ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

私が見てきたもの(3)マスコミの偏向報道と捏造報道

ショック…
4時間かけてほとんど仕上げ段階に入っていた記事が、
パソコンが固まって消えてしまいました(ToT)

思い出しながら、再挑戦です(笑)

子供の頃、テレビの言うことを信じてました。
テレビの中の人は雲の上の存在のように感じてました。

テレビが嘘を言うなんて、
考えたこともありませんでした。

でも、今はテレビは嘘を流すこともあることを知っています。
それは、この言葉を知ったからです。


TBS社長【井上弘】語録

「テレビは洗脳装置。
 嘘でも放送しちゃえばそれが真実」
(1998年 新人の入社式にて)

「社会を支配しているのはテレビ。
 これからは私が日本を支配するわけです」
(2002年 新人の入社式にて)

「日本人はバカばかりだから、
 我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」
(2003年 新人の入社式にて)

「君たちは選ばれた人間だ。
 君たちは報道によって世の中を動かす側の人間。
 対して一般国民は我々の情報によって動かされる人間だ。
 日本は選ばれた人間である我々によって白にも黒にもなる」
(2010年 新人の入社式にて)

TBS井上弘社長

(参考リンク)
テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実-TBS社長(過去記事)
「井上弘」(ウィキペディア)


マスコミは、麻生総理の「漢字の読み間違い」「カップラーメンの値段を知らなかったこと」や、
安倍総理が「3500円のカツカレー」を食べたことを報道しました。

私も含め、マスコミの報道しか知らない人たちの中には、
常識知らずとか庶民感覚がないと思った人も多かったと思います。

でも、マスコミはそれより大切な「政治家としての実績」を報道しませんでした。

「マスコミが報道しない」で動画を検索すると、
麻生総理や安倍総理の実績を伝える動画がゴロゴロ出てきます。

政治家として大切な仕事の部分を見ず(知らず)、
多少問題はあるけど小さなことだけを見て評価していた自分を恥ずかしく思います。

テレビだけではありません。
「安倍叩きは朝日の社是」と言ったのは朝日新聞の若宮啓文論説主幹(現主筆)です。
(関連過去記事)安倍叩きは朝日の社是 「ゴミ」コールになぜか感動。

日テレは「嘘でも流しちゃえばそれが真実」と言い、
朝日新聞は「安倍叩きは朝日の社是」と言う。

マスコミの報道に嘘や偏りがあるのは、このことからも明らかです。
子供の頃のように、素直に報道を信じるのは危険です。

ところでこのブログの左下に「人気ページランキング」というのがあるのをご存知でしょうか?
過去一ヶ月でよく読まれた記事が出ているのですが、
真央ちゃん関連記事に並んで何年間も常に毎月1,000回以上読まれているのが、
騒音おばさんの真実…おばさんはマスコミにもてあそばれた被害者という記事です。
(この記事がこんなに長く注目を集めることになることは、想像もしていませんでした)

騒音おばさん…こんな人が近所にいたら大変だ、と思っていました。
でも、この騒音おばさんも、マスコミの偏向報道の被害者だったのです。

騒音おばさんには、騒音を立てる理由があったのに、
マスコミはその事実を伝えず、面白おかしく報道しました。

では何故マスコミは、総理や騒音おばさんについて、
大事な部分を伏せて、どうでもいいところだけ伝えるのでしょうか。

それは、マスコミには、日本人に知られたくないことがあるから-。

今の総理が日本のためになる総理であることを知られたくない。
騒音おばさんがああいう行動に出る背景に創価学会があることを知られたくない。
凶悪犯罪は、それが日本人ではなく韓国人の犯罪であることを知られたくない。
だから本名ではなく、日本人に成りすました通名で報道している。

そういうことだと私は理解しています。

韓国寄り、韓国目線の報道が多いことについては、
次のコピペがその理由を知る手がかりの一つになるのではないでしょうか。

日本のテレビ局と韓国のテレビ局は、
同じ住所、それも同じビルの中にあるという事実です。


恐ろしい事実(住所に注目!何度投稿しても削除されるので拡散希望します!)           

韓国文化放送 東京都港区台場2-4-8 18F
フジテレビジョン 東京都港区台場2-4-8

韓国聯合 東京都港区赤坂5-3-6
TBSテレビ 東京都港区赤坂 5-3-6

大韓毎日 東京都港区港南2-3-13 4F
東京新聞 東京都港区港南2-3-13

朝鮮日報 東京都千代田区一ツ橋1-1 4F
毎日新聞東京本社 東京都千代田区一ツ橋 1-1-1

韓国日報 東京都千代田区大手町1-7-1 8F
読売新聞東京本社 東京都千代田区大手町1-7-1

東亜日報 東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社 東京都中央区築地5-3-2

韓国放送公社 東京都渋谷区神南2-2-1東館710-C
NHK放送センター 東京都渋谷区神南2-2-1


日本のマスコミが「韓国上げ」「日本下げ」をしてきたことを、
この4年間で見てきた画像でまとめてみました。

何が何でも韓国を日本の上にして、
何かにつけて姑息に日本を貶めていたことがわかります。

過去記事フジのドラマで「津波ラッキー」の名刺が…偏向報道総まとめより

めざましテレビ 
ファンの数を10倍に水増し報道

20110904_fuji_22.jpg

笑っていいとも
「好きな鍋は何?」 20~60代の一位がすべて「キムチ鍋」

20110218010937c99_2014011210130402f.jpg

笑っていいとも
「ピザハットの人気No.1はプルコギピザ」 公式HPのランキングと相違

2014071701.jpg

笑っていいとも
「すき家の人気No.1はキムチ牛丼」 他局のランキングと相違

2014011207.jpg

誰得?のキムチ前線
Snap6778314.jpg

若い女性や子供を利用しての韓国上げ
Snap6778329.jpg
Snap6778317.jpg
2014071702.jpg

ドラマ「絶対零度」
日本の歴代首相を犯人の名前に使う

2014011202.jpg

ドラマ「イケメンパラダイス2011」
原爆記念日の翌日に「リトルボーイ」Tシャツ

1313042463.jpg

ドラマ「それでも、生きていく」
小道具にJAP18(18は韓国語のスラングでFuckの意味)

jap18.jpg

ドラマ「最高の離婚」(2013年3月14日放送)
名刺のメルアドが「tsunami_lucky~」

2014011109.jpg

2014年正月、表参道に"地獄絵図"巨大看板、
拷問を受けながらTVを見て笑い転げる日本人

BdA5J1lCAAAb3X1.jpg

以上が、日本のマスコミが偏向報道をしているという事実と根拠です。
(私が知っている限りなので、根拠はもっとあるはずです)

マスコミの偏向報道は、フィギュアスケートでも同じように行われています。
ここからは真央ちゃんに関する偏向報道をまとめることにします。

まず某所からのコピペを2つ貼りますが、一つ目では、

真央ちゃんとKYが海外でどんな評価を受けているか?
対して日本ではどんな報道がされているのか?

ということがわかります。二つ目では、

日本のマスコミが「真央ちゃん下げ」「KY上げ」をする理由について、
こういうことでは?という推測がなされていますが、さもありなん、と私は思いました。


■アメリカ
ディック・バトン(辛口な解説者で有名)
「ユナは優雅に見せようと必死だが優雅でない」
「真央は史上最高のスケーター。全てがこの上なく美しい」

■カナダ
カート・ブラウニング
「真央こそが他の選手達も私達も本物の世界女王と思える奇跡の選手だね」
「選手達は成長したいと思うのなら真央のこの演技を録画して繰り返し見るべきだね」

2008世界選手権の優勝者は?
「もちろん浅田真央。Paperの上ではユナ・キムのほうが上かもしれないが、
 WOW真央、真央WOWって感じさ♪」

■イギリス
ユーロ解説者
「ユナはエレガントとは程遠い。」
「真央の演技は何時間でも見続けていたい。まさに女王にふさわしい。」

■ドイツ
「真央は重量級のボクサーと同じで破格の実力者はどんな状況でも勝てる事を示した。」

■スウェーデン
「真央は春のお姫様のように愛らしい。彼女こそフィギュア界が待ちに待った本物の女王。」

■フランス
フィリップ・ペリシエ(解説者)
「ユナは構成点で良い点が出過ぎ。」
「真央は一人だけ実力が飛び抜けてる。それも3年前からずっと。 」

■ロシア
タチアナ・タラソワ
「真央に勝てる選手なんか存在しないのに、真央は練習の虫。あと10年間は真央が世界のトップに君臨する 。」
「3Aをクリーンに決めプログラムを成功させた者が、3Aに挑戦すらしない者に負けるのは、正直言って変よ! 」
「ユナはワールドクラスのスケーターです。彼女はとても強いです。しかし真央が100%の力を出した時、常に真央が勝つでしょう。」

■中国
「完全アウェーで八百長韓国を下し、正々堂々と優勝した日本の浅田はスゲー!( 意訳 )」


-------------- 超えられない壁 --------------


■日本
とくダネ
「キムヨナは芸術性に優れている。浅田選手より実力は上」と捏造




・・・キムヨナに『電通』、浅田真央に『IMG』と表記したが、
これはそれぞれの選手のバックについている企業である。

電通は御存知、現在日本の流行を操っている広告代理店の最大手。
電通によって流行が作られ、
電通によって日本が動いていると言っても過言ではない。

浅田真央は電通の広告塔として声をかけられたもののこれを拒否。
キムヨナがこれを承諾したため、
キムヨナ上げ浅田真央下げの流れが生まれた。

キム・ヨナ、浅田真央の一連の騒動を説明しよう。

浅田真央、電通金儲けの種であるシンボリアスリート断る
          ↓
電通激怒により雑誌等で親の職業叩きスタート
          ↓
浅田真央IMG VS 電通 の抗争激化
          ↓
電通と韓国IB連合がIMGのキム引き抜き計画を決行
           ↓
韓国IMGと韓国IBスポーツ訴訟対決
           ↓
電通と韓国IB連合が人気下降中のISUフィギュアのスポンサーに就任
          ↓
韓国IBと韓国SBSと癒着しまくりのISU韓国人副会長が私物化
           ↓
チンクワンタ会長 クリックスポーツ局長 と韓国人副会長の利害が一致
           ↓
電通IB連合にISUのトップ幹部が組んでキムヨナ上げ浅田真央下げを開始  
           ↓
電通支配の日本マスコミによる浅田真央ネガキャンを開始
           ↓
浅田真央が自力で対抗し、ワールド制覇で阻止
           ↓
キムヨナの世界売り出しに失敗。
しかし韓国内ではCM13本という異例の売り出しに成功
           ↓
キムヨナ日本売出しのために
浅田真央人気下げのための韓国GFが八百長の出来レース決行
           ↓
またしても浅田真央が自力と強運で阻止しGF優勝
           ↓
韓国GF八百長の世界言論封鎖のため韓国日本ISUで
キムヨナ上げ浅田真央下げ決行
           ↓
欧州、ロシア、北米、中国マスコミ、日本国民に韓国八百長を勘付かれる          
           ↓
キムヨナ日本売出しの対策を思案中


ここで動画をご紹介したかったのですが、
既に削除されていてありませんでした。

「さようならフジテレビ フィギュアスケート報道暗黒の歴史・前編」
「さようならフジテレビ フィギュアスケート報道暗黒の歴史・後編」

という動画です。
真央ちゃん関連の偏向報道がまとめられている動画でした。

でも、こんなときのために(削除されたとき)と思い文字起こししていたので良かったです。

※7/21追記 動画が名前を変えて再UPされてましたので追加しました。
動画の説明文には「この件を風化させたくないので、作成者様には無断ですが転載しました」と…
私も同じ気持ちです。UP主様、ありがとうございます!

動画2本目の7:30~真央ちゃん優勝時の表彰式を流さなかったことについて、
フジに電話で抗議した視聴者とフジのオペレーターの肉声が残されていますが、
今もう一度これを聞いて、はらわたが煮えくり返る思いがしました。



過去記事風化させてはいけないテレビの偏向報道 1/2より

「さようならフジテレビ フィギュアスケート報道暗黒の歴史・前編」(削除済み)
「さようならフジテレビ フィギュアスケート報道暗黒の歴史・後編」(削除済み)

※動画が名前を変えて再UPされていたので追加しました(↓)

※7/21追記 動画が名前を変えて再UPされてましたので追加しました。


浅田真央ファンなら知っておくべきこと2/2


(動画の文字起こし)

(ある日のとくダネ放送の)
10ケ月後、読売新聞に2008年GPファイナルに関する1つの記事が掲載されました。

しかしその勝利のあとに、意外な衝撃が待っていた。 帰国後、「キムのミスに助けられていた」という評価があると聞いて落ち込み、一時、練習の意欲を失った。2月にバンクーバーで行われた四大陸選手権まで引きずり、3月の世界選手権では連覇の重圧も加わって…

四大陸選手権での不調をマスコミはケガと報道。
浅田選手はケガは否定したものの、不調の原因は最後まで明かしていない。

2008年GPファイナルにおいて史上初の3Aフリー2回を決め
敵地でライバルを打ち破った。

しかし何故かフジTVは快挙を成し遂げた浅田真央を叩いた。
まるで優勝を奪った敵であるかのように。

彼女は報道を知っていた。
そして我々が思っていた以上に深く傷ついていた。

優勝した自国の選手を称えることなく一方的に叩き貶める。
こんなことがありえるだろうか?

フジTV報道が一貫して見せる姿勢。
それは「浅田真央は必ずヨナより劣っていなければならない」

あなたはTVから浅田真央の技術に関して
3A以外で称えられた話を聞いたことがありますか?
3A以外でヨナよりここが優れていると聞いたことがありますか?

浅田真央がヨナに勝った時、フジの報道姿勢が一変するのもこの為。
真央はヨナの上に立ってはならない

本人をゲストに呼んだ時、もちろん本人を称えますが、
「頑張ったね」水準であって、決して姿勢を曲げていないことにお気づきでしょうか?

あなたはこの異常ともいえる報道を見過ごすことができますか?

1 浅田選手は転んでないのに「転んだときは…」と何度も質問するアナウンサー

2 安藤選手に対し、「キムヨナが転んだとき、正直「やったぜ!」と思いましたか?」

3 浅田選手が転倒したにもかかわらず見事な建て直しで優勝した試合のあと、

  ・「ミス・失敗・減点・転倒」の言葉を連呼。
  ・使われた写真は3枚のみで、転倒シーン及びジャンプ・スピンの歪んだ顔のものを
   何度も何度も流す。
  ・本人の前に転倒シーンの巨大パネル。本人に転倒シーンを直視させてインタビュー。

4 GPファイナルで優勝したにもかかわらず、キムヨナが実力は上と主張

  「キムヨナがひとつミスが少なければ負けていた」(佐野)
  「女子で始めて3Aを跳んだのにですか…?」(アナ)
  「でもそれが現実なので…」(恩田)
  「ようやく」キムヨナに勝った
  「初めて」シニアで一勝上回った
  (実際にはジュニアの段階で浅田選手がキムヨナを上回っていたことは報道せず)
  「芸術点ではキムヨナが全てで上回っている」
  (実際は同点のものもあるのに、それは無視している)
  「浅田選手は子供っぽい」(恩田)
  「真央ちゃんは子供っぽい」(ピー子)
  「全ての技が成功していたら、キムヨナが3.03上回っていた」
  (後日訂正したが、「私たちわからないんだよね」
  「真央ちゃん頑張ってくれたのにごめんなさいね」と簡単に済まされる。
   それ以前に、わからないことは放送すべきではなかったのでは!?)

