ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

掲示板としてご利用ください

お久しぶりです。

もうブログは更新しませんが、
この場所を覚えてる方がいらっしゃいましたら、
この記事のコメント欄を掲示板としてお使いください。
(前回の記事のコメント欄が1,000件に達し、書き込みできなくなったため)

もうフィギュアスケートは見てないです。
このブログをやっていたことが嘘のようです。

その時知り得たことを感じたままに書いていましたが、
好意的に見て下さった方、反感を抱かれた方…。

世の中のことを、どちらかといえばというより、
かなり疎い部類の私が、よく書いてきたものだと。

ブログを止めたあとも、
こちらに残りくつろいでくださってる方々の存在に、
ブログをやってた意味はあったんだとホッとしたり。

でも今でもたまに目にする辛辣なコメントに、
胸が疼いてこのブログを開くのが怖くなることがあります。

そうだ、このブログをやってたとき、
こんな思いを何度もしてきたな…と蘇るのです。

一日平均4~5,000人、多いときは一日に16,000人の訪問者がありました。
全員が同じ考えなど持ってるはずもなく、反論があるのも当然のこと。

こんな片田舎のど素人の声を、それだけの人が聞いていたこと、
今思い出すと恐ろしいことだなと思ったりします。

今は別のブログをやってます。
好きなものについて書いてます。

コメントで仲間ができるのは嬉しいことだけど、
コメント一つで心臓がドキドキするような思いをしたくない気持ちのほうが強く、
コメントは受け付けず、好き放題書いてます。

ランキングにも参加してないので、
たぶん読者は私一人くらい(笑)
気楽なものです。

好きなものを好きなだけ書きなぐる毎日は、
とっても幸せだな~と感じています。

今は介護の仕事からも喜びを得ています。

いつか書いたように、私は一人暮らしです。
結婚も同棲もしてきましたが、どちらも孤独なものでした。

この仕事をしていると、生身の人と触れ合える。
人の肌の温もりを感じられることが嬉しいのです。

普段ほとんどしゃべらない利用者様が、
ニコニコしながら言ってくれた言葉。

-えびすさん。
-いつもニコニコえびすさん。
-あなたのときは、いつもえびすさん。

奇しくもちょうど私の誕生日だったので、
その言葉はとても嬉しい誕生プレゼントのようでした。

私は失敗もするし、仕事は楽しいことばかりではありません。
でも、たまにあるそういう喜びが、気力を与えてくれます。

なかなか仕事を続けられなかった私ですが、
この仕事、長く続けられたらいいなと思っています。



<P.S.>

megumiさん、引用などどうぞご自由に(笑)

青い空さん、コメント承認の不手際で悲しい思いをさせてしまったみたいで…ごめんなさい。
ここに残ってお話をしてくださってたこと、感謝の気持ちしかないです。
青い空さんのことで嫌な思いをしたことは一度たりともありません。
本当にいつも…ありがとうございます。

これもみなさんご存じのとおり、私はややこしい人間です。
仲良くなりたいのに、近づきそうになると遠ざかるクセがあります。
それは自分に自信がないからだと思います。
昔っからそうなんです。

なのでコメント欄にも顔を出すことはあまりないですが、
皆さんの語り合いはいつも微笑ましく読ませていただいてます。

こんな場所で良ければ、
どうぞご自由にお使いください。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/25(月) 16:59:08|
  2. ごあいさつ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:61

コメント欄継続のお知らせm(_ _)m

お久しぶりです(*^^*ゞ

グランプリシリーズ、始まりましたね。
町田くん、スケアメでのぶっちぎりの優勝、凄かった~!

ところで今日はお知らせをしたくて更新しました。

最後のご挨拶とした一つ前の記事に、
今でもコメントを残してくださる皆様へ…

コメント承認の手間が私(石ころ)の手を煩わしているのでは?
と心配してくださる優しい方々がいらっしゃいましたので(^^)

FC2ブログの仕様として、
一ヶ月記事を更新しないと自動的にコメントは承認制になってしまい、
記事を更新するとそれが解消されるということなので、この記事を更新しました。

これにより、今後コメントは即時反映されるようになるはずです。

実は私も、「掲示板のように使ってください」と言ったものの、
「承認待ち」でお待たせしている時間が申し訳ないと思っておりましたので…

真央ちゃんの話題はもちろん、
KYさんのこと、スケ連の問題、わいわいがやがやの(笑)世間話でもなんでも、
どうかこちらで、リアルタイムで、ご自由に語り合ってください(↓)。

誰かと語り合いたいとき、つぶやきたいとき、
こちらのコメント欄をご利用ください( ^^) _旦~~



2014.10.30 石ころ


更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2015/05/25(月) 15:52:53|
  2. ごあいさつ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ブログを止めます。今までお世話になりました。

突然ですが、ブログを止めることにしました。

2010/07/18からなので、4年と1ケ月。
我ながらよく続いたなと思います。

「私が見てきたもの」ということで7回に渡りまとめてきましたが、
それがこのブログの集大成のつもりです。

私が見てきたもの(1)韓国という国について (07/13)
私が見てきたもの(2)親日国と、日本の凄さ。 (07/15)
私が見てきたもの(3)マスコミの偏向報道と捏造報道 (07/19)
私が見てきたもの(4)KYが怪しいと思う理由 (07/25)
私が見てきたもの(5)KYを好きになれない理由 (07/28)
私が見てきたもの(6)真央ちゃんを応援する声 (07/30)
私が見てきたもの(7)真央ちゃんの好きなところ! (08/05)

いろいろ偏っていたかと思いますが、
私なりに物事を見たら、世の中がそう見えたという感じです。

現在の仕事に就いてからは、
かなり不定期になってしまいましたが(夜勤も始まったんです)、
それまではブログを書くということが生活の一部となってました。

夜9時頃からインターネットで気になることをチェックし始め、
夜中の1~3時くらいに更新、というパターンが習慣になってました。

ブログを書こうと思ってニュースを見ているわけではないのに、
見ていると「ん…?」と思うことが必ず出てきて、気づけば更新。
そんな感じの毎日でした。

今は真央ちゃんがお休み中ということもあるし、
私も以前ほどニュースを追わなくなりました。

ブログに疲れてきたのかな?と感じ始めていたこともあり、
休みがちになり、まとめ作業をして、ようやく決心がつきました。

疲れてきた理由は…あえて省略。
その都度ここで泣き言を言ってきたので^^;

あと、これを書くのは初めてだと思うんですが、
リアルで、実生活で数人にこのブログの存在を教えたことも、
自分で自分の首を絞めた形になっていたとも思います。

教えたのはもちろん自分が信頼している人に限定されるのですが、
会話の流れで「ブログやってるんだよ~」と教えるまではよかったものの、
どうしてもたまにその人たちのことを思い出してしまう。

結局その身近な人たちにさえ、
自分の書いてることは伝わっていないという失望感。

普段からブログを見るという習慣がないから、
私が書いていると聞いても読んでさえいないのか。

それとも読んでいて会話に出てこないということであれば、
私の考えにドン引きされているのか^^;

…なんとなくそれも気になってたりします。

でも、4年と1ケ月の間、
このブログのこの場所で、自分が思いを綴り、
それに反応してくれた人が日本中にいたということは事実。
海外から反応を寄せてくださる方もいらっしゃるし。

なんかこの…リアルでの変わらなさと、
ブログの中で起こってることのズレがあるんですよね。

あとは-

自分が神聖化され過ぎているのも気になってるのかも。
とにかくコメントを書いてくださる皆さんが、優しすぎるんですよ(ToT)

自分で読み返してみても、
私の書いてることはいつも同じだし(いわゆるワンパターン)、
自分に自信がなさ過ぎて読んでいて気持ちのいいものではないし…。

あれがおかしい、腹が立つ、許せない、とか言いながら、
当の本人は50にもなろうというのに貯金もない底辺生活者。

負け犬の遠吠え…?
自分の生活さえ守れない奴が何を偉そうに言ってるんだろう、
ていうか、自分それどころじゃないだろうと感じてしまうこともあります(−_−;)

本当に私は皆さんにそこまで優しくしてもらえるほどの、
素晴らしい人間ではないんですよ。

なんとなくそんなことを考えていたことと、
普段からブログでこぼしていたいろいろなことと、
ちょうど夜勤も始まりますます生活が不規則になることもあって、
ブログに終止符を打つことにしました。

まずお礼を言いたいのは、
こんなブログを応援してくれていた皆さんに対してです。

4年前からの方も、新しい方も。

コメントを残してくださった方、
拍手ボタンを押してくださった方、
ランキングへポチをしてくださった方、
メールを下さった方、

ただ見ているだけの方も。

皆さん、本当にありがとうございました。

もう何度申し上げたかわかりませんが、
皆さんの存在がなければ、このブログはこんなに続いてはいませんでした。

皆さんには、ただ応援していただいたばかりでなく、
いろいろなことを教えていただきました。

また、いつもそうだったのですが、
私が落ち込んだときには必ず救いの手を差し伸べて下さいました。
頑張れ、ではなく、共に頑張りましょうと言える優しい方がほとんどでした。

