一年生、みんな 「日本 頑張れ」
http://youtu.be/UAlJCBI6vQI

韓国の青年がYouTubeで「日本人の皆さん地震で死んで下さい」とメッセージ


日本加油!台湾小学校一年生、みんな 「日本 頑張れ」


※画像はYouTube動画より引用。
※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。


これで思い出したのが、
昨年の「日本の大地震をお祝います」という横断幕。


C大阪怒り心頭 スタンドの「大地震をお祝い」横断幕に抗議
スポニチ2011年9月28日 06:00

ACL準々決勝第2戦 C大阪1-6全北 (9月27日 全州)

 全北のスタンドに心ない言葉が書かれた横断幕が掲げられ、C大阪側が抗議するハプニングがあった。

 「日本の大地震をお祝い(し)ます」などと東日本大震災を中傷する内容で、C大阪側の指摘を受けて前半途中に撤去されたものの、C大阪関係者は怒り心頭だ。

 ベルギー1部リーグではリールセの日本代表GK川島がゲルミナル・ベールショットのサポーターから「フクシマ」と連呼されて問題になったばかり。C大阪側は試合後、AFCに抗議文を提出した。

bcff6f05.jpg


東日本大震災に関するだけでも、
韓国は個人レベルでこれだけ世間を騒がすほどの反日行動を見せるのです。

韓国が日本を侮辱する写真は他にもたくさん見たことがあると思って、
今も検索してみたのですが…集めているうちに気分が悪くなってしまいました。
なので、写真は極小サイズにてご紹介させてください。

日の丸を侮辱する韓国人、日本人を殺せと動物を惨殺して抗議する韓国人
ひのまる1ひのまる2ひのまる4ひのまる6ひのまる3ひのまる5

テレビをつけると、当たり前のように流れるK-POPや韓国ドラマ。
日本と同じ土俵で、日本人と人気を互角に分け合っているかのような刷り込み。

悲しいことに、テレビが情報源の人たちの何割かは、
韓国人は優しい、カッコイイ、と思い込んでいるのも事実です。

私は、テレビで韓国を垂れ流されるたびにうんざりしています。

韓国の国民性を知らず、素直に洗脳されて韓流ファンになった人たちに、
いきなり韓国の実態を話しても、信じてもらえないでしょう。
私自身も、好きになったら誰がなんといっても自分の好き!を信じるタイプですから。
無理に気付かせようとしても、北風と太陽の話のように逆効果になる可能性があります。

でも。

それでも一人でも多くの日本人に、韓国の実態を知ってもらいたいと強く願います。

もちろんほんとうに善意から寄付をしてくださった韓国人もいるでしょう。
その一人ひとりには、心から感謝しています。

ただ、その他大勢の、ほとんどの韓国人の本音は、
「日本沈没」「地震をお祝います」「地震で死んでください」だということは、
これまで自分なりに調べた情報から判断すると、間違いないと思います。

最初のニュースで、
最後に台湾の可愛い子供たちが日本を励ましてくれましたね。

地震発生から現在に至るまで、
韓国からは日本を呪うメッセージばかり届きました。

反対に、この台湾と日本は、長く親交が続いているというニュースです。
(記事自体は昨年のものですが、今も友好関係は続いていますね)


謝意広告が掲載されなくても、民間レベルの"善意"が続く日本と台湾
サイゾーウーマン 2011年4月27日

 東日本大震災で未曾有の被害を受けた日本を少しでも助けたいと、震災直後から義援・支援活動を続けている台湾。台湾の王金平立法院長(国会議長)は20日に義援金が142億円を超えたと発表しており、その額は今も増え続けている。

 日本政府は、震災から1カ月経った4月11日に、海外6カ国7紙の新聞に「震災支援を感謝する」広告を掲載したが、多額の義援金を集めた台湾の新聞には掲載されなかった。このことを受けて、日本人女性がTwitterで「謝謝台湾計画」を立ち上げ、その経緯は台湾でも報道されている。

 「台湾の2ちゃんねる」とも言われる掲示板「PTT」などでは、少し前から「2ちゃんねる」に書かれた台湾への感謝の声などが紹介され、「感謝してほしくてやっているわけではない。でも実際にこういう書き込みを見ると、うれしくなる」「自分はお金がない学生だから、50元しか出せなかった。ありがとうと言われる資格はないけれど、とてもうれしい」と、ユーザーたちが書き込んでいた。

 有志がお金を出し合い、台湾の大手新聞に日本人からの感謝広告を掲載しようという「謝謝台湾計画」に対しても、「PTT」ユーザーたちからは、「うわべだけでなく、政治的な意図もない、真の感謝だ。日本人と台湾人の真の友情が生まれた」と称賛する声が多く上がっている。

 日本政府は「菅直人総理が台湾の総統に向けて感謝を表明した」と説明しているが、台湾政府も「菅直人首相と日本交流協会(領事館・大使館にあたる)の今井正代表から、馬英九総統、呉敦義行政院長、外交部長あてに、心のこもった感謝状が贈られた」と発表し、もう十分に謝意は示してもらったと伝えた。

 日本が台湾に「謝意」広告を出さなったのは、日本が中国に配慮したとの見解が広がっているが、台湾も中国との政治的な関係についてはあまり触れてほしくない部分であり、日本政府の今回の対応を非難する声は上がっていない。ニュースサイトにも「震災からまだ1カ月しかたっていない。感謝してくれたかなんてことよりも、これから我々が何をできるかが大切だと思う」「謝意が、我々の新聞に掲載されないことなど重要ではない。気にしていない」というコメントが寄せられている。

 なお、今回の台湾から多くの支援・義援を受けたことに関して、親台議員として知られる中津川博郷議員が、「台湾のみなさまがたに、心から御礼申し上げます。ありがとうございます。日本の政府を代表して」と感謝の意を述べていることがニュースで流れており、台湾では、日本政府からはきちんとしたお礼をもらっていると受け止めているようだ。