5 演技とは関係ないCM本数を比較し、キムヨナ絶賛

  「キムヨナは私たちでも知ってる超優良大手の企業のCMをしている」
  (日本の花王や森永は大手優良企業ではないのか?さらに花王はとくダネのスポンサー)

6 浅田真央に密着と予告しながら、生で登場したのはキムヨナ
  浅田選手はVTRのみの出演で、密着したのはキムヨナ

7 ふたりの戦績を比べるのに、浅田選手の2008世界選手権優勝を無視

8 キムヨナが負けたのは実力のせいではなく腰痛のせいだと「腰痛」を連呼

  その腰痛については、キムヨナの友人で韓国代表のチェ・ジウンが暴露。
  「ヨナの怪我はたいしたことありません。知ってる人は知っています。
   ヨナが少しでも痛いと言うと無条件に病院へ連れて行き、
   いくら重要な大会でも出るのを止めさせます。本当に凄いの」

9 世界最高得点を出しても、表現を変える

  キムヨナには「世界最高得点をたたき出して」
  浅田選手には「高得点を出して」(世界最高得点とは教えない)

10 世界選手権で浅田選手が優勝したにもかかわらず、とくダネは「キムヨナ敗因の特集」

  ・いきなり韓国での取材映像
  ・キムヨナのTVに食い入る韓国人の表情
  ・キムヨナのおでこにしたい整形の流行
  ・30人アンケートでキムヨナ引退賛成5人、引退反対25人との報告
   「日本のファンと同じように韓国のみなさんも2人の対決をまだ見たい」(は?)
  ・「今回の世界選手権が、浅田との最後の直接対決になってしまうのか」(キムヨナ目線)
  ・結果発表はキムヨナの結果を先に言い、浅田選手はあとに紹介。
  ・キムヨナの演技は流しても浅田選手の演技はカット。
  ・「真央」の名前が出ないままで、「そして気になるキムヨナの今後は…」(は?)

11 ミヤネ屋のキムヨナに対する浅田選手の弱気発言引き出し手法

  「根性入ってるやろね、あの子も」「ハハハ」
  「根性入ってるやろ」「…強いですね」「だろ」(浅田選手の表情曇る)
  「4年間、真央ちゃんとキムヨナが金メダル争うといい続けられたわけやろ世界中で。
   いやんなれへんかなプレッシャーで」
  「そうですね…結構自分も負けてたので…ほとんど負けていたので、
   次また負けちゃうのかなと思います」

12 「そしてこのあと浅田真央。場内の大歓声はブーイングに変わりました」
   (コストナー選手の点が低いことへのブーイングの解説をここで使用)

13 世界選手権で絶賛された浅田選手のジャンプについて、世界と日本の報道の差
  フジBSでの荒川さんの絶賛コメントを、フジ地上波ではまるまるカット

  イタリア 「見事に3A+2Tを決めました」
  ユーロ  「yeah、全くクリーンですね。認定しなければいけません。素晴らしい」
  カナダ  「フリーレッグがよく伸び上がり奇麗にきまってました」
 
  フジ地上波「………」(無言・仮面舞踏会の曲のみ)

  フジBS 「この高さも充分で素晴らしい3Aに加え、
        ジャンプだけではなくて全ての面でもう完璧に
        パーフェクトだったんじゃないかなというふうに思います(荒川)」
       「荒川さんからパーフェクトとありましたけれども(アナ)」
       「そうですね(八木沼)」 

14 世界選手権で、日本人が優勝した年は君が代・日の丸は全てカット

  2007世界選手権 安藤美姫優勝 君が代カット
  2008世界選手権 浅田真央優勝 君が代カット
  2009世界選手権 キムヨナ優勝 韓国国家ノーカット放送
  2010世界選手権 浅田真央優勝 君が代カット

15 これについて実際にフジへ電凸しても話にならない
  オペレータは「そういうご意見があったことを伝えます!(最後逆ギレ)」の一点張り。

(動画キャプチャ)
2014071801.jpg


動画に扱われたものと被るものもありますが、
この4年間で私が目にした真央ちゃん関連の偏向報道の画像をまとめてみました。

フィギュアスケートの偏向報道では多分一番有名な画像。
優勝して凱旋帰国した選手に対する扱いとはとても思えません。

02フジ

ここはどの国ですか?と言いたくなる韓国目線のKY紹介。
2014061027.jpg

同列で比べられない大会の記録を使って「KYが上」と印象操作。
真央ちゃんは世界のトップ6人しか出場できない大きな大会、
KYは国内選手権やB級大会と言われる規模が小さな大会。

(目印)winshot000061
すぽると20121209-1

日本の選手を紹介するコーナーで、
まるで日本の選手のように横並びで紹介されるKY。

すぽると2
す1
す15
す27

東日本大震災のあった年、2011年GPSロシア大会では、
ロシアから日本に対する温かいメッセージが発信されたのに、
肝心の日本のメディアがこれを報道しなかったため、多くの日本人は知らないままとなっている。
(KYはこの大会で準優勝したにもかかわらず、この演出には参加しなかった。
 日本のマスコミは当然そのことも報道していない)

tumblr_lkmc8gr2bY1qa1a22o1_500.jpg

これに関してはチラシも作成されていました。(クリックで大きくなります)
2014011208.jpg

今日このことについて調べていてたどり着いたのですが、
こちらのブログでロシアの演出が詳しく紹介されていました。
一人でも多くの日本人に知っていただきたいことなので、リンクにてご紹介させてください。
目が覚めて思うこといろいろ様のブログ

日テレ。真央ちゃんの画像選択に悪意を感じる。
日テレ20130315

2009年「アタシんちの男子」(フジテレビ)
日本人なら「浅田真央」と連想してしまう藁人形に釘を打つシーンを放映

2011083108335500c.jpg

2010年3月12日「太田光の私が総理大臣になったら」(日本テレビ)
「この冬アタマにきた日本人ベスト10」の8位に浅田真央。
日本人にはそもそもそういう発想はないと思うのですが…
このときの野村佐知代氏の発言は今でも許せません

Snap67800002.jpg
Snap6780059.jpg
Snap67800005.jpg

2008年12月18日「とくダネ」(フジテレビ)
これはあまりにも有名、あまりにも酷い番組でした。
優勝した真央ちゃんを差し置き、いかにKYが優れているかのみを強調。
佐野稔氏と恩田見栄さんのことが許せなくなった原因となった番組。

Snap67800007_20140112110631d01.jpg
Snap67800010_201401121106320e5.jpg
Snap67800012_20140112110718521.jpg
Snap629_201401121108200cf.jpg

今日の私は「許せない」を連発してしまってますが、
そもそもフィギュアスケートについて書くようになったきっかけが、
怒りにも似た違和感だったなぁ、ということを思い出したりしました。

偏向報道はテレビだけではありません。
文字で伝える新聞やインターネットのコラムにもあります。

目にするのもうんざりですが、
真央ちゃんに対して現在進行形で起こっている事実の証拠として再掲しておきます。

城田憲子
青島ひろの
テリー伊藤
ラサール石井


過去記事城田憲子氏に殺意を覚えたより

sjG8t.jpg

城田憲子の目「ジャンプの精度上げるしかない」

今のままでは、真央はヨナに勝てない。ヨナは復帰戦で、難易度の高い3回転ルッツを完ぺきに跳び、スピード感のある「大人」のフィギュアを見せた。一方の真央は今季、ジュニア時代の初心に戻る意味もありフリーの曲に「白鳥の湖」を選び、「子供っぽく」演じている。残念ながら現時点で2人の差は「大人」と「子供」ほどある。

では真央は、どうしたら勝てるか。それにはジャンプの精度を上げるしかない。技術的には踏み切る時に姿勢が前かがみになり、頭と氷が平行に移動せずバラついているため回転不足が多くなっている。それがスピード不足にもつながっている。真央の”代名詞”だった3回点半や、3-3回転連続を成功させるためにも、流れの中できっちりしたジャンプが必要だ。

幸い、スピンや曲のストーリーをつかむ能力とプログラムは問題ない。安藤美姫、カロリーナ・コストナーら世界女王経験者などライバルもいるが、真央は立ち止まらず改善し、進化していくことが大事だ。(日本スケート連盟強化部コーディネーター)



過去記事なにこの駄文…青嶋ひろの、許せない。より

浅田真央がトリプルアクセルに固執する理由(上)――完成形としてのSP「ノクターン」
青嶋ひろの(フリーライター)2013年12月14日

 浅田真央のスケートは、人の心を打つのだろうか?

 そんな論議を取材の場ですることが、時々ある。日本には高橋大輔、鈴木明子、さらには町田樹と、パフォーマンスで魅了できるスケーターがたくさんいる。浅田真央にももちろん独特のチャームがあり、多くの人が「真央ちゃん」の頑張る姿に心惹かれているだろう。

 しかしそれは国民的アイドルである彼女の存在感やキャラクターが引き起こすものであり、演技者としての彼女が、最上級なのかどうか、と。

 そんな議論のなかで出てきた「真央論」のひとつに、こんなものがあった。

 高橋や鈴木といった、どうしようもなく観客を引きつける力を持つスケーターは、表現技術の高さもさることながら、とても大きなメッセージを発しながら滑っているのではないか。

 それは「俺を愛して!」「私を見て!」という、観客や視聴者に向けた強いアピールだ。目立ちたがり屋であったり、寂しがり屋であったり、愛されたがりであったり、そんな人間くさい生の感情がほとばしる時、人は彼らのスケートを、愛さずにはいられなくなる。

 浅田真央には、決定的にそれが欠けているのではないか、という見方がある。彼女は滑りながら、他者に愛を乞わない。演技に関して、ほとんど人の評価を必要としない。そういえば彼女の母、匡子さんが存命中、取材陣にこんな話をしたことがあった。

 「真央にはね、お世辞は通用しないよ。あの子は誰に褒められても、そんなにうれしいとは思わないの」

 そして匡子さんは、さも面白そうに笑ってこう付け加えたのだ。

 「真央がほめてほしい相手はね、私だけなの」

 なるほど、と思う。姉・舞とふたりでスケート教室に通い始めた小さなころ、真央の口癖は「ママ、見て見て!」だった。ちょっとでも自分を見てほしい。ちょっとでも上手になったところを見せて、ママの視線を自分に向けたい。舞じゃなくて、真央だけを見てほしい……それが、浅田真央がスケートを上達しようとがんばった、大きなモチベーションのひとつだ。見てほしいのはたった一人、最愛のママだけ。

 だから彼女は、今でも他者に向けて「私を見て!」「私を愛して!」というメッセージを、スケートを通じて発することはない。それを物足りなく感じる人もいるだろう。また逆に、こちらに向けた愛情を感じられない孤高のアイドルの姿に、心惹かれる人も少なからずいるだろう。

 「それは見る人の、恋愛スタイルに通じるかもしれない」

 そんな意見もあった。多くの人は恋をするとき、相手からの愛情を感じ取り、好きだという気持ちをお互いに育て合っていく。双方のコミュニケーションの果てに恋愛が成就する、そんなパターン。しかし自分に見向きもしない相手を一方的に好きになり、ひたすら追いかける。そんな恋愛に喜びを求めるタイプもいるだろう。

 前者がフィギュアスケートを見たとき、惹かれるのは高橋大輔や鈴木明子の演技。彼らのパフォーマンスには、見る者との間にコミュニケーションがある。一方、恋愛タイプが後者の人は、浅田真央の外側に何かを放たないスケートに、強い魅力を感じるかもしれない。

――そんな浅田真央を巡る話を、デトロイトで、東京で、モスクワで交わしつつ、私たちは福岡で、グランプリファイナルを迎えた。

 競技初日のショートプログラム。浅田真央が見せてくれたのは、我々の与太話などどこかへ吹き飛ぶような、珠玉の「ノクターン」だった。

 すべてのカギを握っていたのは、冒頭のトリプルアクセル。3つしかないジャンプの失敗は許されないショートプログラム、一か八かの確率のジャンプは避ける――その定石で言えば、浅田はここでトリプルアクセルを跳ぶべきではない。しかしこの日の「ノクターン」には、是が非でも一発目のトリプルアクセルが必要だったのだ。 

 しかし浅田自身も、見る者の多くも、今回は「行けた!」と思っただろう。足元を厳しく見れば回転不足、しかし流れが美しく、迫力があった。

 よく伊藤みどりのトリプルアクセルを知るものは、浅田のアクセルを「本物ではない」と否定する・・・・・

(以下有料版のため掲載できず)

winshot001470.jpg



過去記事テリー伊藤はテレビに出るな。より

テリー伊藤、浅田真央の引退宣言に苦言「言ってることが当たり前すぎてつまんない」
livedoorニュース 2013年04月15日14時30分

15日、日本テレビ系「スッキリ!!」でフィギュアスケート選手・浅田真央の引退宣言に、テリー伊藤が厳しい意見を突きつけた。

浅田は14日、記者会見で来年2月のソチ五輪での引退を表明、そのニュースがスポーツ紙などを賑わせていた。番組冒頭ではこの会見の模様を放送、インタビューを行った記者らへの取材も行い「引退宣言」の理由を検証した。

司会の加藤浩次に意見を求められたテリーは「(同じフィギュアスケートの)村主(章枝)さん、32歳ですよ。彼女はまだ現役でやってる。候補でも無いのにがんばってやってる」「浅田さんは言ってることが当たり前すぎてつまんないんですよ」と厳しい意見を述べ、浅田の引退に対して否定的な見解を示した。

また「例えばですよ、ソチでキム・ヨナと戦って、わずかな差で負けたらどうすんの?そしたら悔しい訳じゃ無いですか」「そしたら、『冗談じゃない、もう一回やりますよ、私』って、そういうパワーが彼女の人生に必要だと思う」「その事が、彼女が今度スケート界に恩返しする時にものすごく役に立つと思う。そういう彼女のコメントが、今度解説者になった時に、すごく説得力をもつんですよ」と、スケート選手としてでは無く、その後の人生のためにも、今は引退すべきではないと主張。

さらに浅田への苦言は続き、「着てる衣装にしろ表情にしろ、幼いじゃないですか。国際人の22歳はもっと大人なんですよ。彼女は守られてるから、あの表情、あのファッションなんですよ」と発言。浅田はもっと人生経験を積んでフィギュアスケートを続けるべき、というのがテリーの意見のようだ。

テニスの伊達公子、水泳の北島康介らを例に出し、まだまだやれるのに引退することはないと主張するテリーに、加藤は「ピークでやめる(サッカーの)中田(英寿)選手もいるわけですよね。これはそれぞれの判断というか」と浅田の引退宣言を擁護したが、これに対しては今がピークかどうかは分からないと反論。とにかく彼女の可能性を活かすには、引退は早急である、と繰り返し主張した。

d7abc41f26dee873799ae081596e4f8ee.jpg



過去記事あえて書きます。ラサール石井の暴言とにわかに増えた三流記事より

「浅田真央はエッチするべき」 「暴言」でラサール石井が謝罪
JCASTニュース 2011/5/ 2 18:40

 タレントのラサール石井さんが女子フィギュアスケート、浅田真央選手についてツイッターで「表現力をつけるために彼氏を作ってエッチするべきだ」といった主旨の内容を投稿し、炎上状態となった。ラサールさんは謝罪し、現在発言は削除されている。

 2011年4月30日、ロシア・モスクワで、フィギュアスケート世界選手権が行われ、浅田選手はジャンプの失敗もあり6位と、世界選手権では自己最低の結果に終わった。

「エッチしなきゃミキティやキムヨナには勝てないよ」

 これについてラサールさんが、ツイッターで5月1日、「ちょっと暴言吐きます」と前置きした上で、

「浅田真央ちゃんは早く彼氏を作るべき。エッチしなきゃミキティやキムヨナには勝てないよ。棒っ切れが滑ってるみたい。女になって表現力を身に付けて欲しい。オリンピックまでにガッツリとことん!これは大事」

と投稿。ライバルのキム・ヨナ選手や安藤美姫選手は、表現力が高いとされる。二人に対抗するには、恋愛経験を積んで大人の女性にならなければいけないという趣旨なのだろう。

 しかし、「彼氏を作るべき。エッチしなきゃ勝てない」といった露骨な表現もあってか「女性アスリートに対して最低で下品で幼稚な発言です」「普通にセクハラですね」といった非難が殺到し、炎上状態となった。

突然謝罪、浅田選手に関する発言も削除

 これを受け、ラサールさんは再びツイッターで発言の意図を説明。女子スポーツでは、少女から女性に成長する際、身体や精神が変化することでタイムが落ちたり、一方で表現力が増したりと、マイナスにもプラスにも変化することがあるとし、

  「その時点で個に集中してストイックに練習に打ち込み乗り切るか、日常は日常で切り離し普通の生活を送ることで乗り切るか、二つに別れるとすれば、私は後者を支持したい。恋愛もsexも人間には欠くべからざる行為だ。そういった日常の発露としてアートやスポーツもあるものだと私は思っているからだ」