私がこのブログを続けて得た一番大切なものは、
そういう皆さんと出会えたことでした。

小心者の私ですが、自信を持って言えることがあるとしたら、
「このブログに集まる人は素敵な人ばかり」ということです。
唯一このブログの自慢できるポイントです(笑)

不思議なものですが、文字だけの世界なのに、
一目でわかるんですよね。

この人は優しい人だ。
この人は温かい人だ。
この人は悪意があるというのもわかります。

圧倒的に優しい方、温かい方が多かったです。
理知的な方もいました。
人を傷つけないように、心配りのできる方が多かったです。

そういう皆さんと触れ合えたこと。
それは私にとって大切な経験となりました。

もしかしたら、
私のほうがそんな素敵な皆さんのファンだったのかもしれません。

ブログで扱ってきたテーマはフィギュアスケートでしたが、
フィギュアスケートのことを書くということ以上に、

そういう皆さんに支えられている自分を感じること、
自分はここにいてもいいんだと感じられたことが、
ブログを続けてこられた理由かも知れません。

何一つ誇れるものがない自分が、
唯一いても許される場所というか。
自分の存在証明のような気さえしていたのかもしれません。

ブログはそういう存在でもありました。

今日自分のブログを読み返していたんですが、
こんなこともあったよなぁ、ということをちょっとまとめてみました。


怒りの歴史

腹立つ~~~!!とりあえず怒りを残しておきます。
城田憲子氏に殺意を覚えた 伊藤みどりさんとキムヨナの復帰戦比較 ※追記2つあり
テリー伊藤はテレビに出るな。
なにこの駄文…青嶋ひろの、許せない。
(言葉悪いです)増谷キートンを軽蔑します。
イ・ジヒに続く疑惑審判コ・ソンフィの発言に怒り心頭
すみません、毒強いかもです…しかも長いです。



応援してくださった方との思い出

私信ですが、一言お礼を言わせてください。
私信です。拍手欄でのコメントに感激。ありがとうございます。
しばらくお休みするかもしれません
二週間ほどお休みします。
知子ちゃん・樹くんアベック優勝!ほかいろいろ。それから、ありがとうございました。
アイスショー花盛り。それからコメントを下さるみなさんへ…。



「名無しさん」「通りすがりさん」との戦い?の歴史

名無しコメントの方へ。このブログはこのままで行こうと思います。
「キム選手さえ絡めてこなけりゃ」ということについて。
名無しさんへ
名無しさんの言い分とその効果
「通りすがりのおばさん」へ/火消しに入ったテリーと赤旗
あなたのような人にはなりたくない



ブロガーさんとの思い出

あえて無題で
安藤選手、引退に関する肉声。とあるブロガーさんへのメッセージ



たくさんのコメントをいただいた記事ベスト5

恩返しだなんて…真央ちゃん。感動をありがとう!!! コメント247 
キムとソトニコワを比べるのはお門違い(タラソワ) 「日本人は変わり者」という褒め方(なんです君) コメント223 
「アンチの巣窟」というレッテルを貼るのはやめていただきたいのですが… コメント168
ブログを続ける難しさ コメント153
韓国、IOCに調査依頼。半端ではない「ぼっち」感。朝日新聞から「浅田真央ラストダンス」。 コメント131



たくさんの拍手をいただいた記事(拍手は統計がとれないので記憶にあるもの)

安藤さんのことはこれで最後にします。 拍手3000over 
私は、ですが…私は安藤さんのことは応援できなくなってます。 拍手2135
名無しさんへ 拍手1936
真央ブログ更新!織田くん優勝!いつも応援してくださる皆さんへ。 拍手1877 


なんか私って怒ってばっかり…?と思ったり。
「通りすがり」さん…あったよな~とか。
尊敬していたブロガーさん、仲違いをしたブロガーさん。
そして何よりコメント欄に残された皆さんの言葉・言葉・言葉-。

コメントが一番多かったのは、
やはり真央ちゃんソチでの演技後。

拍手が一番多かったのは…
これがダントツであの自分の情けない私生活の告白。

こうやって振り返っていて思うんですが、
コメントや拍手は、意外にも真央ちゃんやKYさんのときに多いわけではないんですよね。

ブログを続けていくか悩んだ時、自分のことを打ち明けた時、
書いてはいけない空気を感じることを思い切って書いた時などに、
多くの皆さんが反応を返してくださったことが印象に残ってます。

やはり皆さんの応援と声があってのブログなんだと思いました。

それから、今回でブログは終わりですが、
終わってから初めて訪問される方もいらっしゃると思うので、
自分なりにまあまあお勧めできる記事へのリンクを貼っておきます。
(まとめたのがかなり前なので古めの記事が多いですが)

おすすめ記事一覧(お暇な時にでも)

それでは…皆さん、長い間お世話になりました。
本当に、本当に、ありがとうございました。

FPUで、真央会でお世話になったブロガーさんや仲間、
メールやコメントで相談に乗っていただいたり、触れ合うことのできたブロガーさん。
皆さんにも本当にお世話になりました。

本来ならお一人お一人にご挨拶をすべきなのですが、
こういう形でのご挨拶になってしまい、申し訳ありません。

黒猫さん、FPUにおいてはお世話になりました。
FPUを立ち上げられた行動力、精力的なブログ更新、尊敬します。

菊千代さん、ペプシコアラさん、だらごろこぱんださん、alohaさん、mokoさん。
真央会では、本当に本当に本当に…お世話になりました。
ブログを離れて本音で話せる、本当に貴重な場所でした。
幾度そこで助けられたかわかりません。

手相見姐さん、いつも力強い応援、ありがとうございました。
どれだけ励まされたかわかりません。
いつか、隠れ家のようにそちらに避難させていただいたことを思い出します。
精力的なご活動、頼もしい限りです。
今後も陰ながら応援させてください。

く~がさん、
いつもここぞというときに現われて、必ず力になってくださいました。
本当に感謝しています。

capriceさん、
capriceさんにはコメントでも勇気付けられることが多く、
感謝の気持ちでいっぱいです。

ぱんだねこさん、
真央会でもお世話になりましたが、
こちらでいただくコメントの数々にたくさんの勇気をいただきました。

お茶の間さん、white-mimiさんは素晴らしい動画職人様。
white-mimiさんの動画は本当にたくさんこのブログでも使用させていただきました。
お茶の間さんはコメントでも私を支えてくださいました。
本当にありがとうございました。

Mansikkaさん、
2chの住人様とお知り合いになれたのは、
2ch読者の私にとって大きな出来事でした。
その上応援までしていただき、それはそれは心強かったです。
本当にありがとうございました。

ユミナさん、とゝこさん、ゆづきさん、purecreamさん。
共感することが多く、勝手に親近感を覚えていました。

このブログの左側の「お気に入りブログ」のブロガーさんには、
少なからずお世話になってきたし、今でも私のお気に入りのままです。

これからの皆さんのご活躍をお祈り申し上げます。

そしてやはり最後にもう一度、
こんな私を最後まで応援してくださった皆さん、
本当に、ありがとうございました。

皆さんも、どうかお元気で。

姿は見えなくなりますが、
これからも一緒に真央ちゃんを応援していきましょう!
そしてあの銀河点が抹消される日を、私はこれからも待ち続けます。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2014/08/13(水) 00:01:44|
  2. ごあいさつ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:1000

民族衣装がかわいくて。真央ちゃん、イチローの10年連続首位を阻止。違和感について。

真央ちゃん、一曲目はスマイル、二曲目はバラード1番(白い衣装で)だったのですね~

現地で観戦された方が動画をUPして下さってます。
動画主様、ありがとうございます<(_ _*)>”

なんというか…
スマイルは、よりリラックスしていて、
バラ1は、より迫力を感じました。

そしてやっぱりバラ1好きだな~、と思いました。
儚さも強さも両方出ている感じがします。

Mao Asada Almaty Show Denis Ten and Friends 29 05 2014 1st program


Mao Asada Almaty Show Denis Ten and Friends 29 05 2014 2nd program


20140529_DT " I'm kissing you"


白バラ…!
2014053010.jpg
2014053011.jpg

この民族衣装がかわいくて。
2014053004.jpg
2014053003.jpg
2014053001.jpg
2014053012.jpg
2014053009.jpg

