ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ハンニバル/ハンニバル・ライジング お気に入り度 ★★★★☆

テレビ禁パチ映画鑑賞記その16テレビ「ハンニバル」「ハンニバル・ライジング」

前回の羊たちの沈黙とレッド・ドラゴンに続き、
ハンニバルとハンニバル・ライジングを観ました。

前回の2本は、レクターは檻の中にいて、連続猟奇殺人の捜査に知恵を貸すという登場
でしたが、今回はどちらもレクターが主人公になっています。

ハンニバルは、羊たちの沈黙で最後に逃走したレクターの10年後、
ハンニバル・ライジングは、子供~青年時代のレクターを描いています。



ハンニバル               お気に入り度 ★★★★★ 

ハンニバル2   ハンニバル5   ハンニバル4

いや~久しぶりに怖い映画を観たという気がしましたにっこり
羊たちの沈黙に比べてストーリーが浅い、心理的な怖さが少ないという意見もあるようですが、
ストーリーがわかりやすく、ショッキングなシーンがてんこ盛りだったので、
頭の悪い私でも存分に楽しむことができました。

本筋としては、かつてのレクターの被害者がレクターに復讐するものですが、
最後はレクターとクラリスの友情にもにた感情(レクターにとっては愛情かも)が感じられます。

クラリス役はジョディ・フォスターに替わりジュリアン・ムーアという方でしたが、上手でした。

イノシシはなぜレクターを襲わなかったのかとか、
ヴァージャーに従事していたはずの家来がいとも簡単に裏切ってしまい、
殺されてしまったヴァージャーが気の毒だとか…突っ込みどころはありますが絵文字名を入力してください

あと、ヴァージャーの特種メイクには驚きましたが、ハリボテのようにならず、
本物のように上手にメイクされているのはスゴイなぁと思いました。



ハンニバル・ライジング        お気に入り度 ★★★★☆

ハンニバル

これは、レクターの子供時代から青年時代の物語で、普通の男の子が、
いかにしてハンニバル(人食い)になっていったのかということが描かれています。
父も母も、そして妹までもあんな目にあわされたら、正気でいられなくなるのは
無理もないか…。

さすがに最初は肉を焼いて食べていましたが、最後には生肉でいってましたね。
消えないトラウマと新しいジレンマから、それもだんだん変化していくのでしょうね。

それにしても、レクターの最初の凶器が日本刀だったとは(笑)

レクターの青年時代は、ギャスパー・ウリエルという若い俳優さんが演じています。
うすら笑いと射るような視線で、レクターの悲しさ・不気味さを上手く表現してます。

ハンニバル3

この2本のおかげで、レクターがどういう人物かよく分かったので、
前回消化できなかった2本をまた観てみたくなりました。

スポンサーサイト
  1. 2009/01/28(水) 00:28:57|
  2. 映画鑑賞記|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

羊たちの沈黙/レッド・ドラゴン    お気に入り度 ★★★☆☆

テレビ禁パチ映画鑑賞記その15テレビ「羊たちの沈黙/レッド・ドラゴン」

羊たちの沈黙   レッドドラゴン

「ハンニバル・レクター3部作」と呼ばれる3作から、「羊たちの沈黙」と「レッド・ドラゴン」を視聴。

アンソニー・ホプキンス扮するレクターは、人食い殺人鬼で檻の中にいます。

羊たちの沈黙は、人の皮を剥がす連続殺人鬼を、
FBI訓練生のジョディ・フォスターがレクターから情報を得て捜査するもの。

レッド・ドラゴンは、被害者の目をガラスで刺す異常な連続殺人鬼を、
元FBI捜査官のエドワード・ノートンがレクターからヒントを得て捜査するもの。

と、一言で言えばそういうストーリーなのですが、
もしかして(もしかしなくても?)、頭悪い?理解力がない?のかな。
いろんな方の映画レビューを読んでると、☆5つが圧倒的で、非常に評判がいいのですが、
私はその謎解きになかなか頭が追いつかず、消化不良を起こしてしまいました。

こういう、長いセリフによって謎を解くタイプの物語は、自分には向いていないのかも…汗;


P.S.パチンコに復帰してしまった今、「禁パチ」映画鑑賞記というのもどうかな~と
    思ったのですが、パチンコに行ってない時間で観ていると言うことで、カテゴリはその
    まま残すことにします。(というか、誰もそんなこと気にしていない?)