 4月14日には日本の大手旅行会社H.I.S.が、読売新聞に「ありがとう。台湾の皆さん。」という見出しの大きな広告を掲載したことも、台湾では大々的に報じられた。この広告のサブタイトルは、「世界の国々や地域の方々に感謝の気持ちを」で、内容は世界中の子どもから大人まで多くの人々が日本を支援してくれている、私たちも彼らの国を訪れて観光という形でお礼をしよう、そして日本も元気を取り戻していこう、というもの。最後に「今回の震災に対して、台湾の方々から支援していただいている様々なこと」と、一覧表が掲載され、その下の広告欄にいくつかの台湾旅行パッケージツアーが紹介されていた。

 この広告を、台湾では「中央日報」をはじめとする大手メディアが報道。「台湾に感謝するだけでなく、台湾を旅行しようと呼び掛けてくれている」と伝えた。中央日報は、アメリカの「トモダチ作戦」や世界で最も貧しい国の一つであるアフガニスタンからの支援など、多くの国々が日本の震災に対して手を差し伸べていると前置きした上で、「しかし、日本が一番驚いているのは台湾からの支援のようだ」と言及。多くの日本人が台湾人の気持ちを受け止めていると報じた。

 その約1週間後、この報道を裏づけるようなニュースが流れた。20日から22日まで開催されていた「台北國際安全博覽會」を訪れたネットユーザーが、同博覧会に出展していた某日本企業の社員たちが、台湾人に感謝するメッセージが書かれたTシャツを着ていたと、掲示板「PTT」に写真とともに紹介したのだ。

 背中側に中国語で「日本国民を支援してくれた、台湾人のみなさまに、心より感謝します、ありがとう」という文章と、日本と台湾の旗がプリントされているこのTシャツを見た「PTT」ユーザーたちは、「感謝してもらいたいわけではないが、実際にこういうメッセージを見ると胸が熱くなる」「日本人と台湾人の絆が一層深まった」などと称賛。

 ネットでの反響を受けて、大手メディアでもこのことが報道された。「自由時報」は、このTシャツを作って着ようと提案したのは、社長の男性だと伝え、男性の「台湾には何度も仕事で来ているので、台湾の人がどれだけ親切なのかはずっと前から知っていますよ」「ただ、今回の震災では本当に多くの台湾の人が支援してくれたので、それを伝えたかっただけです」というコメントも紹介した。

 台湾は日本の震災による経済的打撃を大きく受けており、放射能汚染に関する被害も受けている。台湾第二の都市・高雄では、魚の売れ行きが落ちて値段も下がり続けており、漁師たちが頭を悩ませていると報じられている。しかし、日本を非難したり攻撃する発言は出ていない。

 先日、米「TIME」誌恒例の特集「世界で最も 影響力のある100人」が発表されたが、その中に、台湾佛教慈済基金会の代表・證嚴法師が選出されていた。73歳になる證嚴法師は、国内外で震災が起こると、すぐに支援行動を起こすリーダーとしても知られており、今回の日本の震災でもいち早く立ち上がっている。

 台湾佛教慈済基金会の日本支援活動は、震災から1カ月以上たった今も続いている。そして、ネットでは「復興に向けて動き出した日本に、私たちは何ができるのか」という議論が交わされている。台湾からの温かい励ましは、今後もまだまだ続きそうだ。

tiwanhis.jpg
台湾のヤフーで紹介された、H.I.S.の広告


「苦しい時の友こそ、真の友」といわれます。

苦しくて、途方に暮れていたとき、
真っ先に温かい手を差しのべてくれたのが台湾でした。
何の見返りも求めない、無償の愛でした。

今では200億円を超えたといわれる台湾からの義援金。
台湾には、何度ありがとうと言っても足りません。

すみません。
つい私は韓国と台湾に限定した記事になってしまうのですが(汗)、
暖かい手は、台湾だけでなく、世界中から届いたことももちろん知っています。

そこで、動画の力をお借りして、
たくさんのパワー、善意が存在したことをご紹介できればと思います。
ここから、動画を3つ、ご紹介します。

1つ目は、自衛隊のパワー。本当に頭が下がります。ありがとうございます。
2つ目は、日本中のいたるところに存在する見えない英雄のパワー。人は優しい。

3つ目は…世界中から駆けつけてくれた救助隊のパワー
そして実際の被災者の方々の「ありがとう」の肉声が収められてます。
この動画は、全文を文字に起こし、画像をたくさんキャプチャしてしまいました。
ひとつひとつの場面に、大きな意味を感じ、泣いてしまいました。

ありがとう!自衛隊! 東日本大震災における救援活動


697 UNKNOWN HEROES - 知られざる英雄たち - 東日本大震災の復興に


次の動画は銀色の侍魂様ブログで知りました。

被災地から送られた『ありがとう』に外国人涙・涙・涙



3.11 2:46pm 「地震だ」

地震はM9の大地震だった
しかしそれは始まりに過ぎなかった

津波は高さ40mを超え内陸6kmまで浸水
建物27万戸以上が全半壊
38万人以上が避難所暮らしを余儀なくされた
行方不明者3,824名
死者15,824名

3.11 全ての希望は失われた ほぼすべて

宮城県石巻市 現在
万石浦小学校

地震が起きた時生徒達は学校で授業を受けていた

「あんなでっけぇ地震なかったから」
「初めてだから」
「おっかなかった」
「テイラー先生は凄い優しくて、地震があったときも凄い励ましてくれた」
「大丈夫だよって励ましてくれた」
「大丈夫だよって」

テイラー・アンダーソンさん(24)は彼等の英語教師であった
彼女は生徒達を校庭に避難させ、
両親が迎えに来るまで彼等の元を離れなかった
その後自宅へ戻ろうと学校を離れたが、
直後に津波が石巻を襲い、彼女は帰らぬ人となった

「優しい先生でした」
「授業も面白くって」
「英語を間違っても大丈夫だよって」

彼女が助けた生徒達は来春学校を卒業し巣立っていく

我々を助けてくれたのはテイラー先生だけではなかった
本当にたくさんの人達が遠くからやって来てくれた

140 Aircraft, 20 U.S. naval Ships, 19,703 Sailors and Marines
USA Search & Rescue Team

Germany Federal Agency for Technical Relief
New Zealand Task Force Urban Search and Rescue
Chinese International Search and Rescue
South Africa Rescue South Africa
Canadian Medical Assistance Teams

