ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

浅田真央の軌跡2006-2007⑤世界選手権

ともに初めての世界選手権となった2007年3月。

金メダルは安藤美姫選手。
浅田選手は銀メダル、キムヨナ選手は銅メダルでした。

20070324M.jpg

安藤選手は、SP・FSとも2位の安定した演技。

ショートはキムヨナ選手が1位。浅田選手は5位。
フリーで浅田選手の方が1位。キムヨナ選手4位。
フリーでキムヨナ選手が2回転倒してしまい、順位を下げてしまったんですね。

二人とも、それぞれ1位になったプログラムではガッツポーズがでています(笑)

この大会は、対照的な二人の表情をついつい追いかけてしまいました。

200658.jpg200657.jpg200659.jpg
200660.jpg200665.jpg200661.jpg
200662.jpg200664.jpg200663.jpg
200666.jpg200667.jpg200668.jpg
200670.jpg200669.jpg200692.jpg

200680.jpg200682.jpg200681.jpg
200683.jpg200685.jpg200686.jpg
200688.jpg200689.jpg200690.jpg

キムヨナ選手は、前回より多少化粧が濃くなった感じはありますが、
表情はやはり素朴な透明感のある美少女という感じがするのです。
特にエキシビジョンは素顔に近く、フレッシュな笑顔がかわいいとさえ思ってしまう。
私はヨナたんファンだったのか…?と錯覚してしうほど( ̄ー ̄?)

200691.jpg

そして真央ちゃんは、会心の演技ができたときの底抜けの笑顔と、
そして思わず泣いちゃうところが、なんともいえないですね。
嬉し泣き、ってまさにこのことだと思う。
汚れがなくて、美しいと感じます。

凄い得点が出て喜んだのは、真央ちゃんだけではありません。
SPのキムヨナ選手も71.95という驚異的な点数を出し、本人もかなり驚いてますね。
喜びの表現方法は、ちょっとばかし対照的かもしれません( ´艸`)
ヨナたんかわいい~と思ったけど、やっぱ真央ちゃんにたまらない魅力を感じます。

でも真面目な話、この頃のキムヨナ選手は、確かに魅力的です。

飛び抜けた技術力はもちろん、全ての要素において美しい浅田選手。

でもキムヨナ選手も、迫力あるジャンプ、表情、スピードなど見どころ満載。
ステップもスピンの速さもこの頃の方が良かったのでは?
ただ、スピンとスパイラルの軸足と高さはちょっと惜しいというのが残念かな~。

それから、キスクラに初めてオーサーが出現

200687.jpg

一応確認してみましたが、GPFまでは隣は女性が座っていたので、
オーサーがキスクラにつくようになったのはこれが始まりだと思われます。

2006年から、ジャンプ専門コーチとして就任しているらしいです。
これについては後日詳しく調べてみようと思ってます。



2007世界フィギュアスケート選手権(東京)
2007年3月19日-25日


ショート ♪ノクターン(ショパン) 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



フリー ♪チャルダッシュ 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



エキシビジョン♪ハバネラ(カルメンより)浅田真央16才 振付:山田満知子、樋口美穂子





ショート ♪ロクサーヌのタンゴ キムヨナ16才 振付:???



フリー ♪あげひばり キムヨナ16才 振付:???



EX ♪リフレクション(映画「ムーラン」より) キムヨナ16才 振付:???





2007 世界選手権公式結果

200654.jpg

ショート

200655.jpg

フリー

200656.jpg

SPのキムヨナ選手のPCSが非常に高いですね。
でもさらに驚きは、浅田選手のFSでは、PCS8点台が3つも!
これって多分凄いですよね。

今、時代を追って演技を復習してますが、
これが終わったら、次は演技構成の遍歴を追ってみようと思ってます。

キムヨナ選手は、あまり構成を変えていないと聞きますし、
浅田選手については、ちび真央の頃から、どれだけ凄いジャンパーだったのか…
興味は尽きません(o^-^o)

P.S.気になったんですが…
  せっかくなるべく冷静な目で二人を比べようとしてるのに、
  YouTubeでこの大会のキムヨナ選手の動画は、ほとんど全て埋込不可なんです。
  どれか使えるものは?って探すうちに、なんか妙な気分になりました。
  あれ?知らず知らず再生回数を伸ばしてあげてるのか?あげさせられてるのか?
  と少々気持ち悪くなったので、ニコニコ動画から持ってきました。
  ATスポーツが肖像権を盾に出し惜しみしてるのか?
  あちらのファンが好きな選手の再生回数を上げるのに喜びを感じてるのか?
  なんだかよくわかりませんが、普通にYouTube使っていて不自然な感じでした。
  ジャニーズとかは凄く管理してるな~と思いますが、
  アマチュア選手ですよね?というか、
  アマチュアだからなおさら肖像権は守られるべきなのか?
  そのあたり、恥ずかしながらよくわからないです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2010/11/17(水) 01:56:42|
  2. 軌跡2006-2007|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