  1. 2009/01/18(日) 23:25:09|
  2. 映画鑑賞記|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:2

ドラゴンへの道              お気に入り度 ★★★★★

テレビ禁パチ映画鑑賞記その14テレビ「ドラゴンへの道」

ドラゴン5

再びブルースリーを視聴。
と言っても、ブルースリーの映画は6本しかないので、これでブルースリー制覇です。

悪い奴等が現れるまでの映画序盤は、やたら愛想がよく間抜けなくらい(笑)

でも、戦いのシーンの迫力・見応えは、この映画が一番です!
ヌンチャクもたっぷり披露してくれるし、怪鳥音が惜しげもなく冴え渡る!

ラストのコラシアムでの対戦相手はチャック・ノリス。
序盤ここまでダメージを食らうブルースリーは初めてかも。
非常に見応えのある戦いでした。

ドラゴン2

ブルースリー映画の中では、もしかしたらこれが一番好きかも。
残した映画が6本とは少なすぎる…もっともっと活躍して欲しかったですね。

ご冥福をお祈りいたします。

  1. 2009/01/18(日) 03:02:54|
  2. 映画鑑賞記|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

ブレイブワン               お気に入り度 ★★★★☆

テレビ禁パチ映画鑑賞記その13テレビ「ブレイブワン」

ブレイブワン

あなたは、彼女を許せますか…。

2007年ジョディー・フォスター主演。

結婚を控え幸せ絶頂のとき、通りすがりの若者に理不尽に襲われ、恋人を失った主人公。
心を病んだ彼女が、銃を手にし、日常の中で出くわした暴力に制裁を加える。
見えない彼女をヒーロー化する人々も存在する中、当の彼女は人を殺すことが
悪いことなのか怖いことなのか感覚が分からなくなっているのだ。

心優しい刑事との心の交流の物語でもあります。

彼女がどうなって、刑事がどうしたか…賛否両論ある結末は、ネタバレのため内緒にします(笑)

テンポよくシーンが切り替わるので、飽きずに最後まで観ることができました。

ブレイブワン3

ブレイブワン2

それにしてもジョディ・フォスターは年を取りませんね~。
彼女の青い瞳が、子供の頃はとても魅力的に見えたものです。今でもそれは健在でした。

  1. 2009/01/15(木) 23:32:09|
  2. 映画鑑賞記|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0

ネバー・エンディング・ストーリー    お気に入り度 ★★★★☆

テレビ禁パチ映画鑑賞記その12テレビ「ネバー・エンディング・ストーリー」

昨日に続き、今日もファンタジーの世界へ…。

ネバー

1984年・ドイツの映画だったんですね!この有名な映画を、実は今回初めて観ました。

いじめられっ子の男の子。学校やクラブや友だちや、いろんなことから逃げてます。
でも本を読む時は、その世界にどっぷりトリップしていられるのです。
ふと手に入れた古い本に夢中になり、消えそうになった世界を取り戻すには
どうしたらよいか、主人公になりきって冒険します…。

ありきたりではありますが、「夢と希望」を持て!と教えてくれるストーリー。

この男の子はきっと、この本を読んだあと、やる気のない自分から、
ちょっと前向きな自分になれたのではないかと思います。

ネバー3

ファルコンという空想の動物が登場するのですが、癒し系の表情がかわいらしいのです。

  1. 2009/01/14(水) 00:12:01|
  2. 映画鑑賞記|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:2
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。