スマイル。パンフレットもスマイルだったそうです。
2014053002.jpg
2014053016.jpg
2014053007.jpg

リハーサル風景。
真央ちゃんとコストナーさん楽しそう。
真央ちゃんの両脇はヤグディンさん&ランビさんのようです。

2014053008.jpg
2014053005.jpg

こんな楽しいパフォーマンスもあったようで(笑)
2014053015.jpg
2014053014.jpg

2014053006.jpg

そしてこれ、いつもの真央ちゃん人気を報道する記事ですが、
今回凄いと思ったのは、「9年連続1位だったイチロー選手を追い越しての」1位だということ。


日本のW杯決勝Tは62%=好きな選手1位は浅田-人気スポーツ調査
時事ドットコム 2014/05/30-15:47

 世論調査機関の中央調査社は30日、人気スポーツに関する全国調査結果を発表し、サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本が決勝トーナメントに進出すると予想した人は62.3%に上った。
 最も多かったのはベスト8の22.8%で、ベスト16は19.3%、ベスト4以上も20.2%。優勝も全チーム中5番目の2.8%。トップは開催国ブラジルの38.7%。日本の1次リーグ敗退は8.9%だった。
 最も好きなスポーツ選手では、フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)が初のトップ。9年連続1位だった米大リーグ、ヤンキースのイチローが2位、楽天からヤンキース入りした田中将大が3位。4位羽生結弦(ANA)、5位本田圭佑(ACミラン)。
 好きなプロスポーツは、プロ野球、プロサッカー、大相撲と続き、好きな力士で遠藤が白鵬に次ぐ2位に初登場した。
 調査は4月4日から14日まで、無作為に選んだ20歳以上の男女4000人を対象に個別面接で実施し、1233人から回答を得た。 (2014/05/30-15:47)



時事通信 2014/05/30-15:47
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2014053000647
中央調査社:http://www.crs.or.jp/ 詳細:http://www.crs.or.jp/data/pdf/sports14.pdf

1.最も好きなスポーツ選手
・ソチ冬季オリンピックで話題となったフィギュアスケートの「浅田真央」が、2006年のランクイン以来、初の1位となった。女性の人気は大差の1位、全年代で1位もしくは2位となっており、幅広い年代の女性からの人気が全体的な順位を押し上げていると考えられる。

・その他ソチオリンピック関連では、日本人男子フィギュアスケート初の金メダル「羽生結弦」が初登場で4位。フィギュア初の3大会連続出場の「高橋大輔」が 15位に再度ランクイン。

・野球の「イチロー」は僅差で2位となり、2005 年以降1位の連続記録が途絶えた。男性人気はなお大差の1位であるが、年代別では以前に比べ人気の低下がみられる。また、昨年の楽天日本一の立役者で、今季メジャーリーグに移籍した「田中将大」が3位に急上昇。その他野球関連では、「長嶋茂雄」が6位、「阿部慎之助」が7位、「松井秀喜」が 10位、
以下、「王貞治」「原辰徳」「ダルビッシュ有」がランクインしている。

・サッカーでは、今年ACミランに移籍した「本田圭佑」が5位。昨年5位の「香川真司」は7位。・男女別にみると、男性は「イチロー」「田中将大」など、10 人中7人が野球選手。女性には「浅田真央」「羽生結弦」「高橋大輔」のフィギュアスケート勢、テニスの「錦織圭」、ゴルフの「石川遼」が人気となっている。

質問:「プロ・アマ、現役・引退、国内・国外を問わず、あなたが好きなスポーツ選手を1人だけ、何の選手かもあわせてあげてください。」(自由回答)

■2014年・最も好きなスポーツ選手(上位15位)
順位 (883人)      選手
*1位 139人 15.7% 浅田真央(フィギュアスケート)
*2位 133人 15.1% イチロー(野球)
*3位 *77人 *8.7% 田中将大(野球)
*4位 *38人 *4.3% 羽生結弦(フィギュアスケート)
*5位 *35人 *4.0% 本田圭佑(サッカー)
*6位 *33人 *3.7% 長嶋茂雄(野球)
*7位 *18人 *2.0% 香川真司(サッカー)
*7位 *18人 *2.0% 阿部慎之助(野球)
*9位 *17人 *1.9% 錦織圭(テニス)
10位 *15人 *1.7% 石川遼(ゴルフ)
10位 *15人 *1.7% 松井秀喜(野球)
12位 *14人 *1.6% 王貞治(野球)
12位 *14人 *1.6% 原辰徳(野球)
14位 *13人 *1.5% ダルビッシュ有(野球)
15位 *11人 *1.2% 高橋大輔(フィギュアスケート)


真央ちゃんの人気は別格として、
羽生くんと大ちゃんって、そんなに差があるのかな…?



カザフショーの話だけでいい方はこの後スルーで。

安藤さん、フィギュアスケートの枠を飛び出して精力的に活動してますね。
先日は政府主催の「クールジャパン・ムーブメント推進会議」に参加した様子がustreamで配信されました。

フィギュアスケート関連でないものは触れてきませんでしたが、
今回その中でフィギュアスケートに関することが結構語られていたので、
ちょっと気になり、書き起こされたものを拾ってきました。

「3人代表がいるのに3人に同じスポットがあたらないっていうことはクールジャパンに繋がらない」
「その人1人にだけスポットをあてるのではなくて」

というくだり、ちょっと聞き捨てならないというか、
そもそもクールジャパンと何の関係があるのかと思ってしまいました。

「集団生活?右にならえを、同じことをちゃんとするっていうのは、
 日本の素晴らしいところだとは思うんですね。
 でもーそれが海外に出ると、あまり必要ではない」
「みんなと違うからいじめられたりとか(中略)まあ、日本の文化だと思うんですよ」
「日本ってちょっと違うこと言うと、スキャンダルになったりとかするので」

のあたりでは、安藤さんなりの海外から見た日本ということで、
言ってることはともかく、ここでする話だろうかと…

クールジャパンではなくて、ディスカウントジャパンになってる。
「日本のここを改善すればもっとよくなる」ということを話す場ではないんじゃないかと…

そんな違和感を感じたので、残します。
画像は拾ったものですが、え?こんな態度だったの?と驚いたので。
動画を見るともちろん普通に語っているのですが、確かにこういうシーンも。

もうわかるんですよ。
擁護コメントが入るのが。

一部だけを切り取って印象操作をしている。
それが浅田ファンの印象を悪くしているんですよ、と。

印象操作をしようなどと思って書いてるつもりはないのですが、
ただ見たときの違和感を残していく作業がこのブログの軌跡でもあるし。
結果的にKYさんと安藤さんには違和感を感じることが多いんです。

安藤さんの発言が素晴らしいと思った方は、それでいいと思います。
私はこう感じたというだけなので。

お借りした書き起こしも、
安藤さんの印象を下げるような注釈部分(○分の表情に注目)などは削除し、
なるべく発言部分だけを残したのですが、
多分それでも印象操作をしていると言われてしまうのでしょうね。

でも感じたことは残したいので…


CJムーブメント推進会議_ch1(ustream)

クールジャパン戦略会議書き起こし

3分間スピーチ

みなさんこんにちは。フィギュアスケーターの安藤美姫です。本日はよろしくお願いします。小さい頃からスケートの毎日でしたのでこのような場でスピーチさせていただくのも恐縮なのですが2020年に東京五輪が決まりましたのでスケーターの立場から自己紹介を兼ねて私なりの海外経験についてお話させていただきたいと思います。

 ノービスクラス、ジュニアクラスの大会は様々な国で開催される為にアメリカや中国といった一般的ななじみのある国だけなくヨーロッパの小さな国に多く行かせていただくことができました。そこで感じたのは、小さな子供が自分の国の文化や歴史が話が出来ること、10代の選手でもひとりのアスリートとして扱ってくれるので試合後のバンケットが開催されています。そこではドレスコードや他の国の文化と…出会うことと…触れ合うことを自然に学ぶことが出来ました。日本でもこのような機会が増え発信されるともっともっと子供の頃からの夢が膨らむのではないかなと感じています。試合での海外経験もですが、私は光栄なことで2回の五輪に…あー日本の国旗を背負って出場させていただきましたが、そこで感じたのは、オリンピアンに対する尊敬や敬意のはらわれ方です。私の口から申し上げるのはとても生意気なのですがやはり成績だけではなく出場する全ての選手に尊敬や敬意がはらわれちょっとしたお店の対応などがありました。国の国旗を背負って五輪に出てくれてありがとうという敬意がどんな場所でも払われていて、それが自国の選手に対してだけでなく参加しているどの国の選手にも払われていました。そのように各スポーツ選手に対する尊敬がありますと子どもたちもスポーツを極めようと言う環境になると思います。

 日本で開催される世界大会は時間がきちんと緊密に計画されています。そのてんは海外の選手からも評価されていますが、その反面融通が利かないのでその場での判断や対応を望む声もあります。やってみないと分からないかったり、卓上での判断できない場合での対応があったりできればいいのかと思います。しかし会場は清潔、バリアフリーなどの観点は凄く整備されているのは素晴らしいといわれています、ただまだ補助犬などの認知が薄く自然と共存出来る場が少ないと感じており、私もスケート…アイススケートのショーなどに介助犬を招待したりして少しでも身近な場所で触れてもらったり
認知度を上げてもらったり少しでもお手伝い出来ればと思っております。