と釈明した。

 しかし2日午後、突然謝罪した。「どうしても呟かなければいけない事ではありませんでした。しかも最悪の言葉で呟いてしまったことは事実。ご批判は当然と痛感しています」としたうえで、こう書いている。

  「全女性の皆様、お名前を出してしまった各選手の方々、関係者各位、何より浅田選手ご本人とファンの皆様に心より謝罪いたします」

 浅田選手に関する発言も削除されている。

s-lasar141.jpgらさーる17


2008年「とくダネ」の佐野氏と恩田さんの発言は、
ネットではニュースとしても取り上げられるほどでした。
記事中のリンクでも、転倒パネルやフジ社員の工作が紹介されています。


浅田真央が偏向報道の犠牲に?フジテレビに非難続出
探偵ファイル 2009年10月17日

浅田真央が偏向報道の被害を受けているとのことで、フジテレビへの大バッシングが起きている。

騒動の発端は、2009年10月14日の読売新聞の記事だった。昨年のグランプリファイナルでキム・ヨナを破って優勝した浅田についての以下の一文が、注目を集めた。「帰国後、「金のミスに助けられた」という評価があると聞いて落ち込み、一時、練習の意欲を失った」。

これは、フジテレビの「とくダネ!」を指しているに違いないとのことで、同番組を非難する声が続出した。一部の意見に傷ついているようではメンタル面で課題が残ると、浅田に批判的な人々もいる。とはいえ、優勝した浅田への批判一辺倒で、一方的にキムを持ち上げる内容に違和感を覚えた人々が実に多かったことは事実である。

番組中で浅田に厳しい評価を下した一人は、日本フィギュアスケーティングインストラクター協会理事の佐野稔氏。「キム・ヨナさんが二つのミスのうち一つミスをなくして、どっちも一つ同士のミスだとするとキム・ヨナさんが勝っていましたね」という。「圧倒的にキム・ヨナさんの方がスピードがあるんですよ。本当にね、ゾクゾクするような、いろんな仕草だとか表情とかが非常に豊かなんですね」と語った。

「とくダネ!」でコメントする佐野稔氏と恩田美栄氏
たんてい1

プロスケーターの恩田美栄氏も、同様の見解を述べた。佐野氏の主張を反復した司会の小倉智昭氏に対して、「私もそう思いました」と同意。「すごいスケートが滑らかで、感情表現もキム・ヨナ選手はあったんですね。浅田選手も決して悪くはなかったんですけれども、やはりちょっと子供っぽいっていうところがあったと思うんですね」という。失敗数が同じならば浅田が負けていたと、繰り返し強調した。

放映直後も、これらの内容への非難が続出し、上記の人物らの評価を疑問視する意見も出た。すると、同番組では態度を一変。浅田が予定していた内容の中には、当日披露しなかったものもあったため、失敗数が同じならばキムが確実に勝ったと単純には言えないと釈明した。「我々、分かんないんだよね」、「我々は素人」などと、小倉氏は無責任な発言を連発し、出演者一同、今度は浅田を一方的に持ち上げた。

フジには、浅田関連のトラブルが多い。浅田へのインタビューでは、彼女が転倒した場面の巨大なパネルを本人の目の前に用意したことに非難が殺到した。フジ関係者がキムを擁護する工作活動をネット上で展開していたと判明し、話題になったこともある。

転倒した姿のパネル
たんてい2

フジテレビ関係者が個人ブログに書き込み
たんてい3

探偵T


マスコミの偏向報道を伝えるために、
ネット上では有志の方がわかりやすいチラシを作って配布されています。

不自然な韓国上げを伝える内容が多いのですが、
真央ちゃんに対する偏向報道もよく使用されています。

過去記事マスコミの偏向報道を伝えるチラシ11種のご紹介より

Snap6778374.jpg

Snap1051.jpg

このチラシは印象的(象徴的)でした。
在日が起こす数十人、数百人のデモは報道するのに、
日本人がフジテレビの玄関前で起こした8,000人のデモを一切報道しなかったフジテレビ。

Snap6778384.jpg

最後に動画をひとつ。
最初の2分半の部分に、フィギュアスケートの偏向報道がまとめられていました。

過去記事削除攻勢に埋もれさせたくない動画 「日本での反・韓流について」より

日本での反・韓流について(Anti Korean wave in Japan...?日本語版)


今日も長々とすみませんでした。
もうこんな時間になってしまって、推敲する時間がありませんが、
とりあえずUPして寝ます(笑)

いよいよザ・アイスが始まりますが、
このブログでは目下4年間のまとめ作業をしているので、追えそうにありません。
コメント欄で自由に情報交換などしてくださいませ(o^-')b



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 2014/07/19(土) 03:15:21|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:33

「エイトトリプル」の価値を落としたいの…?青嶋ひろのさん。レオノワ選手も泣かせた真央ちゃん。

■「エイトトリプル」の価値を落としたいの…?青嶋ひろのさん。

「エイトトリプルは正式呼称ではないのにメディアが先走ってしまった。」
「『ただのトリプル8回』 が 『あたかも伝説の必殺技』のように広まった。」


…これが青嶋さんの言いたいことですか。

「浅田真央が目標を設定しなおすたびに、ころころ変わるのか」

この「ころころ」という表現には、
いつかの藤井氏の言葉選びに似た「感じの悪さ」がありました。
日本スケ連・藤井氏のブログでの表現に疑問

そしてソチでの演技について
「そもそもエイトトリプルを達成していない」と難癖をつける。
エイトトリプルの何がそんなに気に食わないのか…

私は素人ながらに、
<<(アンダーローテーション)だと2回転判定なので「達成」とは言えないだろうけど、
<(回転不足)は回転不足気味ながらも3回転と認められているものと思っていたんですが…

また、ご丁寧にエイトトリプルという呼称が存在するのかググられたということですが、
その時期以前に私は「6種8トリプル」の記事を書いていたのでヒットしていたはずです。
青嶋氏はカタカナでしか検索しなかったのかも知れませんが…
「真央しかできない」夢の6種8トリプル 男子SP結果

私がその言葉を使うということは、某所では当たり前のように使われていたから。
フィギュアスケートの専門用語としては存在しないのかもしれませんが、
一般フィギュアスケートファンの間では普通に使われていた言葉です。

それにしても「エイトトリプル」という呼称の存在の是非を問題視したり、
それを「ただのトリプル8回」と価値を下げるような表現を使うことに、正直腹が立ちました。

また、浅田選手を「妖精」と表現するのはよいとしても、
まるで苦労知らずのように書かれていることに疑問を抱きました。

「人間的な苦悩を抱えながら奮闘する姿への親近感」

ということであれば、他の選手もそうでしょうが、
まさに浅田選手についても、ファンが応援したくなる要素なのではないでしょうか。

三人娘は仲が良すぎたから勝てなかった…?

お金を払ってまで読みたくないので本意はわかりませんが、
お金を払ってまで読まないライト層にはそう伝わってもいいということでしょうか。


【ソチオリンピック リポート】 浅田真央、「エイトトリプル」の真実(1)――一人歩きした呼び方
青嶋ひろの(フリーライター)
WEBRONZA 2014年03月10日

 「浅田選手、今年はフリーでトリプルを8回跳ぶ! って言ってますよ。これってやっぱり、特別なことなんですかね?」

 「そうだね、普通の女の子はどんなに優秀でも、トリプルを5種類しか跳べない。そうすると……」

 そうすると、1回のフリーで跳べる3回転ジャンプの数は、5種類各1回+繰り返しが許される2種類各1回で、7回。しかしトリプルアクセルが跳べる選手のみ、6種類のジャンプ各1回+繰り返しが許される2種類各1回で、計8回。一度のフリーで8度のトリプルに挑むことができる。そんな解説は、もう既にご存じのことだろう。

 「だから(中野)友加里ちゃんがトリプルアクセルをフリーで普通に跳べるようになったころ、話題になったんだよ。『世界で彼女だけは、フリーで8回トリプルを入れられる。エイトトリプル・プログラムだ!』と」

 最後の部分、もしかしたら、「それを『エイトトリプル・プログラム』って呼ぶんだよ」と、知ったかぶりふうに言ったかもしれない。

 そのあたりはよく覚えていないのだが、以上は2013年の7月、アイスショー「ザ・アイス」大阪公演の取材後、浅田真央の発言を受けての、筆者と某スポーツ新聞N記者との会話である。

2014030700009_1.jpg
ソチ五輪のフリーでトリプルアクセルの着地を決めた浅田真央

 次の朝、某スポーツ紙には「真央、エイトトリプル」と、それほど大きくはないが記事が出た。おお、「エイトトリプル」って書いちゃったか。あれ、特にそういう呼称があったわけでは……たぶんないんだけれどな。

 と思いつつ、私の昔ばなしだけで、「真央、エイトトリプル」と見出しの立つ記事にしてしまう、スポーツ記者の勘所の良さに感心した。

 浅田の話を受けただけなら、記事の見出しは、「真央、史上最高、トリプル8回に挑戦」止まりだっただろう。それを、「エイトトリプル」と書くだけで、「なんだかすごいことに挑戦する感」がぐっと増す。オフシーズンのスケートの話題だ。「エイトトリプル」がなければ、もっと扱いの小さな記事になっていたかもしれない。

 「おかげでひとつ書けましたよ! 今日はおごりますから」

 ということで、私もその夜、大阪の串揚げを堪能した。

 この時点で「エイトトリプル」という言葉、呼称としては存在していなかった、と思う。なぜなら話したことが気になって、串揚げをごちそうになった夜「エイトトリプル」をグーグル検索してみたら、一件もヒットがなかったから。

 浅田真央も結局、シーズン当初はトリプルアクセルに重きを置くことで3回転‐3回転やダブルアクセル‐トリプルトウなどを回避。「フリーでトリプル8回」に挑むことはなく、この時点で「エイトトリプル」については、特に大きな話題となることはなかった。

 ところが、ところがである。オリンピックが近づき、「トリプルアクセルをフリーで2回」という当初の目標を断念した浅田は、夏に掲げたあのジャンプ構成にソチのフリーでは挑戦したい、というコメントを出した。

 もちろんN記者はすかさず、「真央、エイトトリプル」と打つ。ここから、である。存在しなかった、というか、ただのトリプル8回、という意味だけの言葉が、「エイトトリプル」としてあたかも伝説の必殺技のように広まっていったのは! ・・・・・続きを読む



【ソチオリンピック リポート】 浅田真央、「エイトトリプル」の真実(2)――メディアの大騒ぎがプラスに?
青嶋ひろの(フリーライター)
WEBRONZA 2014年03月11日

(承前) そして今回、大いに驚いたのは、誰もが社会の公器と信じて疑わない某大新聞(「朝日」ではない)が、「エイトトリプル」をメインに使い、派手な記事を書いていたことである。いわく、「通称『エイトトリプル』と呼ばれる演技構成」「女子フィギュア史上、最も難しい挑戦」とのこと。

 いやいや、いつの間に「通称『エイトトリプル』」となっていたのか。「女子フィギュア史上、最も難しい挑戦」は、浅田真央が目標を設定しなおすたびに、ころころ変わるのか。 


2014031000018_1.jpg
ソチ五輪のフリーでトリプルアクセルの着地に成功した浅田真央

 さらにいえばフリー後、記事によっては「エイトトリプルを『見事に』すべて着氷」といった論調で書かれているものもあるが、これもおかしい。

 浅田のフリーは見事だったが、それとは別に、今回の「エイトトリプル」は成功とはいえない。回転不足やエッジエラーが付き、基礎点からマイナスされてしまえば、そのジャンプは成功ではない。

 転倒なしでしのいだことを「着氷」と書き、失敗ではなかったと強調しようとするのも、文字媒体が近年使い始めた手法だという。

 スケート連盟関係者も「あの言葉は、変。『着氷』なんて言い方、スケートにはないですよ」と苦笑いをしていた。すみません、「着氷」は私も何度も記事で使っております。

 「どうしよう、**新聞まで『通称エイトトリプル』って言ってるよ?」

 「まあまあ、いいじゃないですか。表現は作られることもあるので」

 「私、ここまでの顛末、全部書いちゃおうかな!」

 「それじゃあ主犯、自分になっちゃうじゃないですか(笑)。でも、波及効果は絶大でした……」

 「どうするの! 流行語大賞にでもなっちゃったら。Nさん表彰されちゃうよ!」

 「浅田選手が成功しなかったから、それはないですよ。仮に成功してメダルを取って流行語大賞になっても、表彰されるのは浅田選手ですからね」

 表現は、作るもの――しかしここで、怒らないでいただきたい。

 実は今回の「通称『エイトトリプル』」の蔓延。浅田真央にも悪くない影響があったのだという。

 トリプルアクセルを1度に減らすという作戦変更、それはやはり、元々の目標を断念したことであり、アスリートとして悔しい気持ちはぬぐいきれていなかった。しかしまわりが「エイトトリプル!」と囃し立てるうちに、「新しい挑戦」は大きな意義があるものだと、彼女自身も納得し、気持ちを切り替えられた、と聞いている。

 メディアが選手たちに及ぼす影響については、今回のリポートでも何度も書いてきた。「エイトトリプル」と書きたて、騒ぎ立てることが良かったとは思わないが、結果的に選手にプラスになったのだとしたら、それもまた有り。今回はメディアの大騒ぎがいい方向に作用した稀有なケースかもしれない。

2014031000018_2.jpg
この振り付けの名前は?=2013年のグランプリシリーズ・フランス杯

 やはり日本のメディアは、わかりやすい言葉で必殺技を持ち上げるのが好きだ。「ここが注目ですよ」「ここを見てくださいよ」と盛り上げておけば、「真央ちゃんのトリプルアクセル、見なくちゃな」と視聴率も上がる。


 荒川静香の「イナバウアー」も、元々あった呼称ではあるが、トリノ五輪の数年前、彼女がプログラムで披露するまでは、ファンもほとんどその名前は知らなかったものだ。

 実は筆者もトリノ五輪で大きく取り上げられるまで、「イナバウアー」がイナ・バウアーさんの個人名から由来していることは知らなかった。

 だからたとえば羽生結弦のショートプログラム、「パリの散歩道」のあのポーズ。

 腰を落として滑りながら、両腕をまっすぐに伸ばして客席を指さす、あの印象的な振り付けも、「誰かが名前をつけちゃえばいいんだよ」と焚き付けていた。

 「あれは何ていう技ですか?」とよく聞かれるので、羽生自身に聞いたところ、・・・・・続きを読む



【ソチオリンピック リポート】 鈴木明子と村上佳菜子(1)――「真央」という光の影で
青嶋ひろの(フリーライター)
WEBRONZA 2014年02月28日

 自分にないもの、失ったものへの憧れ。自分には決して見せられない無心の姿へのリスペクト。それが、浅田真央に向けられた人々の思い。

 だとしたら逆に、自分に近い、人間的な苦悩を抱えながら奮闘する姿への親近感が、たとえば安藤美姫が女性を中心に支持されてきた理由だろう。また、一生懸命美しくなろうとする姿勢、そのままの自分ではない、磨き上げた自分を見せようとする姿の気高さを見せてくれるのが、たとえば鈴木明子であり、村上佳菜子ではないだろうか。


2014022700009_1.jpg
ソチでの3人。左から鈴木明子、浅田真央、村上佳菜子

 浅田真央に憧れて、ある女の子がスケートを始めたとする。

 彼女は年齢を重ねるにつれ、「真央ちゃんみたいにはなれない」という現実を、知ることになるだろう。

 人間として普通に育って、普通に大人になっていったら、自尊心とか、嫉妬とか、媚びとか、名誉欲とか、そんなものが生まれてくるのは当たり前だ。ごく自然にそんな気持ちが芽生えることで、その女の子が浅田のようなスケートをすることは、難しくなってしまう。

 浅田真央はあくまで浅田真央。不世出で、ほとんど妖精のような、彼女にしかできない表現がある。誰もが「真央ちゃん」にはなれない、と知った時……女の子はどうするのだろうか?