イスラエルは医師団と最高の医療機器を派遣
南三陸で医療活動を展開した

3.11 私達は本当の絆の意味を知った

それでは
東北の人達から大切な友達たちへのメッセージをお届けします

ありがとう
あなたたちのおかげでたくさんの命が救われました ありがとう
水や毛布、あったかいコーヒー
そして何よりも愛と勇気を 
愛と勇気を
たくさんの愛と勇気を
本当にありがとう
まだまだ先は長いけれど
少しずつ
少しずつ
少しずつ進んでいきます
これからも応援してください

私達は
私達は
僕は
俺たちは
あなたたちのことを
あなたたちのことを
先生のことを
先生のことを
決して
決して
決して忘れません
皆さまの…(絶句)
ありがとうございました
本当にありがとうございます

2011年3月11日石巻生まれ
年齢8ケ月 身長68cm
新しい希望は今日もすくすくと育っている

ありがとう

2011.03.11東日本大震災
Snap67800148.jpg
Snap67800149.jpg
Snap67800150.jpg

生徒を避難させ、帰らぬ人となったテイラー先生
Snap67800151.jpg

米国によるトモダチ作戦 operation tomodachi
Snap67800152.jpg
Snap67800153.jpg
Snap67800154.jpg
Snap67800155.jpg

ドイツ、ニュージーランド、中国、南アフリカ、カナダ、イスラエルからの救助隊
Snap67800156.jpg
Snap67800157.jpg
Snap67800159.jpg
Snap67800160.jpg
Snap67800161.jpg
Snap67800162.jpg

世界中から届く祈り
Snap67800163.jpg
Snap67800164.jpg

3.11 私達は本当の絆の意味を知った
Snap67800165.jpg

東北の人たちから「ありがとう」
Snap67800166.jpg
Snap67800167.jpg
Snap67800168.jpg

復興しつつある道路、空港
Snap67800169.jpg
Snap67800180.jpg
Snap67800170.jpg
Snap67800171.jpg
Snap67800172.jpg
Snap67800173.jpg

収穫、実りの喜び
Snap67800174.jpg
Snap67800176.jpg
Snap67800177.jpg

ありがとう 震災の日生まれた命
Snap67800178.jpg
Snap67800179.jpg

世界中から集まった善意とパワーを、
こうやって動画にまとめてくださった職人様、ありがとうございます。
語り継いでいきたい動画ですね。

最後の動画に書かれたコメントから、2つご紹介します。
ひとつは、この未曾有の状況の中でも日本を攻撃する韓国と、そんな韓国を支援する政府について。
もうひとつは、実際に被災された方が政府に感じた不甲斐なさです。

世界中の善意には深く感謝しつつ、
真の友達と偽りの友達を見分ける力も必要だと思いました。



【大震災の日本から韓国に5兆円経済支援】

知らない人が居るようですので書いておきます。
・韓国は、日本の大震災の混乱に乗じて、竹島に『独島海洋基地­­­­­­』を建設しました。
・韓国には、大震災でボロボロの日本から『5兆円』の経済支援が­­行われました。
このお金は本来は”震災復興に使われるべき”お金でした。
そして、それに対して感謝の言葉すら無いどころか、
大統領が、「従軍慰安婦に謝罪と賠償をしろ!」と恫喝をしてきま­­した­­­­。
震災で亡くなった多くの人達の為にも知っておいて欲しいのです。



あした3.11がやってきます。
午後2時46分、今と同じように­、PCに向かっていました。ここ岩手の小さな海岸の町で。
今動画を見て、ああ、よく生きていたなあ、と不思議な思いです。
涙がとまらくなった。

アメリカ軍の友達作戦を政治的意図で考え、­あれこれ言う人もいますが、
あの時の彼らの行動は、日本政府などよりはるかに迅速強力でした­。
感動しましたね、アメリカ艦隊の雄姿を見、われわれを助けに来て­くれたんだとわかったときは。 
民主党政権は、逆でしたから。。。。いまだに、見捨てたままです­。。。。




更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ

  1. 2012/03/13(火) 00:14:41|
  2. 東日本大震災関連|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