 海外の選手から聞くのはやはり日本の歴史ある文化やすばらしい四季の景色や他の国にはない固有の文化芸術があふれているのはとても興味深いということです。しかしやはりどの国からも遅れているのが世界共通語になってきている英語に関してです。せっかく素晴らしい文化を持つ日本にきてもそれが伝わりにくく伝える環境が整ってないということです。来日してもタクシーや電車に乗るのは一苦労ですし、お店に入ろうとしても海外からのお客様は英語が通じないのでとても苦労されると言われます。私自信も最初から英語が堪能だったわけではありませんが、英語を学ぶことで海外の選手や地元の方とコミュニケーションがとれ日本のよいところを沢山発信出来るようになりました。英語が本当に日本でも空気のように当たり前にあるものとなると様々なもの基盤になると思います。以上で、スケートを通じて経験したことを踏まえ、感じたことをわた…私のスピーチとさせていただきます。

ch2の一部を動画キャプっているので一部抜粋

フィギュアの中だと今本当にーたとえば世界選手権五輪なんかは今凄く強いので3人ずつ出れるんですね、でも世界に発信するのもただひとりにしか注目が浴びない…あの集まらない…日本のTVとか見てれば多分わかると思うんですけれども、あの3人代表がいるのに3人に同じスポットがあたらないっていうことはクールジャパンに繋がらないと思うんですね。もうすでにその選手は海外でも認知があって凄く注目を浴びる選手なんですけどそれでは停滞してしまうと思いますし、今後のじゃあ…クールジャパンって言うマーケティングに繋がるかと言うともう終わってしまうと思うんです…はい…なのでーせっかくあの今もうフィギュア界だとジュニアでも注目してもらえる人気のスポーツになったのでただ注目するだけではなくて注目に応えるぐらいーやはりこう土台?言って見れば連盟だったりとかサポートしてくださるかた…その人1人にだけスポットをあてるのではなくて今後出てくるであろう…にもスポットを…しかも上手にあてないといけないと思うんですねとりあげてもーやはりその子の…こう…成長したいって言う気持ちを芽生えさせながら~あのーメディアで発信していく…もう何人も何人もJrの間に潰れてしまった選手っているので話題性だけで取上げて~それは今後の育成にも繋がらないと思いますし今回このような会議に出席させていただけてクールジャパンって…ああ…こういうスポーツでもクールジャパンの役に立てるんだと思ったのでそうやって考えると…んーもうちょっとこう~うまくメディアさんと選手…その前に協会の方が上手くこう組んだらもっと良い状態で育成にも繋がるとおもうんですね。という面では私ーが育ったノービスジュニア時代って言うのはTVも0、注目度も0って言う中で育ったので凄く私はメディアさん苦手なんですけどぉホホホホホwwwwでも…はい…なんですけどそういう環境で育ったので今があると思っています。でまぁその環境があってから注目された選手っていうのはもうメディアさんとの関係は慣れているのでそれを上手くーまぁできればいいなぁ~とは…思いますね。

安藤
「えーと、テーブルでも言ってたんですけど、クールジャパンの認知がまだ低いっていうところで、私もまだ若い世代なので、どちらかというと…で、スポーツの…ずっとスケートしかやってきてないのですいませんなんですけど、こういった…イヤイヤ…こういった…すいません…あのー、会議に出席させて頂いたことによって、私も、あ、クールジャパンって実は面白い?良い発信になるものなんだっていうのを、やっと分かったんですよね。はい…で、クールジャパンって本当に、なんか単純な意見で言い方悪いかも知れないんですけど、たぶん頭のお堅い感じの人は、凄く興味があると思うんですよ。経済に興味があったりとか、あのー環境問題に興味がある方とかっていうのは、凄く良いなって思って、こう見ると思うんですよね。でも、例えば私世代の特に、今の若い方にクールジャパンを広めようと思うと、ちょっととっつきにくいかなというのは、私の第一印象で…やっぱり、あの…まあ、うーん…うふふ(隣のシノラーがピンクのペンを持つと)私ピンク似合わない。んふふふ。でー、なので、あのー、そういった、まあソーシャルネットワークを利用するのは良いなっていうのは凄く話していていました。というのはツイッターだっりインスタグラム…インスタグラム…ツイッターはこう、呟きメインなんですけど、インスタグラムっていうのは、写真を投稿できて、それが世界に発信できるんですね。それってすごく良いなっと思って、それを利用してるのって、やっぱり若い世代の方が多いと思うんですよ。で、その若い世代の方の力を借りることによって、世界に簡単に、こうクールジャパンを発信できるっていうのが、すごく思って、そのクールジャパンっていうのを、どう広めていくかっていうところで…

安藤
「もっとこう、ま、さっき資料を色々見さしてもらって、正直すっごい詳しく書いてあるなって…凄く情報としては良いし、韓国に行くのも、こう観光に行きたいからそのサイトを見るわけじゃないですかでも、見た目がつまんないなって思ったのが正直…とっつきにくい!見にくい!字が多い・・・…もっとこうポップ・・・やっぱり日本て凄く、Jポップだってポップな国だと思うんですよ若い子のファッションも凄く…なんか独創的になって世界からもファッションとしても注目されていたりとか。なんで、もうちょとこう若い世代でも、あ、これ面白そうって思って見たら、実はこう、環境だったり、世界に発信するサイトだったんだっていう発想も、良いのかな・・・と思いました」

「日本って、凄く良いところで言うと、小さい頃から右にならえ?集団生活?右にならえを、同じことをちゃんとするっていうのは、日本の素晴らしいところだとは思うですね。でもーそれが海外に出ると、あまり必要ではないというか、自分の意見をきちんともってまあ、とにかく、あのー、びっくりしたのが、6歳7歳8歳くらいの小さい、まあスケーターなんですけど先生と対等に話している?自分の意見をきちんと持って、あの、先生ときちんとお話できる。日本って、先生に言われたらそれをやる?でも自分のこの独創的な考えっていうのが、たぶん同じ年齢、6歳7歳の海外の子と比べると、あまり、こう出てこないと思うんですよ。意見と言いますか、自分のカラーと言いますか。でー、日本って今たぶん問題になってるのは、いじめ?すごく問題に・・なっている・・とすごく聞くんですね…。

安藤
「で、それってみんなと違うからいじめられたりとか、みんなと、こう違った意見だからいじめられるとか、そういったちっちゃいことで、その仲間外れになってしまったりとかすると思うんですね。それって必要なのに、そのー違うからと言って仲間外れになってしまうっていうその、まあ、日本の文化だと思うんですよ。会社でも、なんか自分はちょっと違うけど、まあ、みんながこういう意見だからこっちに行こうかとか絶対に多いと思うんですよね。で・・・なんか町歩いてても、なんか、なんなのあの人っていう目で見る方って凄く日本って、たまに日本に帰ってくると、あ、こういう風に見られるんだ、自分もすごくそういった経験をしたので、なんかそれって凄く寂しいし、それをしてしまうと、やっぱりクールジャパンっていうのは、どうなのかなとは思います。すごくそれは思います」

海外の方ってほんとに私生活は私生活で何にも関係ないのでなんか、変な風に言われなかったりとか、そこはそこで、もう個人の、こう生活の中だったりまあスケーターもそうですけど、そっとしておく?で、触らない?あまり言わない?だからこそ、こう、なんか色んな、まあ良いところが、ポンポンポンポン、なんかあると思うんですよね。凄く経験したのは。日本ってちょっと違うこと言うと、スキャンダルになったりとか、するので、ま、そういったところを、改善すると、もっともっとこう、クールジャパンでみんなが意見を言いやすくなると思いますし、
さっきのこれもそうですけど、あの、ま、どういうふうにこう、まず日本にクールジャパンっていうこの活動だったりとかを広めないといけないよねってテーブルで言ってたんですけど、あのー、子供たちでもクールジャパンを考えられるぐらい面白いもの?にしたら良いんじゃないかなというのは凄く思ったんです」

安藤
「で、あの子供たちの目線って、やっぱり私たち大人とは全然違う目線でなんかー感じるものとかも凄く繊細なので、そういった子供たちが例えば、その、さっきもチャンネルの話ですけど、サイトを作って海外に発信するとか、そういう、それぐらい、こうほんとに、年齢関係なく、立場関係なく?日本を、こう全面的に、やっていけたら良いのかなと」

