ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

天国の階段

韓流ドラマについて書くのは久しぶりです。

「天国の階段」全22話

今回は3回目の視聴です。
数日前から数話ずつ見始めて、
昨日の休みに9時間ぶっ通しで最終回まで行ってしまいました(笑)

151p00_p.jpg

主演はクォン・サンウとチェ・ジウ。
2003年、6年前のドラマです。
韓国では、最高視聴率45.3%という物凄い人気でした。

日本でも何度も再放送され、
今年はパチンコまで出てしまいましたね(笑)

現在は結婚もして貫禄の出てきたクォン・サンウですが、
この頃は、顔の輪郭も細く、少年っぽさを残しています。

チェ・ジウは、どのドラマを見ても、見とれてしまいます。
彼女はとても表情が豊かなので、クルクル変わる表情を見るのが楽しい。
涙の女王と言われるとおり、このドラマでもほんとによく泣いてます。
ツーっと落ちる美しい涙、くしゃくしゃに泣きじゃくる涙、泣き笑いまで、
バリエーションも豊かです(笑)

photo.jpg    5b13e5758c124a2f5e518b3b0bdcb3b5.jpg
2人の素敵なお兄さんがいて羨ましいのだ   流行ったらしいハン・ユリ睨み(笑)      

このあとは、ネタバレだらけのあらすじです。

   韓流らしく、子供時代から始まる。
   チェ・ジウとクォン・サンウは幼馴染でとても仲がよく、
   とても自然に恋心も育てていきます。

   ある日チェ・ジウの家に、父の再婚相手と、子供2人がやってっくる。
   何不自由なく育ち、素敵な彼までいるチェ・ジウを妬み、
   陰湿ないじめを繰り返す義母とユリ(キム・テヒ)。

   クォン・サンウが留学から帰った日、
   迎えに走ったチェ・ジウを、ユリが車で轢いてしまう。

   ユリは血まみれのチェ・ジウを父親に預ける。
   しかし、目が覚めたチェ・ジウには記憶がなかった(まさに韓流!)

   死んだとされていたチェ・ジウは、実は生きていた。
   ユリの父と兄が、違う名前をつけて仲良く別の人生を生きていた。

   ある日クォン・サンウがチェ・ジウを見つけます。
   そのあと本物だ偽者だとすったもんだがあります。

   で、ユリの車に2度目にはねられた衝撃で、チェジウの記憶が蘇るのです。

   チェ・ジウとクォン・サンウは、愛を貫こうとするのですが、
   既にクォン・サンウはユリと婚約することになっていて…。

   上手く行きそうでいかない、の繰り返しです。

   ある時、チェ・ジウは失明してしまいます。交通事故の後遺症で。

   そんな自分は重荷になると、姿をくらますチェ・ジウ。

   「一度でいいからクォン・サンウの顔を見たい」という祈りに、
   チェ・ジウを子供のころから愛する兄が応えます。

   その答え方は…さすがにドラマで見てほしいです。

このドラマは、韓流の王道
交通事故・記憶喪失・不治の病・兄弟の愛を全て網羅しています。
ジェットコースターのような展開で、大変なことが次々と起こってしまいます。

主演の二人はもちろん美男美女ですが、
いじめ役のキム・テヒの美しさが一番光ってる作品ですね。
そしてもうひとりの兄、シン・ヒョンジュン(テファ役)が非常にいい味を出しています。

私が思うに、このドラマの本当の主役は、
このテファだったのではないかと思うのです。


goo1b.jpg  
テファとジョンソ

愛する人のためにここまでできる人は、なかなかいないと思うのです。
彼は、出逢ったときから最後まで、変わることなくジョンソ(チェ・ジウ)を愛し貫きました。

ジョンソは最後には死んでしまいますが、
二人の素敵な兄から一生愛され続けたので、
波乱万丈でしたが幸せな人生だったのでしょう。

そして、愛する人を思い続け、死んだと思わされ、
最後に本当に失くしてしまったソンジュ(クォン・サンウ)は可愛そうでした。

↓は、ドラマの主題歌ですが、
ドラマ中に流れるインストロメンタルで好きな曲があるんですが、探せませんでした。
サウンドトラックを視聴しても、なかったので…それが残念です。

天国の階段主題歌「会いたい」 by キム・ボムス 2003年



今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2009/10/07(水) 20:17:18|
  2. 韓流ドラマ・映画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:4

サンデーズ

サンデーズ特集の締めくくりは、サンデーズ(笑)

1974年から1986年、
日曜夜6時からのお楽しみの音楽番組「レッツゴーヤング」の中で、
当時の人気アイドル・駆け出しアイドルで組まれたダンサーグループ。

次々にメンバーチェンジを繰り返しながらも、
常に新鮮な面々で踊り、歌い、番組を盛り上げてくれました。

番組のオープニングでは、「ムーンライト・カーニバル」という曲に合わせて、
サンデーズが歌い、司会者が歌い、ゲストも歌う。
心躍るメロディーが、わくわくさせるのでした。

それでは、その懐かしい「ムーンライトカーニバル」です。
マッチ、河合奈保子さん、岩崎宏美さんの姿もありますね。
シュガーも、懐かしいなぁ。

ムーンライト・カーニバル by サンデーズ 1980年



番組が始まる!というワクワク感、
ゲストもみんなニコニコ顔、
とってもHAPPYな空気が流れていて、
いい時代だったな~と思いますφ( ^∇^* ) 