浅田真央の軌跡2006-2007④全日本フィギュア

金:浅田真央 銀:安藤美姫 銅:中野友加里
真央ちゃん、211.76という日本最高得点を出してます。

どなたかの228.56という世界最高得点はありますが、それに迫る勢い。
このときの浅田選手のジャンプ構成は、既に3年後のこの方の構成を超えてますね!

(ショート)
3Lz     6.00
3F+3Lo  10.50
2A      3.30

(フリー)
3A      7.50
2A+2T   4.60
3F+3Lo  10.50
2A      3.63
3Lz     6.60
3F      6.05
3Lz+2Lo+2Lo 9.90

061230d8.jpg

浅田選手の涙とガッツポーズが印象的な大会ですね~。

フリー後半、3Lz-2Lo-2Loを決めた後ガッツポーズ!
演技終了後、ガッツポーズ3回!
キス&クライで得点が出た後、ガッツポーズ2回!
ちょっと数えただけでも6回のガッツポーズが飛び出す会心の出来でした(笑)

グランプリ大会で成功させることが出来なかった3Aを、
この大会できれいに成功!(成長による体型変化に苦しんでいた頃らしいです)

ショートのあとのインタービューでは、
「調子がいいので、明日3Aが決まれば200点超えられるかも」
と言ってたという浅田選手(さすが!)

思い通り…もしかしてそれ以上の絶好調パワーが炸裂したようですね。

200641.jpg200642.jpg200643.jpg
200644.jpg200646.jpg200651.jpg
200648.jpg200649.jpg200652.jpg

演技のあと、笑顔で答えたあと、
ぬいぐるみを拾って顔を上げた途端、泣き顔に変わってしまいました。
その表情がなんとも…美しいというか。
思わず抱きしめてあげたい!と思ってしまいますが、
私の代わりにラファエルコーチが思いっきりハグしてくれてますね(*´∀`*)

NICE!GOOD!って。

200653.jpg

また、安藤選手は、ショート中盤のスピンの遠心力で痛めたという肩。
フリー後半のジャンプで右手をついたときにまた外れてしまったのか、
途中で演技をやめてしまいそうになりました。
モロゾフコーチの「Go!Go!」という声に応え、最後まで頑張りぬきました。

dc65a594.jpg

また、中野友加里さんですが、
この年のグランプリシリーズ中国杯で、フリー直前に集中力を高めてるときに、
観客席からぬいぐるみが投げ込まれ、頭に直撃してしまうアクシデントがありました。
(画像、他の方のブログよりお借りしましたm(_ _)m)

b0086280_13311277.jpg

直前が中国選手の演技で、ファンがプレゼントのつもりで投げたようなので、
悪意はなかったと思いたいですが…。
ただ、周囲では笑いが起こり、誤る様子はなかったんだとか…。

今、日中関係も非常に微妙な関係ですが、
スポーツの場所に国民感情を持ち出すのはちょっと…と思いますね。
人として、ちゃんと謝るなりしてほしかったと思います。



第75回全日本フィギュアスケート選手権(名古屋)
2006年12月27日-29日


ショート ♪ノクターン(ショパン) 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



フリー ♪チャルダッシュ 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル





安藤美姫 フリー ♪ヴァイオリン協奏曲 第1楽章 振付:ニコライ・モロゾフ



中野友加里 フリー ♪シンデレラ 振付:マリーナ・ズエワ





第75回全日本フィギュアスケート選手権 公式結果

200638.jpg

ショート

200639.jpg

フリー

200640.jpg

一番美しいと思ったのはこの写真でした。
20061230asada.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ


  1. 2010/11/16(火) 02:33:46|
  2. 軌跡2006-2007|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

浅田真央の軌跡2006-2007③グランプリファイナル

2006-2007シーズン、最初の直接対決です。

浅田選手はアメリカ大会3位(171.23)、NH杯1位(199.52)
キムヨナはカナダ大会3位(168.48)、フランス大会1位(184.54)

と、それぞれ勝ち抜いてこのグランプリファイナルに辿り着きました。

この大会はキムヨナ選手が優勝、浅田選手は2位。
ショートでは美しい演技を危なげなくこなした浅田選手がトップだったものの、
フリーでは伊藤みどりさんも「真央ちゃんらしくないですね~」と口にしてしまうほど、
ジャンプでのミスが多発してしまい、フリーは4位と順位を落としてしまいました。

20100603183749ff2.jpg

それにしても、若干16才にして世界の頂点を争ってきたことは、
冷静に考えると凄いことですよね。それは二人とも同じように凄いと思う。

この頃はまだお互いに
「同い年で上手な選手がいるな~」 という程度だったのかな?