安藤「言うこと忘れちゃった」
シノラー「思い出して」
安藤「なんだっけ」シノラー「知りません」
安藤「良いアイデアだったんだけど」

安藤
「あ、そうだ!グーグルってあるじゃないですか。グーグルって月に、月ごとにデザイン変わるんですよね、あれ。あれだけで可愛くないですか?」
一同笑う、安藤真顔
安藤「で、なんかコンピューターとかが凄い苦手なんで自分。そうすると、なんか…コンピューターに苦手な方とかやっぱいると思うんですよ。なんか…私すごく字が苦手で、なんかこれ、とっつきにくいなってほんとに第一印象。なんか、観てて、やっぱり楽しい方が私は好きで、これはクールなんですけど何?って感じ。私はですけど」

安藤
「さっき言ってたのは、まだ遠いですけど、2020年にオリンピックがあるじゃないですか。オリンピックってやっぱり世界的イベントだと思うし、それまでに、ちょっとでも何かこう、やっていけたら、絶対世界にまた発信できると思うんですよ。で、オリンピックって日本人って、もう試合試合っていうイメージですけど海外では祭典?お祭り?バンクーバーなんか、もう毎日のように花火が上がって、毎日のようにバーガー24時間開いててとか、でー、ソチもそうでしたけどトリノのもそうですけど、もうお祭り騒ぎ、なんですよね。だから、そういった意味で、例えば、んー日本だとやっぱり、お着物だったりとか歌舞伎もそうですけど、若い子あんまり見ないじゃないですか歌舞伎とかそれを、こう海外の人は求めている。逆に。傾向として。着物とか、お寺とか神社とか、近代社会ではなくて、日本のその古い古い文化、古民家だったり。やっぱり渋谷、若い子は渋谷とか原宿面白いって言うんですけど、観光に来る人ってみんな京都だったりとか、あのー(ここで「あと残り5分とアナウンス…隣の男性が目配せで頷く)安藤は無視。まあ、なんていうんですか、浅草とか、そういった方が日本っていう感じがやっぱあるんですよね。で、私もですけど、今、震災あったじゃないですか、で、お着物とかってやっぱ、お爺ちゃんお婆ちゃんとかって持ってると思うんですよね。で、その方たちが、お着物を、まあ使えるようなお着物を、あのーポーチにしたりとか。(シノラー「ワタシしてるよ」)…だから、その若い子でも日本のちょっとこう歴史を感じるようなものを身に着けるようになれば、もうちょっとこう、もっともっとこう分かりやすいのかなと、自分も凄い、で、それって復興にもなると思うんですよ」

「そういう人たちが本当にたくさんいらっしゃるので、あの、ご家族亡くされて年配の方でも、お仕事ないじゃないですか?でもちょっと団体があって、女性…まあ、それは女性を応援するっていうことでお着物だったり、そういったもので、縫い物得意じゃないですか?全部ハンドメイドで、本当にこう持ってて凄く安心するんですよ。それを、それも発信していけば、復興にもなるし、着物もこういう風に変身するんだっていうふうになると思うんですよ。もうそれクールジャパンだと思うんですよ。着物だけじゃなくて。(男性「それって着物×復興っってことだよね?」)はい…これもそうですけど、スヌーピーってアメリカのキャラクターじゃないですかだけど夢とか…漢字って凄い外国の人、みんなタトゥーとか入れてるんですよ、意味もなく。でもかっこいい、とか、やっぱりローマ字とは違う?っていう意味で漢字となんかこう、まあ、スヌーピーだったり、キティーちゃんとかもたぶんクールジャパンになると思うんですよね。そういうもので、もっとこう、とっつきやすい?もう若い…こう・・・絶対ソーシャルネットワークで広めるのが絶対早いと思うんですよ。私は。インターネットどうのこうのじゃなく、もうツイッターだったりとか、そういったものって絶対もう世界に繋がるものがあるんで、・・・」

「たぶん、みなさん、ファンの人とかいると思うんですよ、変な話。芸能界なんて、本当に超多い。で、まず、その例えばクールジャパンっていうものを作っちゃうとして、私たちがソーシャルネットワークで発信すると、私たちのファンがまず見るじゃないですか?それでも、すごく多いと思うんですよ。で、なんかすごく感じたのは、私あの、介助犬だったりとかその復興で、の支援とかやらしてもらっていて、そっから、あ、こういう人たちもいるんだって気付いてくれる人が一人でも絶対に増えるんですよ。それ私は凄く経験しているので、それでどんどんどんどん輪が広まれば、良いんじゃないかなと・・思います。私の例えば仲間だったりとかすると、例えば高橋選手だったり織田選手だったり、そうするとそこの、その高橋選手、織田選手、ああ、こんなことやってるんだって、またそのファンの人が増えるじゃないですか」

グループ討論、ほぼ安藤の話で終了。
その後、最後に会の締めとして安藤が代表で起立でコメント。
安藤
「そうですね、なんか、あの、若い人たちに、もっと日本の素晴らしいところを知っていただいた方がたぶん広がりが早いと思うんですね。というのは、今の社会って、たぶんソーシャルネットワークが凄く盛んで、それって世界…ツイッターとインスタグラムが、たぶん主だと思うんですけれども、それって本当に早くて、広まるのがで、私たちのこの立場を利用して、たぶん篠原さんとかのファンの方とか凄く多いんですよね。で、仲間内でもシェアしていくと、どんどんどんどん人の輪って広がって行くんだなっていうのを自分が凄く今まで活動して、色んな活動させていただいて感じたことなので、なんかこう、ツイッターだったりそのインスタグラムでクールジャパンというものを一つ作ってシェアすることによって、たぶん認知は凄くほんとに劇的に上がるなと思いました。そして、なんかそれが、こう子供たちにも身近に感じることによって、こう大人とは違う視点で日本の良いところをどんどんどんどん引き出せるのかなとも思いましたし、それが面白さにも繋がったりもするのかなと思いました。でー、それをすることによって、たぶん日本の方、まあ日本人の良いところなんですけど、集団行動じゃないですか、日本って。右にならえだったりとか、目上の方の意見は絶対だとか、それって海外だとけっこう逆でもう、ちっちゃい子が大人の人と対等に意見交換して物作りをしたりとか、子供扱いではなくて、子供の意見として取り入れるっていうのを凄く素敵だなと私は海外生活をしていて思ったので、それをすることによって、あのシャイな日本人のこう心が解き放たれるんじゃないかなって思って、それによって、あの、自分は自分で、国際的な日本人だって、もしかしてそこに繋がるのかも知れないですし、で、まあ、2020年で東京オリンピックが開催されるので、あのほんとに、世界の注目が日本に一気に集まると思うんですね。で、そこまでに何かクールジャパンの良さを、こう、どんどんどんどん表に出すと、もしかしたら、こう東京オリンピックに、あの面白いと気づいて、来てくれる人も多いかなと思いました」

安藤
「で、もう一つは、私、石巻だったりとか、ちょっと復興支援のお手伝いをさせて頂いていて、あの、女性をこうサポートする団体があるんですけど、まあ、着なくなってしまった着物だったり古着でポーチを作ってらっしゃる方がいらっしゃるんですね。で、その日本のこう、何か身に着けることによって、クールジャパン、ま、日本ってクールなんだなって若い子でも気づける?プラス、復興支援にも繋がるので、そういった活動もどんどんどんどん表に出していったら、日本って本当に、こう、足の先から頭のてっぺんまで素晴らしいなって表現できるのではないかなと思います」

以上

「クールジャパンは経済や環境問題に興味のある頭のお堅い感じの人が良いなと思って見るもの」
「韓国に観光に行くときのサイトはポップなものが良い。Jポップみたいに」
「ツイッターやインスタ使ってファンや著名な仲間を利用すれば、クールジャパンなんてすぐ広められる」
「日本は集団生活で右に倣えで、仲間外れとかあるからクールジャパンっていうのはどうなのかな」
「海外は大人も子供も対等に意見を言い合える関係で、日本はそれを見習えばクールジャパン」
「グーグルの月ごとに変わるデザインは可愛くてクールジャパン」
「字の多いサイトはクールだけど“だから何?″って感じ」
「海外のオリンピックは祭典で地元の人はオリンピアンを尊敬してるからクール」
「日本は歌舞伎とかお着物とか神社とか漢字が好きだけど日本の若者は興味ないからクールじゃない」
「例えばクールジャパンっていうものを作っちゃうとして」
「日本って違うこと言うと、スキャンダルになったりとかするので、そこを改善するとクールジャパン」
「復興でお着物をポーチにしたりってクールジャパンだと思うんですよ」

daddycool2.jpg
daddycool3.jpg

miki_m_ando
昨日、日本文化を海外に発信するクールジャパン戦略を話し合う有識者会議「CJムーブメント推進会議」にゲストスピーカーとして出席させて頂きました。 とても興味深く、自分自身もいろいろと日本の良さや魅力を発見し海外へ発信できる素敵な機会だと感じました。 皆さんも是非クールジャパンの存在を身近に感じ見てみて下さい。 お写真はご一緒させて頂いた篠原ともえさん♡ 本当に素敵な方でした。クールジャパンのTwitterはhttps://mobile.twitter.com/naikakucjmになります。 #cooljapan #クールジャパン

miki_m_ando
Yesterday I went to meeting for "COOL JAPAN" as a guest speaker. "COOL JAPAN" is to see and find and send to around the world about charm of Japan!!! If you have interesting, please see what is "COOL JAPAN"!!!!!