東日本大震災からはや一年ですね…

東日本大震災からちょうど1年が経過しました。

あの日の出来事を、私たちは忘れてはなりません。

多くの悲しみを生んだことも事実ですが、
同時に世界から差しのべられる救いの手に支えられました。

当時のことを、写真とニュースで振り返りたいと思います。

まずは当時、津波が発生した瞬間の写真。
辛いので見たくないという方もいらっしゃると思います。
その場合は、最初の4枚の写真は飛ばしてください。

次は、瓦礫から再生へ向かっている写真です。
毎日新聞のカメラマンがとらえた、同じ場所で変化を追っていく「定置観測」の写真。

無残な姿を晒した街から、
瓦礫が取り払われ平地になる様子、
その平地に仮設商店などの白い建物ができる様子。
寒い冬から緑が芽生えて…景色も変わっていきます。

政府の復興支援はいろいろと遅れていると思いますが、
こうやって現地では、ボランティアや派遣などで地道に復興が進められているのですね。

日本のパワーを感じる写真です。



■津波発生の瞬間

岩手県宮古市の堤防を乗り越えた大津波〔岩手県宮古市提供〕
Snap67800144.jpg

「ドン」という音とともに押し寄せた大津波。目の前にあったものを全てのみ込んだ
(福島・南相馬市小高区)[富沢貞嗣さん提供]
Snap67800145.jpg

岩手県宮古市の藤原防波堤灯台。津波により潮位が変化してゆく〔海上保安庁提供〕
Snap67800142.jpg
Snap67800143.jpg



■瓦礫から再生へ

時事ドットコム 東日本大震災 定点観測より

【津波と火災で焼け野原となった住宅街=宮城県気仙沼市の鹿折地区】

2011年3月12日午前8時12分、手塚耕一郎撮影
Snap67800121.jpg

2011年9月5日、手塚耕一郎撮影
Snap67800124.jpg

2012年2月29日、森田剛史撮影
Snap67800125.jpg



【津波と火災で町が廃墟と化した宮城県気仙沼市の鹿折地区=宮城県気仙沼市】

2011年3月12日午前8時19分、手塚耕一郎撮影
Snap67800126.jpg

2011年9月5日、森田剛史撮影
Snap67800127.jpg



【大型船舶が流れ着き、大規模な火災が起きた鹿折地区=宮城県気仙沼市】

2011年3月17日午前11時6分、森田剛史撮影
Snap67800128.jpg

2012年3月6日、梅村直承撮影
Snap67800129.jpg



【火災で焼け焦げた臭いが漂う山田町の中心部=岩手県同町】

2011年3月16日午後0時1分、森田剛史撮影
Snap67800134.jpg

2012年3月6日、長谷川直亮撮影
Snap67800135.jpg



【津波に運ばれた車やがれきなどが市街地に散乱した=岩手県釜石市大町】

2011年3月12日午前7時半ごろ、鬼山親芳撮影
Snap67800137.jpg

2011年9月1日午前8時52分、小関勉撮影
Snap67800138.jpg



【地震による津波で土砂に埋もれた土地を見まわる人たち=福島県南相馬市原町区上渋佐】

2011年3月12日午前7時50分、武市公孝撮影
Snap67800139.jpg

2011年9月1日午後3時10分、木葉健二撮影
Snap67800140.jpg

2012年2月15日、武市公孝撮影
Snap67800141.jpg



■震災から1年の今日、各地で開催された行事

震災から1年となる今日、各地で追悼式が行われました。

■天皇陛下のお言葉(1周年追悼式・千代田区国立劇場)


東日本大震災:天皇陛下のお言葉 1周年追悼式
毎日新聞 2012年3月11日 15時14分

 東京都千代田区の国立劇場で行われた東日本大震災1周年追悼式で、天皇陛下が述べられたお言葉は以下の通り。

         ◇ 

 東日本大震災から1周年、ここに一同と共に、震災により失われた多くの人々に深く哀悼の意を表します。

 1年前の今日(こんにち)、思いも掛けない巨大地震と津波に襲われ、ほぼ2万に及ぶ死者、行方不明者が生じました。その中には消防団員をはじめ、危険を顧みず、人々の救助や防災活動に従事して命を落とした多くの人々が含まれていることを忘れることができません。

 さらにこの震災のため原子力発電所の事故が発生したことにより、危険な区域に住む人々は住み慣れた、そして生活の場としていた地域から離れざるを得なくなりました。再びそこに安全に住むためには放射能の問題を克服しなければならないという困難な問題が起こっています。

 この度の大震災に当たっては、国や地方公共団体の関係者や、多くのボランティアが被災地へ足を踏み入れ、被災者のためにさまざまな支援活動を行ってきました。このような活動は厳しい避難生活の中で、避難者の心を和ませ、未来へ向かう気持ちを引き立ててきたことと思います。この機会に、被災者や被災地のために働いてきた人々、また、原発事故に対応するべく働いてきた人々の尽力を、深くねぎらいたく思います。

 また、諸外国の救助隊をはじめ、多くの人々が被災者のためさまざまに心を尽くしてくれました。外国元首からのお見舞いの中にも、日本の被災者が厳しい状況の中で互いに絆を大切にして復興に向かって歩んでいく姿に印象付けられたと記されているものがあります。世界各地の人々から大震災に当たって示された厚情に深く感謝しています。

 被災地の今後の復興の道のりには多くの困難があることと予想されます。国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくようたゆみなく努力を続けていくよう期待しています。そしてこの大震災の記憶を忘れることなく、子孫に伝え、防災に対する心掛けを育み、安全な国土を目指して進んでいくことが大切と思います。

 今後、人々が安心して生活できる国土が築かれていくことを一同と共に願い、御霊(みたま)への追悼の言葉といたします。

K10036392011_1203111704_1203111704_01.jpg
写真はNHKよりお借りしました


■野田佳彦首相の式辞(1周年追悼式・千代田区国立劇場)


東日本大震災:野田佳彦首相の式辞 1周年追悼式
毎日新聞 2012年3月11日 15時28分

 東京都千代田区の国立劇場で行われた東日本大震災1周年追悼式で、野田佳彦首相が述べた式辞は以下の通り。

       ◇

 本日ここに、天皇、皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、東日本大震災1周年追悼式を挙行するに当たり、政府を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。

 多くの尊い命が一時(いちどき)に失われ、広範な国土に甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から、1年の歳月を経ました。 亡くなられた方々の無念さ、最愛の家族を失われたご遺族の皆様の深い悲しみに思いを致しますと、悲痛の念に堪えません。ここに衷心より哀悼の意を表します。また、今もなお行方の分からない方々のご家族をはじめ、被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。亡くなられた方々の御霊(みたま)に報い、そのご遺志を継いでいくためにも、本日、ここに三つのことをお誓いいたします。

 一つ目は、被災地の復興を一日も早く成し遂げることです。 今もなお、多くの方々が、不自由な生活を余儀なくされています。そうした皆様の生活の再建を進めるとともに、生まれ育ったふるさとをより安全で住みよい街として再生させようとする被災地の取り組みに最大限の支援を行ってまいります。 原発事故との戦いは続いています。福島を必ずや再生させ、美しいふるさとを取り戻すために全力を尽くします。

 二つ目は、震災の教訓を未来に伝え、語り継いでいくことです。 自然災害が頻発する日本列島に生きる私たちは、大震災で得られた教訓や知見を、後世に伝承していかなければなりません。今般の教訓を踏まえた全国的な災害対策の強化を早急に進めてまいります。

 三つ目は、私たちを取り結ぶ「助け合い」と「感謝」の心を忘れないことです。 被災地の復興には、これからも、震災発生直後と同様に、被災地以外の方々の支えが欠かせません。また、海外からの温かい支援に「恩返し」するためにも、国際社会への積極的な貢献に努めていかなければなりません。 我が国の繁栄を導いた先人たちは、危機のたびに、よりたくましく立ち上がってきました。私たちは、被災地の苦難の日々に寄り添いながら、共に手を携えて、「復興を通じた日本の再生」という歴史的な使命を果たしてまいります。

 結びに、改めて、永遠に御霊の安らかならんことをお祈り申し上げるとともに、ご遺族の皆様のご平安を切に祈念して、私の式辞といたします。

Snap67800146.jpg
東日本大震災の追悼式が行われる国立劇場に到着した野田首相
=11日、東京都千代田区(ロイター)