 これから成長していく、浅田真央と同じ時代を競わない選手たちはまだいい。しかしここまでの約10年間、日本の女子選手たちは、ずっと感じてきたはずだ。同じ時代に浅田がいることの苦しさを。
・・・・・続きを読む

【ソチオリンピック リポート】 鈴木明子と村上佳菜子(4)――仲が良すぎた3人(2014/03/04)
  青嶋ひろの(フリーライター)


【ソチオリンピック リポート】 鈴木明子と村上佳菜子(3)――「こんなもんじゃない」という悔しさ(2014/03/02)   青嶋ひろの(フリーライター)

【ソチオリンピック リポート】 鈴木明子と村上佳菜子(2)――いつか人々を陶酔させるあの演技を!(2014/03/01)   青嶋ひろの(フリーライター)


■青嶋ひろの氏と同じ姿勢のゲスト解説者

この方の解説を「事実を言ってるから問題ないじゃないか」と思う人はそれでよし。

ただ私は応援している選手の挑戦を、

「エイトトリプル?そんな専門用語はないので」
「達成できたらすごいけど、彼女の場合はエラーがあるので」
「ジャンプの飛距離、高さ、流れがKYさんたちより劣っている」


とファンもアナウンサーも疑問を抱いている採点を正しいとし、
国民が応援している選手について否定的な論調でテレビで語られることを快く思えないだけです。

「3Aよりも3-3のほうが基礎点は高い」

というのは間違いではありませんが、
単独ジャンプとコンビネーションジャンプを同列に語るのは乱暴かと。
せめて3Aの希少価値には触れてほしかった…

もちろん「否定的な論調」だけではないし、
赤文字部分以外は普通に聞いていられるのですが。

彼女は正直だから、不器用だからこういう言い方しかできないという擁護の声を聞きます。
それを理解してくれる人たちの前で語るぶんには問題ないと思うのですが…


2014/02/16 報道ステーション SUNDAY(テレビ朝日)
女子解説部分


長野:バンクーバー五輪は安藤さんも出場されてましたけれど、この五輪の直後の浅田選手を覚えていることとかありますか?
安藤:彼女忙しかったんでー結構バラバラ…番組に引っ張りだこだったんで
長野:……あ…そうだったんですか~(笑)ご本人はそのときの気持ちが今に繋がっているって言っているんですけれど…
安藤:もちろんそれはそうだと思います
長野:このエイトトリプルというのは一般的ではないんですか?
安藤:専門用語ではない~…すいません初めて聞いたのでー

長野:あーそうなんですねー…これ、じゃあ過去に成功した人とかいないわけですね
アナ:それだけ女性でやったことがない、馴染みがないって言うことなんでしょうね、エイトトリプル…
   ここでおさらいをしておきましょうかね、浅田選手これまでの演技構成では跳ぶ3回転ジャンプを7回跳んでいました
   そこで今回集大成ということもありまして8回3回転ジャンプを1つの演技で跳ぶと言う
   これがもの凄いことということなんですね~で、どこが変わったかと言いますと2番目のコンビネーションジャンプ
   3A-2Tっていうのが3F-3Lo…3-3にこれで基礎点が上がると言うことなんですが
   このジャンプコンビネーションは安藤さんは完璧に成功させていたもの
安藤:あ、自分はLzです
アナ:あ、Lz…色んな3-3を跳んでいたのでこれもやられていたのかと
安藤:それはやってないです
アナ:失礼しました
安藤:Lzはやったことありまーす
アナ:この3-3というのもまた難しいですよね
安藤:はい、この-3Loは世界でも何人かしかいないんで…ただぁ!回転不足を取られやすいジャンプなのでぇ

   まぁ大きな賭けに出たなって言う
アナ:3Aという難しいジャンプを無くすって言う精神的に楽になることもあるんですか?
安藤:3-3も同じくらい難しいんで~精神的に簡単になったかなって言うとーそうではないかなって
アナ:メリットっていうのは…どこにあります??変更した…
安藤:両方クリーンに跳べばぁ基礎点って言うのは3Aよりも3-3の方が高いのでぇ点数には繋がると思うんですがぁ
   試合でまず挑戦していないって言うところが本番でどう出るか…それがちょっと心配と言うかー

   違った面で緊張も出てくるんじゃないか3Aは2本ねその気持ちでやってる時もあるんで…
   まぁでも頑張って欲しいなというか久しぶりに3-3みれるんでお客さんにとっては凄くエキサイトする場面だなと思う
長野:ただ同じ選手目線で言うとかなり思い切った選択をしていると言う?
安藤:はいそうですね回転不足がちょっと…ここ何年かとられやすいセカンドジャンプなので~
   そこをクリーンに決めると武器になるんですけどーそれが回転不足になってしまった場合、
   基礎点が3Aよりも低くなってしまうので

長野:難しいですね
アナ:ジャンプというジャンプすべて3回転が入っている8回って言うこの難しさって言うのはありますよね
安藤:そおうですね、でもあの…彼女得意なジャンプで構成されているので~はーい、大丈夫だと思います
アナ:もし成功すれば、とんでもないですけどギネスにも登録されるんじゃないかなんて言われてるくらいの!
長野:そうなんですか~へー
アナ:ジャンプっていうのは我々素人だとなかなか分かりにくいんですが種類がありますよね
安藤:はい
アナ:こちら難しい順に並べましたA、Lz、F、Lo、S、T あってますか?
安藤:はい、あ、アクセルは簡単なんですけど3Aが…トリプルにすると一番…
アナ:3回転の難しさだとこの順番ですね…これを一つ一つ当てはめてみましょうか…
   これを全種類跳ぶって言うのは浅田選手にしか出来ないことですね
安藤:ただ彼女の場合Lzがインサイド踏切で~eをとられているので~
アナ:あージャンプによって内側踏切とか外側踏切とかね
安藤:FとLzって言うのが凄く似ていてFっていうのがインサイド踏切でLzって言うのがアウトサイド踏み切りじゃないと
   アウトサイド踏み切りじゃないといけないんですけど、彼女果敢に挑戦をして調整をしてきたんですけど
   まだ認定されていないので~そこが五輪までに上手く調整していれば最高レベルに…技術の持ち主に…

長野:逆にお話聞いていると今回の五輪で初めてトライすることを入れてるってことですか?
アナ:チャレンジしたことはあるんですけど成功ってことですね
安藤:何年か前ですよね3-3と3Aの構成を彼女やっているのでー
長野:これって…これだけのことを入れてくるのはやっぱりライバルの存在とか…どういう
安藤:きっと自分への挑戦だと思います
アナ:やっぱり常に挑戦していると言うイメージありますよね
安藤:そうですね…先ほど映像でも出たようにバンクーバーで彼女自身とても悔しい思いをしたんで
   そのリベンジは五輪でって言っているので、まずは彼女自身が彼女と戦うとおもうので
アナ:自分に勝つことが出来れば先が見えてくる…が、やっぱり困ったことにライバルがね…いるんですよね
   今回困ったことに2人いるんですよ宿命と言われている方と地元ロシアの新星、この2人!
   この2人強敵ですよね!?
安藤:他にも強敵はいるんですけどねーー!
長野:特に注目したいのは安藤さんはどの辺り…
安藤:あー今見る限りノリにノッてるのはリプニツカヤ選手がー若さもあり勢いもありー
アナ:団体でSP,FS共に最高点とってますからね
安藤:強いです、ユナキム選手も強いのでー1回あの~同じ試合に出させていただいて
長野:どうでした?
安藤:その頃はー怪我の影響もあってまだ本調子でない中でと思ってたのですが
   本番で決めてくる彼女は強いものを持っているのでー強いなーと正直

アナ:もちろんね日本の選手鈴木明子選手村上佳菜子選手いますから、
   個人的には表彰台日本選手独占っていうのはみたいですね
安藤:そうですね、やはりそれは夢だと思います大きな夢だと思います、が
   他にもカロリーナコストナー選手団体のSPで2位につけてますし、あとアメリカにも若手がいらっしゃるのでぇ、
   まぁ出場選手皆さんにスポットライト当てていただいて、まぁ五輪って楽しんでいただきたいので
   そのなかで日本の3選手輝いてもらいたいなと思います
長野:ぜひエールをね…ここで…
安藤:ええ~~~??
やぁでも本当にー一人一人色々魅力のつまったプログラムを用意している3選手なので
   あの…凄く頑張って欲しいなと、自分にまず勝ってそれで結果がついてくれば…
   日本中の皆さんへのメッセージも含まれてくると思うので、ぜふ頑張って欲しいなと
アナ:注目の女子シングル3日後ですね
長野:男子も安藤さん生でご覧になって寝不足だそうですね
アナ:ツイッターで解説をされるそうなんで楽しみですね
安藤:えー…でもちょっと女子も次の日あるんで~…
長野:今日はこの辺ということでありがとうございました
安藤:ありがとうございました



2014年02月22日 「ウェークアップ!ぷらす」(日テレ)
女子解説部分のみ抜粋


辛防:安藤さんが今浅田選手に言葉をかけるとしたらどんな言葉を?
安藤:今は…あの~彼女にしか味わえない五輪の雰囲気をと思うので
   FSを成し遂げたことはあのー素晴らしいことだと思うので…
   残り数日間五輪の空気を楽しんでお疲れさまと…
辛防:なるほど、五輪と言うとメダル取れるか取れないかという所に注目がいきますが
   メダルじゃないよね点数じゃないよねということを
   本当に実感させて分からせてくれた感じがしますよね
二宮:FSのラストダンスはメダルを超えた価値がある
   彼女10代の頃から色々なプレッシャーに耐えてフィギュアを牽引してきている
   その功績を評価してしかるべきと思いますね
橋本:NHKのTVでお姉さんが言っているのを聞いてあーと思いましたね
   というのは、どうやって激励したら良いか…それをあえて叱って喝を入れるというね…
   というのを聞いて、影でそういうことがあったんだと思いましたね…
辛防:こういう結果になりました…上位3選手の出来に関してですが
   我々素人は誰がよくて誰が悪いか甲乙つけがたいと思うのですが
   この順位に関して安藤さんはどうご覧になりますか?
安藤:あのートップ3選手って言うのは本当誰が優勝しても良かったなって印象は受けます
辛防:ただ実際キムヨナ選手のTESが69.69それから優勝したソトニコワ選手75.54と
   大差ついてるんですね、コレだけの差はあるもんですか?
安藤:んっとーFSの方でトップ2人同じような構成なんですけれど
   まぁソトニコワ選手の場合は2分以降加点がつく1.1倍になるとこで
   2A-3Tというジャンプを跳んでいましてこちらのジャンプを跳ぶことで
   高得点に繋がったんじゃないかと
辛防:浅田選手ですがTESでいうとキムヨナ選手よりも遥かに高い点なんですが
   他の3選手に比べるとPCSが非常に低い数字なんですよコレは…どうですか
安藤:えっとーこれは5項目あるんですけれどそういった面ではスピード感だとか
   音楽の表現力、色々なものがあってジャッジがそうしてるので…あの…
   トータル的な見栄えだとか言う所でそういう差がついてしまったのかなと
女アナ:素人目で見てももうちょっと出ても良いのかなと、70はいくかな思ったんですけれど
安藤:あのーですねーあのーなかなかTVでは伝わらないスピード感というものがあったりするので
   でも…演技自体は素晴らしかったので…点数じゃないのかなと
辛防:安藤さんがいうとこの点数は正当な評価だと?
安藤:はい、そうだと思います
辛防:はー、そう専門な方に言われてしまうと(笑)


女アナ:浅田選手のFSのジャンプの構成ですね
辛防:3回転ジャンプを6種類8回跳んだ…
女アナ:赤い所が得点が7割に減点されたということです
安藤:はい、そうですねそれからLzなんですけど
   こちらが本当はアウトサイドエッジで跳ばなきゃいけないんですけど
   彼女はインサイドエッジになってしまってLzとみなされない
女アナ:Fのように
安藤:そうですね!
辛防:見る人が見たら見た瞬間に分かるものですか?
安藤:あ、分かります!(笑)
   多くの選手が修正に悩んでいる所なのでルール改正がありまして成功はしたんですけど
   テクニック的技術的にということで自動的にマイナスがつけられてしまう
女アナ:このPCSというところでは浅田選手バンクーバーから苦労したんですよね
安藤:そうですねあとはトリプルジャンプ果敢に挑戦して、まぁジャッジの方
   審判団から回転不足、トリプルジャンプとみなされないとなってしまうと
   点数…テクニカルでもっと点数稼げたところが減点に繋がったと印象なので
   本来ならばテクニカルの方でもっと点が出る構成にはなっていますね


伊藤:いやぁ…ホント浅田さんの強さと言うか一流のアスリートとしての本物の強さと言うね
   金メダルだけを目指してこの4年間やってきてね、でもSPがあの状態だったならば
   本当は折れてしまっても不思議はない状態なんですね、
   だけれども有終の美を自分でどうやって飾れるかということを追求した
   あの素晴らしさには感動しましたね
辛防:やはりそれだけ練習してきたというのもあるんでしょうね…折れない理由は
安藤:そうですねSPで本当に彼女らしくないミスをしてしまったことによって
   それが今まで受けていた緊張感だとかプレッシャーから解き放たれたのではないのかなと
   それが10代の頃のいつも天真爛漫でスケートが好きで自分がやっていることが好きでっていう
   彼女の時期に近いものになって凄く良い緊張感を持ってリラックスした結果が
   素晴らしい演技、彼女らしい笑顔が五輪の舞台で発揮できたのかなと思います
橋本:世界のトップ選手達があの彼女の失敗の後、彼女に激励のメール…そしてツイッターをね
   送っていたと言うのがね…あんな選手今までありましたかね~
辛防:やはり苦労を知る人達は余計に…というね
岩田:SPで背負っていたものがあると思うんですよ、そのあとFSになった時にね
   表現良いか分からんけど解脱というかね吹っ切れたというか
   そういう中で滑っているという世界を築いたような気がしますね
辛防:引退かと言うことを言われたこともありますけれど
   今回の演技を見ていますとどう思われます?
安藤:やりきるという強い意志がFSの時は6分練習でリンクの上がった時から
   SPとは顔つきが違ったので安心感と言うものを自分は持っていて~
女アナ:安藤さんはツイッターで呟いていましたね
安藤:あ、はい(笑)彼女のことを小さい頃から知っているので、
   思い入れも今回の五輪は外から見ていて凄くあったので正直嬉しかったですし
   本来の彼女の姿がやっと見れて、自分もホッとしましたし
   やはり集大成と言っていますのでやってやると言う強い気持ちだけだったと思います
(中略)
安藤:日本の3選手トップで戦える実力の持ち主なのでミスがあったかもしれないんですけれども
   それ以上に表現力が彼女…3選手の良い雰囲気作りと言うものが
   日本中に感動を与えてくれたのかなと
辛防:村上選手は初めての五輪ですから次…その次ありますよね…
安藤:もちろんだと思いますやはり最初って雰囲気だとか選手村にずっと入って生活っていう
   普段の試合運びとは全然違うんですね、そういった面で苦労して…
   あとはプレッシャーだとかっていうものがどーんとのしかかってきて不安に
   繋がってしまったと言うことも聞いてますので1回目の五輪を経験した次…
   4年後というものが彼女はきっと強くなって帰ってくる
   そういった意味合いでも今回の五輪はやりきったんじゃないかなと思います



2014年2月21日 モーニングバード 
一部抜粋


羽鳥:いかがでしたか?
安藤:本当に…あのう…素晴らしかったと…思う…
羽鳥:そうですねーわずか1日でこんなに気持ちを切り替えられるんですか?
安藤:そうですねー彼女はSPがもう何も失うものがない所からのFSに臨むスタート地点だったので
   それが逆に、彼女にとって…今の浅田選手にとっては凄くプラスに動いたのかなって
   気持ちもきっと楽になったと思いますし、あとはやるしかない立ち位置だったので~
   それがあの~今日の浅田選手の演技に繋がったのかなと
羽鳥:このタイミングで自己ベストを更新って言うのは凄いなと思いますけどね
安藤:そうですねー…やはり…あの…強い選手の一人なので…大きな舞台で…凄く…
   力を発揮するというのは凄い…ことだと思います…
女アナ:さぁその浅田選手がFSで自己ベストを更新しました、それがこちらです
   これを振返りながら安藤さんに解説していただきたいんですけど
   6種類!8回の3回転を跳ぶという構成でしたね
安藤:はい…
女アナ:それで自己ベストを更新しましたけれど、どこが特に素晴らしかったと思いますか?3Aは…
安藤:そうですね、まずは3Aは認定されていますね…でGOEの方でも加点がついていますので…
羽鳥:出来映え点が
安藤:そうですねそれが彼女悩んでいた部分なんですけど、
   この五輪の舞台で成功させてきたことは強みなんだと思います
女アナ:それ以外のジャンプはいかがですか?
安藤:そうですね、ただーあのーまぁ6種類なんですけどLzというところにeがついているんですね
羽鳥:はい
安藤:これ(資料ボード)にはついていないんですけど、彼女の場合はロングエッジと言って
   テクニック的にLzだとFと同じエッジ…インサイド踏切になっているので
   そうなりますと認定されずにマイナスが自動的についてしまうので~…
   そこがちょっと残念だったのと、それから3F-3Loと2A-3Tのコンビネーションの所なんですけど
   あのー2ndのトリプルが両方とも回転不足判定で~基礎点が少なくなってしまう
羽鳥:この下向きの矢印が二つ、これが回転不足と…
女アナ:ここですね
安藤:はーい、3-3判定にならなかった
羽鳥:もう一個上の方にあるのが
安藤:3-3…
羽鳥:ということですね…うーん…
安藤:3-3判定にはならなかった~点数がもうちょっと伸びなかった所だったかなと