今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ 

  1. 2009/09/15(火) 21:47:44|
  2. その他の音楽|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

フルハウス

韓国ドラマ「フルハウス」の曲、「運命」です。

実はこの曲、非常に気に入ってます。
韓国ドラマには、印象的な曲がたくさんありますが、
一番好きなのは、この曲です。
車で大きな音で聴いたら気持ちいいだろうな~って思ってます。

特にサビのところの流れるようなメロディーがツボです。

韓国語って、面白いですよね。
はっきりカタカナで聞き取れるのに、意味がチンプンカンプン(笑)

コマッタ  → ありがとう
オッテケ  → どうしよう
オモ、オモ → 困った、困った
ヨボ     → あなた

など、ドラマによく出る言葉はちっとだけ覚えました(笑)

最初に覚えたのは「ケンチャナヨー」です。
「大丈夫」という意味です。

曲だけでなく、このドラマ自体、好きな韓国ドラマベスト5に入ります。

まずソン・ヘギョちゃんが、なんともかわいい。
小柄で、表情がコロコロ変わって、健康的な色気があって、最高です。

ピは、このドラマで初めて見ました。
最初は、「え~?この人が人気あるのあ?」と、意外でしたが、
ドラマが進むごとに、その憎めない笑顔にやられてしまいました。
それに、長身でスタイルがいいですね!

カタカナで聞き取れるのに、意味がわからない。
韓国ドラマの楽しさは、とても美しい人の口から発せられる
意味不明の言葉が、なんとなく面白い…というところにもあります。(私の場合です)

運命 by WHY 2004年





今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

  1. 2009/08/23(日) 02:11:54|
  2. 韓流ドラマ・映画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:2

サインはV

カテゴリは「アニメ・ヒーロー」でよいのか?と思いつつ(笑)

「アタックNO.1」を書きながら、
バレーつながりで思い出したのが「サインはV」です。

放映時期も1960年代後半から1970年代前半と、ほぼ同時期。
この頃にバレーの漫画が流行ったのは、
1964年の東京オリンピックで「東洋の魔女」が大活躍したことによるそうです。

私は、サインはVと言えば、坂口良子さんを思い出すのですが、
驚いたことに、それ以前にも岡田可愛さん主演でドラマ化されてたんですね。

5653115.jpg 初代・岡田可愛版
bc1ce561d0679246.jpg 2代目・坂口良子版は、チーム写真がなかたので美しいお姿を

どちらも少女マンガが原作。

「アタックNO.1」は、週間少女マーガレット
「サインはV」は、週間少女フレンド

なんだか、その雑誌の名前自体が懐かしい(笑)

岡田可愛版も坂口良子版も、主題歌は同じで、ボーカルが違います。
今聴くと、とても新鮮です。サインはぶい♪(笑)

サインはV 主演:岡田可愛 歌:麻里圭子 1969/10/5~1970/8/16 全45話



サインはV 主演:坂口良子 歌:坂口良子 1973/10/14~1974/3/31 全24話




EPレコード、サインはV 歌:富田智子




今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

  1. 2009/08/09(日) 22:07:46|
  2. アニメ・ヒーロー|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:5

サザエさん

サザエさん、です。

国民的漫画です。

サザエ~1

もともとは新聞の4コママンガだったんですね!
それは知りませんでした。

1946年~1949年、夕刊フクニチという新聞で断続的に連載。
1948年~1949年、新夕刊という新聞で連載
1949年~1960年、朝日新聞(夕刊)で連載
1951年~1974年、朝日新聞(朝刊)で連載

それにしても、サザエさんが生まれたのは53年も前!

新聞でも30年も連載。

連載が1974年に終わっても、35年後の今でも放映されてるなんて、すごいですね!

誰しも同じとは思いますが、
サザエさんの曲を聴くと「あ~。休みも終わったな~」
という寂しい気持ちになりますよね。

そういえば、ちょっと前にTVで話題になってたのですが、

「サザエさんの視聴率がいいときは、景気が悪い」

という統計結果もあるそうです。

日曜の夜に在宅している = 行楽にいかず節約している

ということなんだそうですよ。

何十年も続いているからこそ、そういう指標にもなれるんでしょうね。

子供の頃は楽しみに見ていて、
大人になった今は、当たり前に存在してるサザエさん。

こうやってあらためて曲を聴くと、曲そのものが、名作揃いですね。

↓のオープニング曲の最後に、

「提供は東芝でございます。 カラーでお送りいたします。」

とサザエさんが言ってます。

カラーテレビが登場した時代だということを物語っていて、微笑ましいですね。

サザエさん・オープニング 1969/10/5~

     お魚くわえたドラネコ 追っかけて 裸足で駆けてく 陽気なサザエさん♪



サザエさん・エンディング 1969/10/5~

     大きな空を ながめたら 白い雲が とんでいた♪



火曜サザエさん・オープニング
 
    窓を開けましょ  ルルル 呼んでみましょう サザエさん♪



火曜サザエさん・エンディング

 
     明るい笑いを ふりまいて お料理片手に お洗濯♪



今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ

  1. 2009/08/09(日) 17:31:53|
  2. アニメ・ヒーロー|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:10
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。