■奇跡の一本松でも黙祷(岩手・陸前高田)


奇跡の一本松でも黙祷、献花「安らかに」 岩手・陸前高田 
産経ニュース 2012.3.11 16:47

 津波に耐え奇跡的に残った岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」には、11日の朝から多くの人が訪れ、献花や黙祷(もくとう)をささげる光景がみられた。

 近くの空き地には常に100台ほどの車が停車。京都や北海道といった全国各地のナンバーがあった。

 喪服姿の人も数多く、一本松に手を合わせ涙ぐんでいた。一本松を撮影していた仙台市の会社員、沢口まり子さん(27)は「空に向かって伸びている姿を見ると、前向きな気持ちになれた」と語った。

 地震発生の午後2時46分になると、近くにいる海上の船から汽笛が鳴らされ、一本松に向かい、約100人が黙祷した。岩手県奥州市の会社員、佐藤洋平さん(27)は「1年前と違い、青空の下で海も穏やかだったので、亡くなった方に『安らかに眠ってください』と祈った」と話した。

dst12031116500030-p1.jpg


■宮城県三陸町の防災庁舎でも献花(宮城・南三陸)


「未希ちゃん、また来たよ」「早く壊して…」 花束に埋まる防災庁舎 宮城・南三陸
産経ニュース 2012.3.11 14:15

 東日本大震災の津波で町職員ら41人が犠牲になった宮城県南三陸町の防災庁舎には11日、朝から多くの遺族らが訪れ、殉職者の冥福を祈って手を合わせた。

 鉄骨がむき出しになった3階建ての防災庁舎は、供えられた花束ですぐにいっぱいになった。遺族、友人、仕事の同僚…。庁舎前にしばらくたたずむと、涙で目を赤くした。

 高さ12メートルの津波が到達するまで、防災無線で避難を呼び掛け続けた町職員、遠藤未希さん=当時(24)=の専門学校時代の同級生4人も喪服姿で訪れ、献花した。同県加美町の介護士、安藤香都里さん(25)は「『また来たよ』って話しかけた。本当は逃げてほしかったけど、未希ちゃんの声でみんなが助かったなら…」。

 町職員になってまだ1年目だった井上翼(たすく)さん=同(23)=のはとこ、小瀬良(こせら)茜さん(34)は仙台市の仮設住宅から訪れ、花束と缶ビールを供えた。「ビールは弱かったけど、好きでよく飲んでいたから。この建物をみると、翼のことを思い出してつらい。早く取り壊してほしい」と涙ぐんだ。

dst12031114190016-p1.jpg
dst12031114190016-p6.jpg
東日本大震災発生から1年。宮城県南三陸町の防災対策庁舎には多くの人が訪れ、手を合わせていた
=11日午前、宮城県南三陸町(松本健吾撮影)



■原発20キロ圏内で慰霊祭(福島・大熊)


原発20キロ圏内で慰霊祭 防護服姿からのぞく目に涙「まだ夢のよう…」 福島・大熊
産経ニュース 2012.3.11 14:19

 東京電力福島第1原発事故で役場ごと福島県会津若松市に避難している大熊町は11日午前、警戒区域に指定されている同町内で現地慰霊式典を開催した。式典では津波で家族を亡くした遺族による献花のほか、町役場敷地内で復興を願いサクラの植樹も行われた。

 ひしゃげたガードレール、折れた電柱、つぶれた車…。式典会場の周囲には今も生々しい傷跡が残っていた。会津若松市の仮設住宅から参加した木村巴さん(73)は、津波で夫の王太朗さん(77)と義娘の深雪さん(37)を失い、孫の汐(ゆう)凪(な)さん(7)は今も見つかっていない。「まだ夢の中にいるようで、こんなに短い1年はなかった」と振り返った。

 木村さんは式典後、基礎だけが残った自宅跡に3つの花束をささげ、肩を振わせた。「原発事故で立ち入りできず孫を捜せなかったことが悔しい。まだ孫がどこかで生きているのではという気持ちが消えない」。放射線防護服からのぞく目から涙があふれた。

 その後、町役場で遺族らによる植樹祭が行われ、復興への希望と慰霊の気持ちを込めたヨウコウザクラ(陽光桜)10本が植えられた。木村さんは「いつかこの木が大きく育って、孫の世代にきれいな花を見せてほしい」と願った。

 同町では津波で9人が死亡、1人が行方不明になった。式典は原発から約1キロの同町夫沢地区などで行われ、遺族3人や町関係者ら15人が参加した。

dst12031114210017-p1.jpg
dst12031114210017-p3.jpg
dst12031114210017-p4.jpg
福島第1原発事故の警戒区域内で行われた大熊町の追悼式。海に
向かって弔辞が述べられた=11日午前、福島県大熊町(古厩正樹撮影)



■東電社長、福島第1原発訪問、黙祷、謝罪


東電社長、福島第1原発訪問 黙祷、謝罪も被災者には会わず
産経ニュース 2012.3.11 15:40

 東日本大震災から1年を迎えた11日、東京電力の西沢俊夫社長は福島第1原発を訪れ、「事故で社会の皆様に大変なご迷惑をおかけしている。心よりおわびします」と謝罪した。

 作業服姿の西沢社長は、第1原発の免震重要棟の緊急時対策室で、午後2時46分から約1分間にわたって黙祷(もくとう)し、約200人の作業員らを前に「まだまだ長く厳しい道のりは続く。1人1人が被害者の気持ちを心に刻み、安全最優先で、難局に一致団結して取り組みたい」と訓示。さらに、「賠償について厳しい状況にあるが、被害に遭われた方の思いを受け止め、迅速、適切な賠償に最大限努めたい。事故以降、厳しい意見を多数頂いている。真摯(しんし)に受け止め、正すべきは正して参りたい」と反省の弁を述べた。

 訓示は社内のテレビ会議で東京・内幸町の本店や各支店などに中継され、本店では同社幹部ら約150人が神妙に聞き入っていた。

 この日、第1原発と第2原発を訪問した西沢社長だが、被災者との対話や記者会見は行わない予定だ。

 記者会見は相沢善吾副社長が東電本店で午後5時から開催し、この1年間の取り組みを説明するという。

dst12031115420025-p1.jpg
震災発生時刻に合わせて黙とうした後で、社員らに訓示する
東京電力の西沢俊夫社長=11日午後2時47分、東京・内幸町の本店