2014053017.jpg


ごきげんようの書き起こしも、ほんの一部でしたがありました。
ほんの一部ですが、「スケートの人じゃなくてショーを見てもらいたい」という部分だけで充分です。


ごきげんようの安藤
「実は私人前に出るのが苦手です
人前に出て話したりするのが~今はもう緊張しないですけど
小さい頃の演劇でも村人を立候補しました
スケートは競技だと思って慣れてたんですけど
アイスショーは大嫌いで。高校生くらいまではトラウマで
今は慣れて見ていただいて幸せですけど
私実はテレビでスケートがあんまり取り上げられなかったり
ショーに客が入らなかった時代の子なんです
今のジュニアの子とかは取り上げられてもらって慣れてるかもしれないけど~


安藤
「この先アイスショーの出演が多くて
スケートの人じゃなくてショーを見てもらいたいんです
もっとスケートを広めたい」」
ケンコバ
「先ほどアイスショー嫌いだって言ってましたけどw」
安藤
「でも今は好きになって幸せなので~ショーの出演、詳しくはFBとか公式でチェックしてください」          


クールジャパンの席でもごきげんようでも、
安藤さんが一貫して主張するのは、「一人に注目しないでほしい」ということ。

なんとなく…ああ、そうなのねと感じました。

安藤さんファンの方には申し訳ないのですが、
私は安藤さんのことを書くと気が滅入ってしまうのです。
自分自身後味が悪いというか。

違和感をブログに残すという作業も、
なんだかなぁ…と感じ始めてる(というより以前から)今日この頃です。

真央ちゃんが好きでブログを始めたわけでもなく、
フィギュアスケートが好きで始めたわけでもなく、
普通に生活していて感じた違和感がまずKYさん。
そこからお隣の国についても知ることになり…
そして安藤さんにも感じるようになってしまった。

もちろん安藤さんを嫌いでブログを始めたわけではない。
選手同士やファン同士の対立を起こしたいわけでは、あるはずがない。

私は何がしたいのだろうか。

KYさんについては、ただ不正があるのであれば許せないという気持ちがあるのははっきりしている。
でもそれ以外は、知れば知るほど気が滅入ってしまう感じがあります。

一個人として感じたことを書いただけで、
多くの人の目に触れるので、反対意見があるのも当然。
そしてそれをいちいち気にして勝手に落ち込むのも嫌だ。

じゃあ何も書くなと言われればそれまでですが(;^_^A 

嫌いで結構と書いた日もあったのに、
今日は今日で反論が来る前に既に憂鬱になっていたり。
自分でも何やってるんだろうと思います。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2014/05/31(土) 00:54:34|
  2. ごあいさつ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:96

韓国が真似をした?かもしれないKY特集サイト、ほか。りいさんへ。

■韓国が真似をした?かもしれないKY特集サイト

朝日新聞の「浅田真央 ラストダンス」という特集を覚えてますか?
浅田真央 ラストダンス(朝日新聞)

真央ちゃんのフィギュアスケート人生を、
美しい画像と解説でまとめた特集でした。
(昨日批判した朝日ですが、このサイトはGJでした)

韓国がそのサイトを意識したのかわかりませんが、
似たようなサイトができていました。
http://sports.news.naver.com/yuna/adios-gracias.nhn

KYさんのフィギュアスケート人生が、
画像と解説でまとめられています。

「意識した?」と書いたのは、
サイトの作りがよく似ているからです。

バックに画像を固定させ、スクロールするうちに画像が変わっていく。
画像の上で文章を読ませるところも同じ。

ちなみにこんな感じです。

浅田真央 ラストダンス(朝日新聞)
2014050824.jpg2014050823.jpg

http://sports.news.naver.com/yuna/adios-gracias.nhn
2014050820.jpg2014050821.jpg

真央ちゃんは幼少期から、KYさんはジュニア時代から、
それぞれの歩んできた道が綴られてます。

対照的だったのは、ライバルの登場回数。

以下にライバルが登場した段落のみ抜粋してみたのですが、
(かなり長い特集で、実際には抜粋したものの10倍以上はあると思います)

日本のサイトでは記事の中に「キム・ヨナ」という名前は1回しか出てこないのに、
韓国のサイトでは「浅田真央(または浅田)」が13回も出てきます。


浅田真央 ラストダンス(朝日新聞)より
「キム・ヨナ」という名前が登場する部分のみ抜粋

『初めて出場したバンクーバー五輪。ジュニア時代からライバル視された金姸児(キム・ヨナ、韓国)との対決に注目が集まった。フリーでは、トリプルアクセルを2度成功させた。一方、それ以外のジャンプで2度の失敗があった。結果は銀メダル。』



http://sports.news.naver.com/yuna/adios-gracias.nhnより
「浅田真央」という名前が登場する部分のみ抜粋

『2006年にはキム·ヨナに意味を持った年だった。ジュニアチャンピオンに登板したシニアグランプリファイナルで優勝を占めた。特に、 2006年3月スロバキアで開かれた世界ジュニア選手権では、当時1人だった浅田真央(日本)を追い抜く快挙を上げた。

王者である浅田真央はキム·ヨナの勢いに揺れた。最初の課題であるトリプルアクセルをシングルで処理し、残りのジャンプも揺れた。結局、最終的なスコア153.35点にとどまった。キム·ヨナはなんと24.01点差で圧倒的な優勝を占めた。』

当時、シニア舞台はキム·ヨナよりも1年早くデビューした浅田真央と2006年の世界選手権優勝者であるキミ·マイズナー(米国)。サラマイヤー(スイス)、安藤美姫(日本)が控えていた。キム·ヨナは初出場したシニアグランプリ大会「スケートカナダ」で銅メダルを獲得した。そして、フランスの'エリックポンパル'で頂上に上がった。』

『「キングオブキング戦'であるグランプリファイナルを使用して、キム·ヨナは、自分の名前三者を世界に発表する。 2006年グランプリファイナルは12月にロシアのサンクトペテルブルクで開かれた。キム·ヨナはこの大会で184.20点を受けた。 172.52点を記録した浅田を大きなスコア差で抜いて金メダルを首にかけた。

『世界チャンピオンに登板のために必要な訓練をきちんと消化できなかった。期待半分、心配半分を抱えた状態で、キム·ヨナは2007年の世界選手権大会が開催される、日本の東京に出発した。当時、日本は浅田真央の最初のシニアの世界選手権優勝に大きな期待をかけていた。浅田の強力な敵でキム·ヨナを挙げたが、怪我が完治していなかったという点に注目した。

『キム·ヨナはトリプルルッツの部分でミスをしたが、 65.94点で1位に上がった。国内ファンたちにグランプリファイナル3連覇とは大きな贈り物をプレゼントしているように見えた。しかし、フリーで浅田真央に逆転を許し、銀メダルを首にかけた。競技を終えたキム·ヨナは結果を淡々と受け入れ、 2009年の世界選手権を準備すると明らかにした。』

『ウィルソンの選択は、常にヒットしてきた。初めてキム·ヨナの新しいプログラムが発表された時は賛否両論も起こった。しかし、これらの懸念は、シーズン最初の大会であるグランプリシリーズエリックボンパール」で崩れる。この大会でキム·ヨナはフリースケート歴代最高点である133.95点を受けた。総点210.03点でLA世界選手権で受けた最高得点( 207.71 )を塗り替えた。 2位の浅田真央( 173.99 )との点数差はなんと36.04点だった。シーズン最初の大会で気持ちよく機先を制した。』

『女子シングルショートプログラムが開かれた日、キム·ヨナは78.50点を受けて1位に上がった。先に演技をした浅田真央は73.78点を受け、勢いていた状態だった。しかしキム·ヨナはショートプログラム最高のスコアを再塗り替えた。一人でショート最高のスコアを5回塗り替えた瞬間だった』

『フリースケーティングでクリーンに挑戦したが、残念ながらいくつかのミスが出た。ショートでミスをしたトリプルルッツ+トリプルトーループはきれいに決めシキョトジがトリプルサルコウに次ぐダブルトウループを実行していなかった。続いトリプルフリップもポップで処理した。半人大会はの外の伏兵が登場した。安藤美姫( 27 、日本)は、2010年のバンクーバー五輪以来、最高の全盛期を謳歌していた。特に2010 〜 2011年シーズンのグランプリファイナルと4大陸選手権優勝した浅田を抜いて日本のエースに浮上した。