キムヨナ選手は、ショートでは前年と同じ「ロクサーヌのタンゴ」なんですね。
ちなみに「吹雪」も「パパ、見守ってください」も、2年連続で使用していたようですね。

キムヨナ選手はジャンプの幅があるとよく言われますね。
この試合を見ても、横に遠く跳んでるのはよくわかります。
(ただ回転不足とかエッジについては勉強中のため…)

この時のキムヨナ選手で感心したのは、エキシビジョンの一幕。
本番では予定したコンビネーションが単発になっていたことに悔いがあったのか、
ここでその2A+3Tを決めて、この大会をしめくくりました。
そのへんのガッツは、アスリートらしく、好感が持てました。

今回はショートはどちらも素晴らしく、フリーのジャンプの出来が勝敗を分けた形ですが、
やはりスピン・スパイラルの美しさ・柔らかさは断然!真央ちゃん d(>_< )Good!!

200631.jpg200632.jpg200633.jpg
200637.jpg200634.jpg200635.jpg

伊藤みどりさん曰く「ノクターンは真央ちゃんの性格をぴったり表現している」
真央ちゃんって、こういう(清らかな)性格なのね~と納得した私です(笑)

それにしても、このころのキムヨナ選手には邪気が全くないですね。
今の成れの果ての姿を知っていなければ(笑)リアルタイムで見ていたら、

ジャンプすごーい!
雰囲気あるなー。
でもちょっと足、そこまでしか…?
膝曲がってる…。
でも、なかなかやるじゃん!

って感じで、それなりにファンとして応援してたような気がするなぁ。



2006-2007 ISUグランプリファイナル(ロシア・サンクトペテルブルク開催)
2006年12月14日-17日


ショート ♪ノクターン(ショパン) 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



フリー ♪チャルダッシュ 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



浅田選手のGPFエキシビションは発見できず(ToT)



ショート ♪ロクサーヌのタンゴ キムヨナ16才 振付:???



フリー ♪あげひばり キムヨナ16才 振付:???



EX ♪リフレクション(映画「ムーラン」より) キムヨナ16才 振付:???



2006-2007 ISUグランプリファイナル 公式結果

200628.jpg

ショート

200629.jpg

フリー

200630.jpg


<あとがき>

この頃リアルタイムで見ていたらファンになったかも…と思いました。
それを書いたあと、表彰式の写真を探していたら、こんな記事に辿り着きました。
今ちょっと更新が止まっている「フィギュアスケートを死なせたくない」さまの記事です。
リンクを貼らせていただきます → 「トラブル続き、陰謀説渦巻いた2006グランプリファイナル」

え?私、だまされた?
陰謀説が事実なら恐ろしい。
どちらにしても、真実が知りたい。
キムヨナ選手に邪気は感じられなかった。
周囲の大人たちが怪しく動き出した頃なのか?
根も葉もないただの噂ならいいんですが(・・;)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ


  1. 2010/11/14(日) 21:05:38|
  2. 軌跡2006-2007|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

浅田真央の軌跡2006-2007②GPSNHK杯

2006年グランプリシリーズ、浅田選手の2戦目はNHK杯でした。

それにしても、この大会では表彰台を全て日本人が独占してたとは!
(ニワカのため、今頃驚いております)

地元びいきと言わせない大差!
3位の中野さんと4位の選手では30点以上も点差がありますね!