■東電前では「ふくしま返せ」の抗議(東京)

東電社長も福島第1原発を訪問し黙祷と謝罪を述べられました。
一方、東電の会社の前には、「ふくしまを返せ」という抗議が行われていました。


「ふくしま返せ」「すべて廃炉に」=50人が東電前で抗議-東京
時事ドットコム 2012/03/11-14:27)

 東京電力本社(東京都千代田区)では、市民団体のメンバーらが全原発の廃炉や避難者への十分な賠償を改めて訴えた。
 本社前には、インターネットでの呼び掛けに応じた50人ほどが参集。「ふくしまを返せ」などと書かれた横断幕を掲げた。参加者の1人が「すべての避難者に賠償しろ」と訴えると、大きな拍手が上がった。

Snap67800120.jpg





これら追悼・抗議が行われた以外にも、
当時日本を支援してくれた海外への感謝の広告も配信されました。

まずは、台湾への感謝を伝えるニュースです。

■「ありがとう、台湾」被災者がテレビCMでメッセージ


「ありがとう、台湾」=被災者がテレビCMでメッセージ
時事ドットコム 2012/03/10-06:01

 【台北時事】台湾のみなさん、ありがとう-。東日本大震災の被災者に多額の義援金を寄せてくれた台湾の人々に感謝するため、震災発生から丸1年となる11日から、被災者本人の出演するテレビCMが地元主要局で1週間放映される。企画した日本の対台湾窓口交流機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)によると、こうしたCMを放映するのは世界でも台湾だけという。
 CMには、震災当日に生まれた乳児と両親、漁師、木工職人といった被災者が出演。復興しつつある自身の生活を紹介するとともに、「台湾のみなさんのおかげで元気になれた。支援をありがとう」などとするメッセージを伝える。CMはテレビのほか、インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」や屋外モニター、地下鉄でも放映される。

view2256990.jpg


■「温かい支援を忘れない」在韓大使館が新聞広告…これは微妙な気持ちでした(石ころ)

そして…韓国へも感謝の広告が出されました。
このニュースタイトルを見たとき、自分の中では物凄い違和感が渦巻いてました。


「温かい支援を忘れない」=大震災1年で感謝の新聞広告―在韓大使館
Yahooニュース 時事通信 3月9日(金)7時10分配信

 【ソウル時事】在韓国日本大使館は11日に東日本大震災から1年となるのを前に、9日付の韓国紙、中央日報、朝鮮日報、東亜日報に「最初に温かい手を差し伸べてくれた韓国国民の皆さんを日本国民は永遠に忘れない」と謝意を表す広告を掲載した。
 韓国では、政府が真っ先に救援隊を派遣しただけでなく、国民挙げて義援金を提供する動きが広がった。広告には、絵を描く被災地域の子どもや復旧した仙台空港、昨年世界遺産登録が決定した岩手・平泉の中尊寺など6枚の写真を掲載し、着実に復興が進み、観光地として魅力に富んでいることもアピール。「ぜひ日本を訪ね、活気に満ちた姿を確認してください。私たちは皆さんと手をつなぎ、ともに前進したいと思っています」と強調している。 

20120309192846407.jpg


■韓国へ謝意を伝えることに違和感を覚える理由

当時は、テレビを見る限りでは、
「韓国はいち早く救助隊をよこし、多くの義援金を送ってくれた」とされてました。

でも、テレビで報道されないところでは、
韓国の支援がテレビの通りでないことを知りました。

いち早く「救助をしたい」と申し出てくれたのは台湾
日本政府はそれを2日間も許可せず、台湾の救助隊は空港で待ち続けました。

中国へ配慮して…という理由らしいですが、
一刻を争う事態に、そんな体裁を気にする暇などあってはなりません。

結局、台湾の救助隊が日本に到着したのは2日後。
韓国と中国の救助隊が入国したあとでした。

テレビでは「いち早く救助にかけつけてくれた韓国」と繰り返しました。
でもそれは捏造された事実です。

韓国・中国の顔を立てるために浪費した2日間に、
台湾の救助隊によって助かった命もあったのではないかと思います。

このことは、「中韓をなぜ特別扱いするのか!」ということで、
ネットでは問題になりました。そのニュースです。

■中国と韓国の顔を立てるために台湾救助隊を2日も足止めした日本


国賓待遇の救助隊って…中韓をなぜ特別扱いするのかっ!
ZAKZAK 2011.03.14

 東日本大震災の被災者を救出するため、世界各国から緊急救助隊が駆け付けているが、なぜか、中国と韓国の救助隊だけを外務副大臣が空港で出迎えていたことが分かった。菅政権の特異な感覚が明らかになった。

 韓国の救助隊(5人)は12日、中国の救助隊(15人)は13日に羽田空港に到着。それぞれ、高橋千秋副大臣と伴野豊副大臣が出迎えたという。同盟国であり、空母ロナルド・レーガンや多くの在日米軍を動員、約150人もの大救助隊を派遣した米国をはじめ、英国(63人)、シンガポール(5人)など世界各国から救助隊は駆け付けているが、副大臣が出迎えたのは中韓2国だけ。

 菅政権は、韓国に一方的に古書を引き渡すことを約束したり、尖閣沖での中国漁船衝突事件の映像を隠蔽するなど、中韓2国を優遇する姿勢が目立つ。日本史上最大の大震災で閣僚クラスは大忙しなのに、なぜ、そこまで特別扱いするのか!?