『当時、海外メディアはキム·ヨナの優勝を有力に占った。いくつかのいくつかのメディアは、長い空白が懸念となると指摘した。キム·ヨナが出場しなかった2012フランスニースの世界選手権では、ライナ·コスナーが上に上がった。 2012 〜 2013シーズンは、しばらくの間、浅田真央が復活の伸びをしていた。しかしキム·ヨナはまだ最高で対戦相手がいなかった。』

『フィギュア個展が開かれる前に行われた団体戦で「ダークホース」が誕生した。ロシアの女子シングルのユリアリーフニッツカヤ( 16 )がショートプログラムとフリースケーティングで高得点を挙げ、ロシアに金メダルをもたらした。世界各国のメディアは浅田真央ではなく、リーフニッツカヤはキム·ヨナの最大の挑戦になると展望した。特にオリンピックがホームで行われる点がロシアの選手たちに有利であると分析した。』

『キム·ヨナは競技的な部分はもちろん、心的な準備まですべて終えた状態であった。キム·ヨナが高く評価されなければならない理由でする「起伏」がなかったという点だ。浅田はもちろんカロライナコストナーもギザギザの試合を見せてジェットコースターに乗ったことが多かった。しかしキム·ヨナは、これらとは次元が他の選手だった。どのような状況に置かれても、いつも揺れない精神力を見せて着実に良い成績を上げた。』


どんだけ日本を意識しているんだか。

仮にKYさんが世界一だとして、
単に「世界一」と書くよりも、

「浅田真央に勝って世界一」
「日本に勝って世界一」

と書くことが、韓国にとっては重要なのでしょうね。



■日本選手たちとはよく遊ぶのに…焦る韓国のファンたち

日本のアイスショーに来た海外の選手たちは、
いつもたくさんの画像をツイッターに上げてくれます。

ところが、KYショーで韓国を訪れた選手たちは、
あまり画像を上げないみたいです。

招待選手たちがなかなかツイッターに画像を上げないことに、
韓国ファンはしびれを切らして掲示板にこんなことを書いていたそうです。

文脈からすると、「トクパブ」というのが写真のことだと思われます。


題 目 デニステン ヨンと写真撮って遊びたいはずなのにとったか
日本子供たちとはゾンナ面白くよく遊ぶようだが
インスターに上がってこないから..

題 目 皆寝るか? なぜトクパブ無いのか┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬          
sns選手達 何をしているのですか┬┬┬

題 目 明日トクパプ期待する 
今まででトクパプはポルロソジャ&マクシムが上げたね
sns選手たちよ奮発しなさい

題 目 デニステン生きてはいるようなんだけど。。
なぜトクパプを上げないのか
柔懦と一緒に写された写真リトゥウィッは一つしたが。
(グレイシ ゴールド ファンのような子が上げたもの)
はやく君がとったものを上げろという話だ!!!
○○真心トクパプどうしてこんなにさく烈しないのか┬┬┬
ソートがヨル幅すること見たいだが

題 目 ヤンハンがは....インスタにいくつかの写真上げろ。
ウェイボでなく... 特にユナの写真。


最後のほう…脅迫になってますね(苦笑)

そしてついにデニス・テンくんが画像をUP。
すると韓国メディアはすかさず報じました。


キム·ヨナ·デニムステン顔突き合わせて親しく認証ショット'兄妹だね」
インターネット韓国日報(韓国語)2014-05-06 20:07

デニムステンがキム·ヨナとの認証ショットを公開した。

6日デニムステンは自分のインスタグラムを使ってキム·ヨナと撮った写真を公開した。デニムステンは「この写真を待ち焦がれたことを知っている」とし、「クイーン(キム·ヨナ) 、キング(アレクセイ·ヤグディン) 、セルフカメラキング(デニーステン) 」と説明して人目を引いた。

写真の中キム·ヨナはアレクセイ·ヤグディンとデニムステンの間で顔を合わせて親しい姿でカメラを見つめている。二人の男の間で特にキム·ヨナの小さな顔の大きさが目立つ。

一方、キム·ヨナはこの日、ソウルオリンピック公園体操競技場特設アイスリンクで開かれるキム·ヨナのアイスショー「サムスンギャラクシー★スマートエアコンオールザットスケート2014 」公演の主人公に上がったデニムステンまた舞台を飾った。公演は午後5時50分頃からSBSを通じて中継された。

この日の公演でキム·ヨナは新しいガラプログラム「トゥーランドット - 王女は眠れなくて( Nessun Dorma ) 」と五輪シーズンのショートプログラム「道化師を送信中央( Send in the Clowns ) 」を披露した。

放送を接したネチズンたちは"キム·ヨナもきれい"、 "訳もなくフィギュアの女王ではないキム·ヨナちゃん"、 "アイスショーとてもおもしろく見た" 、 "デニス天童温かい"、 "キム·ヨナきれい」、「キム·ヨナの顔小って」、「キム·ヨナ永遠に大韓民国のフィギュアクイーンだ」、「キム·ヨナよ永遠なれ」など多様な反応を見せた。

2014050620032440_1_rstarpjy_59_20140506201702.jpg
写真:デニムステンインスタグラム


招待選手がツイッターに画像を上げただけでニュースになるとか…
どれだけツーショット画像に飢えているんでしょうね。



■韓国KBSアナの不可解な行動

韓国のテレビ局にKBSというのがあるんですが、
そのアナウンサーと思われる人物の不思議な行動。

その人物がKBSアナウンサーであることを証明するために、
まずは安藤さんのインスタから。

明日から韓国のアイスショーに出演するということですね。


安藤美姫インスタグラムより
Yaaaay;D I am in Korea for Bolshoi ice show!!!!! So happy to be here and really exciting to skate!!! I'll skate tomorrow and 10th, 11th:))) if you have time please come to see the show;)))<333 love <3
ボルショイ アイス ショーに9日、10日、11日と出演させて頂きます!!! 久しぶりの韓国皆さんに会えるのを楽しみに♡ 是非日本の皆様もいらして下さい(^◇^)♡
10354546_271721159667453_1453713891_n.jpg


安藤さんの来韓を受けてか、
こんな記事も出ていました。
(イ・チュンミン記者です…)


「傷の共有'キム·ヨナ - 安藤美姫...引退後、さらに期待
デイリーのスポーツ(韓国語)2014-05-08 14:58

哺乳瓶ドアの娘ひまわりの前の安藤美姫( 27 、日本)は、限りなく弱い母親だ。

「魂の支え」デービッド·ウィルソン振付け師(49 ·カナダ)の隣でキム·ヨナ( 24 )また、弱い少女であるだけだ。このようにキム·ヨナと安藤美姫は、共通点が多い。見かけは冷たいイメージが、知ってみると熱く弱い心情を持っている。

キム·ヨナは去る2011年、日本の福島の大地震被害の子供たちを支援するために、その年の世界選手権大会準優勝の賞金全額を寄付している。安藤美姫も先月26日、 KBS側に年月号の犠牲者を哀悼する手書きの手紙と一緒に1000ドル(約104万円)を寄託した。

額が重要ではない。お互いの傷を撫でられている感情が重要である。近所の悲しみに「いきなり「熱い涙をこぼし出すキム·ヨナと安藤美姫の性格が全くきれいだ。それにもキム·ヨナと安藤美姫は、故国のファンから酷い扱いを受けたことが何度かある。

キム·ヨナは現役期間適切に保護されなかった。 2010年バンクーバー冬季オリンピック以来、選手生活をしばらくたたんでCF活動に出ると、金儲けに執着するとし激しく追い詰めた。さらに、キム·ヨナの学校生活までまな板に上げて論議がおきることもした。

2014ソチ冬季オリンピック直後のアイスホッケー代表のキム·ウォンジュン( 30 )と熱愛事実が知られた。しかし、噂は回り回って、すでに婚約もしたかのように拡大解釈された。不適切な噂円悪性コメントさえ続いた。お互いに好感を感じて知っていく段階なのに出身や家の財力を置き、周りからどうのこうのすること自体が適切ではない。

安藤美姫も昨年シングルマザー出産告白した後、日本の世論の叱咤を受けた。シングルマザーになるまでの過程は容易ではなかった。信じていた家族さえ極力乾燥した。しかし、安藤美姫は、熟慮終わりに出産を決心した。

安藤美姫は、 「娘と別れたくなかった。周囲から反対したが、熱心に説得した末に子供が「生命」を得た。フィギュアと子供の両方抱きしめたい」と涙を盗んだ。

それでも、日本人は小言を吐き出した。 「恋愛はいい。ところが「ソチオリンピック」の前置いた場合、避妊は基本的ではない」と語気を高め、 「私生活の管理もできないし、オリンピック欲を持つことは矛盾である。安藤美姫の胸に日の丸をつけて与えてはならない」と非難した。

そんな安藤美姫を「隣国」韓国ファンたちは物悲しく眺める。浅田真央が安藤美姫境遇だったら、状況は変わっていた可能性が高い。

韓国ファンたちが'孤独'安藤美姫に勇気を引き立ててくれる方法は熱烈な応援だけだ。昨年末、安藤美姫とが一緒に出場したクロアチアの「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」の大会では、韓国のおばさんファンたちが安藤美姫を応援した