1位・浅田真央 2位:村主章枝 3位:中野友加里
3人の明るい色合いの衣装のせいか、華やかかつ可愛らしい表彰台になってますね(笑)

maonhk02.jpg

c2c9a5e2.jpg

せっかくなので、村主さんと中野さんのこの大会の演技も探したのですが、
残念ながら発見できず、村主さんはおよそ1ケ月前のカナダ杯から、
中野さんは、およそ1ヶ月後の全日本選手権からSPの演技を持ってきました。

真央ちゃんとキムヨナの比較だけでなく、いろんな選手の魅力も発見したいので、
キムヨナがいない試合では、真央ちゃん以外の選手もチェックしていこうと思います。
(再びですが、ニワカです。すみません…)

チャルダッシュの衣装が、前回の黒にお花が並んだものから、
この赤いキュートな衣装に変わりましたね。

200627.jpg200621.jpg200622.jpg
200623.jpg200625.jpg200626.jpg

それから、フリーの解説(調べたところ佐藤有香さんですね)がよかった。
スロー映像を解説しながら、涙声でお話してくださってるのがわかりました。

あの…ほんとによく頑張ったと思うんですが、
今までの浅田選手は、とにかくそのプレッシャーとかを感じずに、
ぴょんぴょんぴょんぴょん跳びながら行ったという感じがしたんですが、
今シーズンっていうのは、やはりプレッシャーというのを
本人が感じ始めたんだなっていうように思いました。

その中で、少しスピードはなかったと思うんですが、
もう、じりじりじりと、最後まで諦めずにこの壁を突き破ったんじゃないかと思うんで、
そういう意味で、本人にとってはこれから自信になる、
そういった演技だったんじゃないでしょうか。




ISUグランプリシリーズ NHK杯(長野開催)
2006年11月30日-12月3日


ショート ♪ノクターン(ショパン) 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



フリー ♪チャルダッシュ 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



エキシビジョン♪ハバネラ(カルメンより)浅田真央16才 振付:山田満知子、樋口美穂子





村主章枝 2007 GPSカナダ杯 ショート ♪ボレロ 振付:ローリー・ニコル



中野友加里 2007 全日本選手権 ショート ♪SAYURI 振付:マリーナ・ズエワ





2006 ISUグランプリシリーズ NHK杯 公式結果

200618.jpg

ショート

200619.jpg

フリー

200620.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ



  1. 2010/11/13(土) 22:38:19|
  2. 軌跡2006-2007|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

浅田真央の軌跡・2006-2007①GPSスケートアメリカ

ジュニアは昨年で卒業し、シニア2年目の年です。

SPは1位で絶好調!だったものの、FSで調子が出なかったんですね…。
それでも総合3位はさすが。

それにしても、SPのあとのインタビューがワタシ的にツボでした(笑)

200601.jpg200602.jpg200603.jpg

真央:メニー・ピープル・カム・トゥ・あ~(ん~わかんない)
司会:トゥ・シー・ユー?
真央:イエス!

真央:メニー・あ~・イエ~!・あ~(ん~わかんない)
司会:トゥ・コングラチュレイション?
真央:イエス!


英語がわからないながらも、困った笑顔を見せながら懸命に伝えようとする真央ちゃん。
インタビューアも、そんな彼女を微笑ましく見て、気持ちを代弁するナイスフォロー!

SPの前に、エアロと共演した日本のCMを入れてくれて、とってもよいCMだと。
解説のお二人も、真央ちゃんを大絶賛してるのが言葉の調子でわかりますね。
女性の方は、息を止めて見入ってしまったと…。
ほんとにひとつひとつの動きが芸術的で美しいんですよね( ;∀;)

SPはもちろん、調子の出ないFSでも、たくさんフォローしてくれて、
美しいスパイラルやエモーショナルな音楽との調和など、よいところを強調してくれてる。
パパはエアロとお留守番してるとか言ってませんか?(笑)

スケートはもちろん、純真無垢なキャラクターも世界で愛されてるのがわかります!

この大会は、お姉さんの浅田舞選手も出場してたんですね。
こちらも6位と大健闘。ただ、動画が見つからず残念でした…。

200613.jpg

200604.jpg200605.jpg200606.jpg
200607.jpg200608.jpg200609.jpg
200610.jpg200611.jpg200612.jpg
200614.jpg200615.jpg200617.jpg




2006-2007 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(米・ハートフォード開催)
2006年10月26日-29日

ショート ♪ノクターン(ショパン) 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル

      


フリー ♪チャルダッシュ 浅田真央16才 振付:ローリー・ニコル



エキシビジョン♪ハバネラ(カルメンより)浅田真央16才 振付:山田満知子、樋口美穂子





この大会で、優勝した安藤選手。
ほんとに素晴らしい演技なので、これも貼っておこうっと(笑)

安藤美姫 ショート ♪シェヘラザード 振付:ニコライ・モロゾフ



安藤美姫 フリー ♪カルメン 振付:ニコライ・モロゾフ





2006-2007 GPS スケートアメリカ公式結果

2006スケアメ

ショート

2006スケアメ3

フリー

2006スケアメ2


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ


  1. 2010/11/13(土) 17:18:00|
  2. 軌跡2006-2007|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。