女アナ:そうですかーでは競技を終えた浅田選手このように語りました
  「五輪という大きな舞台で日本代表として自分が目指しているFSの演技が今日出来て
   私なりの恩返しが出来たかなと思います」というコメントを見て安藤さんいかがですか?
安藤:本当にー自分が思い描いていた?演技が出来たって言うことで彼女の素直な気持ちが…
   応援してくださった方々へのメッセージとなって素直に出てきたんじゃないですか
羽鳥:先ほど安藤さんに解説していただいた構成っていうのはそもそも誰でも出来るものではない構成ですよね
安藤:あのー3Aがを跳ぶ~選手が…世界で浅田選手だけですので~
   それを考えると彼女にしか出来ない構成にはなっています
羽鳥:6種類8回、8トリプル…まあ回転不足と判定された所もありますけれど…
   これは大変なことなんですか?史上初というか…
安藤:そうですね、はい…
女アナ:そしてフィギュアスケート女子シングルの結果がこちらなんですけど…
   浅田選手メダルこそ逃したものの一気に6位入賞ということで
   SPからは順位を大きく伸ばしてきたわけけどもFSの成績を見ますと
   浅田選手は全体で言うと3位につけるということなんですけど
   ソトニコワ選手とキムヨナ選手に次いで3位ということになるんですね
   素晴らしかったんですけどこの得点差というものは上位2人は何がポイントとなっているんですか?
安藤:あい、その上位2人はですね~全てに加点がついている、全てのエレメンツに加点がついていて~
   特にソトニコワ選手に関しては~全て2と3…がほとんどのエレメンツについている…って(笑)
   GOEが全て1点以上
女アナ:これはジャンプが美しいってことですか?
安藤:そうですねジャンプステップスピン全てについて優れている、ユナキム選手も同じでですね
   ジャンプについてはほとんど1点以上の加点がついているという状況…ので~
   そう言った所で浅田選手に対しては3Aがないので簡単に見えるかと思いますが
   二人の選手も3-3のコンビネーションソトニコワ選手は2A-3Tという技を~後半以降に入れていますので
   これは3Aよりも基礎点も高いジャンプなので、そう言う所がこの二人は上手く組み込まれているのではないかなと…

羽鳥:コストナー選手の滑りはどうご覧になりましたか?
安藤:はい、ボレロと言う曲凄く単調であれだけー魅了ーできるー選手はー世界でカロリーナ選手だけだと思いますし
   やっとーここにきて彼女らしい演技が出来て~メダル~獲得というものは非常に素晴らしいと思いますし…
   やはり3-3はなかったんですけどあの~1つ1つの演技に加点がついていますので~
   あの~浅田選手とほぼ~変わらない点数
女アナ:その勝負をわけるポイントは加点になるんですけど、
   浅田選手も本当に美しく回れているように素人目には見えるんですが、これはどういう違いになってくるんでしょうか
安藤:あんの~浅田選手のジャンプもまぁ質の良いジャンプを跳んでくるんですけど
   この3選手…加点の多い3選手カロリーナ選手含めて…あんの~スピードに乗ってジャンプ跳んでることによって
   ランディングが凄く流れていく~高さだとか余裕があるという所だとかそう言う所で凄く…加点がつきやすい
羽鳥:素人から見るとこれだけ跳べてて史上初めて他に誰にも跳べないものを跳べて何で加点がないんだって思うんですが
   そういうスピードとかなんか専門家しか分からない細かい所があるんですか?
安藤:あ、凄く響いてきます
羽鳥:あ、凄くですか
安藤:特にあの~モニターテレビ画面ですとそう言うのがちょっと伝わりにくいなっという
女アナ:現地で見るとより違いがと言う…
安藤:そうですね~飛距離がとか高さ…それにジャンプの流れというものが違ったりします

羽鳥:その昨日安藤さんがお話しされた小さい頃の滑りを取り戻して欲しいっておっしゃってましたけど
   なんかそれ出来たんじゃないかなって感じたんですけどどうですか?
安藤:はい、まぁSP残念な結果だったかもしれないですけど~それが逆に良かったのかなって言う印象
   本当にプレッシャーだとか~今まで抱えてきたことがーあのことがあったからこそ今日のFSに…
   本当にあの~解き放たれてぇ…自分の滑りに…やっと滑れたのかなと彼女なりに重圧もあったと思うんでー
   最後のあの笑顔は少女のような…凄く皆さんを…幸せに…したの…かなと…
羽鳥:確かにおっしゃる通りですね


■レオノワ選手も泣かせた真央ちゃん。

アリョーナ・レオノワ選手がソチで涙を流したのは真央ちゃんの演技だったそうです。
KYさんについては「失望はしてないけど4年前と同じで進歩してなかった」と語ってます。


Фигуристка Алена Леонова: в Америку на все лето ехать не хочуより一部抜粋

- Какие ощущения от выступления девочек?

- Было безумно интересно наблюдать за ними. Я очень рада за Каролину Костнер, и еще, наверное, выделю Мао Асаду в произвольной программе. Я буквально плакала после ее выступления вместе с ней, невероятные были эмоции. На ней, наверное, все выплеснула и остальных смотрела более-менее спокойно. Переживала, конечно, за наших девчонок. Когда откаталась Аделина Сотникова, я уже знала, что Ким Ю На вряд ли сможет ее опередить. Ю На не то чтобы меня разочаровала, но это было все то же самое, что четыре года назад. Я не увидела у нее какого-то прогресса. Она, видимо, считала, что с таким же катанием, как и в Ванкувере, сможет снова выиграть, но это у нее не получилось, и я считаю, здесь все абсолютно заслуженно.

705554149.jpg



(google翻訳)

- どのような話の女の子の感覚?

- それはそれらを見ることは非常に面白かった。私はカロライナコストナーのために非常に満足して、さらには、おそらく、フリースケートで浅田真央がハイライトされます。彼女の感情との彼女のパフォーマンスは信じられないほどだった後、私は、文字通り叫んだ。それはおそらく、すべての残りを投げ、多かれ少なかれ穏やかに見えた。もちろん、私たちの女の子のため、心配する。 AdelinaのSotnikovaを滑ったとき、私はすでに金妍兒は、それを上回ることはほとんどありませんことを知っていた。ヨンアは私を失望することはありませんが、 4年前に、すべて同じものだった。私は彼女にどんな進展を見ていない。彼女は明らかにバンクーバーで同じ乗馬と考え、再び勝つことができるようになりますが、彼女はうまくいきませんでしたことを、私はすべてが絶対に値すると思います。



(某所より、わかりやすい要約)

コストナーは本当に嬉かった。でもそれよりも浅田真央のフリーを挙げたい。
彼女の演技のあと文字通り泣いてしまった。信じられないほどの感情で。
彼女に全部出しきってしまって、他の人は落ち着いて見られたほど。
もちろんロシアに心配していた。ソトニコワが滑ったあと、もうキムユナはこれを超えられないと思った。
ユナにはがっかりしたわけじゃないけど、4年前と同じだった。



また、これ以外にもこんなことを語っているそうです。


私は決めた。次の五輪は私のだって。この先プロを難しくする。3T-3Tからもっと。        
いろいろ試したけど、珍しくて自分にとっても独特だと思ったのは、3Lo+1Lo+3Lo
ちょっと休んでからジャンプに取り組む。


そういえばレオノワ選手といえば、
3Aの練習もしているというニュースもありましたね。

今回の真央ちゃんの演技に勇気をもらって、
高難度ジャンプに挑戦する選手が増えそうな気配ですね。

■大ちゃんの応援。選手に愛される真央ちゃん。

それから今さら感がありますが、
真央ちゃんを応援する大ちゃんの姿と、
EXで選手たちに愛される真央ちゃんの姿を伝える動画。

動画がたくさん出てたにも関わらず自分も忙しかったので、
ほとんどチェックできてなかったんですよね。

コストナーさんは真央ちゃんの背中を何度もさすってくれてたんですね。
少し前に佳菜子ちゃんは腰をさすってあげてたし、
真央ちゃんは選手仲間からも大切にされているんだな~と感じられました。

浅田真央のFSを客席で観ていた"高橋大輔と羽生結弦"も泣いた!?
)

20140220 Daisuke Takahashi
)

SPを観たときの大ちゃん
2014031302.jpg
2014031303.jpg

FSを観たときの大ちゃん
2014031318.jpg

ツイッターの拾い物です
2014031301.jpg

EX 練習 世界から愛される真央
)

【ソチ五輪2014】 EX練習風景 【フィギュアスケート】
)

語り合いながら、コストナーさんが先に肩に手を伸ばしてくれたんですね…
2014031304.jpg
2014031305.jpg
2014031306.jpg

真央ちゃんが何かジョークを言って笑わせたようでした(笑)
2014031308.jpg
2014031309.jpg

ここでも楽しそう。
2014031313.jpg

モテモテの真央ちゃん。
2014031312.jpg
2014031307.jpg
2014031314.jpg
2014031315.jpg
2014031316.jpg
2014031317.jpg

仲の良い選手たち。
2014031310.jpg
2014031311.jpg


<P.S.>

ここ数日でいただいたコメントを見て思ったことを書きます。


石ころ様 こんばんは

あなたは本当にフィギアスケートを愛しているのですか?スポーツを選手を一体何だと思っているのですか?

自分の国の選手や好きな選手を特別な目で見るのはファンとして当然のことです。感情が入るのも理解できます。しかし、あなたのやられていることはそれとは違う事のように見えます。
たった一人の人を粗探しすることを前提で見てますよね。やっていたのは他の選手と同じフィギアスケートのはずなのに。
彼女はもう引退しました、
今度はプライベートまでののしるおつもりですか?

私は、人をそんなふうにしか視れないあなたが書くことが信用できません。いくら真央ちゃんのことを良く書かれても全部嘘に思えてしまいます。
日本人とかではなく人として軽蔑します

社会に出ると理不尽な事だらけです。会社や組織に属するということは今の世の中かなりの我慢が強いられます。みんな自分をコントロールしているのです。
自分の事に責任を持てない人は、何もするべきではないし、社会で生きていけませんよ。



タイトル:大丈夫ですか・・・?

石ころさん、この次の記事、3/10のでKY部分を削除されてますが…
何かお考えがあって、一旦あげたものの削除したならいいのですが、
石ころさんを攻撃するようなおかしなコメントが殺到したとかで、
削除されたのではないかすごく心配になってしまいました。大丈夫でしょうか…
コメント欄も閉じていらっしゃるし…
何か引っかかるコメントがあったら、また遠慮なくお話してくださいね。
あまり力添えができない私が言うのもなんですが…

なかなか読みごたえのある興味深い記事で、よし!自分の考えも書いてみよう!と思った先の
記事変更でしたので…(すぐに書き込めない文章力のない自分が恨めしい…)

あ、このコメントも石ころさんに何か不都合なら
削除して大丈夫ですからね



石ころさん、こんにちは!
熱愛報道部分、カットされたんですね。
もしかして何か言われた?
訴訟対象にいれるぞ!って言われた(脅された)んでしょうか?
ちょいと気になります……。



タイトル:石ころサ~ン\(^o^)/

こんばんは。(^-^)

石ころサン。私の背中あいてますよ~。
ちょっと寄りかかって、一休みしてくださいね。

世界選手権の時には、叩き起こしますから。(笑)

我らが真央ちゃんの、本当の集大成ですからね。
石ころサンには、見届ける責任があります。(^-^)v

それまで少しゆっくりしてくださいね。


【追伸】
ここは石ころサンのお部屋です。誰にも遠慮はいりません。
石ころサンが好きなように家具(情報)を配置していいんです。

石ころサン。
石ころサンのお部屋が、とっても居心地良いから訪れている…そんな私達がいる。
それでいいじゃないですか。(^-^)

姐さんがよく言われています。
「あたしが書きたいように書いていくわよ」と。

それでいいのだ。
です。(^-^)v


石ころサンの言葉と、愛情溢れる写真チョイスが、私達は大好きなのだ!
です。(笑)


一つ目のコメントをいただいたあと、
私はその記事からKY恋愛報道部分を削除しました。

「あなたは本当にフィギアスケートを愛しているのですか?」

というご質問に関して-

そう言われて考えてみたんですが、
私はフィギュアスケートを愛していると思ったことはありません。

バンクーバー五輪を見て、
女子では随一という3Aを3度も成功させた浅田選手が、
ノーミスとはいえその技を持たない選手に、
なぜあれほどの大差で敗れたのか不思議に思ったことと、
試合後の浅田選手の涙を見て「なぜそんなに辛いんだろう」と放っておけなかったこと。

それからネットをさ迷い始めました。
そこで拾った情報をまとめたり感想を書いたりしています。

おかしいと感じたことは「ここがおかしい」という資料と感想を残し、
浅田選手については、知れば知るほど応援したくなる選手だと気づいていきました。

何度か書いてきたと思うんですが、
真央ちゃんについては、コメントをくださる皆様のほうがその「真央愛」は強いと思うし、
KYさんについては、もしかしたら私以上に許せない方も多いのではと感じることがあります。

そんな感じなのです。
私はフィギュアスケートを愛してもいないし、
真央愛は皆さんほど強いという自覚もないし、
KYさんについてはこれまでの採点のどこまでが実力なのか疑いを持っているだけ。

幸か不幸かKYさんを入り口として韓国という国についても詳しくなった。
このブログでも以前は韓流ドラマの感想まで書いていた私が、
それをやめ、韓国についておかしいと思うことを書き始めた。

私はどうも「おかしい」と感じたことを調べるクセがあるようで、
おかしいと思ったことはKYさんでも韓国でも国内でも、
「ここに違和感を感じた」と書く、それの繰り返しです。

最初のコメントをいただいたとき、
条件反射的に記事を削除しましたが、
こんな言われ方をするんだ、と怖くなったからです。

でもその日仕事から帰ると、
心配してくださる方のコメントが入ってました。

最初のコメントと、それ以降にいただいたコメントを、
何度も交互に読み返しながら考え込んでました。

KYさんの熱愛報道記事、
正確には削除というより「下書きに引っ込めた」形なのですが、
それを読み返してみても、やはり「あの言われようはないな」と感じました。

私はKYさんを「ののしって」などいないと思いますし。

恋愛のことは放っておいてあげようと思ったものの、
メディアの流れを見ていると、ただの恋愛スクープという感じではないようだし。

とりあえず気になったソースを貼っていき、
間に感想を短く入れた。

こんな報道の流れになってますが、皆さんはどう感じますか?
と問うただけ。

ちょうど仕事でも悩み始めた頃に、

「人として軽蔑します」
「何もするべきではありません」

と言われれば、私でなくても落ち込むことでしょう。

あれから二日ほど経ちましたし、
応援の声もいただいたことで落ち着きましたが。

私も人様のブログにコメントを入れることがありますが、
それは「わかるわかる~!」と共感したときだけです。

浅田選手を否定したり攻撃しているブログを目にすることもありますが、
「わっ、気持ち悪っ」と思って閉じて、二度と行かないようにするだけです。

そして今回のことで思ったのは、
もし今後そのような気持ち悪いブログにコメントを入れようという気になったときは、
せめて相手の人格を傷つけるような表現はやめようと思いました。