これらは日本語で"ひまわり岡アサン!安藤美姫ちゃんガンバレ! (ひまわりママの安藤美姫ちゃん、強硬に耐えなさい! ) 」と叫んだ。安藤美姫の熱演が終わると、一同起立して口笛を吹いたり、歓声を爆発させた。さらに席を蹴飛ばして立ち上がっ砲丸投げ投げるように体を回転して渡米前にどっしりとした人形を送った。

一方、日本のおばさんファンは意外に落ち着いた。安藤美姫の演技が終わると、座った姿勢で手を叩いたり、コソコソフェンスに歩いて花束をそっと下に置いただけだ。

日韓応援文化感情の違いでも見ることができますが、明らかに韓国のファンが安藤美姫を本気で応援した。安藤美姫も韓国ファンたちの心からの愛情を感じたのだろうか。 「第3国(クロアチア) 」大会で、日本語もクロア層でもなく、韓国語でずっと "ありがとうございます、ありがとうございます」と述べた。

キム·ヨナと安藤美姫、 2000年代を牛耳った日韓フィギュア巨匠は、今公式に引退を宣言し、歴史の中に消えた。しかし、二人の情熱は消えない。引退後も愛されるスターになるのは確実である。これまで見せてくれた彼らの性格がすべてを物語っている。

デイリーのスポーツ=イチュンミン客員記者

news_1399516717_436435_m_1_59_20140508214803.png
現役生活を終えて、第2のフィギュア人生を準備中の
安藤美姫(左)とキム·ヨナ。 ⓒ安藤美姫インスタグラム



KBSのKY特集番組にも安藤さんは登場したそうです。
このKBSアナウンサーの姿を覚えておいてください。

2014050826.jpg
2014050828.jpg

同じKBSアナウンサーが、
ラジオノワちゃんにKYさんの粗品(ロマンソンの時計)をプレゼントしたんだそうです。

http://gall.dcinside.com/board/view/?id=figureskating&no=2254891&page=1より
web_3420636685_0b7f9fe5_image.jpg
web_3420636685_43b49cef_image.jpg
web_3420636685_db7ac067_image.jpg
web_3420636685_876750a1_image.jpg

某所複数スレッドでもいろいろ推測されてますが、
結局誰も、どういう経緯でKBSアナウンサーがラジオノワちゃんに贈り物をしたのか、
わからないという状況のようです。

なんか…ラジオノワちゃん、
KYさんの時計をもらって困惑している感じがしませんか?(特に下から2枚目)



最後に…

先日、二週間ほど更新をやめて復活したところですが、
まだ皆さんにお礼も言えてなくて申し訳ありません。

復活できたのは、もちろん、
こんなブログでも読んでくださる方がいるなら…
という思いが一番大きな原動力となっていることは確かです。

会ったこともない、どこの馬の骨かもわからない相手に、
あんなに温かいメッセージを残せる皆さま…優しすぎます。

また、ん…?と首を傾げるコメントが入ったときも、
私に代わって冷静な対応をしていただき、本当に嬉しかったです。

コメント欄は、私ではなく、そこにいる皆さんが、
そうやって秩序を守り、相手を傷つけないように、荒れないように言葉を選び、
良い雰囲気を作ってくださってるんだなぁ、としみじみ思いました。

ほんとうにいつも、ありがとうございます<(_ _*)>”

…と書いたものの。

実は今日もちょっと「ん?」と感じたことがありました。

ふわさん、突然で驚かれると思いますが、
コメントを一部お借りしますね。


ふわさんのコメント(一部)

最後に、キム・ヨナさん八年間韓国のためにお疲れ様でした。現役引退おめでとう!         
本人が一番、安堵していそう。
ただ、国と密接な関係は断ち切れない。
今後の人生もすべて韓国に捧げる事になるでしょうね。
何だかんだ、キム・ヨナの今後が気になってしまう…(ρω`;)


このふわさんのコメント、
私はうなずきながら拝見してました。
そうなんだよね~、と共感しながら。

というのも、
フィギュアスケートの何かがおかしいと思い始めた頃、
ひとつのヒントを与えてくれたのがこの某所の書き込みだったし、

韓国の買収事例、キムヨナと審判・スケ連の癒着記事を集めました。より

577 名前:氷上の名無しさん@実況厳禁[] 投稿日:2009/10/27(火) 20:51:27 ID:sYtR6duX0
ちょっと長くなるがおまえらにいいこと教えてやるよw

韓国はバンクーバーでどうしてもキムヨナさんの金メダルが欲しい理由があるんだよ
どんな手を使っても、な。

なぜそこまでして欲しいかと言うと、
それは平昌に冬季オリンピックを招致するためだ。


韓国は今、是が非でもでも平昌で冬季オリンピックを誘致しようとしている。
平昌は前々回はバンクーバーに敗れ、前回は当選確実と言われてたのにソチに敗れ、
次の冬季オリンピック選考会では是が非でも当選を勝ち取って、
過去2回分の選考会(とロビー活動)にかけたとんでもなく莫大な金を回収しなきゃならんのよ。      
(ちなみに平昌が次も冬季オリンピック選考会に出馬するのは決まってる)

次回三度目の正直で誘致に成功できなければ、
首をくくらなきゃいけない政治家や企業の経営者が出てくるという噂もある。
それくらい次の五輪誘致大会は韓国にとって負けられない闘いで、かけた金は莫大だ。

前回、前々回の誘致合戦で韓国が負けた理由の一つと言われていたのが、
「顔」の不在。

冬季オリンピック誘致に当たって、韓国にはこの間のリオのペレのような「顔」がいなかった。
そこで韓国は国を挙げて「顔」を作り出すことにしたんだよ。

冬季オリンピック競技の華、フィギュアスケートの圧倒的金メダリスト、
世界最高得点の圧倒的女王、

こんな選手がいたら誘致の「顔」にぴったりだろ?

そりゃあ「顔」を作り出すためなら、「顔」に箔をつけるためなら、
どんな手でも使うし、表でも裏でも莫大な金を使うだろ。
しょせんスポーツ同士の八百長止まりだったソルトレイクなんかと、今回はワケが違う。

韓国にとってのキムヨナは国家をかけた大プロジェクト希望の星なんだ、
スポーツという枠ではもうないんだよ、わかるかな?



こんな写真もごろごろ出回ってるし。

2005年8月25日平昌OP招致広報大使に任命される
2005年8月25日平昌OP招致広報大使に任命される

平昌招致が成功して喜び合うKYさんとイ・ミョンバク大統領
img_4d6bcbb48d9d04dcdf9e9e6c00b9227b289343.jpg
黒い影イ・ミョンバク4

KYさんの優勝は国策だったと思っています。

ところが、続くりいさんのコメントが…


りいさんのコメント

ふわさん

キムヨナは今まで常に自分の為の行動しかしてませんよ?
国の犠牲など一度たりともありませんが?
大丈夫です。
これからも彼女の思うように生きていきますので、お気になさらず。                    


りいさんというお名前、聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないかと思うんですが、
こちらのコメント欄で5回コメントを書かれた方です。
キムとソトニコワを比べるのはお門違い(タラソワ) 「日本人は変わり者」という褒め方(なんです君)

コメント欄の皆さんも、りいさんがどういう人物か、
つかみきれないままだったと思います。

私もそうでした。

最初のコメントで少し「ん?」と感じていたのは確かです。
何がおっしゃりたいのかと何度も読み返しましたから。

そのあと何度もコメントされるのを見ていて、
ちょっと伝え方が下手なだけで、悪気のない方なんだろうな、
と感じるようになりました。

そしてりいさんを敵か味方か考えるのはやめようと思いました。

復活したときのコメントを読んでも、
あ、やっぱり普通に応援してくれてる方だったんだ、と思いました。

でもその直後に上のコメントが投稿されて、
あ…やっぱりそういう人だったのか、と(-.-;)

りいさん、
りいさんはKYさんの気持ちを代弁されてるようですが、
KYさんについてそう感じる方がこのブログを読むのは疲れませんか?
応援していないのに応援しているふりを装うのも、疲れませんか?

コメントを書かれるのは自由ですが、
そういうトラップをかけられるのは、気持ちのいいものではありません。

できれば今後はコメントを控えていただければと思います。

私も、自分と考えの違うブログにはコメントはしません。
その方はそう思ってるんだな、と思って黙って去るだけです。
ましてや(表現は悪いですが)敵なのに味方を装って錯乱させるような発想もありません。

そういう工作のようなことはやめていただきたいのですが…
どうかこちらの気持ちを汲んでいただけたら幸いです。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ

  1. 2014/05/09(金) 03:36:45|
  2. ごあいさつ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:62
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。