“世界の国々で最初に日本に来てくれた”韓国救助隊と記念写真をわざわざ撮る高橋千秋副大臣
BW_Upload_16412621_640.jpg


■待たされた台湾を伝えるニュース

2日待たされた台湾の救助隊について伝えるニュースです。


台湾の救援隊、2日待たされ到着 日本、中国側に配慮か
朝日新聞 2011年3月14日20時48分

 【台北=村上太輝夫】台湾の救援隊が14日、羽田空港に到着した。11日の地震発生直後にすでに隊員派遣の用意を表明しながら、丸二日も待機を強いられた。台湾側は「中国要因でしょう」(外交関係者)と受け止めている。

 日本側はいったん受け入れると返答したが、その後「現場が混乱している」として待つよう要請した。だが、その間に各国から救援隊が入り、台湾メディアから「なぜ入れないのか」と疑問が出始めていた。日本政府は1972年に台湾と断交、「台湾は中国の一部」とする中国の立場に配慮しており、台湾隊受け入れをためらったとみられる。

 13日に中国の救援隊が現地入りし、同日夜にやっと台湾隊受け入れが決まった。

台湾からのレスキュー隊
TaiwanRescue_1.jpg

雪の中、テントを張って夜を過ごした台湾のレスキュー隊員たち
DSC_3775.jpg
DSC_3785.jpg


韓国は、確かに救助隊を派遣してくれました。
でも、次の記事によると、救助・捜索していたのは、
日本人被害者ではなく、在日同胞の韓国人だったということがわかります。

日本人を助けたかったのではなく、
日本にいる韓国人を助けたかった。

もちろん全てが、全員が、そうではないでしょうが、
多分にその気持ちは強かったということが伝わるニュースです。

その次のニュースでは、
我先にと日本から脱出しようとしていた韓国人の様子を伝えています。

自分のことと、自分の国の人のことしか眼中にない国民性がわかります。

■日本に暮らす韓国人の捜索が目的だった韓国


韓国の迅速対応チーム、被災地で初めて自国民救助
綜合ニュース 2011/03/17 08:15

【仙台17日聯合ニュース】日本の被災地に派遣されている韓国政府の迅速対応チームが16日、韓国人4人の救助に成功した。韓国政府の派遣した救助隊が自国民を救助したのは初めて。

 駐日仙台総領事館に派遣されている同チームが救出したのは、宮城県石巻市で孤立していた50代女性キム・ヨンスクさんのほか、キムさんの姉や親戚の3人。日本在住のキムさんに会いに3人が韓国から訪問中に被災し、津波の影響で孤立していた。

 キムさんらの救助については、震災から5日目に韓国にいるキムさんの身内から入った情報を基に、捜索活動を開始。さまざまな困難を克服し、キムさんらを発見した。

 キムさんの姉は「救助隊の姿を見たときは、言葉にできないほどうれしかった。韓国の身内も心配しているので、一日も早く帰国したい」と語った。

 韓国政府は7人の迅速対応チームのほか、120人の緊急救護隊を被災地に派遣。日本に暮らす韓国人や韓国人旅行者の捜索にあたっている。また、日本政府の協力や現地の報道を基に在日韓国人や朝鮮籍の人らの安否確認作業も行っている。


■我先にと日本を脱出していた韓国人


東日本大震災、羽田空港は韓国人「脱出ラッシュ」
総合ニュース 2011/03/13 10:27

【東京12日聯合ニュース】東日本大震災の発生から2日目を迎えた12日、東京の羽田空港は日本から「脱出」しようとする韓国人で大混雑した。

 同日午後6時ごろ、大韓航空発券カウンター前では、韓国人20人余りと航空会社社員とのいざこざがあった。2時間後にソウルの金浦空港に向け出発する最終便に乗ろうと早朝からキャンセル待ちで待機していたが、結局チケットを手にすることができなかった人たちが抗議をしていた。

 取材陣も声をかけづらいほど興奮していた人々の表情には、生まれて初めて経験した大地震に対する不安と恐怖感がそのまま表れていた。出張で訪日したという40代の男性は「それでも今は抗議が収まったほうだ。午後2時ごろには50人の乗客が発券ブースに集まったが、韓国に向かえたのは15人だけだった」と固い表情で話した。

 羽田空港内では、韓国人をはじめとする外国人200人余りが、空港側が支給した毛布に身を包み、いつになるか分からない帰国の便を待っていた。

 地震が発生したときに都庁の近くにいたという50代の韓国人男性は、「全身が凍るような感じだった」と、当時の状況を伝えた。さらに驚いたのは、不思議なほど落ち着いて対応する日本人の行動だったという。「会社から配ったとみられる救護物資を背負い、走らず、歩いて帰宅していた」と舌を巻く。

 帰国便の相次ぐ欠航で、空港で待機している乗客らは一様に、航空会社に対する不満を吐露した。この日午後に帰国する予定だった30代の韓国人男性は「状況が状況だけに、航空会社が特別機を用意してくれれば。そういう点がとても残念だ」と不満を漏らした。 

Snap67800147.jpg
混雑する羽田空港大韓空港カウンター=12日、羽田(聯合ニュース)


■韓国の義援金の行方

また韓国は、義援金をいったん集めてくれましたが、
この場に及んで教科書問題で日本へ送金する義援金を20%に削りました。
そして大部分の70%は、日本と国境問題になっている「竹島」の守護活動に回しました。

独島を自国領土と捏造した内容をすべての中学校教科書に採択するような
敵対的な態度を見せる日本に義捐金を送る必要などない


と考える人が70%もいて、その通りにしたそうです。

日本に義援金を送る必要などない

だそうです。(あまりにカチンときたので二回書きました)


韓国の義捐金 20%を被災地に、70%を“独島守護活動”に
2011.04.20 07:00 NEWSポストセブン

 近年の韓流ブームやアイドルグループの日本進出により、犬猿の仲といわれた日韓のわだかまりはすっかり解消されたかのようだ。

 そして東日本大震災の発生後、世界の主要国と同様に、韓国もいち早く日本支援に動いてくれた。震災翌日の12日には救助隊を派遣し、韓国の赤十字社には1日1億円以上の寄付が集まった。韓国ではARSという電話での募金システムが普及しており、1回の電話で2000ウォン(約150円)の募金をしようと多くの人々が日本のために受話器をとったという。

 ソウル・衿川区の職員たちも当初は、被災した日本人を思いやってくれる善意の人たちだった。衿川区は人口60万人で、日本人も63人が在住している。約1000人の区職員たちはお金を出し合い、1200万ウォン(約92万円)もの浄財が集まった。

 本来ならばそのまま何事もなく日本に全額送金されたことだろう。しかし、3月末、日韓双方が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)問題が、日本の中学教科書の検定結果が明らかになったことで再び注目を集める事態になってしまった。