相手も同じ感情のある人間だし、
このネット社会、もしかしたらまだ分別のわからない子供が書いている可能性も…

なんとなくそんなことを思いました。

削除した記事は、韓国のマスコミの報道を追っているだけで、
やはりそんなにひどいものとは思えないので、
この記事の一つ前に(再掲)という形でUPしました。
一字一句修正を加えていません。

最後になりましたが、
心配してくださった皆さん、ありがとうございました。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2014/03/13(木) 17:55:44|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:89

中庭さん、心底幻滅しました。

中庭さん、心底幻滅しました。

読み進むほどに気持ち悪くなる。

毎日韓国の気持ち悪いニュースを読んでいる私ですが、
ある意味、それを超えた気持ち悪さを感じます。

日本の中で、こんな記事が出たことが気持ち悪いです。

共感できない部分=赤文字


女王・金妍児(キム・ヨナ)の強さ
ソチ五輪女子フィギュアスケート金メダル争い

Athlete Journal 2014.1.14

athlete_nakaniwa.jpg

元フィギュアスケーター 中庭健介

ソチ五輪を1カ月後に控え、女子日本フィギュア陣の最大のライバルとなる金妍児(キム・ヨナ)選手の今シーズンの仕上がり具合や彼女の強さに触れたい。

まず、金妍児選手が出場した今シーズンの2試合を振り返ってみたい。

先シーズンの世界選手権以来、約9カ月ぶりの公式戦となった昨年12月のゴールデンスピンは、ショートとフリー共に新しいプログラムに変更されていた。

久々の試合ということもあり、ショート、フリー共に多少ジャンプに失敗があった。懸念されていたことだが、約9カ月ぶりの試合だったので精神的にも肉体的にも疲労があり、ミスが出たのではないか。ただこれは想定内。彼女の最大の武器である3回転3回転のコンビネーションジャンプが健在で、これだけ試合間隔が空いても、世界チャンピオンの力がところどころ垣間見ることが出来た。

今シーズンの新しいプログラムで今の自分の力を試すという感じでこの大会を選択したと思うが、そこで200点を超えてきた。彼女の強さを改めて感じ取れた試合だった。

今年1月4日から行われた韓国選手権では、ゴールデンスピンでの課題が全て改善されていた。ショートもフリーもほとんどミスがなく、ほぼパーフェクトに近い内容だった。ゴールデンスピンからたったの1カ月で仕上げてきた。

韓国選手権でマークした227.86点は、金妍児選手自身が持っている世界歴代最高の228.56点に肉薄するもの。オリンピックまであと1カ月だが、日本勢にとっては脅威となるだろう。

今シーズン、金妍児選手は怪我でグランプリシリーズに出場していない。ゴールデンスピンは国際大会であるが、そこまで大きな大会ではない。大きな国際大会を経験せずに今シーズンに臨むという選択肢を選んだ。オリンピックまでに大きな大会である4大陸選手権が控えているが、ここにもエントリーされていないようなので、これがオリンピック本番にどう左右するのかが注目される。

その一方で浅田選手ら日本の選手は4大陸選手権をステップアップとして出場する予定だ。金妍児選手の狙いがどういうことかは分からないが、あとは試合をこなさずに地元でしっかり調整して、練習の中で仕上げていくのだろう。ライバルたちは、グランプリシリーズ、グランプリファイナルなどの大きな国際大会に出場している。こういったわずかな試合での経験が勝負の分かれ目になるかもしれない。

バンクーバー五輪が終わって2シーズンほどリンクから離れ、一昨年にカムバックした。昨年の世界選手権では素晴らしいできで優勝した。金妍児選手は若いが、韓国を背負ってきた。しばらく休養し、その重圧を2年間ほど解き放ったことが、心の安定、演技の安定につながっていると思う。休養という選択肢が良い方向に向かった。金妍児選手とは逆に、浅田選手は厳しい状況で自分を鍛え抜くという選択肢を選んだ。それが今シーズン見事に花開いた。厳しいものに耐えながらよく頑張ってきたと思う。

先シーズン再び世界チャンピオンとして君臨した金妍児選手だが、なぜあれだけの得点が出るのか。それはジャンプにプラスを付けることが出来るからだと思う。そのプラスは「1」ではなく、「2」か「3」で、ほぼ「3」である。

金妍児選手のジャンプの特徴として、非常にスピードがある中からジャンプに入り、幅をしっかりと跳び、その結果、着氷後に流れがある。その流れにより3回転3回転がきっちりと成功出来る。これが最大の武器。今年の世界選手権のフリープログラムを例に挙げると、ジャンプだけで10点以上のGOE(出来栄え点)を獲得している。スピン、ステップよりもジャンプのほうがGOEの点数の上がり幅が大きいため、ジャンプでプラス「2」、「3」を付ける金妍児選手の点数が伸びる要因でもある。

さらにスケーティングスキルにおいても素晴らしいものを持っている。一歩一歩ストライドの大きい滑りは、スピード感や力強さにおいても男子選手顔負けである。そのスピード感のある滑りとは裏腹に、女性特有の色っぽい動きや、しぐさが要所要所にちりばめられ、そのギャップに心を動かされる。
こういった彼女の動きをうまく引き出したのは、バンクーバー五輪前から振り付けを担当しているデヴィッド・ウィルソン氏の力が大きい。

そのような技術だけでなく、芸術的な部分も非常に優れていて、チャン選手に使われていた「絶対王者」という言葉が彼女にも当てはまる。ただチャン選手の牙城を羽生選手が崩したようにチャンスがないわけではない。世界でも金妍児選手の牙城を崩せるのは浅田選手だけと言っても過言ではない。

浅田選手は金妍児選手の出来に関係なく金メダルを取りたいと思っているはず。それは選手としては当たり前のこと。相手のミス待ちなど、引いていたら絶対に強くなれない。金妍児選手がノーミスでも、自分がノーミスでやれば絶対に勝てるという構成にするには、やはりショートでトリプルアクセル、フリーでトリプルアクセル2本という構成は必ずいる。トリプルアクセルへのこだわりは、ここからきているのだろう。

浅田選手と金妍児選手がいたから今の女子フィギュア界がこれだけ盛り上がっていると言ってもいい。お互いが切磋琢磨してレベルの高い争いが出来るのも、お互いがいたからこそだと思う。もし金妍児選手がいなかったら浅田選手はトリプルアクセルをしなくても世界チャンピオンになれていたかもしれない。今シーズンもなおトリプルアクセルにこだわっているのは、金妍児選手がいるからこそだと思う。


ソチ五輪はおそらく2人の最後の戦いになり、2人の一騎打ちのようになるだろう。この「世紀の対決」に向けてお互いに残す時間が短い中、どう調整し、仕上げていくのか。オリンピックは何が起きるか分からない。世界チャンピオンが必ず勝てるわけではない。ドイツの元サッカー選手で「皇帝」として君臨したベッケンバウアー氏の言葉を借りて表現するならば、「強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ」。この言葉のような試合になるのではないかと思う。2人の戦いに期待したい。


いちいち突っ込む気にもなれません。

>そこで200点を超えてきた。彼女の強さを改めて感じ取れた試合だった。

ここでいきなり読む気が失せたというか…

200点を超えてきたから強いって…
そこで200点に値する演技だったのか疑問はなかったのでしょうか。
採点を間に受けてる時点でアウト。

ほぼパーフェクトって…
ほんとうに演技を見てたら言えないはずだし。

浅田選手ら日本の選手は四大陸をステップアップとしてって…
四大陸に出るのは佳菜子ちゃんだけなので事実と違うし。

女性特有の色っぽい動きが何?
ああ、気持ち悪い…

KYに勝つには3A2本が必ずいるって…
それは何故?全く理解できないです。

真央ちゃんの3Aへのこだわりも、全く理解していない。

二人がいたからフィギュア界が盛り上がってる?
アレがいたからフィギュア界が滅茶苦茶になったんでしょう。

アレが絶対王者…?
呆れてものがいえません。

金妍児選手の牙城を崩せるのは浅田選手だけ…?
そもそもアレが浅田選手の上だという前提で語ってるのが信じられないんですが…

「強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ」に至っては最低です。
強いものが勝たないなんて、スポーツではないと思うし。

中庭氏はKYのスケーティングについて「世界一」と言ったこともあるとか。
そのソースが某所で紹介されてました。
UP主様、お借りしますm(_ _)m


rg4805548.jpg

(中庭氏の言葉を抜粋)

浅田が金を獲るためにキム・ヨナは必ず超えなければいけない存在。GPシリーズで3度優勝しても満足した顔をしなかったのは、出場していないキム・ヨナがどれくらいの滑りをしくるのかを常に想定していたからでしょう。ショート・フリーでトリプルアクセルを3回入れているのはそのためです。

年明けの韓国選手権で気になったのは、キム・ヨナが昨季、世界選手権で金メダルを獲った演技と比べると、わずかに身体が重そうで、世界一と言われたスケーティングに、力強さが欠けていたこと。もちろん、本番までに調整してくるでしょう。(以下省略)


この記事の中でも、
真央ちゃんが3Aを入れるのはKYを意識しているためと言ってます。

もう、真央ちゃんのことを全然わかってない!!!

その上アレのスケーティングが世界一とか…
世界一ということは、パトリック・チャン選手も小塚くんも超えてるということですよね。

ア・リ・エ・ナ・イ

中庭さん、さようなら。


P.S.
途中からKYのことを「アレ」と書いてしまいました。
名前もイニシャルも書く気になれませんでした。
こういう表記は不快な方もいらっしゃるでしょうがm(_ _;)m


更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2014/01/14(火) 20:17:50|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:53

フジのドラマで「津波ラッキー」の名刺が…偏向報道総まとめ

こんなニュースがあったんですが…


フジテレビ「東日本大震災」のドラマに出て来た名刺「津波ラッキー」に物議
秒刊Sunday  2014年01月10日16:47

フジテレビのドラマ『最高の離婚』の中で登場する人物が利用した名刺のメールアドレスに「tsunami-lucky」と書かれていたことを視聴者が発見し「津波ラッキーとは不謹慎すぎる」などと炎上していることが判明しました。番組内容としても東日本大震災発生時という設定であり、テレビ(フジテレビ)にシビアになってしまっている昨今、どんな些細な問題も大事になりそうだ。

2014011204.jpg

問題のシーンは都並という人物が名刺を渡すシーンで使われている名刺。こちらには確かに「tsunami-lucky@・・・」と記載されている。なぜ突如「津波」が登場したのか疑問を抱く方もいるのかと思いますが、この名刺の苗字を見ればすぐにわかる「都並さん」そう、ツナミさんだ。つまりツナミさんのメールアドレスということで必然的に名刺にはそのように書かれている。

もちろんラッキーをつけたという理由は定かではないが、一般的に考えれば「なんとなく」でつける方が多いだろう。だが今回はその「なんとなく」がツナミと合わさることで「不謹慎」ということになり「津波ラッキーとは何事だ」という声が広がっている。

また「東日本大震災」発生時という設定も炎上した理由の一つでもありそうだ。

―都並という苗字はあるのだろうか。

さて「都並」という苗字はなかなか聞きなれないが存在するのだろうか。参考までに最も有名な人物として「都並敏史」というサッカー指導者がいる。順位としては全国 73,140位でおよそ20人という希少な苗字であることが明らかになった。

http://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=都並

―ネットの反応

・放送日は3月14日・さらに役名にも!
・もうやべーなこの局 なんでも来いやみたいな状態だな
・これホントなら気づいたやつすげーな。
・さすがフジテレビ!ぶれない!
・え~またですか・・・
・朝鮮人のマーキングかな
・これはヒドイ! 全力拡散!
・普通に名前からメールアドレスとっただけでは
・ありえない
・やり方がせこい上に汚い。ホント気持ち悪いわぁ
・笑った
・許せない。
・またまたフジテレビが
・これは難癖だろ

参考
http://matome.naver.jp/odai/2138933131751167501

(ライター:たまちゃん)


これはひどいですね。
この横断幕を思い出しました。

20110929_001_korea_01.jpg

このニュースを受けて、
某所でフジテレビの数々の偏向報道がまとめられていたのですが、
フィギュアスケートに関連した資料もたくさんありました。

そこで、そのまとめに、
さらに手持ちの画像・資料を追加してまとめてみました。

■フジテレビ、フィギュアスケートに関する偏向報道

世界選手権優勝の凱旋インタビューで転倒シーンを強調
02フジ

実際の画像と比較してみたのですが、
フジでは短足に修正してあるのがわかります。

2014011203.jpg

出場していない韓国フィギュア選手の宣伝映像を中継にねじ込む
c0072801_14373376.jpg

フィギュア世界選手権’07~’10まで日本人優勝時は国旗掲揚カット、
’09年のヨナ優勝時のみ韓国国歌をノーカットで放送

Snap6778297.jpg

震災1ヶ月後の’11フィギュア世界選手権 
開催国ロシアが企画した日本を励ますイベントをカット(ヨナは不参加)

tumblr_lkmc8gr2bY1qa1a22o1_500.jpg
2014011208.jpg

すぽると!
ヨナのNRW杯SPの点数の下に、GF2012の浅田、ワグナー、鈴木の点数を並べる

すぽると20121209-2
すぽると20121209-1

ドラマ「アタシんちの男子」で藁人形に◯田真央
2011083108335500c.jpg

以上が、某所で挙げられたフィギュアスケート関連の偏向報道です。
ここからはフィギュアスケート以外の偏向報道です。

■韓流が人気であると錯覚させる捏造報道

めざましテレビ 
ファンの数を10倍に水増し報道

20110904_fuji_22.jpg

フジテレビのイベント「お台場合衆国」
「冷やし韓国」が人気1位であることを紹介

and_132634.jpg

笑っていいとも
「好きな鍋は何?」 20~60代の一位がすべて「キムチ鍋」

20110218010937c99_2014011210130402f.jpg

笑っていいとも
「ピザハットの人気No.1はプルコギピザ」 公式HPのランキングと相違

2014011206.jpg

笑っていいとも
「すき家の人気No.1はキムチ牛丼」 他局のランキングと相違

2014011207.jpg

大人気牛丼チェーン店「すき家」の最新人気メニューランキング
BEST10を全部当てるまで帰れま10『お試しかっ!』7月11日放送

  【第1位】牛丼(並)
  【第2位】白髪ねぎ牛丼(並)
  【第3位】ひやし牛まぶし(並)
  【第4位】うな牛(並)
  【第5位】ねぎ玉牛丼
  【第6位】おろしポン酢牛丼(並)
  【第7位】牛あいがけカレー
  【第8位】食べラー・メンマ牛丼(並)
  【第9位】おろしハンバーグ定食
  【第10位】3種のチーズ牛丼(並)

■韓国ネタの挿入サブリミナル

めざましテレビの短冊
「KARAのライブに行けますように」
「少女時代のようなきれいな脚になれますように」

pa1309989292445_201401121011547cb.jpg
2014011205.jpg

サザエさんサブリミナル (2011年3月20日放送回) 
カツオの部屋に東方神起のポスター(DBSK=DongBangShinKi=東方神起)

201107090813440c7.jpg
0f4e368b-s_20140112101637bc6.jpg

めざましテレビ 韓国美化
459eff65.jpg
Snap6778307.jpg

誰得?のキムチ前線
Snap6778314.jpg

「韓国人とつきあいたいです」
Snap6778329.jpg

「韓国の人と結婚することが夢です」
のちにこの女性は在日であることが判明

Snap6778317.jpg

■子供を利用した韓国上げ

Snap6778332.jpg
Snap6778315.jpg
Snap6778316.jpg

■小道具で日本を貶める手法

ドラマ「絶対零度」
日本の歴代首相を犯人の名前に使う

2014011202.jpg

ドラマ「イケメンパラダイス2011」
原爆記念日の翌日に「リトルボーイ」Tシャツ

1313042463.jpg

ドラマ「それでも、生きていく」
小道具にJAP18(18は韓国語のスラングでFuckの意味)

jap18.jpg

ドラマ「最高の離婚」(2013年3月14日放送)
名刺のメルアドが「tsunami_lucky~」 ←New!!

2014011109.jpg

2014年正月、表参道に"地獄絵図"巨大看板、
拷問を受けながらTVを見て笑い転げる日本人 ←New!!