 衿川区の広報課長、シン・ジョンイル氏が語る。

独島を自国領土と捏造した内容をすべての中学校教科書に採択するような敵対的な態度を見せる日本に義捐金を送る必要などないという意見が多数出てきたため、3月31日と4月1日の2日間、職員を対象に『日本の地震被害支援募金の使用方法について』のアンケートを実施しました。330人から回答が集まり、『主旨通りに使う』が20%、『独島の守護活動を支援する』が70%、その他が10%という結果になりました」

 衿川区長チャ・ソンス氏は4月5日、アンケート結果を尊重して、募金のうち20%を日本へ送り、70%を独島守護活動団体に、10%をなぜか戦争性被害者(元従軍慰安婦)の団体に寄付することを発表した。

※週刊ポスト2011年4月29日号


なんとなく、最後は韓国特集になってしまいましたが…

日本はちゃんと前に進もうとしています。
国民の力と、温かい支援を送ってくださった海外の方たちのおかげで。

でも、その頑張りに水を差すような政府には、憤りを覚えます。

国民の危機よりも国家間の立場を優先させる政府。
善意よりも国民感情を優先させる韓国。

複雑な感情が絡み合う国際情勢にはうんざりします。

せめて世界中から届けられる善意のメッセージや支援は、
素直に受け入れ、それをパワーにしていきたいと思います。

東日本大震災 海外支援まとめWiki
Paper Cranes for Japan(折鶴プロジェクト)
pray for japan(印税全てが義援金となる本になりました)
pray for japan NAVERまとめ
米軍「トモダチ作戦 operation tomodachi」NAVERまとめ
【まとめ】「ありがとう、台湾」テレビCMでメッセージまでの流れ



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ

  1. 2012/03/11(日) 20:25:01|
  2. 東日本大震災関連|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

日本を想う選手たちの優しさにホロリ

※最後に「スケーターズワルツ」で滑る真央ちゃんの動画を追加しました。

後半に動画をたくさん貼ってしまったので、ちょっと重いですがm(_ _;)m

まずは四大陸バンケット写真から。
これは、マイア・シブタニ選手がフェイスブックで紹介してくれたものです。


393958_10150528050639144_692469143_8525431_1597513139_n_reasonably_small.jpg

Posted pics from #4CC! @AlexShibutani was sick, but @rossminer, Mao, and Kanako are in this one! http://on.fb.me/x9bMQD http://pic.twitter.com/BQTXKbm1


選手たちはリンクを離れたところでは和気藹々(わきあいあい)としていて、いいものですね。

406481_392573117425956_168543383162265_1778395_1112138562_n.jpg

424533_392572610759340_168543383162265_1778387_91379507_n.jpg

399835_392573717425896_168543383162265_1778406_1898440187_n.jpg

403307_392573217425946_168543383162265_1778397_1700246577_n.jpg

418127_392573647425903_168543383162265_1778405_1904545463_n.jpg

ところでSkating Friends Support Japanというサイトの活動をご存知でしたか?

Snap67800030.jpg

東日本大震災によって世界選手権が日本からロシアへ開催地の変更があったことを受けて、
スケート仲間で日本をサポートしよう!という趣旨で立ち上げられたそうです。

発起人は田村明子さんとタチアナ・フレイドさん。
タチアナ・フレイドさんは、フィギュアスケート専門のスポーツライターのようですね。

そして今回、目標としていた1万ドルを達成したということです。
Skating Friends Support Japanより
Snap67800025.jpg
マイア・シブタニ選手のツイッターで、そのことが報告されました。


マイア・シブタニTwitterより

393958_10150528050639144_692469143_8525431_1597513139_n_reasonably_small.jpg

2月15日 Maia Shibutani
Congrats to Skating Friends Support Japan! They've reached their goal, but you can still help! bit.ly/mQ9YrT これからも よろしくおねがいします。

Tanja-Pa_photo_reasonably_small.jpg

2月15日 Tatjana Flade
Skating Friends has reached 10,000 USD! Thank you so much for participating! You're great. Fundraiser still goes on until end of season.


これは嬉しいですね。
心優しい選手たちやライターさんたちに感謝の気持ちで一杯です。

そしてこのサイトで、募金を訴えてくれている選手たちの動画が紹介されてました。
それをご紹介したいと思います。

シブタニ兄弟はじめ日本から伊藤みどりさん、羽生くん、本田さん。
未来ちゃん、川口悠子さん、コストナーさん、レオノワ選手、
プルシェンコ選手、ランビエールさん、ジュベールさん、ミハルくん、リッポン選手、アモディオん、デニステンくんなど。

日本のことを想っていただき、本当にありがとうございます。

海外選手たちの優しさと言えば、過去にこんな記事でご紹介したことがあります。
お時間ある方はどうぞご覧下さい。
3/14~3/18選手達のつぶやき 一生懸命な渋谷兄弟( ;∀;)
世界選手権中止&海外選手からの応援メッセージ

それでは、募金を呼びかけてくれた選手たちのVTRを、順不同ですが、どうぞ。
選手たちの声も聞けるし、個性も垣間見れて嬉しかったです。

sk8fsjpn sk8fsjpn さんのチャンネルより
(アイスダンスやペアの選手たちの呼びかけもこちらのチャンネルでご覧になれます)































最後になりましたが、
このマイア・シブタニ選手のつぶやきを教えてくださった某掲示板の方、ありがとうございました。

今日はほっこりした気分になれました。



<追記>

四大陸選手権の真央ちゃんを、現地から随時動画で伝えてくださったwhite-mimi様。
練習の様子を「スケーターズワルツ」の音楽に乗せて動画を作ってくださいました。

私はかねがね「スケーターズワルツ」で滑る選手は出てこないのかな?
ベタすぎるのかな?などと思ってましたが(笑)、
こうやって真央ちゃんが滑ってくれるなんて!と思わず嬉しくなりました。

white-mimi様より掲載の許可をいただきましたので、ご紹介します(ノ´∀`)ノドゥゾォ+.☆゚+.☆

浅田真央(mao asada) の "スケート教室" ~ スケーターズ・ワルツ




更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2012/02/19(日) 12:56:09|
  2. 東日本大震災関連|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。