BdA5J1lCAAAb3X1.jpg

■韓国の国旗、太極旗の挿入サブリミナル

めざましテレビのロンドン五輪直前コーナー、
日の丸押しのけ太極旗をセンター爆アゲ

20120728094340e2e.jpg

ドラマ「GTO2012」最終回
文化祭のシーンで韓国国旗だらけ

c1f7fdba.jpg

すぽると!
韓国国旗サブリミナル

2011070908072802a.jpg

■韓国目線の報道

すぽると!
「サッカー韓日戦企画がスタート」

130835_2014011210215474d.jpg

知りたがり
五輪男子サッカー準決勝の日韓戦「韓国 勝利のカギは?」

20120809_2155369.jpg

■反日女優の起用

スイスで竹島は韓国領キャンペーンを行った反日女優を
日9ドラマ『僕とスターの99日』(花王一社提供)の主役に起用

02kimtehi.jpg

■事実を報道しない姿勢

ネットの呼びかけで数千人が集まった
8.21フジテレビお台場デモ、9.16花王抗議デモなどを一切報道せず

e0171614_18193572.jpg41652806.jpg
Snap6778384.jpg

以上全てフジテレビの報道ですが、
フジテレビ以外の偏向報道についてもいくつか資料が残ってたので。

テレビ東京
(目印)winshot000061

日テレ 2013.03.15
日テレ20130315
日テレ20130315-2

日テレ『太田総理』『この冬アタマにきた日本人ベスト10』2010.03.12
Snap67800002.jpg
Snap67800003.jpg
Snap67800001.jpg
Snap6780059.jpg
Snap67800005.jpg

最後になりましたが、フジテレビに関しては最もひどい放送が、
まだ出てきていないと思いませんか?

恩田さんと佐野さんが登場した「とくダネ」。

この機会にその一部始終を再掲しておきます。
まだ知らない方がいらっしゃるのであれば、
一人でも多くの方にこの事実に気づいていただきたいので…

2008年グランプリファイナル。
日本のエースが超アウエイの韓国で優勝し凱旋帰国をしたというのに、
なぜかとくダネはお通夜ムード。

ほんとうはKYのほうが実力が上なのに、
なぜ真央ちゃんが勝ってしまったのか?
という論調に終始していました。

それを力説していたのは、
日本スケート連盟理事ともあろう佐野稔氏と、
3Aジャンパーとはいえ浅田選手の実績には足元にも及ばない恩田さん。

とても日本の放送とは思えない放送に、
後付けとはいえこれを知ったときは悲しかったです。

当時の真央ちゃんは、
この放送を知って調子を落としたとも言われてます。

一応謝罪はあったようですが、
謝れば済むことではないと思います。

日韓のフィギュア報道の醜さを知る。とくダネ!再検証。より
画像と佐野稔氏・恩田美栄氏の解説再掲

フジテレビ「とくダネ」2008.12.25放送
Snap67800007_20140112110631d01.jpg
Snap67800010_201401121106320e5.jpg
Snap67800011_201401121106291d4.jpg
Snap67800012_20140112110718521.jpg
Snap629_201401121108200cf.jpg

(佐野稔)
勝手に点数をつけちゃうと95点くらい差し上げていいんじゃないでしょうかね。
キムヨナさんが2つのミスのうち、ひとつミスをなくして、
どっちもひとつのミス同士だとすると、キムヨナさんが勝ってました。
せっかくトリプルアクセル跳んだのにダメかって言われるかも知れないんですけれども、
すいません、ダメだったんですよね、今回はね。負けてたんです。
圧倒的にキムヨナさんのほうがスピードがあるんですよ。
ほんとにね、ぞくぞくするような。
こう…いろんな仕草だとか、表情だとかが非常に豊かなんですよ。
しかも、その内情から訴えかける滑りをしますから、
そこらへんで演技構成点のほうも若干浅田さんの上を行ってるんじゃないかなと思いますね。

(恩田美栄)
今回キムヨナ選手に対して浅田選手はひとつのミスしかなかった。
なので優勝することができたんだと思います。

(小倉)
佐野さんも言ってましたけども、同じミスがひとつだったらキムヨナ選手が勝っていたと。

(恩田)
そうですね、私もそう思いました。
実際に見てて、もしひとつでもキムヨナ選手が降りていたら、きっと点数差で優勝してたと。

(佐々木アナ)
え~?でも、女子で大技を決めたのに、ですか?

(恩田)
そうですね。すごいそれがもったいないとこなんですけれども、それが現実なので。

(韓国では日本以上にフィギュアに注目があるとの統計)
(浅田選手とキムヨナ選手の得点の比較。2人が他選手より飛びぬけていること)

(田中大貴アナ)
ようやくですね、ここまでは2勝2敗でした。
今回浅田真央選手が優勝したことによって、初めてシニアになってから1勝上回ったんです。
ようやく一歩キムヨナ選手から結果的には、結果は一勝したということになります。

(小倉)
恩田さん、トリプルアクセルを2回跳ぶというのはやはりリスクがあるんですよね。

(小倉)
そうですね。
トリプルアクセルはとても難しいので、選手にとっても凄いプレッシャーだと思うんですね。
なので2回成功したということは、今回とても大きな自信になったと思うんですけれども。

(小倉)
じゃ、2回成功してもキムヨナ選手のミスが少なければ負けていたってことは、
じゃ3回跳ばなければダメなのかっていうふうに思っちゃいますよ。

(恩田)
そうですね。そこは凄い難しいところであって、
今回トリプルジャンプの失敗が1個に対してキムヨナ選手が2個、
やはりこの差っていうのは、もう今後の試合に至っては2人とももうミスができない、
ということにつながってくるんですね。

(小倉)
で、芸術点だけを見るとどうしてもキムヨナ選手のほうがいいじゃないですか。

(田中大貴アナ)
はい。全てで上回ってますね!

(小倉)
これはやっぱりここの点がもっと詰まらない以上は、
浅田真央さんはきついってことになるんですかね。

(恩田)
そうですね。テレビで見ていましたけれども、
凄いスケートが滑らかで感情表現もキムヨナ選手はあったんですね。
浅田選手もけっして悪くはなかったんですけれども、
やはりあのちょっと子どもっぽいかなというところがあったと思うんですね。
キムヨナ選手のほうが、ま、ちょっと大人っぽいかなと。
滑ったら感情が凄い表現されてるかなっていうのはありますね。

今回失敗したジャンプは(浅田選手は)1個に対してキムヨナ選手は2個だったんですね。
で、減点が浅田選手は4.3に対してキムヨナ選手は5.34と4.32、合計で9.86という。
それで今回点差が2.20ということなので、これはほんとに技術ではなくて
芸術のほうでどうにかしていかないと勝てないってことにつながってくると思うんですけれども。

練習から感情表現を入れて練習するとか…
そういう試合だけではなくて練習から全てを感情をスケーティング全てを磨いていかないことには
全てがもしお互い成功していたならば、ほんとにキムヨナ選手が3.30上回るんですね。

(以下、ピー子の「真央ちゃんは子どもっぽい」発言、CM本数ではキムヨナ圧倒的という比較が続く)


浅田真央とキム・ヨナの比較報道に誤り、「とくダネ!」が謝罪。
ナリナリドットコム 2008/12/18 14:29 Written by Narinari.com編集部

先日、韓国で開催されたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの結果を受けて過熱した「浅田真央vs.キム・ヨナ」をめぐる報道とネットでの日韓批判合戦。韓国メディアからは優勝した浅田選手に対する「悪意ある」報道がされたほか、日本でもフジテレビ系「とくダネ!」が、視聴者に「浅田選手よりもキム選手のほうが実力が上」と感じさせる報道をしたことで、大きな反発を招いている。

そうした中、12月18日に放送された「とくダネ!」で、15日に放送した特集「浅田真央逆転Vも… キム・ヨナ“実力”に差」の内容に関する訂正と謝罪が行われた。

まず、田中大貴アナが「(15日の放送では)浅田真央選手とキム・ヨナ選手の演技の得点比較をしました。番組側が行った分析では、2人がともに予定していたジャンプをすべて成功していた場合、キム・ヨナ選手が得点で上回っていた、とお伝えしました」と特集の内容を説明。

そして「しかしこの比較の中で、浅田選手の予定していたジャンプを加えていないことがわかりました。このジャンプを加えて得点差を比較した場合、浅田選手が上回ることになります。内容に間違いがあったことをお詫び申し上げます。失礼しました」と放送内容に誤りがあったことを認め、小倉智昭キャスターも「真央ちゃん頑張ってくれたのにごめんなさいね」と謝罪した。

15日の「とくダネ!」では、浅田選手とキム・ヨナ選手の演技を細かく分析。それぞれの技と得点状況をフリップで紹介し、プロフィギュアスケート選手の恩田美栄が「なぜ、ミスがなければキム・ヨナ選手が上なのか」を解説していた。

(参考画像 by 石ころ)
12才1112才14


4年前のバンクーバーと大きく違うのは、
フィギュアスケートがおかしい、マスコミがおかしいということに、
既に多くの人が気づいているとことです。

ソチまであとわずか。
今後もおかしな報道には声を上げていきたいと思います。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2014/01/12(日) 14:36:35|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:29

気持ち悪い…海外メディアが一斉にKY上げ報道

気持ち悪い…
というのが今日韓国ニュースをチェックした感想です。
特に気持ち悪いのが中盤にご紹介する「海外メディアの一斉KY上げ報道」。

その前にひとつ真央ちゃんの名前が出ていたニュースから。
気持ち悪い部分は赤文字


不安な浅田真央「キム·ヨナの訓練スケジュール」ベンチマーク
国民日報クッキーニュース 014.01.08 16:30

[クッキースポーツ]勢いに乗っているキム·ヨナ(24)のために緊張した浅田真央(24)が 'キム·ヨナに追いつく」に乗り出した。 浅田は計画されていたロシアの合宿を突然放棄し、キム·ヨナのように国内で最終仕上げの訓練をすることでスケジュールを早急に変更した。

日本の日刊スポーツは「浅田がソチに出国する直前まで、国内で訓練をした後、来月初めに現地に移動する計画だ」と8日明らかにした。

浅田はロシアのモスクワの国立スポーツセンターでトレーニングキャンプを調えてコンディション調整に入る計画だった。 2010年バンクーバーオリンピックで浅田を担当したロシア出身のタ​​チアナ·タラソワ前コーチの指導を受けながら時差ボケもする一石二鳥の効果を念頭に置いたものである。

しかし浅田は計画を変えて、母校の州キョデ氷上競技場で訓練することを決めた。

日刊スポーツは「先月全日本選手権以来、佐藤信夫コーチと浅田がすべての可能性を置いて会話した」とし「その結果、浅田が精通している日本株キョデスケート場で十分な訓練をする方が良いと判断した」と報道した。

浅田が最近不安な姿を見せる中で、キム·ヨナが完璧に最終リハーサルを終えて楽々国内でのオリンピックの準備をしている点をベンチマーキングしたという解釈が可能である。

浅田は昨年二回のグランプリですべて優勝し、グランプリファイナルでは204.02点で2連覇を達成した。 しかし、全日本選手権大会で199.50点で3位に留まって不振な姿を見せた。

浅田は失敗を重ねているトリプルアクセルなどのジャンプの成功率を高める訓練を日本で集中的に行うものと見られる。

一方、キム·ヨナも泰陵(テルン)選手村で詰めの訓練に入っており、来月中旬ごろソチに入城する予定だ。

体調を十分に引き上げて緩急を調節しているキム·ヨナと、これを意識してイライラした様子を見せる浅田が対照をなしている。

国民日報クッキーニュースソチョンハク記者

140108_sjh_junamao.jpg


あの…真央ちゃんのスケジュールが、
どうしてKYを意識していることになるのでしょうか。

真央ちゃんがKYをベンチマーク…?
自意識過剰もいいところですね。

そんなことより、
さらに気持ち悪いと思ったのがここからのニュース5連発。

海外メディアが一斉に「KYを優勝候補」と報道したとか。
アメリカのAP通信、ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル、
イギリスのBBC、さらにはIOC(国際オリンピック委員会)そのものまで。


特に目を疑ったのがAP通信のこの部分でした。

「米国の選手の中でキム·ヨナに挑戦する者はいない。
 他の国でもキム·ヨナを脅かすほどの選手は見えない」

アメリカのメディアでありながら「米国の選手もKYに勝てない」とか。

アメリカの選手たちも、日本と同じような状況なのでしょうか。
国内のメディアに敵がいるみたいです。

記事中の写真は、あえて大きいまま載せてみました。
ほとんどが「その写真でよかったの?」という感じだったので。
顔芸とクネクネポーズばかり…どれもフィギュアスケートの技じゃないし(苦笑)

KY上げ報道その1 AP通信(アメリカ)

キム·ヨナの脅威選手ません。美言論 "圧倒的な技量で五輪2連覇に挑戦"
2014.01.09 09:32:42

キム·ヨナの脅威選手はいない!

米メディアが2014ソチ冬季オリンピックのスターでキム·ヨナ(24)を指名し、脅威の選手が見えないと明らかにして人目を引いてつなぐ。

AP通信は8日(韓国時間)キム·ヨナ(24)がソチ冬季五輪のスターになるだろうと展望した。 この媒体は「ソチ冬季オリンピックで注目すべき5人の女子選手」を挙げた。 AP通信はキム·ヨナのほか、アルペンスキーのミカエラシュプリンスピードスケートのヘッダリチャードソンスノーボードのリンゼイジャコベリスそしてアイスホッケーのスター、ジュリーチュー(以上米国)を挙げた。 アメリカの選手が4人を選定し、海外の選手では唯一キム·ヨナを指定した。

特にAP通信はキム·ヨナが、他の脅威の選手が存在しないほどの技量を身につけて評価した。 AP通信は「米国の選手の中でキム·ヨナに挑戦する者はいない。他の国でもキム·ヨナを脅かすほどの選手は見えない」と報道した。 浅田真央をはじめとするライバルたちもキム·ヨナの脅威選手がされていないという意味だった。

また「キム·ヨナは4年前にバンクーバー冬季オリンピックで金メダルを獲得し、母国ではスーパースターになった。 キム·ヨナはただ二人のフィギュアスケーター(ソニア·ヘニーとカタリタビット)が達成されたオリンピックの連続優勝に挑戦する」と付け加えた。


20140109020391_0.jpg


KY上げ報道その2 ニューヨークタイムズ(アメリカ)

NYT「キム·ヨナ、ソチ五輪輝かせる5人」に選ぶ
ニュースエン 2014-01-09

ニューヨークタイムズがキム·ヨナをソチを輝かせた人物として選定した。

米国の有力日刊紙「ニューヨーク·タイムズ」は、1月8日(以下韓国時間)、「リンジー本がひざの負傷で参加する中、ソチ冬季五輪を輝かせる選手は誰なのか」という記事を掲載した。

ニューヨークタイムズは、ソチ五輪を輝かせた人物5人を選定した。 その中で、キム·ヨナも含まれた。

ニューヨークタイムズは「韓国でフィギュアスケートはとても人気が高い。 フィギュアスケートのスター、キム·ヨナがあるからである。 最近キム·ヨナが自国の大会に参加して、大会の表は、15分で完売された事例もあった」と話を切り出した。

ニューヨーク·タイムズ紙は「キム·ヨナがソチで金メダルを取るようにすると、これは2連覇を達成した史上三番目の選手になるだろう」と紹介した。 女子フィギュアシングル部門では、ソニア·ヘニー(ノルウェー)が初めてオリンピック3回連続優勝した(1928、1932、1926)カタリナ·ビット(ドイツ)が2連覇(1984年、1988年)を占めた。

この媒体は、4年前にバンクーバー冬季オリンピックでのキム·ヨナを振り返ってみた。 この媒体は「当時、キム·ヨナは、高いジャンプと魅力的な存在感、天上の優雅で優勝を占めた。 当時、スポーツ界では、キム·ヨナを単純な技術をマスターに見て知って偉大な芸術家で見て知って論議があったほどだった」と回想した。

現在のフィギュアスケートのスコアリングシステムを作ったカナダの専門家テッド·バートンは、「技術的にキム·ヨナは歴史上最も偉大な選手だ」と話した。 バートンは "キム·ヨナが今後3〜4年程度の選手生活をよりすればキム·ヨナは歴史上最も偉大なスケーターになるだろう"と好評した。

続いて、ニューヨークタイムズ紙は、キム·ヨナの競技感覚にも気にしなかった。 ニューヨークタイムズは「バンクーバー五輪後、キム·ヨナは、いわゆるオリンピックスタイル(トップクラスの選手たちが出場するメジャー競技)の試合にはほとんど出場しなかった。 しかしキム·ヨナは2013年の世界選手権で浅田真央をほぼ20点差で勝った」と浅田との対決に大きな意味を置かなかった。

また、ニューヨーク·タイムズ紙は「キム·ヨナは昨年の秋に、足の甲の負傷のため6週間の訓練をついた。 また、二つのグランプリシリーズにも出場していなかった。 しかしキム·ヨナは、クロアチアで開かれた「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」で復帰戦を行ったし完璧ではない様子でも優勝した」と説明した。

最後に、ニューヨーク·タイムズ紙は「オリンピック金メダル以後キム·ヨナは韓国で完璧なセレブになった」とし「キム·ヨナは、牛乳の広告からエアコンの広告まで、広告界を席巻している。 また、2018平昌冬季オリンピック誘致のための活動もしたし、ユニセフ親善大使として10万ドル(約1億円)を寄付した」との戦い外的活動まで関心を傾けた。


一方、キム·ヨナのほか、「ソチ五輪を輝かせる5人」には、米国のスノーボードのスター、ショーンホワイト、米国アルペンスキースターテッドリゲティ、ロシアのアイスホッケーのスター、アレックスオーチキン、カナダカーリングスター、ブラッド·ジェイコブスが名を連ねた。(写真=大韓体育会提供)

[ニュースエンジュミフイ記者]

201401082244033010_1.jpg


KY上げ報道その3 ウォールストリートジャーナル(アメリカ)

キム·ヨナ、WSJ 2014年期待される韓国のニュースメーカー」1位に選定
OSEN =キム·ヒソン記者l 2014.01.09 17:09

[OSEN =キム·ヒソン記者] 'フィギュア女王'キム·ヨナ(24)が、米国の日刊紙ウォールストリート·ジャーナル(WSJ)の電子版が選定した'2014年期待される韓国のニュースメーカー11人」の1位に上がった。

WSJは9日、韓国語版の読者を対象にアンケート調査した内容を発表した。 1位はキム·ヨナに「ソチ冬季五輪を約1ヶ月程度前に行われた今回の調査で、キム·ヨナ選手は、すべての人物の中で最も多く得票し、全体1位を占めた」とし「過去のバンクーバー冬季オリンピックでもキム·ヨナ選手は世界最高得点( 228.56点)で金メダルを首にかけた」と明らかにした。

2位は昨年の成功メジャーリーグ(MLB)のデビューシーズンを行ったリュ·ヒョンジン(27、LAドジャース)が占めた。 他にもイ·デホ(7位)理想(8位)、秋信守(10位)、ホン·ミョンボ(11位)など、11人の人物のうち5人がスポーツスターで構成されてソチ冬季五輪とブラジルワールドカップを控えたスポーツ熱気を証明した。

201401091651776182_52ce5892487e0.jpg


KY上げ報道その4 BBC(イギリス)、NBCスポーツ(アメリカ)

英BBC「キム·ヨナ優勝、バンクーバーオリンピックを思い出させる"
ニュースエン 2014-01-08

キム·ヨナが自分の世界記録を上回るスコアで勝利しましょう​​、英国、米国のメディアが大きな関心を見せた。

イギリスの公共放送BBCは、1月7日(以下韓国時間)キム·ヨナの全国男女フィギュア総合選手権大会優勝を照明した。

BBCは、今週の冬季スポーツのニュースを知らせたキム·ヨナの優勝を述べた。 BBCは「キム·ヨナは韓国で行われたフィギュア総合選手権大会で総合優勝を占めた。 この優勝はキム·ヨナが去る2010バンクーバーオリンピックで獲得した優勝の王冠を思い出させた "と好評した。

続いBBCは「今年23歳のキム·ヨナは足の甲の負傷から戻ってきて先月B級大会「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」で優勝した "と付け加えた。

アメリカのスポーツ専門媒体NBCスポーツでもキム·ヨナの優勝に大きな関心を見せた。

NBCスポーツはこの日、「キム·ヨナ優勝のニュースが韓国主要朝刊ヘッドラインを掌握した」とし、大韓体育会のTwitterの写真を一緒に掲載した。

NBCスポーツは「キム·ヨナは彼女の最後の国内大会で優勝を占めた。 これはかなり大きなニュースであった下の写真で証明される」と明らかにした。

また、「キム·ヨナは、ディフェンディングチャンピオンとしてのソチ五輪に参加する。 キム·ヨナが2連覇を占めると1988年カタリナ·ビット(ドイツ)以来、初の女性となる。 キム·ヨナは2010バンクーバー冬季オリンピック銀メダリストの浅田真央(日本)との熾烈な競争を繰り広げている」と説明した。

最後に、NBCスポーツは "キム·ヨナはフィギュアスケートの歴史の中で最大の成果を終えた後に引退をする予定だ」と強調した。

先立ってキム·ヨナは1月5日高揚オウルリムヌリ氷床氷上競技場で開かれた第68回全国男女フィギュアスケート総合選手権大会である「KB金融コリアフィギュアスケート選手権2014「女子シングル部門でショートプログラム点数80.60点とフリースケーティング点数147.26点を受けて総点227.86点で1位を占めた。(写真=大韓体育会提供)

[ニュースエンジュミフイ記者]

201401081149423030_1.jpg


KY上げ報道その5 IOCホームページ

「ソチ月前」IOCのホームページ、キム·ヨナの集中照明「リンクの女王 '
スポーツ朝鮮 2014-01-09 21:59:29

2014年ソチ冬季オリンピック開幕が29日後に迫った中で、国際オリンピック委員会(IOC)がキム·ヨナを集中照明した。

IOCは9日​​午後(以下韓国時刻)公式ウェブサイトのメインページにキム·ヨナの競技の写真をかけて 'キム·ヨナ、リンクの女王(Yuna Kim、the queen of the rink)」というタイトルの記事で、キム·ヨナの五輪2連覇ドジョンギウル紹介した。

IOCは「2010年バンクーバーの金メダル以降の空白期を破って帰ってきたキム·ヨナがカタリナ·ビット(旧東独)が1988年に立てた、オリンピック2連覇の記録を正照準している」と序文を開いた。

IOCは「キム·ヨナが2010年バンクーバー五輪で格調高い表現と無欠点の技術で228.56ギネス記録を立てて金メダルを獲得した」とし、以降2年連続で世界選手権銀メダルにとどまり、休息期を持つようになった過程を説明した。

2018年平昌冬季オリンピック誘致広報大使など選手外的な活動を紹介したIOCは「キム·ヨナが2013年にカナダ、ロンドンの世界選手権優勝を使ってセンセーショナルなカムバックをした」とし「9月の右足の負傷で6週間の再氷上で退いたが、このすべての障害は、彼が上に行くための旅程の一部であった "と評価した。

IOCの導入はファンに新しいものがない内容を盛り込んだ。

しかし、オリンピックを一ヶ月控えサイトの最初の画面を費やしたという点でキム·ヨナの '無限挑戦'が国内ファンだけでなく、世界中の関心の対象であるという点を改めて悟るようにする。

8日の最高の冬季スポーツスターである米国のスキーヤーリンジー本が負傷悪化で大会出場を放棄することにより、海外のメディアやファンたちはキム·ヨナに、より大きな関心を見せている。

キム·ヨナは去る5日に終了した「コリアフィギュアスケーティングチャンピオンシップ 'で総点227.86点の高得点でオリンピックセンター試験を完全に行った。

キム·ヨナは現在、泰陵(テルン)選手村で練習しており、長島日程はまだ確定していなかった。 <スポーツ朝鮮ドットコム>

2014010901000944200056511.jpg


韓国選手権の演技を見てもなおKY上げができる神経がわかりません。
残念なことに荒川さんも同じでしたが…

海外でこのような上げ報道がなされる中、
当のKYさんはパク大統領から激励を受けていたといいます。


朴大統領、キム·ヨナに会って「遺憾なく実力発揮せよ」
CBSノーカットニュース 2014-01-08 16:12

朴槿恵大統領は8日、ソチ冬季オリンピックD-30を迎え状態を選手村を訪問し、冬季オリンピックに参加する国の代表選手と指導者を奨励し、昼食をともにした。

朴大統領は、まずシルレスケートリンクと月桂樹を見つける訓練中のキム·ヨナ、シムソクフイ、理想、モテボムなどのフィギュア。ショートトラック。スピードスケート種目の選手たちの訓練の様子を見守った後、これらを直接会って激励した。

朴大統領はキム·ヨナ選手との出会いで「遺憾なく実力発揮してくるという考えで熱心にしてほしい」と呼びかけた。

スピードスケートの選手が訓練する場所に移動し理想の選手に会っては、「国民に理想の選手が大きな勇気と希望を与えている」とし「今回もよくあろうと信じる」と激励した。

選手たちとの昼食会では2月のソチ冬季オリンピックをはじめとする6月にブラジルワールドカップ、9月仁川アジア大会などのスポーツ大会が多くの学生が勉強に集中した時間がなくて、今年の受験生の成績が例年より落ちるという言葉がという笑い話で雰囲気を注いだ。

続いて、 "天才は努力する者は勝てず努力する者は楽しむ者に勝たないという話を聞いた」とし「私が最もよく​​、最も好きな種目で最善を尽くして世界的な祭りを楽しんでくるという気持ちでオリンピックに参加して楽しくゲームを打ってほしい」と勇気をブック出た。

昼食後にはソチオリンピックD-30の電光掲示板の前で選手たちと「ソチ大ヒット」のスローガンを叫んで記念撮影をしました。

朴大統領は泰陵(テルン)選手村の訪問に先立ち、世宗(セジョン)文化会館で開かれた教育界の新年ギョリェフェに参加して "今、私たちは、創造性とアイデアで世界が動いて国の経済が動く時代に生きている」とし、「その時代に取り残されずに先に行くためには、ウィンドウの型の人材を育てることができるように教育革命が起こらなければならない」と述べた。

さらに、「政府は、子供たちが創造性を存分に発揮できるようにして知性と理性が調和し発展できるよう、私たちの教育のパラダイムを一つ一つ変えていく」と明らかにした。

しかしギョハクサ歴史教科書の問題で浮上した教科書論争などの懸案について具体的な言及をしなかった。

20140108161200838661.jpg


パク大統領に会ったKYの様子。

news_1389160463_414486_m_1_59_20140108150303.jpg

パク大統領の向かって右側は
韓国スケート連盟会長兼サムスン電子社長のキム・ジョエル

20140108153847879547.jpg

この日はごきげんだったようです。
NISI20140108_0009210664_web_59_20140108132802.jpg
PYH2014010804420001300_P2_59_20140108131108.jpg

大統領との昼食会にしては質素だとの声が。牛乳パックとか。
これは選手の普段の食事に大統領が合わせたということかもしれませんね

SSI_20140108144019_V_59_20140108144702.jpg
721428_article_59_20140108163404.jpg
721427_article_59_20140108163503.jpg
721506_article_59_20140108164011.jpg

…。

なんというか、平常運転ですね(苦笑)

話は変わって、

「浅田真央はメイクを変え、キム・ヨナは電卓をたたく」

という生島淳氏の著書がありましたが、
次のニュースを読んでいて、その本のタイトルを思い出しました。
(関連過去記事)「生島淳がキムヨナをばっさり」キムヨナの黒い影

記事の一部を抜き出してみると、


実際にはバンクーバー五輪直前にもキム·ヨナに向かって多くの疑問符が投げられた。 さすがにジュニア時代、自分よりリードした同い年の日本選手浅田真央に勝てるだろうか。 浅田のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)というものをしっかりと見たことはありませんが、そのような「必殺技」がなくてもキム·ヨナが良い点数を受けることができるか。 キム·ヨナが優勝した場合、期待できる経済効果は? 大韓民国のブランド価値は? 平昌冬季オリンピック誘致への影響は? 多くの人が電卓をたたいて半信半疑だった。 しかし、彼は嘘のように、このすべてを成し遂げた。


KYがいかにGOEとPCSを稼ぐか電卓をたたいている間、
背後では韓国ブランド委員会や政府までが電卓をたたいていた、
ということでしょうか。


プリズム/キム·ヨナに拍手を、まさにこれから。
ヘラルド新鮮ニュース 2014-01-09 09:54

2006年8月のことだった。 したフィギュアスケート選手の母は小さなため息を吐く記者に語った。 「大会が目の前なのに、安心して訓練する練習場がないですね。 "泰陵(テルン)スケートリンクは発がん性物質が基準値の20倍検出され、選手たちを撤収させた状況だった。 果川アイスリンクとロッテワールドアイスリンクなどを行き来しながら書きの訓練をしたが、これさえも週に2〜3日は完全に借りることができない一般の人々と苦しめられて訓練をしなければした。 まさに2014年ソチオリンピックで2回連続金メダルに挑戦するキム·ヨナだった。 彼の自叙伝「キム·ヨナの7分ドラマ」を読めば、当時の大変だった心境がそのまま伝えられている。 「リンクの周りに集まってきた人々が、常にカメラのシャッターを押してフラッシュがあちこち集中することができなかった。 さらには、プログラムの練習の途中で「おい! 連綾、ジャンプ! ジャンプ!」と名前を呼んで声をあげて、集中力を乱さトゥリギもした。 身も心もとても大変だった。 「私はここでこうしている時に出て競争する他の選手たちは、自分一人で、または選手同士だけあるリンクから、集中して訓練しているはずなのに」という思いが挙げるすぎるソロウォソ涙が祝福バトチョトダ。 "

7年以上前の話だ。 キム·ヨナはその間韓国フィギュア位相を、ファンの目の高さを想像もできないほど引き上げた。 その時も、「オリンピック」、「世界選手権」、「金」という言葉は、少なくともフィギュアという種目では他国の話だった。 しかし、4年前のバンクーバーオリンピックでキム·ヨナは目で見ても信じられない美しい演技で金メダルを首にかけた。

実際にはバンクーバー五輪直前にもキム·ヨナに向かって多くの疑問符が投げられた。 さすがにジュニア時代、自分よりリードした同い年の日本選手浅田真央に勝てるだろうか。 浅田のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)というものをしっかりと見たことはありませんが、そのような「必殺技」がなくてもキム·ヨナが良い点数を受けることができるか。 キム·ヨナが優勝した場合、期待できる経済効果は? 大韓民国のブランド価値は? 平昌冬季オリンピック誘致への影響は? 多くの人が電卓をたたいて半信半疑だった。 しかし、彼は嘘のように、このすべてを成し遂げた。

そうだったキム·ヨナが再び舞台に上がろうとしている。 4年前に明らかに個人的な目的があった。 八歳の時、1998年長野オリンピックでミシェル·クワンを見て最初胸に抱いていたオリンピックの金メダルの夢。 しかし、今では個人的な栄達や名誉は意味がない。 キム·ヨナの後、何も準備されていない韓国フィギュアの漠漠現実に最後に残った力を加え者、彼は再び舞台に上がる。

しかし、肝心の私たちの視線は、4年前と大きく変わらないようだ。 キム·ヨナの演技がより完璧にジギル期待して、当然浅田真央ごろは勝たなければならず、金メダルはもちろん、世界最高記録も立ててくれたら良くて.... 欲だ。 彼はすでに私たちにあふれるように多くのことを与えた。 再び舞台に立つだけで、プレゼントそのものだ。

今キム·ヨナは私たちに手を振って最後の挨拶をしようとしている。 女王に拍手を送る時は? 今からだ。 金メダルを取る瞬間に拍手を大切にしておかないように。 だから、彼はすべての演技を終え、退場するまで、背を向けて見えなくなるまで本気でありがたかっノラゴ拍手をしてあげよう。 それはキム·ヨナが私たちにくれたプレゼントの最後の感謝の言葉である。

20140109000364_0.jpg


バンクーバー以前から2chで言われていたこと…

KYの異常採点は、
KYを韓国の平昌五輪招致の顔に仕立て上げるためだということで説明がつく、


ということ。

この記事を読んで、
やはりそれが事実だったんだな、という思いを強くしました。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2014/01/09(木) 23:36:48|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:21
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。